*

思考の枠組みに従って考えることの実践(1)「ブログを毎日更新するべきか?」(前半)

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 勉強

思考の枠組みに従って考える、ということを実践してみます。瀧本哲史さんが『武器としての決断思考』で書いていた枠組みを活用することにします。

最近、私は、このブログ「単純作業に心を込めて」と、どのようにつきあっていこうかなと考えています。ですから、ブログをどうしていくかについて、思考の枠組みに従って考えてみます。

1. 考える前提(問題設定と判断の基準)

(1) 問題設定

考えるために、まずすべきことは、問題を設定することです。

「ブログをどうするか?」では問題設定としては不十分です。より具体的な問いに落とし込む必要があります。

私が考えているのは、ブログにどれくらいの時間とエネルギーを注ごうかな、ということです。ですが、これではまだ抽象的すぎで、何を考えたらよいかが不明確です。問題は、具体的な行動を取るべきか否か、という二者択一の形が望ましい。

そこで、「ブログを毎日更新するべきか?」という問いをたててみました。

問題「ブログを毎日更新するべきか?」

(2) 判断の基準

判断の基準は、シンプルです。

メリットとデメリットを比較して、メリットの方が大きければ、やる。デメリットの方が大きければ、やらない。これだけです。

2. メリットとデメリット

まず、ブログを毎日更新することのメリットとデメリットを挙げます。いくつも出てきそうですが、とりあえず3つずつ挙げてみます。

メリット

  1. 文章を書く練習になる
  2. ブログを書くことが生活の核となって、生活の質が高まる
  3. ブログへのアクセスが増える

デメリット

  1. 時間がとられる
  2. ひとつの記事の質が低くなる
  3. ブログを書くことが義務となり、ブログを続けるのが苦痛になる

(1) メリットは、メリットの3条件を満たしているか?

それぞれのメリットが、メリットの3条件を充足しているかを確認します。

メリットの3条件は、以下の通りでした。

  1. 内因性 (何らかの問題があること)
  2. 重要性 (その問題が深刻であること)
  3. 解決性 (問題がその行動によって解決すること)

ア メリット1「文章を書く練習になる」 について

以下の通り、3条件を満たしているように思えます。

(ア)内因性

現在、私は、自分の文章力に不満を持っている。

(イ)重要性

私にとって、文章を書くことは重要である。

(ウ)解決性

毎日ブログを書けば、文章を書く練習となり、文章力の向上が期待できる。そのため、問題が解決する。

イ メリット2「ブログを書くことが生活の核となって、生活の質が高まる」について

以下の通り、3条件を満たしているように思えます。

(ア)内因性

今の私の生活は、だらけており、問題である。

(イ)重要性

生活がだらけていると、人生に対する満足度が低く、問題である。

(ウ)解決性

毎日ブログを更新すれば、ブログを書くことが生活の核となり、生活にしまりが出る。

ウ メリット3「ブログへのアクセスが増える」について

以下の通り、3条件を満たしているように思えます。

(ア)内因性

現在、このブログへのアクセスは、ごくわずかである。

(イ)重要性

せっかくブログを書くからには、アクセス数は、重要な問題である。

(ウ)解決性

毎日ブログを書けば、露出も増えるから、アクセスが増えて、問題は解決する。

(2) デメリットは、デメリットの3条件を満たしているか?

それぞれのデメリットが、デメリットの3条件を満たしているかを確認します。

デメリットの3条件は、以下の通りでした。

  1. 発生過程
  2. 深刻性
  3. 固有性

ア デメリット1「時間がとられる」について

以下の通り、3条件を満たしているように思えます。

(ア)発生過程

毎日ブログを更新するには、時間が必要である。

(イ)深刻性

ブログに時間を費やせば、その分、他のことに使える時間が減る。

(ウ)固有性

現時点では、毎日ブログに時間を費やしているわけではないのだから、問題は発生していない。

イ デメリット2「ひとつの記事の質が低くなる」

以下の通り、固有性が怪しいですから、これはデメリットではないと思われます。

(ア)発生過程

毎日ブログを更新すると、ネタも薄くなり、力も費やせなくなり、ひとつの記事の質が低くなる。

(イ)深刻性

ブログにとって、記事の質は大切だから、記事の質が低くなるのは、深刻な問題である。

(ウ)固有性

現時点で、記事の質が高いとは言えないだろう。固有性の条件は満たさないのではないか。

ウ デメリット3「ブログを書くことが義務となり、ブログを続けるのが苦痛になる」について

(ア)発生過程

毎日更新することを決めると、ブログを書くことが義務になり、ブログを続けるのが苦痛になる。

(イ)深刻性

ブログを楽しんで続けることは、私にとって、大切なことである。

(ウ)固有性

現時点では、書きたいときに書きたいだけ書いているのであって、ブログを義務と感じることはまったくない。お気楽に楽しみながらブログをしている。

3. 休憩

これで、メリットとデメリットを挙げるところまで来ました。

このあと、(1)それぞれのメリット・デメリットに突っ込みを入れ、(2)突っ込みにも関わらず生き残ったメリット・デメリットを比較する、という段階をたどります。さて、どんな結論が出るのかなあ。

後編に続く。

スポンサードリンク

関連記事

no image

大学受験勉強にのぞむ4つの基本戦略

1.はじめに 高校生の子どもを持つ知人から、その子に大学受験の受験勉強のコツを教えてくれと頼まれま

記事を読む

no image

『非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門』(飯間浩明)のすすめ

1.問題 他者に何かを伝えるための文章を書くコツを、手っ取り早くつかむためには、どうしたらよいか。

記事を読む

no image

iPhoneのKindleアプリとKindle Paperwhiteの比較

1.Kindle本を「思考する場所」として使うため、iPhoneのKindleアプリでKindle本

記事を読む

no image

Kindleによる読書で、読書からの収穫全体の減少を防ぐ

1.Kindleによる読書は、紙の本の読書よりも、収穫が減るのか? (1) Kindleが、ボトル

記事を読む

no image

思考の枠組みの一例 『武器としての決断思考』における、メリット・デメリットに対する突っ込み方法

1. はじめに 思考の枠組みに従って考えることの実践(1)「ブログを毎日更新するべきか?」(前半)

記事を読む

no image

文章を書くときの項目番号の付け方(「公用文方式」と「理科系の作文方式」)

1.「公用文方式」または「理科系の作文方式」で項目番号を付けることのすすめ (1) 問題意識 構

記事を読む

no image

Kindleで読み、Evernoteで書くことで、「空間」という制約要素から自由になる(Kindleで『知的生活の方法』を読んで考えたこと)

1.『知的生活の方法』(渡部昇一)とKindleで再会 (1) 『知的生活の方法』 『知的生活の

記事を読む

no image

『大学で勉強する方法』(A.W.コーンハウザー)は、大学生以外にも役に立つのではないかと思う。

1.『大学で勉強する方法』という本について この本は、文字通り、大学で勉強するための簡潔で実際

記事を読む

no image

タスク管理ツールで「瞬時レビュー」をすると、タスク管理ツールが残す行動記録の量と質が、劇的に高まる

1.「行動記録を残す」というタスク管理ツールの役割 一般的に、タスク管理ツールの役割は、未了タスク

記事を読む

no image

文章の組み立て方0 「文の書き方」と「文章の書き方」

1. 文章の書き方には、「文の書き方」と「文章の書き方」がある 私は、これまで、文章を上手に書ける

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑