*

「枠の外に混沌さを排出することによって、内部の秩序を高める」という動きは、日常の中に、当たり前のように存在する。

公開日: : 単純作業に心を込める

先日、これを書きました。

「個人のための知的生産システム」内部の秩序を維持するための、2つのアプローチ

この記事で書いたポイントのひとつは、「枠の外に混沌さを排出する」というアプローチによって、「個人のための知的生産システム」内部の秩序を高めることができる、ということです。

話は変わりますが、このまえの連休、我が家は家族旅行に出かけました。

とても楽しかったのですが、子連れ旅行だったこともあり、しばしば、何かとぐちゃぐちゃな状態になりました。

たとえば、移動中の車内。鼻水が出たり、お茶がこぼれたりするたび、ゴミが増えます。たとえば、ホテルの夕食ビュッフェ。料理のために使ったお皿、手や口を拭く使い捨てのおてふき、子供用の紙エプロンなどで、テーブルの上はあっというまに雑然となります。

でも、こんなぐちゃぐちゃも、そのたびに、なんとかなります。

たとえば、車内で増えたゴミは、ホテルに到着して車から降りるタイミングで、全部まとめてビニール袋に入れて車内から持ちだし、ビニール袋ごとホテルのゴミ箱に捨てました。

たとえば、夕食ビュッフェの雑然としたテーブルは、食べ終わったお皿を積み重ね、使い終えたおてふきやエプロンをお皿の上に積んでおいたら、ホテルの方が全部まとめて回収してくださいました。

おかげで、私たちは、朝にはいい気持ちで車に乗り込んで出発できましたし、料理を食べ終えた後には新たな気持ちでデザートを取りに行くことができました。

いずれも、子連れの家族旅行としてはすごく当たり前の出来事です。ですが、よく見てみると、ここにも、「枠の外に混沌さを排出する」という動きがあります。

車という枠の外にゴミという混沌さを排出することで、車内の秩序を回復する。

テーブルの上という枠の外に、食べ終わったお皿や使い終わったおてふきという混沌さを排出することで、テーブルの上の秩序を回復する。

どちらも、「枠の外に混沌さを排出することによって、内部の秩序を高める」という動きです。

「枠の外に混沌さを排出することによって、内部の秩序を高める」ということ。個人的には、これはかなり大きな大発見でした。

以前の私は、内部の秩序を高めるためには、最初から混沌さが発生することがないように、全体の秩序を念頭に置いて、計画的にひとつひとつ組み立てていかなければいけない、と考えていました。混沌さは発生させるべきではない悪だ、と思っていたわけです。

でも、「枠の外に混沌さを排出する」というアプローチは、ちがいます。混沌さの発生自体は織り込み済みにして、発生した混沌さをどんどん枠の外に排出し続けることを重視します。そして、混沌さを枠の外に排出することを続ける集積として、少しずつ、枠の内部の秩序を高めます。

混沌さに対する発想が根本的にちがいます。この発想の転換に、私は革命的なものを感じ、大げさではありますが、ひとつのパラダイムシフトだと考えていました。

ところが、私にとってのパラダイムシフトだった「枠の外に混沌さを排出することによって、内部の秩序を高める」という動きは、よく見てみれば、実は、日常の中のいろいろなところに当たり前のように存在しています。

そんなことに気づいた家族旅行でした。

スポンサードリンク

関連記事

no image

与えられた才能を、小さな世界に集中させて、小さな世界を大切にする

1.『ノルウェイの森』のキスギと永沢さん (1) キスギ 村上春樹の『ノルウェイの森』に、キスギ

記事を読む

no image

好きで、得意で、お金をいただけることを、あえて仕事にしない、という贅沢

1.好きで、得意で、お金をいただけること 昔々、私が自分の将来の進路を決めようとしていたとき、尊敬

記事を読む

no image

自分の持ち味を発揮することと、価値を見い出されること。『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』

1.『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』 (1) 自分で自分のブラン

記事を読む

no image

結城浩先生の「よかった探しリース」 by 単純作業に心を込めて

【左手】・【よかった探しリース】・【右手】 1.よかった探しリース 「よかった探しリース」は

記事を読む

no image

「自分の仕事」と「作品としての公開」

昨日書いた「自分の好きなことへの没頭を、「作品」として公開すること」に関連して、観点を変えて、もう少

記事を読む

no image

過去と未来に向けて開かれた流動的な構造

千夜一夜の物語 今から2年ほど前の2014年9月30日、この「単純作業に心を込めて」というブログに、

記事を読む

no image

たくさんの研究者によるたくさんの研究の集積の中に、たくさんの多方向の流れが生まれる仕組み

1.はじめに 『これからのエリック・ホッファーのために』を読んでから、「研究」というあり方に、興味を

記事を読む

no image

「分人」と「個人」の線の引き方

「分人」とは、作家の平野啓一郎さんが、『ドーン』や『私とは何か』で提唱する考え方です。 平野啓一郎「

記事を読む

no image

勇者の本

あるところに、ひとりの勇者がいました。勇者は、魔王ゾーマを打ち破り世界に平和をもたらす、という大きな

記事を読む

no image

いろんなライブの、いろんな『彩り』

1.Mr.Childrenの『彩り』が好き 昔からミスチルが好きです。CDやDVDはわりとたくさん

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑