*

ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

公開日: : WorkFlowy

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモアプリです。ぱっとアプリを立ち上げ、さっとメモを書き、ポンとWorkFlowyに放り込むことができます。

このたび、MemoFlowyは、Ver.1.8へとバージョンアップしました。今回のバージョンアップの目玉は、次の3つです。

  • 位置情報
  • Twitter(iOSのみ)
  • 文字装飾

以下、概観します。

1.位置情報機能

位置情報を送信できるようになりました。MemoFlowyの特徴である自由な書式に対応しています。

(1) 仕組み

端末の位置情報を利用します。

メモ入力画面に、位置情報に対応した特定の文字列を書いて送信することで、住所、地図リンク、緯度、経度を送信できます。

もちろん、テンプレートや登録語句と組み合わせることもできます。

(2) 基本的な使い方

a.最初の設定

端末の位置情報をMemoFlowyで利用するための設定を行います。

MemoFlowy側の設定で位置情報の利用をオンにして、

MemoFlowyの位置情報の設定

OS側の設定でMemoFlowyの位置情報利用を許可します。

iosの位置情報設定

b.利用できる位置情報と、書式

MemoFlowyが利用できる位置情報は、次の4つです。

  • 緯度
  • 経度
  • 地図リンク
  • 住所

これらに対応した特定の文字列をメモ入力画面することで、位置情報を送信できます。

位置情報を利用するための文字列

特定の文字列は、次のとおりです。

  • 緯度
    • {@緯度}
    • {@Latitude}
  • 経度
    • {@経度}
    • {@Longitude}
  • 地図リンク
    • {@地図}
    • {@Map}
  • 住所
    • {@住所]
    • {@Address}

(3) 便利な使い方

a.ツールボックスからの位置情報挿入

位置情報を示す文字列は、もちろん手打ちでも構いませんが、若干面倒です。そこで、入力を支援するためのツールボックスを設置しました。ツールボックスは、メモ入力画面の下バー中央にあるアイコンです。

(Ver.1.7までこの位置にあったペーストボード履歴は、ツールボックスの中に入りました。)

ツールボックスアイコンをタップすると、

ツールボックスメニュー

いくつかのメニューが出ます。

ツールボックスアイコンのメニュー

そこから位置情報を選択すれば、位置情報に対応した文字列を挿入することができます。

ツールボックスからの位置情報一覧

b.テンプレートに仕込む

もちろん、位置情報の文字列をテンプレートに仕込むことも可能です。

たとえば、テンプレートをこんな書式にしておけば、

  • ‘HH:mm’
  • →I
  • — Note Start —
  • {@地図}
  • {@住所}
  • — Note End —

noteに位置情報を追加

WorkFlowyには、こんな感じで、noteに位置情報が記載されたメモが追加されます。

noteに位置情報を追加できる

2.Twitter機能(iOS版のみ)

メモ入力画面から送信したテキストを、WorkFlowyと同時にTwitterにも投稿する機能です。

(1) 仕組み

メモ入力画面からWorkFlowyへ送信するのと同時に、同じ内容のテキストを、Twitterに投稿します。

MemoFlowyには、従前から、WorkFlowyと同時にEvernoteにも送信できる、マルチ送信という機能がありました。今回のバージョンアップは、マルチ送信機能の送信先にTwitterが加わった、とイメージするとわかりやすいかと思います。

Twitter機能は、マルチ送信機能の一部です。そのため、Twitterへ投稿するか否かのコントロールは、送信設定単位です。送信単位ではありません。

この機能は、iOSのTwitter投稿機能を使ってます。そのため、今のところ、Android版では利用できません。他方で、iOSが管理しているTwitterアカウントであれば、送信設定ごとに複数のアカウントを切り替えることも可能ですし、MemoFlowy内でTwitterのIDやパスワードを設定する必要もありません。

(2) 使い方

a.設定

Twitter送信機能はマルチ送信機能の一部なので、MemoFlowyのマルチ送信機能の設定メニューから利用します。

ある送信設定でTwitter送信をオンにすると、iOSで管理しているTwitterアカウントの一覧が表示されますので、希望のアカウントを選択します。これで設定はおしまいです。その送信設定でメモを送信するだけで、WorkFlowyと同時に、Twitterにも投稿できるようになります。

マルチ送信設定の、Twitter連携部分オン

b.送信

各回の送信は、いつもどおりです。

メモ入力画面でメモを作成し、送信ボタン長押しから、送信設定を選択します。Twitter送信をオンにした送信設定を選べば、Twitterにも投稿されます。

マルチ送信送信設定を表示する

たとえば、こんなメモを送信した場合、

MemoFlowyからの送信テスト

WorkFlowyにメモが追加されるとともに、

WorkFlowyに入ったメモ

Twitterにも投稿されています。

(Twitterは基本公開なので、Twitterへの誤送信にはくれぐれもご注意ください。なお、Twitter送信がオンになっている送信設定には、送信設定一覧メニューにTwitterアイコンが表示されています。)

(3) 若干細かい点

a.文字数制限との関係

Twitterには、140字の文字数制限があります。これに対して、WorkFlowyには文字数制限がなく、MemoFlowyからも長文メモを投稿することが可能です。では、両者はどのように折り合いをつけたらよいでしょうか。

MemoFlowyの解決はシンプルです。140字を超える部分は、無視します。Twitterには投稿されません。

そこで、140字を超えたか否かを判別する便宜のため、文字数表示機能を追加しました。設定メニューから文字数表示をオンにすると、文字数が表示されます。

140字を超えた部分は無視する。

なお、140字を超えたメモを送信した場合であっても、WorkFlowyやEvernoteへ送信した分は、何ら影響を受けません。140字を超える部分を無視するのは、あくまでもTwitter投稿との関係だけです。

b.文字装飾、note、インデント

WorkFlowyには、文字装飾、note、インデントなどの機能があります。MemoFlowyは、メモ入力画面から、文字装飾、note、インデントを利用できます(文字装飾は、今回のバージョンアップ内容です)。

他方で、Twitterには、文字装飾も、noteも、インデントもありません。

では、MemoFlowyから送信したメモに、文字装飾、note、インデントがあると、どうなるのでしょうか。これもシンプルです。これらは無視され、Twitterとの関係では、すべて素のテキストとして投稿されます。

たとえば、次のようなテキストをMemoFlowyから送信するとします。

  • WorkFlowyで読書ノートを作る意義は何だろう。
  • →たくさんの本たちを{#B}自分の一冊{#/B}へと構造化できること、かなあ。
  • →一冊の本は、もともと、その一冊で完結して閉じている。でも、WorkFlowyで読書ノートを作れば、その本を他の本へと{#U}開く{#/U}ことができる。
  • — Note Start —
  • 検討不十分。これから考える。
  • — Note End —

文字装飾、note、インデントのテスト

WorkFlowyに入ると、このように、文字装飾、note、インデントのあるメモになります。

WorkFlowyなら、文字装飾などは有効に

しかし、Twitterへの投稿では、素のテキストです。

3.文字装飾機能

メモ入力画面から文字装飾を利用できるようになりました。

(1) 仕組み

WorkFlowyは、文字を装飾できます。

WorkFlowyの下線・太字・斜体の基本と応用

でも、スマートフォンからこれらを利用するのは、わりと面倒です。

そこで、MemoFlowyのメモ入力画面におけるマークアップによって、これらの文字装飾を利用できるようになりました。

(2) 使い方

a.マークアップの書式

メモ入力画面で、テキストをマークアップします。

書式は、

  • 太字:{#B}{#/B}
  • 下線:{#U}{#/U}
  • 斜体:{#I}{#/I}

です。

マークアップは、入れ子にすることもできますし、複数行にわたっても大丈夫です。

b.ツールボックスからタグを入力する

テキストのマークアップは、タグを手打ちしても問題ありません。でも、若干面倒です。そこで、ツールボックスに、文字装飾メニューを用意しました。

文字装飾メニュー

文字装飾メニューから特定のものを選択すると、

  • 開始タグと終了タグのセットが入力され、
  • タグの間にカーソルが置かれる

という状態になります。

タグの間にカーソルが入る

c.マークアップしたい範囲を選択してから、タグで囲む

iOS限定ですが、先にテキストを入力して、その後、マークアップする、という方法も可能です。

  • マークアップしたいテキストを選択する
  • ツールボックスの文字装飾から、希望のタグを選択する

という操作をすることで、選択範囲の最初と最後に、対応する開始タグと終了タグが挿入されます。

文字装飾テスト(選択その1)

マークアップしたい範囲を選択する

最初と最後にタグが挿入される

4.終わりに

MemoFlowy Ver.1.8、いかがでしたでしょうか。

今回のバージョンアップは、実用性を強化するというよりも、新しい世界を切り開く可能性を秘めたものかもしれません。位置情報はライフログツールとしての側面を、Twitter送信機能は新機軸のアイデア捕獲ツールとしての側面を、それぞれ切り開いてくれそうです。

今回のバージョンアップも、MemoFlowyユーザーの皆様に、多くを負っています。特に、Twitter送信機能については、Twitterでたくさんの声をいただきました。

MemoFlowyは、WorkFlowyへテキストメモを放り込むツールとして、ある意味、完成に近いところまで来ています。でも、ユーザーの皆様の柔らかな発想を持ってすれば、まだまだ変わり続けていくことができそうです。

これからも変わり続けていくMemoFlowyを、どうかお楽しみに!

スポンサードリンク

関連記事

no image

スマートフォンを機種変更した場合の、HandyFlowyとMemoFlowy(少しおまけにWorkFlowy)

先日(2017-01-28)、スマートフォンを機種変更しました。 機種変更前がiPhone5cで、機

記事を読む

no image

WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniOutlinerなどのプロセス型

記事を読む

no image

WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボールペンで読む日本語』

1.はじめに 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』を読んでから、「読書ノート」を作る習慣を始めまし

記事を読む

no image

「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる(Windows&Mac)

1.ウェブブラウザから使うWorkFlowyはすごくよいけれど、若干の課題もある (1) ウェブブ

記事を読む

no image

WorkFlowyに存在する秩序は、順番と深さからなる二次元の階層構造ただひとつ(「ただひとつ」というWorkFlowyの思想その3)

1.WorkFlowyの「ただひとつ」という思想 WorkFlowyは、思想を持ったツールです。これ

記事を読む

no image

WorkFlowyをプレゼン資料として使ってみたことの報告(後編:新たな試行錯誤とそこから得た収穫)

1.はじめに ここしばらくの間、私は、WorkFlowyをプレゼン資料として使うことに取り組んでいま

記事を読む

no image

「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は、「ハサミスクリプト for

記事を読む

no image

WorkFlowyについて語るときに僕の語ること

走ることについて正直に書くことは、僕という人間について(ある程度)正直に書くことでもあった。途中から

記事を読む

no image

【連載】iOSからWorkFlowyを快適に使う(5) iPhoneへの切り出しを具体化するための、サブアカウントというノウハウ

パソコンからはすごく使いやすいWorkFlowyですが、iPhoneからはイマイチです。これを解消す

記事を読む

no image

与件の範囲内での窮屈な文書作成が、ちょっと自由になる_文書作成ツールWorkFlowyの可能性(1)

個人的で主観的な経験なのですが、WorkFlowyで文書を作成するようになってから、文書作成がぐっと

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑