*

「失敗のマンダラ」で失敗の構造をみる。

公開日: : Mandal-art

1.はじめに

(1) 仕事の失敗を学ぶ機会と捉える

日々の仕事の中では、うまくいかないこともあります。そのうちのどこまでを「失敗」と呼ぶかは人によっていろいろだと思うのですが、「こうすればもっとよかったかもな」程度まで全部含めて「失敗」と呼ぶなら、私の毎日は、失敗の連続です。

最近、私が仕事をするときに大切にしているのは、日々の仕事の中で経験するいろんなことを、「研究」や「勉強」と捉えて、蓄積することです。

日々の仕事の中で育てる『私の教科書』

概して、失敗からは、成功からは学べないことを、学べます。失敗それ自体は、過ぎてしまえば、どうにもできません。でも、失敗から何を学ぶかは、今の自分の捉え方ややり方ひとつで、なんとでもできます。

そのため、私は、失敗をしたときは、できるだけたくさんのことを、その失敗から学ばなくてはもったいない、と考えています。これは、仕事の失敗を学ぶ機会と捉える、という戦略です。

(2) 失敗から受けたダメージから回復する2つの方法

でも、失敗を学ぶ機会と捉える、という戦略は、いつもうまくいくわけではありません。なぜかといえば、いつも元気なときばかりではないからです。

私は思うのですが、失敗を学ぶ機会と捉える、というのは、かなり前向きでポジティブな構えです。この構えをとるには、自分自身が、それなりに元気でなければいけません。ですが、いつも元気でいられるわけではなく、元気の出ないときもあります。ましてや、失敗をすれば、ダメージを受けます。失敗から受けるダメージが大きいと、失敗を学ぶ機会と捉える、という構えをとるために必要なだけの元気さを維持することは、なかなかたいへんなことです。

1年くらい前に、「社会人になって学んだ3つのこと」という文章を書きました。この中で私は、概要、「失敗を学ぶ機会と捉える、という戦略はすばらしいけれど、無理しないほうがいい。」という趣旨のことを書きました。

失敗したときに一番大切なことは、失敗のダメージから回復することで、失敗から学ぶことはその次です。この優先順位をまちがえると、失敗のダメージから回復できずに潰れてしまって、持続可能な毎日を送り続けることができなくなってしまいます。それでは本末転倒です。

そのため、失敗を学ぶ機会と捉える、という戦略よりも、もっと大切なことが、失敗から受けたダメージを回復する方法です。

では、失敗のダメージから回復する方法には、どんなものがあるでしょうか。

大きく分けると、2つあります。

ひとつは、その仕事の失敗から離れることです。好きな本を読んで音楽を聴く、好きなだけブログの原稿を書く、家族と一緒にどこかに遊びに行く、美味しいランチをいただく、などなど、その失敗から距離をおいて、自分の好きなことをして、リフレッシュします。

もうひとつは、真逆の方法です。あえてじっくりと時間をかけて、仕事の失敗をふり返ります。

紙のノートに三色ボールペンで字や図や絵を書いたり、ノートパソコンを開いて文章を紡いだりすることで、失敗と向き合うことに、ゆっくりと時間を費やします。

失敗の事実関係を把握して、失敗につながった要因を掘り下げることで、落ち着いて失敗をふり返るのが、失敗のダメージから回復するための、もうひとつの方法です。

(3) ゆっくり時間を費やして仕事の失敗をふり返る方法と、マンダラ

ここで私が考えたいテーマは、ふたつめの方法です。「あえてじっくりと時間をかけて、仕事の失敗をふり返る」という方法をうまくすすめるには、どんなツールが役に立つだろうか、ということを考えます。

候補として思い浮かんだツールは、マンダラです。じっくりと時間をかけて仕事の失敗をふり返るためには、マンダラがぴったりくるんじゃないかと感じています。

さて、先日も、失敗がありました。まあ、私の毎日は失敗の連続なので、それほど珍しいことではありません。

今回の失敗からは、「あのときああしていればよかったのかな」「この失敗の対応で、今後、こんなことをしなくちゃな」などとクヨクヨ考えるほどには、ダメージを受けました。

そこで、やってみました。「失敗のマンダラ」を創り、失敗をふり返りました。

その結論として実感するのは、「「失敗のマンダラ」で失敗をふり返るのは、よい」ということです。

まず、失敗から受けたダメージの回復に、効果がありました。失敗そのものは何も変わっていないものの、いまの私は、わりと元気です。

つぎに、失敗から学ぶことができました。「失敗を学ぶ機会と捉えよう」という積極的な構えをとったわけではありません。でも、「失敗のマンダラ」を創って失敗をふり返ったら、結果として、自然に、今回の失敗から学ぶことができました。

そこで、以下、私が、今回の失敗をふり返るために、どんな手順で「失敗のマンダラ」を創り、その過程でどんなことを発見したのかを、いくぶん抽象的にぼやかしながら、書きます。

2.「失敗のマンダラ」を創る

(1) マンダラを創り、中心セルに失敗の概要を書く

「失敗のマンダラ」は、失敗をふり返るためのものです。そこで、四方八方の周辺セルから失敗をふり返るために、中心セルに、ふり返る対象の失敗を置きます。

失敗のマンダラ。中心セルに、ふり返る対象の失敗を書く。

(2) 5Wマンダラで、失敗の事実関係を把握する

どのようにマンダラを展開していこうかなと、少し考えましたが、5Wマンダラにしました。

失敗をふり返るために、まずやるべきことは、事実関係の把握です。どんな失敗だったのかを、いろんな観点からふり返る必要があります。

【覚え書き】問題に向き合うときのスタンスを変える: ART FOR LIVING

マンダラートの奥義でもあり基本でもある5Wマンダラは、事実関係を把握するためにぴったりです。5Wマンダラを創れば、自然と、四方八方から事実関係を把握できます。

5Wマンダラは、上下左右の周辺セルに、

  • なぜ?
  • どこで?
  • 何を?
  • いつ?

という4つの疑問詞を配置したマンダラです。

「失敗のマンダラ」を5Wマンダラで展開すると、こうなります。

失敗のマンダラの5Wマンダラ

このマンダラの上下左右のセルに、疑問詞に対する答えを埋めれば、(そして、残りの四隅のセルに関連して思いついたことを書けば、)今回の失敗に関する事実関係を、四方八方から多面的に認識することができます。

(3) 次に何をするか?

5Wマンダラを創ったら、それだけで、かなりの程度、失敗をふり返ることができました。でも、もう少し進めたいと思いました。

さて、何をしましょうか。

ちょっと話は変わりますが、私は、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』という本から、マンダラートを学んでいます。この本の中に、「育てる」という言葉をマンダラで理解することが解説されています。ここに書かれていた、「育てる」という言葉に対する理解に、私は、大きな衝撃を受けました。

ポイントは、「育てる」ためにやるべきことは[条件づくり]と[手順組み]なんだ、ということです。

  • 「育てる」とは、ようするに、[条件づくり]。対象が自分で「育つ」ための条件や環境を整えること。それしかできない。
  • すべての条件を一度に整えることはできない。だから、何から創っていくか、という[手順組み]が必要になる。

考えてミレば、これらは、その植物が、大きくなるための〈環境〉を整備してやっているんだ、と気づきます。育つための〈条件〉を整えてやっているのです。それ以外のことは、やっていない! と気づくのです。

私たちが、やること、やっていることは、[条件づくり]なのだということです。

さて、育てるとは[条件づくり]だ、とミエてくれば、具体的な行動は、それではどんな条件が必要かを考え、その条件をつくるための作業を、一つひとつ、やっていけばいいということが分かってくる。その条件を見つめ、発見し、その条件がどうすれば作れるかを考え、実行すればいい、と分かる。

それがはっきりしてきたら、何から創っていくか、という手順組みです。ボクらは、いっぺんに、すべての条件を整えることなどできやしない。変化とは、目的、目標に近づいていくプロセスの上に起きるものなのです。

さらに、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』は、[条件づくり]と[手順組み]という発想を、より一般的な、「何かを達成するためのステップ」へと広げます。次の3ステップです。

  • 最初に、その何かが成立するための条件を明確にする
  • 次に、その条件を創っていくステップを明確にする。
  • 最後に、一つずつ行動して、条件の整った環境を創り出す。

何かを達成しようと思ったら、そのものが成立するための、条件を明確にし、その条件を創っていくステップを明確にし、あとは一つずつ行動し、条件の整った環境を創り出していくこと。そのためには、何を考え、何を観ていけばいいのか、たえず、環境を眺め、変化を眺める ことによって、あるいは広く情報をキャッチすることによって啓発され、新しい行動を身に付けるための訓練をし、その行動が、自然にできるようになればいい!

「条件を明確にし、条件を創っていくステップを明確にして、あとは一つずつ行動し、条件の整った環境を創り出す」という発想は、失敗をふり返るためにも、応用できそうな気がします。

つまり、「失敗をくり返さないための条件を明確にし、その条件を創っていくステップを明確にして、あとは一つずつ行動し、条件の整った環境を創り出す」ということです。

「失敗のマンダラ」でこれをやるためには、失敗の要因を掘り下げるのがよいように思います。要因を掘り下げれば、失敗をくり返さないための条件を明確にできるはずですから。

そこで、「失敗のマンダラ」の次のステップは、「なぜ?」のセルを周辺マンダラ展開して、失敗の要因を掘り下げることです。

(4) 失敗の要因を掘り下げるため、四隅マトリクス法で「失敗のマンダラ」を創る

「なぜ?」のセルを周辺マンダラ展開するには、新しいマンダラを用意して、真ん中に、「なぜ?」と書きます。

そして、このマンダラの周辺セルに、思いついた要因を順番に書きます。たとえば、こんな感じです。

「なぜ?」を周辺マンダラ展開

  • 甘く見ていた。油断。
  • Aさんの考え方・認識。
  • 自分の組織のチェック体制の問題。
  • 社会の制度の問題。

次に、これら4つをマンダラの適切な位置に配置します。

動かしていると、なんとなく、マトリクス構造が見えてきました。こんなマトリクスです。

四隅マトリクス法で「なぜ?」を掘り下げる。

このマトリクスを構成する2つの基準は、

  • 個人の問題か、組織や社会の問題か
  • 自分にどうにかできたこと(影響の輪の範囲内)か、自分にはどうにもできなかったこと(影響の輪の範囲外)か

です。

マンダラにマトリクス構造が見えてきたので、四隅マトリクス法をやってみます。

マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明

軸はできてますし、四隅は埋まっていますので、次にするのは、上下左右の中間セルを埋める言葉を探すことです。

まず、横方向の真ん中を考えてみます。左が「影響の輪の範囲内」、右が「影響の輪の範囲外」で、この真ん中は何か。

ここで考えているのは、失敗の要因なので、影響の輪の範囲内とは、自分がどうにかすれば失敗にならなかった、という失敗の要因で、影響の輪の範囲外とは、それ自体は自分にはどうにもできなかった、という失敗の要因です。

しかし、影響の輪の範囲外であっても、そこに別の何かを追加することで、影響の輪の範囲外の失敗の要因を失敗につなげない、ということも可能だったはずです。

たとえば、「Aさんの考え方・認識」自体は、影響の輪の範囲外なので、どうにもできません。しかし、仮に私が、その「Aさんの考え方・認識」を理解して、それを前提に何かをしていれば、「Aさんの考え方・認識」は失敗につながらないかもしれません。

つまり、影響の輪の範囲外の事柄が失敗の要因になったのは、私が、影響の輪の範囲外の要因と失敗を遮断することに失敗したから、とも言えます。

参考:うまくいったときは、おかげさま。失敗したときは、自分が責任者。

そのため、「影響の輪の範囲内」と「影響の輪の範囲外」との間に来るのは、「影響の輪の範囲外の要因と失敗との遮断に失敗」です。

次に、縦方向の真ん中を考えてみます。上が「個人」、下が「組織・社会」で、この間は何か。

「家庭」とか「サードプレイス」なども思い浮かびましたが、失敗の要因としては、「個人的なマネジメントシステム」がいいかなと思います。「個人」は個人の性質や能力や具体的な行動で、「個人的なマネジメントシステム」は個人のスケジュール管理システムやタスクマネジメントシステムなど、という区別です。

たとえば、左列の真ん中は、上が「私個人が甘く見ていたこと、油断」、下が「自分の組織のチェック体制の問題」で、この間に来るのが、「私自身の個人的なマネジメントシステムが機能しなかったこと」です。

以上から、こんなマンダラになりました。

四隅マトリクス法(2) 中心を埋める。

次に、残り2つの桝目を埋めてしまいます。

右列真ん中は、「影響の輪の範囲外」×「個人のマネジメントシステム」。ピンときませんでしたが、たとえば、Aさんの個人的なタスクマネジメントシステムが、失敗の要因のひとつなのかもしれません。

真ん中の一番下は、「影響の輪の範囲外と失敗の遮断に失敗」×「組織・社会」。今回は、社会の制度の仕組みを私が十分に理解していなかったために、失敗につながってしまいました。もっと十分で正確な理解をしていれば、対策をとれたんじゃないかと思います。そこで、「私が社会の制度を理解していなかったこと」にしておきました。

これで「失敗のマンダラ」が完成しました。

四隅マトリクス法の完成。

(5) 「失敗のマンダラ」を読んで、[条件づくり]と[手順組み]

マンダラは、創ったら読むものです。マンダラを読むために大切なことは、「眺め、眺めて、感じとる」です。「失敗のマンダラ」を読むことで、[条件づくり]と[手順組み]を進めます。

a.[条件づくり]失敗の要因を消すことと、失敗の要因と失敗とを遮断すること

ここまでで見えてきたのは、失敗をくり返さないための条件には、次の2つがある、ということです。

  • 「影響の輪の範囲内」にある失敗の要因を消す。
  • 「影響の輪の範囲外」にある失敗の要因が、失敗につながらないように、遮断する。遮断する別の要因を追加する。

「失敗のマンダラ」では、左が「失敗の要因を消す」で、真ん中が「遮断する要因を追加する」です。

マンダラの左列に対応する[条件づくり]は、「失敗の要因を消す」ことです。

左列は、「影響の輪の範囲内」

マンダラの真ん中列に対応する[条件づくり]は、「遮断する要因を追加する」ことです。

真ん中列は、遮断する要因の追加。

マンダラの上・真ん中・下である次の3つについて、「失敗の要因を消す」ための行動と「失敗との間を遮断する要因を追加する」ための行動を考えたらよい、ということです。

  • 個人
  • 個人的なマネジメントシステム
  • 組織・社会

右列は「影響の輪の範囲外」なので、なんともなりません。

そこで、右列をマンダラから外に出して、こんなマンダラを創ってみました。

「影響の輪の範囲外」をマンダラの外に出す。

b.[手順組み]失敗の要因を消すための手順、要因と失敗とを遮断する要因を追加するための手順

[手順組み]でやるべきことは、次の6つです。

  • 「影響の輪の範囲内」にある失敗の要因を消す。
    • 「個人」の失敗の要因を消す
    • 「個人的なマネジメントシステム」の失敗の要因を消す
    • 「組織・社会」の失敗の要因を消す
  • 「影響の輪の範囲外」にある失敗の要因が、失敗につながらないように、遮断する。遮断する別の要因を追加する。
    • 「個人」の要因と失敗を遮断できるように、要因を追加する
    • 「個人的なマネジメントシステム」の要因と失敗を遮断できるように、要因を追加する
    • 「組織・社会」の要因と失敗を遮断できるように、要因を追加する

[手順組み]は、それぞれについての具体的な行動を考えること、どんな順序で取り組むかを考えることです。

順序を考えるためにも、「マンダラを読む」ことが役に立ちます。

[手順組み]のマンダラ。

縦方向では、上が個人で下が組織・社会なので、手を付けるのは上の方が簡単です。横方向では、左が「影響の輪の範囲内」で右が「影響の輪の範囲外を遮断」なので、より直接的なのは左です。

なので、大きな方向としては、上から下、左から右で、左上から右下が自然です。

[手順組み]の大筋の順序。

このように、取り組む順序も見えてきました。

3.「失敗のマンダラ」で、失敗の構造をみる

(1) なぜ、「失敗のマンダラ」が、うまく機能するのか?

ここまで書いてきたのが、私が「失敗のマンダラ」を創ることで失敗をふり返ったプロセスです。

はじめに書いたとおり、この作業をすることによって、私は、失敗のダメージから回復することができましたし、同時に、失敗から学ぶこともできました。

では、今回、「失敗のマンダラ」がうまく機能したのは、たまたまなのでしょうか。私は、そうではない、と思います。「失敗のマンダラ」は、失敗をふり返るための、かなり優れたツールです。なぜ、「失敗のマンダラ」は、うまく機能するのでしょうか。

私の考えは、「失敗のマンダラ」が失敗の構造をみることを助けてくれるから、です。

前提として、失敗には、構造があります。ひとつの失敗の背後には、たくさんの要因があります。どんな要因が、どのように絡み合って、失敗につながったのかが、失敗の構造です。失敗の構造をみることは、失敗のダメージから回復するためにも、失敗から学ぶためにも、大切です。

そして、「失敗のマンダラ」は、この失敗の構造をみるための、もっともふさわしいツールのひとつです。白紙のノートに自由に書くよりも、3×3という固定されたマンダラの形に載せる方が、失敗の構造がよく見えます。WorkFlowyの階層構造に載せるよりも、中心と周辺の構造を持つマンダラの構造の方が、失敗の構造を正確に捉えることができます。

「失敗のマンダラ」は、失敗の構造をみることを強力に助けてくれるツールなので、失敗をふり返るために、とてもうまく機能します。

(2) 「失敗のマンダラ」を創り、失敗の構造をみる

この文章で、私は、「失敗のマンダラ」を創り、失敗の構造をみることで、失敗をふり返る、という方法を書きました。

失敗を学ぶ機会と捉える、という戦略は、すごく前向きで理想的な戦略ではありますが、その前提として大切なことは、失敗のダメージから回復することです。

失敗のダメージから回復するためには、失敗から遠く離れるのもひとつですが、あえて時間をかけて失敗をじっくりとふり返る、という方法も効果的です。

そして、「失敗のマンダラ」は、失敗をじっくりとふり返るための、ひとつの理想的なツールです。

これからも、何か失敗をしちゃったときは、無理はせず、スターバックでおいしいコーヒーとシナモンロールでもいただきながら「失敗のマンダラ」を創り、失敗の構造をみることにしよう、と私は考えています。

【関連】

(1) マンダラートについて

段差ラ部で桝目を学ぶ 〜マンダラートに抱いていたネガティブな先入観がひっくり返った話〜

論理の枠組みで思考を導くマンダラートの創り方と読み方(マトリクスと比較する視点から)

マンダラートに彩りを発揮させる(マインドマップとの比較を念頭に置いて)

マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明

(2) 失敗と持続可能な毎日について

社会人になって学んだ3つのこと

頭が混乱したときに備えて、具体的な行動を決めておく。『ねじまき鳥クロニクル』岡田亨の基本技

持続可能な毎日を送り続ける

うまくいったときは、おかげさま。失敗したときは、自分が責任者。

スポンサードリンク

関連記事

no image

マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明

1.マンダラートで、論理の枠組みを活用して、思考する 先日、マトリクスと比較する視点から、マンダラー

記事を読む

no image

「欲望のマンダラ」を創る

1.問題の状況 (1) ブログのおかげで、やりたいこととたくさん出会えて、ありがたい ここ2,3年、

記事を読む

no image

論理の枠組みで思考を導くマンダラートの創り方と読み方(マトリクスと比較する視点から)

マンダラートというメモの理論と技法があります。 今、私は、このマンダラートを、提唱者である今泉浩晃さ

記事を読む

no image

マンダラートに彩りを発揮させる(マインドマップとの比較を念頭に置いて)

1.はじめに マンダラートとは、マンダラを創って読むことによる思考法です。マンダラとは、3×3の9マ

記事を読む

no image

[条件づくり]と[手順組み]、そして「待つ」こと。(『[超メモ学入門]マンダラートの技法』より)

1.はじめに こんな文章を書きました。 「失敗のマンダラ」で失敗の構造をみる。 「「失敗のマンダラ」

記事を読む

no image

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を読む

1.はじめに(このエントリの位置づけ) このエントリは、さきほど創ったこのマンダラを、〈読む〉こと

記事を読む

no image

段差ラ部で桝目を学ぶ 〜マンダラートに抱いていたネガティブな先入観がひっくり返った話〜

1.段差ラ部で桝目を学ぶ (1) マンダラート沼の入り口にて 最近の私はWorkFlowyに魅了され

記事を読む

no image

「育てる」と「開く」のマンダラ展開([生活を創るキーワード辞書]創りの途中経過報告)

1.[生活を創るキーワード辞書]を創る (1) [生活を創るキーワード辞書]とは? [生活を創るキー

記事を読む

no image

[生活を創るキーワード辞書]で、言葉を「思考の道具」として鍛える(マンダラートが言葉を大切にする理由)

1.「言葉だけだから味気ない」は完全な誤解 以前、私は、マンダラートに、次の3つの誤った先入観を抱い

記事を読む

no image

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を創る(Kindle・Evernote・WordPress・Feedly&Pocket・WorkFlowy・Twitterの関係)

1.はじめに 昨日、マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明で、「四隅マトリクス法」とい

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑