*

7のように使うと、8は、とてもよい。Windows 8をWindows 7のように使うための3つのこと。

公開日: : Windows

1.Windows 8は、Windows 7のように使うとよい

私は、1ヶ月ほど前から、Windows 8を使っています。最初は少々とまどいましたが、今では不自由なく使えています。

しかし、 同じくWindows 8を使い始めた知人の評価は、はっきり言って、かなり低いです。その知人は、Windows 8は使いにくい、Windows 7の方がよかった、と言います。その理由を突き詰めると、第一に、デスクトップ画面とスタート画面との二重構造がわかりづらいこと、第二に、全画面表示となるWindowsストアアプリが使いにくい、という2点です。

彼の意見には、私も全面的に同意します。デスクトップ画面とスタート画面の二重構造はわかりづらいですし、全画面表示のWindowsストアアプリは使いたくありません。しかし、この2点に対しては、対策が可能です。Windows 8は、デスクトップ画面ばかり使ってスタート画面は原則使わず、かつ、全画面表示となるWindowsストアアプリを一切使わない、という使い方を許容しています。

この使い方は、要するに、Windows 8をWindows 7として使う、という使い方です。そして、Windows 8は、起動が高速化されたり、細かい動作が改善したりしていますので、Windows 7のように使うとしても、Windows 7よりも快適です。Windows 7のように使えば、Windows 8は、とてもよいOSです。

2.Windows 8をWindows 7のように使う

(1) スタート画面から余計なものを取り払う

Windows 7までのWindowsは、スタートメニューからいろいろな操作をスタートすることを前提に設計されていました。

これに対して、Windows 8は、スタートメニューは廃止され、かわりに、全画面でメトロUIのスタート画面というものが用意されました。スタート画面には、いろんなサイズ、いろんな機能を持ったウィジェットを配置することができ、たとえば、スタート画面から天気予報やニュースヘッドラインを確認することだって可能です。

しかし、Windows 8をWindows 7として使うためには、スタート画面はできる限り使いたくないですし、仮に使うとしても、スタートメニューと同じようなものとして使う必要があります。そこで、スタート画面から余計なウィジェットを、すべて取り払います。残すのは、普段よく使うデスクトップアプリケーションのショートカットだけにします。

スタート画面から取り払うためには、取り払いたいウィジェット上で右クリックをして、「スタート画面からピン留めを外す」をクリックします。

こうすることで、スタート画面を、よく使うアプリケーションのメニューにします。

(なお、そもそもスタート画面を使うのをやめてしまい、スタートメニューを復活させる、という方法もあります。)

(2) Windowsキー+Dを体にしみこませる

Windows 8を使っている限り、何かの拍子に全画面表示に飛んでしまう事態は避けられません。あらかじめリスクをゼロにするよりも、全画面表示に飛んだときに、すぐにデスクトップ画面に復帰する方法を身につける方がよいと思います。

デスクトップ画面に復帰するための最も簡単な方法は、Windowsキー+Dというキーボードショートカットです。このキーボードショートカットを基本技として身につけ、体にしみこませることが大切です。

(3) アプリケーションの関連づけを改める

Windows 8は、デフォルト状態では、画像ファイルなどいくつかの種類のファイルに対して、全画面表示のWindowsストアアプリが関連づけられています。これにより、デスクトップ画面で操作をしていたら、突然、全画面表示のWindowsストアアプリが開いてしまう、ということが生じます。

これを防止するには、アプリケーションの関連づけを改めるのがよいと思います。たとえば、画像ファイルなら、Windows 7までの標準画像ビューワーであるWindowsフォトビューワーに関連づければよいと思います。

3.おわりに

私は、Windows 8を気に入っています。何よりも、起動が速いところがすばらしいです。また、ものの本によれば、動作も快適だそうです。よいOSだと思います。

それなのに、Windows 8の評判は悪いです。この原因は、ひとえに、全画面表示のスタート画面とWindowsストアアプリケーションではないかと思います。

であれば、スタート画面とWindowsストアアプリを使わずに、Windows 7のようにWindows 8を使えば、問題は解決です。この設定と使い方によって、Windows 8は、Windows 7よりも快適な操作感を提供してくれるのではないかと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

ローカルにWordPressのテスト環境を作るため、WindowsにXAMPPをインストール

1.はじめに 企業サイトのようなサイトをWordPressで作成する、ということを試してみたくて、

記事を読む

no image

まめFileからAs/Rへ

1.ファイラというジャンルのアプリケーション ファイラというジャンルのアプリケーションがあります。

記事を読む

no image

持ち歩いて使用するノートパソコンの購入を、もう1年以上検討しているけれど、購入に踏み切っていない理由

1.VAIO Xを新調したいと思っていたのに、まだ使っている (1) 2012年1月に、どんなVA

記事を読む

no image

2013年2月現在で購入できる、11.6インチのノートパソコンを比較する

1.はじめに 2013年2月現在で購入できる、11.6インチサイズのノートパソコンのスペックを比較

記事を読む

no image

Windowsのスクリーンショットを撮る方法 PrintScreenとAlt+PrintScreen

1.Windowsのスクリーンショットを撮る方法 Windowsのスクリーンショットを撮るのは、ご

記事を読む

no image

新幹線や喫茶店でノートパソコンを使うことのあるdocomoユーザーは、docomo Wi-Fiを申し込み、設定しておくとよい

1.新幹線や喫茶店でノートパソコンを使うときに便利な、公衆Wi-Fi (1) Ultrabookと

記事を読む

no image

As/R(2) 最初の設定の備忘録

0.はじめに As/Rをインストールしました。 As/R まめFileと違うとこもあったので、

記事を読む

no image

Microsoft Word 2010で構造のある文書を作成するために、見出しとナビゲーションを使う

1.Microsoft Wordで構造のある文書を作成するには、見出しとナビゲーションが助けになる

記事を読む

no image

Excelファイルにパスワードをかける方法(Excel2013)

1.Excelファイルにパスワードをかける必要が生じたら 仕事で、Excelファイルをメール送付す

記事を読む

no image

次に購入する持ち歩き用ノートパソコンに求めるものを整理する。

1.次に購入するノートパソコンの選択肢を検討の必要性 私は、現在、持ち歩き用のノートパソコンとして

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

no image
トピックのnoteへの書き込み機能搭載!(MemoFlowy Ver.1.7)

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモア

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑