*

「起点」「目盛り」「焦点」(Re:発想法と「中心」)

公開日: : 知的生産

問1:マインドマップとマンダラートには「中心」がある。アウトライナーとKJ法(あるいはこざね法)にはそれがない。その違いについて、自由に検討しなさい。

問2:「中心」と対になる概念、ないしは並列する概念があるとすれば、それはどのようなものになるか。自由に検討しなさい。

R-style » 発想法と「中心」

問1について

(1) 「中心」とは何か?

マインドマップ、マンダラート、アウトライナー、KJ法、こざね法は、いずれも、2次元のフィールドに情報を表現する方法である。本問は、これらの方法における「中心」を問うものである。では、ここでいう「中心」とは何か。

結論からいえば、

「起点」のうち、フィールド中央に位置するもの

が「中心」であると考える。

順に考える。

まず、「起点」とは何か。

フィールド上に表現されるすべての情報がつながる源となる一点である。「起点」が存在する方法では、フィールド上に表現されるすべての情報は、「起点」からのつながりを持つことになる。

たとえば、マインドマップは、すべての情報が、中央に置かれたキーワードやイメージとつながっている。また、マンダラートは、周囲の8つのセルは、中心のセルとつながり、関係を持っている。これらが「起点」である。いずれも、最初に「起点」があり、その「起点」とのつながりで、フィールド上に情報が表現される。

これに対して、KJ法には、「起点」がない。KJ法でフィールド上に情報を表現するときに、フィールド上の一点とのつながりを前提とする必要はない。

次に、「中心」は、フィールド中央に存在する「起点」である。「中心」は、「起点」の特殊な一種であるといえる。

「起点」は、フィールド上のどこに存在してもよい。たとえば、アウトライナーの「起点」はフィールド左上であり、マインドマップやマンダラートの「起点」はフィールド中央である。

どこに存在してもよい「起点」のうち、中央に位置するものを「中心」と呼ぶ。マインドマップやマンダラートの「起点」は「中心」だが、アウトライナーの「起点」は「中心」ではない。

(2) 「目盛り」(マンダラートとマインドマップの違いについて)

「中心」の有無の違いを検討する前に、マンダラートとマインドマップの違いを検討する。

大きな違いは、「目盛り」の有無である。マンダラートには「目盛り」があるが、マインドマップには「目盛り」がない。

マインドマップには「目盛り」がないので、フィールドに情報を表現する際、「中心」との関係を、距離や方向で無限に表現できる。これに対して、マンダラートには「目盛り」があるので、「中心」との関係は、前後左右斜めの周辺セル8個か、周辺セルの周辺マンダラ展開によってしか、表現できない。

この違いは、デジタルとアナログといってもよいかもしれない。

(3) マインドマップ、マンダラート、アウトライナー、KJ法、こざね法、そしてマトリクス

このように、2次元のフィールド上に情報を表現する方法は、

  • 「起点」の有無
    • 「起点」がある場合、「中心」か否か
  • 「目盛り」の有無

によって、次の6種類に分類できる。

  • 「起点」が有る
    • 「起点」がフィールド中央にある=「中心」が有る
      • 「目盛り」が有る
      • 「目盛り」が無い
    • 「起点」がフィールド中央ではない場所にある
      • 「目盛り」が有る
      • 「目盛り」が無い
  • 「起点」が無い
    • 「目盛り」が有る
    • 「目盛り」が無い

本問で例示されている5つの方法(マインドマップ、マンダラート、アウトライナー、KJ法、こざね法)に位置づけると、こうなる。

  • 「起点」が有る
    • 「起点」がフィールド中央にある=「中心」が有る
      • 「目盛り」が有る→マンダラート
      • 「目盛り」が無い→マインドマップ
    • 「起点」がフィールド中央ではない場所にある
      • 「目盛り」が有る→アウトライナー
      • 「目盛り」が無い→こざね法
  • 「起点」が無い
    • 「目盛り」が有る
    • 「目盛り」が無い→KJ法

該当がない残りの区画(「起点」が無い・「目盛り」が有る)には、マトリクスが該当する。

以上から、「起点」と「目盛り」を軸にして、2次元のフィールド上に情報を表現する方法を、次のように分類できる。

  • 「起点」が有る
    • 「起点」がフィールド中央にある=「中心」が有る
      • 「目盛り」が有る→マンダラート
      • 「目盛り」が無い→マインドマップ
    • 「起点」がフィールド中央ではない場所にある
      • 「目盛り」が有る→アウトライナー
      • 「目盛り」が無い→こざね法
  • 「起点」が無い
    • 「目盛り」が有る→マトリクス
    • 「目盛り」が無い→KJ法

(4) 問1について

「中心」の有無による違いは、

  • 「起点」の有無による違い
  • (「起点」有りのうち、)「起点」の場所による違い

の2つに分けて考えるべきである。

「起点」の有無による違いは、フィールド上に情報を表現する際に、ある一点とのつながりを要求するか否か、である。要求するほうが制約度合いは強まるが、その制約が発想を促す場合もある。

「起点」の場所による違いは、「起点」との関係を表現するための選択肢の広さに影響を与える。「起点」がフィールド中央に位置づけられれば(すなわち、「中心」であれば、)「起点」(「中心」)との位置関係は、360度で表現できる。2次元のフィールドを前提とする限り、360度は、最も広い選択肢である。これに対して、「起点」がフィールド中央ではなく、フィールドの端に位置づけられれば、その分、表現できる関係の選択肢は狭まる。特に、四隅を「起点」とする場合は、表現できる「起点」との関係は90度に限定されるので、大幅に制約される。

「中心」(及びその上位概念である「起点」)とは別の軸に属するものとして、「目盛り」がある。

「中心」の有無と「目盛り」の有無は独立であるが、「目盛り」の有無と「中心」の有無が組み合わさることによって、発想法の特性が生まれる。

問2について

(1) 「起点」

「起点」は、「中心」の上位概念である。

2次元のフィールド上に表現される情報の源となる一点。フィールド上に表現されるすべての情報は、「起点」とのつながりを要求される。

「中心」は、フィールド中央に存在するときの「起点」の呼称。

(2) 「焦点」

「起点」を持たない方法で表現された場合でも、フィールド上に何らかの点が生まれることがある。たとえば、KJ法は「起点」を持たないが、KJ法を進めていくと、フィールド上に情報のまとまりが生まれ、情報が点を結ぶ場合がある。

このようにして生まれた点は、最初から存在するわけではない点で、「起点」とは異なる。表現された情報が事後的に点を結ぶので、「焦点」と呼ぶことにする。

すると、「焦点」は、「起点」の有無とは独立の存在だということがわかる。つまり、「起点」の有る方法でも、「焦点」は事後的に生じる。たとえば、アウトライナーは、左上に「起点」があるが、アウトライナー上に情報を表現していくと、情報のまとまりが少しずつ生じて、アウトラインの中にいくつかの「焦点」が事後的に生まれることがある。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyに『「超」整理法』の時間順原則を取り入れるための、「WorkFlowy押下げトピック法」試案

1.課題:WorkFlowyに『「超」整理法』の考え方を取り入れるために、どんなトピック構造&トピッ

記事を読む

no image

『知的生産の技術』の各章を、WorkFlowyの視点から

『知的生産の技術』とWorkFlowyとの関係を考えるため、インターネットやEvernoteを漁って

記事を読む

no image

Evernote・WorkFlowy/カード・こざね

1.はじめに 『知的生産の技術』を読んだ私が感じたことは、同書のカード・システムとWorkFlowy

記事を読む

no image

「コンテナ」と「トピック」〜WorkFlowyの中に知的生産のフローを流すシステム〜

1.[はじめに]知的生産のフローと『コンテナ物語』をつなぐもの 次の2つの記事を書きました。 知的

記事を読む

no image

『知的生産の技術』のカード・システムと、WorkFlowy

前回は、シゴタノ!の倉下忠憲さんの記事を下敷きにして、『知的生産の技術』の各章を、WorkFlowy

記事を読む

no image

Evernoteを中心に、知的生産のためのクラウドベースを作る

1.Evernoteを中心としたクラウドサービスのおかげで、知的生産を続けられている (1) サラ

記事を読む

no image

「個人のための知的生産システム」内部の秩序を維持するための、2つのアプローチ

1.「個人のための知的生産システム」と、その課題 「個人のための知的生産システム」は、私がここ数年に

記事を読む

no image

「個人の継続的な知的生産」と、「全体・一部分」&「それより上の階層がない・それより上の階層がある」

1.はじめに 先日、これを書きました。 全体と一部分(それより上の階層がない・それより上の階層が

記事を読む

no image

好きな素材を、上達論のテキストとして使い込む

1.「上達論のテキストとしてみる習慣」という考え方 齋藤孝の『「できる人」はどこがちがうのか』に、

記事を読む

no image

ずっと完成しないで変化し続ける有機体から、暫定的な作品群を切り取るためのハサミ

1.ずっと完成しないで変化し続ける有機体と、そこから切り取った暫定的な作品群を公開する場所 (1) 

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑