*

養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

公開日: : WorkFlowy

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。

1.MemoFlowyのTwitter機能は、面白い可能性を持っている

MemoFlowy Ver.1.8は、Twitter機能を備えました。MemoFlowyのメモ入力画面で書いたメモを、WorkFlowyとTwitterに同時送信できます。

ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

この機能は、それほど実用的な機能ではないかもしれません。WorkFlowyは非公開の自分用メモであるのに対して、Twitterは公開のつぶやきですので、両方に同時送信すべきテキストがどんなものなのか、あまり思いつかないからです。

しかし、面白い機能です。WorkFlowyとTwitterという異なる特徴を持つ2つのツールをつなげることで、何か新しいものが生まれるかもしれません。

そんな新しい可能性の中で、私が思いつくのは、アイデアとの関係です。

2.WorkFlowyとTwitterは、アイデアに対して、どのように機能するか?

私にとって、WorkFlowyとTwitterは、どちらも、アイデアを育てるためのツールでもあります。

参考

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を創る(Kindle・Evernote・WordPress・Feedly&Pocket・WorkFlowy・Twitterの関係)

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を読む

でも、WorkFlowyとTwitterがアイデアを育てる方法は、全然ちがいます。ひとことでいえば、WorkFlowyはアイデアを養殖し、Twitterはアイデアを放流します。

(1) WorkFlowyは、アイデアを養殖する

WorkFlowyでアイデアを育てるとき、私がするのは、WorkFlowyに放り込んだアイデアに手を入れることです。書き加えたり、並べ替えたり、まとめたり、分解したり、他のアイデアとくっつけたりして、文章などの成果物へと育て上げることを通じて、アイデアを育てます。

これらのプロセスは、基本的にはすべて、私のWorkFlowyアカウントという囲いの中で進みます。アイデアというお魚を釣り上げた後、自分が用意した囲いの中で育てるという意味で、養殖っぽい育て方です。

(2) Twitterは、アイデアを放流する

Twitterは違います。Twitterは公開です。この開かれ方は、原理的にはウェブ全体に対してなのですが、実際の働き方としては、自分のタイムラインに対して、だろうと思います。

思いついたアイデアをTwitterにつぶやくと、リプライ、リツイート、ファボ、引用などの反応をいただくことがあります。反応の大きさや方向によって、自分の思考が刺激され、新しいアイデアが浮かびます。

これらのプロセスは、かなりの程度、タイムライン任せです。釣った魚をタイムラインに放流し、大きく育つのを期待しているだけです。予想を超えて大きく育ってくれることもあれば、どこかに去ってしまって戻ってこないこともあります。わりといい加減な放流です。

3.釣ったアイデアを漁獲する選択肢が広がった

思いついたアイデアのほとんどは、そのままでは、何の価値にもつながりません。釣ったアイデアというお魚を真に漁獲するには、何らかの形で、アイデアを育てる必要があります。

WorkFlowyによる養殖と、Twitterによる放流。

両者は、それぞれが別々の性格を持つ、アイデア育成方法です。択一関係やゼロサム関係にたつわけではありませんので、どちらの方法がより優れているかを決める必要もありません。両者併用し、両方の方法をうまく併用して釣ったお魚を育てることが、よい漁獲につながります。

MemoFlowyのTwitter機能は、釣ったアイデアの漁獲を大きくするための選択肢を増やしてくれました。

[MemoFlowy関連情報]

ぱっとアプリを立ち上げ、さっとメモを書き、ポンとWorkFlowyに放り込むことができるメモツールMemoFlowyの情報は、こちらから。

WorkFlowyをメモツールとして活かしたいなら、使って損はありません。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyで、文章となる枠の外に混沌さを排出して、文章を書く

私のしつこいおすすめ活動の成果か、ウェブ経由ではない何人かの知り合いが、WorkFlowyを使い始め

記事を読む

no image

「WorkFlowyのURL」を取得する方法の基本

1.はじめに 「WorkFlowyのURL」の活用は、「WorkFlowyのURL」の取得から Wo

記事を読む

no image

WorkFlowyについて書いてきた177個のブログ記事を、WorkFlowyによって組み替えた、ひとつの大きな階層つきリスト

1.はじめに 2015年1月から、私は、この「単純作業に心を込めて」というブログに、WorkFlow

記事を読む

no image

なぜ、WorkFlowyは、文章の推敲に向いているのか? (WorkFlowy×『数学文章作法 推敲編』その1)

1.問い「なぜ、WorkFlowyは、文章の推敲に向いているのか?」と検討の指針 (1) Work

記事を読む

no image

WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボールペンで読む日本語』

1.はじめに 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』を読んでから、「読書ノート」を作る習慣を始めまし

記事を読む

no image

2016年2月段階でWorkFlowyに期待している3つの機能追加

2016年2月現在、私は、現状のWorkFlowyに、おおむね満足しています。 ただ、これ以上改善の

記事を読む

no image

彩郎のWorkFlowy(2015/02/21段階)

0.彩郎のWorkFlowyのHome(2015/02/21段階) ずっとやってみたかったWorkF

記事を読む

no image

[具体例]本からの引用を格納した「トピック」は、WorkFlowyの中を、どのように流れていくのか?

1.テキスト情報を格納した「トピック」が、WorkFlowyの中を流れる (1) 「トピック」とい

記事を読む

no image

WorkFlowyにKindleのURLを書いて、「読書ノート」を育てる

1.前提知識 (1) WorkFlowyに関する前提知識 a.WorkFlowyは、「読書ノート」と

記事を読む

no image

WorkFlowyのトピック折りたたみ機能の基本

1.WorkFlowyのトピック折りたたみ機能とは? WorkFlowyは、テキストを階層構造で管理

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑