*

【連載】WorkFlowyのテキスト入力に関するキー操作の基本(4) 削除(「文字単位の削除」と「トピック単位の削除」)

公開日: : WorkFlowy

WorkFlowyは、テキストを階層構造で管理するシステムです。テキストをトピックに格納し、トピックを階層構造に組み立てるという2段階で、テキストデータを管理します。

WorkFlowyはテキスト管理システムなので、テキスト入力操作は、WorkFlowyを使う上で、とても大切です。ところが、WorkFlowyは「トピック」という単位を持っているため、テキストを入力することについても、テキストエディタやWordといった、他の一般的なテキストを扱うツールとは、ちょっとちがった特徴を持っています。

そこで、この連載では、「トピック」という単位の特徴に留意しつつ、WorkFlowyへのテキスト入力の基本をまとめます。内容は、以下の4つです。

最終回の今回は、削除です。

1.WorkFlowyの削除機能の全体像

削除は、通常、それほど注目される機能ではありません。しかし、削除は、デジタルのテキストツールが、アナログのテキストツールよりも、格段に優っている点のひとつです。

削除機能があるからこそ、デジタルのテキストツールは、ツールが扱うテキストの一部または全部を、簡単に、あっという間に、きれいに、削除できます。しかも、削除を取り消すことだって可能です。

こんなことは、アナログのテキストツール、たとえば紙のノートやホワイトボードには、不可能です。ボールペンなどのインクで書いたら消せませんし、紙と鉛筆、ホワイトボードとマーカーだとしても、消しゴムやクリーナーで書いた文字を消すには、手間がかかります。

削除は、デジタルのテキストツールの強みのひとつです。

WorkFlowyも、デジタルのテキストツールのひとつです。WorkFlowyは、どのような削除機能を持っているのでしょうか。

ここでも、ポイントは「トピック」です。テキスト選択で説明したとおり、WorkFlowyがテキストを扱う単位は、「文字」と「トピック」の両方があります。削除機能もこれと同じです。WorkFlowyの削除機能には、「文字単位の削除」と「トピック単位の削除」があります。

「文字単位の削除」は、WindowsならBackSpaceキーとDelキー、Macならdeleteキーとfn+deleteキーによって、カーソルの前後や選択範囲を、文字単位で削除するものです。テキストエディタやWordなどと、大筋で変わりません。

これに対して、「トピック単位の削除」は、WorkFlowy独自のショートカットキーであるCtrl+Shift+BackSpace(Win)/Control+Shift+delete(Mac)による削除です。テキストエディタやWordにはなく、WorkFlowyに特徴的な機能です。

ただ、ややこしいのは、「文字単位の削除」によってトピックを削除できる、ということです。「文字単位の削除」で削除できるのは、文字だけではありません。一定の条件を満たした場合に限られますが、「文字単位の削除」によって、トピックそのものを削除することができます。

そこで、以下、「文字単位の削除」と「トピック単位の削除」の順で、それぞれ説明していきます。

  • 「文字単位の削除」
    • 「文字単位の削除」による〈文字の削除〉
    • 「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉
  • 「トピック単位の削除」

2.文字単位の削除(による〈文字の削除〉と〈トピックの削除〉)

(1) 「文字単位の削除」による〈文字の削除〉

WindowsのBackSpaceキーとDelキー、Macのdeleteキーとfn+deleteキーは、多くのテキストツールにおいて、削除のためのキーとして機能します。多くのテキストツールと同じく、WorkFlowyでも、これらのキーには、削除機能が割り当てられています。

WorkFlowyにおいて、これらのキーによる削除は「文字単位」と扱われています。WorkFlowyには、テキストを選択する単位として、「文字単位」と「トピック単位」があるのですが、DelやBackSpaceによる削除は、「文字単位」であるわけです。

この「文字単位の削除」によって、トピックに格納している文字を削除できます。これが、「文字単位の削除」による〈文字の削除〉です。

「文字単位の削除」による〈文字の削除〉には、[カーソルの前後1文字の削除]と[選択範囲の削除]の2つがあります。

a.カーソルの前後1文字を削除する

DelキーやBackSpaceキーを使うと、カーソルの前後1文字を削除できます。以下のとおりです。

  • Windows
    • カーソルの前にある1文字を削除:BackSpace
    • カーソルの後にある1文字を削除:Del
  • Mac
    • カーソルの前にある1文字を削除:delete
    • カーソルの後にある1文字を削除:fn+delete

カーソルの前を削除

カーソルの前を削除した

テキストエディタなど、一般的なテキストを扱うツールと同じです。

b.文字単位の選択範囲を削除する

一定の範囲を選択して、DelキーやBackSpaceを押すと、その範囲にある文字列が削除されます。これが、選択範囲の削除です。

しかし、WorkFlowyで選択範囲の削除を使えるのは、「文字単位」でテキストを選択しているときだけです。「トピック単位」で選択しているときには、DelやBackSpaceを押しても、選択範囲を削除することはできません。

(2) 「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉

「文字単位の削除」によって削除できるのは、文字だけではありません。「文字単位の削除」によって、トピックそのものを削除することもできます。

どういうことでしょうか。

たとえば、こんなリストがあるとします。

桃太郎トピック

このリストのうち、「おばあさんは川へ洗濯に出かけました。」というトピックについて、「文字単位の削除」をします。

文字単位で削除

カーソルの前1文字削除をくり返し、トピック本文に格納されているテキストのすべてを削除しました。

文字単位で、トピックの中を全部削除

この状態で、さらにBackSpace(Win)・delete(Mac)を押すと、こうなります。

文字単位で、トピックを削除

トピック自体がなくなります。つまり、「文字単位の削除」によって、トピックそのものが削除されてしまいました。

次に、「おばあさんは、桃を見てびっくりしました。」トピックの冒頭にカーソルを置いて、BackSpace(Win)・delete(Mac)を押してみましょう。こうなります。

結合後のももたろう

「おばあさんは、桃を見てびっくりしました。」トピックが、その兄姉トピックである「おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。」トピックとくっつきました。つまり、どちらかのトピックが削除されてしまったわけです。

これも、「文字単位の削除」によって、トピックそのものが削除されたといえます。

このように、いくつかの条件が揃うと、「文字単位の削除」によって、トピックそのものが削除される〈トピックの削除〉が生じます。

以下では、これを、《狭義の削除》と《結合》に分けて、説明します。

a.《結合》

説明の便宜上、《結合》から説明します。《結合》は、順序の連続する2つの兄弟姉妹トピックが、ひとつのトピックになるものです。

先ほどの例では、「おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。」トピックと「おばあさんは、桃を見てびっくりしました。」トピックという2つの兄弟姉妹トピックが、「おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。おばあさんは、桃を見てびっくりしました。」というひとつのトピックになりました。

結合前の桃太郎

結合後のももたろう

《結合》は、一定の条件でのみ、生じます。その条件をリストアップすると、次のとおりです。

  • 【条件1】結合の相手が、直近の兄姉トピックであること
  • 【条件2】結合相手の兄姉トピックが、noteを持っていないこと
    • 兄姉トピックがnoteを持つときは、結合できない
    • 弟妹トピックがnoteを持っていても、結合できる
  • 【条件3】結合相手の兄姉トピックが、子トピックを持っていないこと
    • 兄姉トピックが子トピックを持つときは、結合できない
    • 弟妹トピックが子トピックを持っていても、結合できる

要するに、あるトピックが結合できる相手のトピックは、noteも子トピックも持たない直近の兄姉トピックだけ、ということです。

そのため、どんなトピックであっても、以下のようなトピックと《結合》することはできません。

  • 直近の兄姉トピックではないトピック
  • noteを持っている兄姉トピック
  • 子トピックを持っている兄姉トピック

直近の兄姉トピックではないトピックとは《結合》できないので、たとえば親トピックとは《結合》できませんし、

結合できないケース1

兄姉トピックの子トピックとも《結合》できません。

結合できないケース1-2

noteを持っている兄姉トピックとは、《結合》できません。(弟妹トピックの方にnoteがあることは、問題ありません。) 

結合できないケース2

子トピックを持っている兄姉トピックとは、《結合》できません。(弟妹トピックの方が子トピックを持っていることは、問題ありません。)

結合できないケース3

なお、《結合》のための操作は、2つあります。

  • 兄姉トピックの末尾にカーソルを置いて、Del(Win)/fn+delete(Mac)
  • 弟妹トピックの冒頭にカーソルを置いて、BackSpace(Win)/delete(Mac)

生じる状態は、どちらも同じです。

b.《狭義の削除》

《狭義の削除》は、空っぽのトピックに対してDelやBackSpaceで「文字単位の削除」をすることで、トピックそのものを削除することです。「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉の一種といえます。

狭義の削除の例1

狭義の削除、削除完了

しかし、この《狭義の削除》を、《結合》と区別する必要はあるのでしょうか。《狭義の削除》とは、要するに、《結合》するペアのうちの片方が、noteも子トピックも持たない空白トピックである場合、ではないのでしょうか。

必ずしもそうではありません。《結合》には当てはまらない場合があります。《結合》の3つの条件に対応して整理すると、以下のとおりです。

  • 前のトピックが直近の兄姉トピックではないときも、《狭義の削除》は可能
  • 前のトピックにnoteがついていても、《狭義の削除》は可能
  • 前のトピックに子トピックがついていても、《狭義の削除》は可能
(a) 前のトピックが直近の兄姉トピックではないとき

前のトピックが直近の兄姉トピックでないとき、《結合》はできません。でも、《狭義の削除》ならできます。

狭義の削除1

狭義の削除1-2

(b) 前のトピックにnoteがついているとき

前のトピックにnoteがついているとき、《結合》はできません。でも、《狭義の削除》ならできます。

狭義の削除2

(c) 前のトピックが子トピックを持っているとき

前のトピックが子トピックを持っているとき、《結合》はできません。でも、《狭義の削除》ならできます。

狭義の削除3

c.「WorkFlowyのURL」について

WorkFlowyのトピックは、それぞれが、固有のURLを持っています。このURLのことを、このブログでは「WorkFlowyのURL」と呼んでいます。

「WorkFlowyのURL」の基本

では、「文字単位の削除」によって〈トピックの削除〉が生じたとき、「WorkFlowyのURL」は、どうなるのでしょうか。

ここでのルールは、順序が後のトピックの「WorkFlowyのURL」が残り、順序が前の「WorkFlowyのURL」は無効になる、です。

《結合》の場合でも、《狭義の削除》でも、順序が後のトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」が残り、順序が前のトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」は消えます。

イメージとしては、順序が前のトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」が、順序が後のトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」に飲み込まれる感じです。特に狭義の削除の場合には、空っぽだったトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」が残ることになるので、少し違和感を感じることがあるかもしれません。

3.トピック単位の削除

(1) WorkFlowyのショートカットキーによる削除は、「トピック単位の削除」

WorkFlowyには、削除のショートカットキーが用意されています。

  • Ctrl+Shift+BackSpace(Win)
  • Control+Shift+delete(Mac)

このショートカットキーで利用できる削除機能は、「トピック単位」です。

そのため、

  • 「文字単位のテキスト選択」の状態でこれらのショートカットキーを使うと、カーソルのあるトピック(及びその子トピック)が削除対象となり、
  • 「トピック単位のテキスト選択」の状態でこれらのショートカットキーを使うと、選択対象となっているトピックが削除対象となり

ます。

基本的には、禁止はありません。カーソルがどこにあろうが、テキスト選択範囲がどうなっていようが、Ctrl+Shift+BackSpace(Win)/Control+Shift+delete(Mac)というショートカットキーを押せば、トピック単位での削除が発動します。(共有してもらっているトピックなど、削除できないケースも、たまにあります。)

たとえば、リストのタイトルトピックにカーソルを置いた状態で、このショートカットキーを押してみましょう。

リストごと(1)

Zoomしていたリストごと、まるっと消えてしまい、1階層上にZoom outします。

リストごと削除された

(2) 「トピック単位の削除」であることの具体的な意味

「トピック単位の削除」であることによって、具体的には、次の3つが重要です。

a.noteもろとも消える

「トピック単位の削除」をすると、トピックが持っていたnoteも全部消えます。

(「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉では、トピックがnoteを持っていると、トピックの削除自体が禁止されました。)

b.子トピックもろとも消える

「トピック単位の削除」をすると、トピックが持っていた子トピックも全部消えます。

(「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉では、トピックが子トピックを持っていた場合には、トピックを削除できませんでした。)

c.「WorkFlowyのURL」も消える

「トピック単位の削除」をすると、そのトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」が消えます。

(「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉では、順序が後のトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」が残り、順序が前のトピックが持っていた「WorkFlowyのURL」が消えます。)

(3) 「Item (and its descendants) deleted. Undo.」というバーの出現

「トピック単位の削除」で、一度にたくさんのトピックを削除すると、しばしば、画面上部に、こんなバーが出ます。

削除したときのバー

私が試したところによれば、このバーが出るのは、「トピック単位の削除」で、同時に10個以上のトピックを削除した場合です。

このバーにある「Undo.」をクリックすると、削除を取り消すことができます。WindowsやMacなどのOSが備えているショートカットキー「Ctrl+Z」と同じです。

なお、このバーは、「Undo.」のクリックや「Ctrl+Z」で削除を取り消すと、自然と消えます。また、「×」をクリックすることで、削除の取消しと無関係に、手動で消すこともできます。

4.まとめ

WorkFlowyの削除をまとめると、以下のとおりです。

  • 「文字単位の削除」
    • 「文字単位の削除」による〈文字の削除〉
    • 「文字単位の削除」による〈トピックの削除〉
      • 《結合》:noteも子トピックも持たない直近の兄姉トピックとくっつける
      • 《狭義の削除》:noteも子トピックも持たない空っぽのトピックを、DelキーやBackSpaceキーで削除する
  • 「トピック単位の削除」
    • WorkFlowyのショートカットキーによる削除
      • ショートカットキー
        • Ctrl+Shift+BackSpace(Win)
        • Control+Shift+delete(Mac)
      • 削除のショートカットキーを押せば、対象トピックが削除される
    • 「トピック単位の削除」であることの意味
      • noteも消える
      • 子トピックもろとも消える
      • 「WorkFlowyのURL」も消える
    • 「Item (and its descendants) deleted. Undo.」というバー
      • 10個以上のトピックを消したとき、出現する
      • Undo.」を押すと、削除を取り消すことができる(Ctrl+Zと同じ)
      • Undo.」を押すと、バーが消える(Ctrl+Zでも、バーが消える)

削除の単位と削除の対象が混在しているため、若干ややこしいですが、この全体像を頭に入れると、いろんな対象を思い通りに削除することができるはずです。

いろんな対象を思い通りに削除することは、WorkFlowyで知的生産活動やプロジェクトマネジメントをするために、かなり大切なことだと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

[具体例]本からの引用を格納した「トピック」は、WorkFlowyの中を、どのように流れていくのか?

1.テキスト情報を格納した「トピック」が、WorkFlowyの中を流れる (1) 「トピック」とい

記事を読む

no image

WorkFlowyを、赤坂シナモンの地下迷宮みたいにしたい(その1)

1.『ねじまき鳥クロニクル』赤坂シナモンが統べるコンピューターの地下迷宮 『ねじまき鳥クロニクル』の

記事を読む

no image

「#ただしペーストは除く」から「#ただしペーストは1行のみ」へ/MemoFlowy ver.1.2の小さいけれど大きな一歩

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモアプリです。ぱっとアプリを立ち上

記事を読む

no image

【連載のまとめ】iPhoneからWorkFlowyを快適に使うための課題・課題を解消するための方策・MemoFlowyとHandyFlowy

この連載では、iOSからWorkFlowyを快適に使う方法を検討してきました。連載のまとめとして、課

記事を読む

no image

2016年2月段階でWorkFlowyに期待している3つの機能追加

2016年2月現在、私は、現状のWorkFlowyに、おおむね満足しています。 ただ、これ以上改善の

記事を読む

no image

WorkFlowyのExportの基本(テキストファイル、Word、Evernote、Gmail)

1.WorkFlowyを他のツールへと「開く」Export機能 WorkFlowyを他のツールへと「

記事を読む

no image

深層からのスタート(読書ノートのメモが成果物に結実するひとつのパターン)

1.WorkFlowyの階層の数をめぐるTwitterでの段差ラ部の会話 今朝、Twitterの片

記事を読む

no image

WorkFlowyと自分のブログによる知的生産システムと、ハサミスクリプト「WFtoHTML_irodrawEdition」が果たす役割

1.WorkFlowyと自分のブログによる知的生産システム (1) ブログを続けるコツは、「ブログ

記事を読む

no image

WorkFlowyでテキストを削除するときに僕が使う削除じゃない機能のこと(その1)

1.はじめに〜WorkFlowyでテキストを削除するときに僕が使う削除じゃない機能のこと〜 『Wor

記事を読む

no image

WorkFlowyを育てる

1.WorkFlowyは、育つ 何を言っているんだと思われるかもしれませんが、WorkFlowyは、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑