*

ドラクエのレベル上げと現実世界の自分育成との重要な違い

公開日: : 書き方・考え方

1.ドラクエのレベル上げと現実世界で自分を育てることは、似て非なるもの

(1) ドラクエのレベル上げも、現実世界で自分を育てることも、どちらも好き

小中学生のころ、私は、ドラクエが好きでした。

ドラクエが好きだったポイントはいくつかあると思うのですが、そのひとつは、レベル上げでした。例の、「テレレレテッテッテー」というテンション上がる音楽が鳴り響くと、それまでは使えなかった呪文を使えるようになったり、倒すのに苦労していた敵をサクッと倒せるようになったりするのは、爽快でした。

でも、その後、大学生になって、私は、ドラクエのレベル上げよりも楽しいことを発見しました。それは、現実世界での自分育成でした。

大学時代は、ある意味、成長期です。有り余る自由な時間を使って、自分をどんなふうに育てるのか、いろいろと試行錯誤できます。私には、それがとても楽しく感じられました。ランニングをして体力つけたり、本を読んで知識を得たり、パソコンの使い方やHTMLを覚えたりして、自分を育てることを楽しんでいました。

(2) 共通するところはあるけれど、重要な違いがある

そんなふうに自分を育てることを楽しんでいた大学生のころ、私は、現実世界で自分を育てることは、ドラクエのレベル上げと、かなり共通する、と考えていました。そのため、現実世界で自分を育てることを、ドラクエのレベル上げのイメージで捉えていました。

でも、最近は、ドラクエのレベル上げと現実世界の自分育成は、いろいろちがうんだな、と気づきました。

現実世界で自分を育てることを効果的に進めるためには、ドラクエのレベル上げとどんな点で違うのかを、きちんと自覚する必要があります。そこで、ドラクエのレベル上げと現実世界の自分育成との間には、どんな違いがあるのだろうか、と考えてみたら、ひとつの重要な違いに気づきました。

それは、「経験値が対象だけで決まるわけではない」ということです。

以下、このことを考えてみます。

2.経験値が対象だけで決まるわけではない

(1) ドラクエのレベル上げは、経験値が、対象だけで決まる

ドラクエでレベルを上げるには、経験値をためる必要があります。経験値は、基本的には、敵を倒して獲得します。そのため、ドラクエでレベルを上げるには、敵を倒すのが基本です。

この経験値ですが、ドラクエでは、どの敵を倒したかによって、得られる経験値があらかじめ決まっています。たとえば、スライム1匹を倒したときに獲得できる経験値は、1です。スライムを倒したなら、どのように倒しても、得られる経験値は1です。

そのため、ドラクエのレベル上げを効率的に進めるには、どの敵を倒すか、が大事です。

たとえば、はぐれメタル1匹を倒せば、10050の経験値がもらえます。はぐれメタルを1匹倒すのは、スライム10050匹倒すことに匹敵します。

他方で、どのように倒すかは、重要ではありません。コツコツダメージ1を積み重ねても、まじんのオノで倒しても、メダパニで混乱させて同士討ちさせても、はぐれメタルを倒したなら、同じだけの経験値がもらえます。

このように、ドラクエのレベル上げは、経験値が、対象だけで決まります。レベル上げのために決定的に大切なのは、対象の選択です。

(2) 現実世界の自分育成は、対象が同じでも、経験値が同じとは限らない

これに対して、現実世界の自分育成は、対象が同じでも、そこから得られる経験値が異なる場合があります。現実世界の自分育成では、経験値を決めるのは、対象だけではないからです。

a.「どのように」対象を経験したか

経験値に大きな違いをもたらすひとつの要素は、「どのように」対象を経験したか、です。

現実世界では、武器で倒したのか、呪文で倒したのか、会心の一撃で倒したのか、毒針で倒したのかによって、経験値が変わります。対象を経験するために用いた道具や手段が違えば、そこから得られる経験値は、異なります。

さらに、どんな問題意識を持って倒したのかによっても、経験値が変わります。倒したのがスライム1匹であっても、「今日は、檜の棒をどんなふうに使ったらダメージをたくさん与えられるかを試行錯誤してみよう。」という問題意識を持って倒せば、経験値は10にも20にもなります。

b.対象を経験した「その後」、何をしたか

経験値に大きな違いをもたらすもうひとつの要素は、対象を経験した「その後」に、何をしたか、です。

現実世界では、倒したのがスライムだとしても、その後の行動によって、そこから得られる経験値を大きくできます。

たとえば、スライムを倒した後で、仲間内で反省会をしたり、倒したスライムを観察して記録したりすれば、得られる経験値が増えます。

(3) 現実世界での自分育成で気をつけるポイント

現実世界では、経験する対象を自分で選べない場面が、しばしばあります。特に、会社員なら、経験する対象を自分で決められるのは、むしろまれです。

たいていは、今日やるべき仕事の内容は決まっていますし、出席するセミナーや勉強すべき分野、合格しなきゃいけない試験も決められています。

でも、経験する対象が決まっていても、現実世界では、その対象を経験することで得られる経験値は、一定ではありません。自分がその対象をどのように経験するかや、自分がその対象を経験した後で何をするかによって、経験値を10倍、20倍に増やすことができます。(反対に、0倍にしちゃうこともあり得ます。)

現実世界で自分を育てるときは、ドラクエのように対象ごとに経験値が決まっていないことを肝に銘じて、どのように経験するかと、経験したその後に何をするかを、できるだけ意識していたいなと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

思考の枠組みを活用することで、考えることを具体的な作業にする

1.まとめ (1) テーマ 考えることから、一定レベルのアウトプットを安定して生み出すには、どう

記事を読む

no image

WorkFlowyで文書を作成することによって、文章作成主体に生じる、副次的だけど、より本質的で根本的な革命について(その1)

1.WorkFlowyによる文書作成が革命的であるもうひとつの側面は、文書作成主体への影響 先日、こ

記事を読む

no image

研究者が考察を深める仕組み:「その時点までの考察をアウトプットして、フィードバックを得る仕組み」

1.研究者の道を真剣に検討したことで、何を得たか 私事ですが、学生時代に自分の生業を考えていたとき

記事を読む

no image

WorkFlowyによる文書作成が、文章作成をする主体に与える、副次的かもしれないけれど実はより本質的かもしれない革命について(その2)文書作成に関する経験の見える化

1.はじめに(承前) この記事は、次の2つの記事の続きです。 WorkFlowyは、文書作成に、ど

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第8回「まずはどんどん書きましょう」

この文章は、結城浩先生の『文章教室』に取り組んだ記録です。 →文章教室 第1回~第7回の記録は、

記事を読む

no image

WorkFlowyを、赤坂シナモンの地下迷宮みたいにしたい(その1)

1.『ねじまき鳥クロニクル』赤坂シナモンが統べるコンピューターの地下迷宮 『ねじまき鳥クロニクル』の

記事を読む

no image

『文章教室』練習問題実践記録・第3回「パラレリズムを使いましょう」

この文章は、『文章教室』の練習問題に取り組んだ記録です。 『文章教室』は、結城浩先生がご自身のウェ

記事を読む

no image

WorkFlowyについて語るときに僕の語ること

走ることについて正直に書くことは、僕という人間について(ある程度)正直に書くことでもあった。途中から

記事を読む

no image

『7つの習慣』と関連づけて読んできた15冊

1.『7つの習慣』と結びついているたくさんの叡智 『7つの習慣』という本があります。いわゆる自己啓

記事を読む

no image

私は、こんな道具を使って、文書を作りたい。(その2・道具の枠組み)

WorkFlowyやUlyssesからヒントを得て、「私は、こんな道具を使って、文書を作りたい。」と

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑