*

好きで、得意で、お金をいただけることを、あえて仕事にしない、という贅沢

公開日: : 最終更新日:2014/03/31 単純作業に心を込める

1.好きで、得意で、お金をいただけること

昔々、私が自分の将来の進路を決めようとしていたとき、尊敬しているある方から、幸せな仕事の選び方を教えてもらいました。

概要、こんな感じです。

仕事を選ぶときは、3つの視点を持つとよい。

ひとつは、「好きか?」。仕事の構成要素の諸々(具体的な作業、人間関係、労働条件、意義、社会的評価など)を自分が好きなのかを自問自答するとよい。

ふたつめは、「得意か?」。仕事をするために必要な能力を、現在の自分が持っているか。また、今後、自分は仕事のために必要な能力を伸ばしていけるか、伸ばし続けるための努力を継続できるか。これを自問自答するとよい。

みっつめは、「お金をいただけるか?」。仕事とお金は切り離せないので、仕事を選ぶときはお金のことから逃げちゃダメ。そして、お金というのは、自分で作ることはできなくて、誰からいただくもの。なので、自分がその仕事をすることで、誰かからお金をいただくことができるのだろうか、ということを自問自答するとよい。

好きで、得意で、お金をいただけること。この3つの輪が重なるポイントに仕事を見つけると、幸せな仕事が見つかるはず。

2.好きで、得意で、お金をいただけることが見つかっても、あえて仕事にしない、という贅沢

好きで、得意で、お金をいただけることを仕事にすると、幸せになれる。これは、そのとおりだと思います。仕事を選ぶときは、好きで、得意で、お金をいただけることの中から探すのが合理的です。

他方で、好きで、得意で、お金をいただけることが見つかったとして、必ずそれを仕事にしなくちゃいけないかといえば、そういうわけでもありません。好きで、得意で、お金をいただけることが見つかったとしても、あえてそれを仕事にしない、という選択もありじゃないかと、私は思います。

なぜなら、好きで、得意で、お金をいただけることは、ひとりひとつに決まっているわけではないからです。探してみれば、好きで、得意で、お金をいただけることが、複数見つかることだってあります。複数のうちのひとつを仕事にしてお金をいただき、残りのそれはあえて仕事にしないで(つまりお金をいただくという目的を求めずに)、純粋に好きと得意を突き詰める形で味わうという選択は、十分あり得るのではないかと思います。

好きで、得意で、お金をいただけることが複数見つかったとして、その全部を仕事にして、ばりばり活躍するのは、ひとつの幸せです。

でも、ひとつの「好きで、得意で、お金をいただけること」を仕事にして生計を立てながら、別の「好きで、得意で、お金をいただけること」は仕事にせず、大好きな趣味として残しておく、というのも、これもまたひとつの幸せではないかと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

「瞬時レビュー」をすると、タスク実行時の感情と、うまくつきあえる

1.「瞬時レビュー」の主観的なメリット 「瞬時レビュー」とは、ライフハック心理学の佐々木正悟さん提

記事を読む

no image

WorkFlowyで、「朝一番の自動書記」(by結城浩先生)をする

1.朝一番の自動書記 少し前、いつも読んでいる結城浩先生のブログに、「朝一番の自動書記 」が紹介さ

記事を読む

no image

店長からのおすすめの一品

店長自らが、厨房に立ち、同時に、カウンター越しにお客さんとの会話もしてくれるような、そんな居酒屋が、

記事を読む

no image

単純作業に心を込めるタスク管理

1.「単純作業に心を込めて」という行動指針とタスク管理 「単純作業に心を込めて」というこのブログの

記事を読む

no image

もしも、子どもに、「生きる意味って何?」と尋ねられたら。

大学生の一時期、私は、「人生全体の目的」とか「生きる意味」とかのことを、本気で、考えていました。 昨

記事を読む

no image

「自分の生活全体の目的」と、「自分の生活全体」のあり方

少し前になりますが、これを書きました。 全体と一部分(それより上の階層がない・それより上の階層があ

記事を読む

no image

WorkFlowyについて書いてきた177個のブログ記事を、WorkFlowyによって組み替えた、ひとつの大きな階層つきリスト

1.はじめに 2015年1月から、私は、この「単純作業に心を込めて」というブログに、WorkFlow

記事を読む

no image

寝て安静にしてるうちに正月が終わってしまったけれど、いろいろよかった

1.正月早々体調を崩して、寝て安静にしてるうちに正月が終わってしまった 気づけば、2014年も1週

記事を読む

no image

「巨人の肩の上に立つ」ということ

「巨人の肩の上に立つ」という言葉をご存知でしょうか。 Google Scholarにも掲げられている

記事を読む

no image

『実存からの冒険』から受け取った〈実験=冒険としての生〉というイメージが、ブログによって現実になっていた。

1.「積極的な社会参加」としてのブログ 好きなブログを告白する11月は昨日で終わっちゃいましたが、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑