*

『文章教室』練習問題実践記録・第2回「適切な単語を選びましょう」

公開日: : 書き方・考え方

この文章は、私が、『文章教室』の練習問題に取り組んだ記録です。

『文章教室』は、結城浩先生がご自身のウェブサイトに公開しているコンテンツです。よい問題・解答例・丁寧な添削が掲載されていますので、文章を書くための練習をするための、よい教材です。

以下のリンクからどうぞ。

文章教室

私の第1回の記録は、以下のページです。

『文章教室』を『数学文章作法 練習問題編』として使う。

1.第2回「適切な単語を選びましょう」

『文章教室』第2回のテーマは、「適切な単語を選びましょう」です。

エッセンスは、以下のとおりです。

読みやすく、分かりやすい文章を書くときには、 適切な単語を選ぶ必要があります。

とは言っても、 最初から適切な単語を使って書くのは難しいものです。 まずは、単語のことなど気にせず、どんどん書きましょう。 そして、文章を読み返すときに 「ここで使っているこの単語は適切かな?」 と検討するのです。 不適切なら、より適切な単語に書き換えることになります。

では、どうやって、 適切な単語かどうかを判断するのでしょう。 正しい判断のためには、 普段から文章をたくさん読み、 単語の意味をよく理解しておく必要があります。 また、辞書をまめに引くことも大切でしょう。

第2回 問題編より)

まずは単語のことを気にせずにどんどんと書き、文章を読み返すときに単語の適切さを検討し、不適切ならより適切な単語に書き換える、というアプローチは、使えそうです。

第2回の練習問題は、次の文章を書き直す、というものです。

メールは文書が全てなので御座いまして、 メイルで何かを依頼する場合には、 其れの内容を文で明晰に書く事が貴重なので有るから 「其れ以上詳細に記帳せずとも、受信者は必ずや内容を考察してくれるに違いない」 と判断して居ると 予定外の娯解を産む事が有るから注意する事が必修。

第2回 問題編より)

2.私の解答

(1) 私の解答

——–

メールは文章だけで成り立っています。メールで何かを人に依頼するときは、依頼内容を文章で明確に書くことが重要です。「この程度詳しく書けば、相手はわかってくれるだろう」と甘く見ていると、思わぬ誤解を生むことがありますので、注意しましょう。

——–

(2) 苦労した点・迷った点・練習問題に取り組みながら考えた点

  • 「メールは文書が全て」の「文書」とは、おそらく、「文章」だろう。また、「が全て」とは、「・・・だけで成り立っている」という意味だろう。
  • 「メイル」は「メール」に統一しよう。
  • 「文で」は、「文章」に統一する。
  • この「貴重」は違和感がある。「重要」か?
  • 「記帳」もおかしい。「記載」か。「書く」でいい気がする。
  • 「娯解」は、おそらく誤字。こんな言葉知らないし。「誤解」に修正しよう。
  • 「必修」もおかしい。「必要」にする。
  • 「誤解をウム」の「ウム」は、「産む」じゃなくて「生む」だろうな。
  • 少なくとも3つの文に分ける方が読みやすいし、書きやすい。

3.解答編を読んで

(1) 解答編を読みながら感じたこと

何回か、声に出して読んでみましょうね。

第2回 解答編より)

「何回か、声に出して読む」というのは、効果がありそうです。早速やってみます。

たくさんの解答例を読んで、「文章だけで成り立っています」よりも、「文章がすべてです」の方が、わかりやすく、耳障りもいいように思いました。

「其れ以上詳細に記帳せずとも」を「この程度詳しく書けば」に書き直したことで、元の文章のニュアンスが変わってしまったかもしれないと感じました。素直に、「これ以上詳しく書かなくても」のままにしておく方がよかったです。

最後の1文は、「注意しましょう」を独立させて2文に分ける方が、すっきりしますし、リズムもよいように思います。

(2) 解答編を読んだあとの修正版解答

——–

メールは文章がすべてです。メールで何かを人に依頼するときは、依頼内容を文章で明確に書くことが重要です。「これ以上詳しく書かなくても、相手はわかってくれるだろう」と甘く見ていると、思わぬ誤解を生むことがあります。注意しましょう。

——–

(3) おわりに

今回も勉強になりましたし、おもしろかったです。結城先生、当時参加された読者の方々、ありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

no image

なぜ、WorkFlowyで文章を書くのか(WorkFlowyで文章を育てる)

1.はじめに 私は、最近、文章を書くときは、できるかぎりWorkFlowyを使うことにしています。

記事を読む

no image

出題者と対話する(問いを設定するコツ)

1.問いを設定するコツ 私は、本業のかたわら、非常勤講師として、大学でひとつの講義を担当させてもら

記事を読む

no image

『アリスの物語』+監修PDFに、「読み手のためにとびっきり親切になる」ということを学ぶ(超優良文章教材のご紹介)

1.『アリスの物語』と監修PDF 昨日(2014/05/15)、『アリスの物語』を読みました。

記事を読む

no image

本を買って読むことにしている理由と、一回勝負で読んで、どんどん捨てる、という解決法

1.紙の本を整理する仕組みが必要な理由 (1) 本を買って読むことの費用対効果 私は本が好きです

記事を読む

no image

制限時間がある:ドラクエのレベル上げと現実世界の重要な違い(2)

1.はじめに ひとつ前の記事で考えたテーマは、「ドラクエのレベル上げと現実世界の自分育成は、(似て

記事を読む

no image

思考を育てるシステムの構成要素としてのEvernoteとブログ

1.Evernoteが、思考するためのツールである理由は、ブログがあるから (1) Evernot

記事を読む

no image

項目番号はアウトライナーになる(項目番号によって文章の構造を組み立てる)

1.なぜ、こんなに項目番号を推すのか (1) 項目番号がすき 私が好きなものは、Evernote

記事を読む

no image

仕事文書の作り方:目的を意識し、目的に合った形式と内容で作成する

1.はじめに 私は、仕事において、多くの文書を作ります。その経験から学んだのは、仕事文書を作るため

記事を読む

no image

WorkFlowyで、離れた場所を同時に操り、文章を書く

1.WorkFlowyで長文を書くことを助けてくれるのは、階層構造だけではない WorkFlowy

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第4回「自然な順序で書きましょう」

この文章は、『文章教室』の練習問題に取り組んだ記録です。 『文章教室』は、結城浩先生がご自身のウェ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑