*

Realforceと組み合せて使うことで、さらに快適に。FILCOブランドのレザーパームレスト「FKBPR/B」。

公開日: : 徒然

1.Realforceに感じた違和感

私は、デスクトップPC用のキーボードとして、東プレのRealforceを使っています。東プレRealforceは、静電無接点方式のキーボードです。Realforceを使い始めたのは2012年7月なので、現時点で、約半年使ったことになります。

Realforceは、基本的には、快適です。特に、キーの軽さがすばらしいです。ほんの少し指を動かすだけでしっかり反応してくれるので、力を抜くことができます。長時間タイプしても、疲れません。

しかし、Realforceには、若干の問題がありました。それは、キーボード自体の分厚さです。

私が慣れているのは、ノートパソコンでの入力です。ノートパソコンは、キーボードの手前、タッチパッドの両側にある部分に、てのひら(のうち、手首に一番近いところ・手根部と言うんですかね)を乗せて固定します。そうすると、キートップは、手根部よりも低い位置に来ます。私は、この高さ関係が好きでした。

これに対して、Realforceのキーボードはキートップの位置が高く、かつ、手根部を固定する場所がないため、手根部を固定するのは、机になります。Realforceのキートップと、手根部を固定する机天板では、机の方が低くなります。この高さ関係だと、低いところに手根部を固定して、10本の指で、手根部よりも高いところにあるキートップを打つことになるため、手首をぐいっと上に曲げる必要があります。

この高さ関係が、私にとっては、違和感を感じる原因でした。

2.Realforceにぴったりのパームレスト・ダイヤテック製FILCOブランドのFKBPR/B

(1) パームレストという道具が存在することを知った

違和感の原因が、キーボードと手根部との高さ関係にあるのですから、この高さ関係を調整すれば、違和感は減ります。手根部を固定する位置が低いことが問題の原因なので、手根部を固定する位置を高くすればよいことになります。とすれば、手根部を固定するために、キーボード手前に台のような物を置けばよいわけです。

この問題意識を持って、何かいい物がないかなと探したところ、パームレストという道具が存在することを知りました。パームレストとは、キーボードを打つときに、てのひらを置いておくために使用する道具です(パームというのは、てのひらのことだそうです)。私が求めていたものはまさにこれです。

そこで、Realforceと組み合わせて使用するのにちょうどよいパームレストを探しました。

(2) ダイヤテック製FILCOブランドのパームレスト「FKBPR/B」

a.FKBPR/Bを買った

結局、これを買いました。

Amazon.co.jp: FILCO キーボード用パームレスト レザーパームレスト大サイズ(47.0cm) 本牛革製 ブラック FKBPR/B: パソコン・周辺機器

b.使用感

使ってみると、RealforceとFKBPR/Bとの相性は、とてもよいです。ますますRealforceの使い勝手が上がりました。理由は、以下の2つです。

まず、入力が快適になります。FKBPR/Bは、高さ調節のために、二段の形状になっています。私の場合は、FKBPR/Bの高い方に手根部を固定すると、Realforceとの高さ関係がちょうどよくなりました。Realforceの高さ調節部分(キーボードの裏についている機具)を折りたたんでRealforceを平らにした上で、FKBPR/Bの高い方に手根部を置くと、私にとっては、手根部とキーボードとの高さ関係が、理想的なものに近づきました。

次に、見た目もよいです。皮製なので、わりと高級感があります。また、長さがRealforceと似たようなものなので、Realforceの手前に置くと、しっくりなじみます。

3.もともと快適な道具が、少し工夫で、別次元の快適性を手に入れた

Realforceは、もともと快適な道具でした。しかし、パームレストを追加するという少しの工夫によって、さらに快適になりました。パームレスト使用以前と比べると、別次元の快適性です。

満足している環境であっても、ちょっとした改善点を探せば、大きな改善が得られることがある、という実例のひとつです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Logicool TK700の充電ケーブルが短かったので、GALAXY Sのケーブルを使ってみました。

新しいiPad用のキーボードとして購入したLogicool TK700。とても快調で、毎日お世話にな

記事を読む

no image

JINS PC(クリアレンズ・度付き)使用感レポート

1.はじめに 先日、度付き・クリアレンズのJINS PCを受け取ることができました。(注文後2週間

記事を読む

no image

単語登録ではだめで、TextExpanderを使いたい、3つの理由

1.TextExpanderが気になる。 最近、MacのアプリであるTextExpanderに興味

記事を読む

no image

Let’s 家計簿を、Dropboxを使って、クラウド対応家計簿として使う(非公式・自己責任)

1.Let's家計簿の紹介 我が家は、Windows上で家計簿をつけています。どのアプリケーションを

記事を読む

no image

タグ整理とフォルダ整理との比較、あるいは、なぜ私はフォルダで整理したくなるかの検証

1.はじめにコンピュータ上のデータを私たちが整理する方法には、タグで整理する方法と、フォルダで整理す

記事を読む

no image

トップダウン的アプローチとボトムアップ的アプローチ

1.物事を実行する2つのアプローチ 物事を実行するアプローチには、トップダウン的アプローチと、ボト

記事を読む

no image

Gmailのスレッド内のメール数は、100が上限になっているそうです。

この記事の言いたいことは、タイトルですべてです。Gmailのヘルプにも書いてありました。 ス

記事を読む

no image

ブログというゲームのルールを設定したい

1.「ブログ」というゲーム (1) 切り抜きジャック @tamkaiさんの持論に、腹の底から納得し

記事を読む

no image

年に数往復新幹線を使うなら、エクスプレス予約を利用した方がお得

1.はじめに 多くの人は、帰省やら旅行やら友人の結婚式やら出張やらで、1年に数回は、新幹線に乗ると

記事を読む

no image

『7つの習慣』とGTD 〜スケジュール管理のトップダウンとボトムアップを考える〜

1.はじめに物事に対するのアプローチを、トップダウン的アプローチとボトムアップ的アプローチに分ける

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑