*

『大学で勉強する方法』(A.W.コーンハウザー)は、大学生以外にも役に立つのではないかと思う。

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 勉強

1.『大学で勉強する方法』という本について

この本は、文字通り、大学で勉強するための簡潔で実際的な学習の手引きです。

この本には、本の読み方や授業の受け方から、スケジュールの立て方まで、基礎的なことが網羅してあります。しかも、この本は、小ぶりで簡潔です(90ページしかない)。

小ぶりな本ではありながら、この本には、勉強のための基本的なことが網羅されています。しかも、この本が説くのは、裏技ではなく、わかりやすい、簡潔なアドバイスです。

大学生なら、一度読んでみるとよい本だと思います。

2.大学生以外にも役立つはず

大学を終え、社会人となっても、毎日が勉強です。

仕事の上での勉強は、本を読んだり、講義を受けたり、といった形式ではないことがほとんどです。しかし、仕事をする中で学ぶ事柄に対しても、この本が説く「勉強する方法」は、有益ではないかと思います。

3.簡単な要約

(1) 勉強にはどんな意味があるか

勉強には、二つの目的がある。ひとつは、まとまりのある知識を獲得することであり、ひとつは何かをする能力を獲得することである。大学における勉強では、能力を開発することの方が重要である。人が開発できる能力のうちもっとも価値あるのものひとつは、勉強する力である。勉強する能力を身につけるためには、熱心で継続的な努力をしなければならない。

(2) 効率的な勉強のためにまず何が必要か

まず必要なのは、やる気である。

やる気を持つには、明確な希望と理念を持たなければならない。何のために勉強しているのかを考えることは、真剣な勉強へのすぐれた動機となる。

また、いま取り組んでいる学習内容に興味を持つことによっても、勉強への意欲が生まれる。学習対象についての情報を集め、新しい情報とすでに知っていることとを結びつけ、新しい情報を自分のものとし、新しい情報を実際に利用すれば、勉強したいという気持ちを高めることができる。

さらに、課題を明確にすること、とにかく始めること、勉強のための物理的な環境を整えること、集中を妨げる要因を排除することなどが大切である。

(3) 集中するための好ましい条件とは何か

勉強を効率的に行うには、集中が必要である。集中できるかどうかは、環境と身体的条件とに大きく左右される。そのためには、以下のルールに従うのが有効である。

  1. できるなら、静かな部屋で勉強する。
  2. 勉強する場所は、適度な明るさと温度になるように調整し、風通しをよくする。
  3. いすを調整して、緊張と疲労を避ける。
  4. よい健康状態を保つ。
  5. 十分な睡眠を取る。

(4) 勉強のためのシステムと継続性をどう作るか

勉強のためには、行動計画を立てることが不可欠である。

毎日決まった時間、決まった場所で勉強することが大切である。

スケジュールを上手に立てるには、まずは、自分の実際の能力を注意深く評価することである。このためには、自分の一週間の活動を記録することである。ためしに、自分の1週間を、1時間きざみに記録するべきである。

次に、スケジュールは、以下のステップで運用するべきである。

  1. すでに決まっている活動をスケジュール表に記す。
  2. 食事と勉強にどの時間帯を当てるかをスケジュール表に記入する。
  3. 決まった時間に行わなければならないことをすべて記入する。
  4. それぞれの課題を細分化する。
  5. スケジュールの空いている部分に、自分がやるべきことを書き入れる。
  6. 実際に行ったことを記録し続ける。

(5) 読み方を効率的にするにはどうするか

はじめにざっと目を通し、つぎにより慎重に、そして考えながらテキストを読む、というやり方がよい。

ア 全体像を捉えるための読み
  1. 読み始める前に、その勉強のテーマについて考える
  2. 読みを導いていく質問を作る
  3. その本についての予備的な印象を早めに持つ
  4. 全体をざっと読む
  5. その本を超える
  6. 読みながら、重要なポイントをメモする
  7. 新しいところを読む前に、メモを見直す
  8. 知識を獲得することについて問い直す
イ 精読
  1. 読むときは、文献の目的を心にとどめる
  2. 各段落の重要なポイントを理解したことを確かめる
  3. 読みのスピードを変える
  4. 読みながら、批判的に考える
  5. 読みの区切りごとに、主要な考えを記録する
  6. 読みながら、その文献のアウトラインを作る
  7. メモを、主要な質問のもとに組織化する。質問に何度も自分でこたえることによって、復習する。

(6) どう聴けばよいか、ノートをどうとるか

大学で勉強するには、教室でのよい習慣を身につける必要がある。教室での過ごし方を考えるには、まず、教室ではどのような教授法がとられるのかを把握し、それに自分活動をあわせることが重要である。

どんな形式の授業であっても一般的に応用できるルールは、以下の通りである。

  1. 授業の前に、その授業内容について考える
  2. 授業中は、講義や討論で出てきたポイントをいろんな角度から考える
  3. 議論されているテーマに心を集中する
  4. 重要なポイントについて、メモを取る
  5. 授業が終わったら、その日のうちにノートを読み返し、提示されたポイントについて考える

(7) 記憶力を高めるにはどうすべきか

授業の重要なポイントを記憶することは、授業の重要なポイントを習得するための必要条件である。人は、記憶することを嫌いがちである。しかし、関連づけられた、有意義な概念を記憶すること、すなわち、理解の対象となり、考える対象となった材料を記憶することは、あらゆる効率的な勉強のためのもっとも重要な部分である。

記憶を改善できる唯一の方法は、よりよい学習方法を用いることである。

記憶力を高めるためのルールは、以下の通りである。

  1. 記憶すべき概念の意味を理解する
  2. 記憶すべき材料を繰り返し復習する
  3. 機械的に繰り返すことは避ける
  4. あとで思い出すぞ、という気持ちで学習する
  5. 勉強の途中でしばしば立ち止まり、今学んでいることを再生する
  6. 自分の記憶力に自信を持つ
  7. 場合によっては、こじつけを使ってでも、情報を記憶する助けとなるような関連づけを考える

(8) 知識の詰め込みに意味はないか。試験をどう受けるべきか

試験前の知識の詰め込みは、それが何を意味するかによって、よくも悪くもなる。土壇場の追い込みで一夜漬けをするのは、混乱した、生半可な知識をもたらすことが多いので、あまりおすすめしない。これに対して、授業を半年程度きちんと受けた後で、復習のために行われるのであれば、有益であることが多い。

知識の詰め込みについてのルールは、以下の通り。

  1. 主要なポイントを復習し、その教科の骨格を把握する。まとまりのない細かい内容を記憶することはやめる。
  2. 復習にたくさんの時間を割く。

試験の準備、試験を受けることに関するアドバイスは、以下の通り。

  1. その試験がどういうものであるか、その範囲はどこまでかを明らかにする
  2. どんな問題がでるかを予想する
  3. 試験を受けるときには、十分な休息を取り、できるだけ心を落ち着けて、自信を持ち続ける
  4. 試験の間は、試験問題全体に目を通し、各問を理解するのに十分な時間を取って考えなさい。
  5. 問題に答えはじめる前に、その質問を注意深く読みなさい。その質問のポイントをしっかり理解していることを確かめなさい。
  6. 解答の概略を書く
  7. 解答を見直す時間を確保する。

(9) 知識を使えるようにする

知識を使うには、以下のことにつきる。すなわち、「活動的に勉強せよ。為すことによって学べ。いま学んでいることについて、自分の知識を使って、考え、話し、そして書き込む。」

知識を使うことは、勉強のプロセスにも絶対に必要なものである。

「為すことによって学ぶ」ことについての具体的なアドバイスは、以下の通り。

  1. 新しい知識で何ができるか、具体的な事例として何があるかを考える。
  2. 新しい概念と、すでに持っている知識とを比較する。
  3. 知識を使って事実を説明し、結果を予測する。
  4. 考えを紙に書く。
  5. 学んでいる事柄を、他の人と話す。
  6. 知識を応用する。

(10) 効果的な勉強のためのルール まとめ

  1. 学ぶ教科を習得するという希望を強く取る
  2. 決意を実行に移す
  3. 勉強の対象とる教科への関心を高める
  4. 勉強を妨げる気を散らす原因をすべて避ける
  5. しっかりとした日比野スケジュールを使う
  6. 読みの効果的な方法を作り上げる
  7. 授業中の勉強を効果的にすすめる方法
  8. よりよい学習方法を採用する
  9. 活動的に勉強する。自分の持っている知識を使って、いま学んでいることについて、考え、話し、書き留める。できるだけ多く、そしてできるだけ早く、自分の知識を応用すればよい。

スポンサードリンク

関連記事

no image

何かを勉強しはじめるとき、Evernoteに新しく専用ノートブックを作る

0.要約 勉強を本業とするわけではない社会人が、自分の仕事に必要不可欠とまではいえないことを勉強しよ

記事を読む

no image

文章を書くときの項目番号の付け方(「公用文方式」と「理科系の作文方式」)

1.「公用文方式」または「理科系の作文方式」で項目番号を付けることのすすめ (1) 問題意識 構

記事を読む

no image

文章の組み立て方0 「文の書き方」と「文章の書き方」

1. 文章の書き方には、「文の書き方」と「文章の書き方」がある 私は、これまで、文章を上手に書ける

記事を読む

no image

HTMLとCSSを勉強するなら、テキストエディタとGoogleChromeがあるとよい

1.HTMLとCSSを勉強するときに、何を揃えるべきか? ここしばらく、私は、HTMLとCSSを勉

記事を読む

no image

大学受験勉強にのぞむ4つの基本戦略

1.はじめに 高校生の子どもを持つ知人から、その子に大学受験の受験勉強のコツを教えてくれと頼まれま

記事を読む

no image

レポート課題に対して、どのようにレポートを作成し、提出すればよいか

0.まとめ レポート課題に取り組むときには、以下の3つの当たり前なことを大切にするとよい。

記事を読む

no image

Kindleによる読書で、読書からの収穫全体の減少を防ぐ

1.Kindleによる読書は、紙の本の読書よりも、収穫が減るのか? (1) Kindleが、ボトル

記事を読む

no image

Kindleで読み、Evernoteで書くことで、「空間」という制約要素から自由になる(Kindleで『知的生活の方法』を読んで考えたこと)

1.『知的生活の方法』(渡部昇一)とKindleで再会 (1) 『知的生活の方法』 『知的生活の

記事を読む

no image

思考の枠組みの一例 『武器としての決断思考』における、メリット・デメリットに対する突っ込み方法

1. はじめに 思考の枠組みに従って考えることの実践(1)「ブログを毎日更新するべきか?」(前半)

記事を読む

no image

タスク管理ツールで「瞬時レビュー」をすると、タスク管理ツールが残す行動記録の量と質が、劇的に高まる

1.「行動記録を残す」というタスク管理ツールの役割 一般的に、タスク管理ツールの役割は、未了タスク

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑