*

「 Mandal-art 」 一覧

「欲望のマンダラ」を創る

2015/05/07 | Mandal-art

1.問題の状況 (1) ブログのおかげで、やりたいこととたくさん出会えて、ありがたい ここ2,3年、心から「やりたい」と思える対象と、たくさん出会うことができています。最近だと、WorkFlowyやマ

続きを見る

[条件づくり]と[手順組み]、そして「待つ」こと。(『[超メモ学入門]マンダラートの技法』より)

1.はじめに こんな文章を書きました。 「失敗のマンダラ」で失敗の構造をみる。 「「失敗のマンダラ」を創ると、失敗の構造をみることができて、失敗のダメージから回復することもできるし、失敗から学ぶことも

続きを見る

「失敗のマンダラ」で失敗の構造をみる。

2015/04/23 | Mandal-art

1.はじめに (1) 仕事の失敗を学ぶ機会と捉える 日々の仕事の中では、うまくいかないこともあります。そのうちのどこまでを「失敗」と呼ぶかは人によっていろいろだと思うのですが、「こうすればもっとよかっ

続きを見る

「育てる」と「開く」のマンダラ展開([生活を創るキーワード辞書]創りの途中経過報告)

2015/04/05 | Mandal-art

1.[生活を創るキーワード辞書]を創る (1) [生活を創るキーワード辞書]とは? [生活を創るキーワード辞書]とは、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』で提案されていた、「思考の道具」としての「言

続きを見る

[生活を創るキーワード辞書]で、言葉を「思考の道具」として鍛える(マンダラートが言葉を大切にする理由)

2015/04/03 | Mandal-art

1.「言葉だけだから味気ない」は完全な誤解 以前、私は、マンダラートに、次の3つの誤った先入観を抱いていました。 1.マンダラよりもマトリクスの方が、論理的な枠組みを持っている。だから、論理的な枠組

続きを見る

頭の中のマンダラ

2015/03/26 | Mandal-art, 子育て

なかなかむずかしいときもあるんですけれども、今の自分の生活の中で、私がいちばん大切にしたいと願ってるのは、子どもと話をする時間です。 うちの子は3歳になります。近頃いろんな言葉を覚え、話すのが楽しくて

続きを見る

マンダラートに彩りを発揮させる(マインドマップとの比較を念頭に置いて)

2015/03/25 | Mandal-art

1.はじめに マンダラートとは、マンダラを創って読むことによる思考法です。マンダラとは、3×3の9マスでかたちづくられるシンプルな図形で、このマンダラに言葉を載せることから思考を深めていくのが、マンダ

続きを見る

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を読む

2015/03/19 | Mandal-art, 知的生産

1.はじめに(このエントリの位置づけ) このエントリは、さきほど創ったこのマンダラを、〈読む〉ことに関する考察をまとめるものです。 このマンダラは、マンダラートの技法「四隅マトリクス法」を使っ

続きを見る

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を創る(Kindle・Evernote・WordPress・Feedly&Pocket・WorkFlowy・Twitterの関係)

2015/03/19 | Mandal-art, 知的生産

1.はじめに 昨日、マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明で、「四隅マトリクス法」という方法をまとめました。 マンダラートは、知るものではなく、使うものです。そこで私も、さっそく「四隅マ

続きを見る

マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明

2015/03/18 | Mandal-art

1.マンダラートで、論理の枠組みを活用して、思考する 先日、マトリクスと比較する視点から、マンダラートで論理の枠組みを活用して思考する方法を説明しました。 論理の枠組みで思考を導くマンダラートの創り方

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

  • 2019年8月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑