*

『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術

公開日: : 最終更新日:2013/05/18 書き方・考え方

1.『国境の南、太陽の西』は、『ねじまき鳥クロニクル』から生まれた

(1) 『国境の南、太陽の西』は、『ねじまき鳥クロニクル』第1部の一部だったらしい

村上春樹の中編に、『国境の南、太陽の西』というものがあります。私はこの小説がかなり好きなのですが、あるインタビューで、『国境の南、太陽の西』は、『ねじまき鳥クロニクル』の第1部の原稿から生まれた、ということを知りました。もともとは『ねじまき鳥クロニクル』第1部の中にあった部分を、別の物語として取り出して発展させたものが、『国境の南、太陽の西』になったそうです。

(2) 『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』は、どちらもすごい小説だと思う

『ねじまき鳥クロニクル』から生まれた『国境の南、太陽の西』と、『国境の南、太陽の西』を生んだ『ねじまき鳥クロニクル』は、どちらも、すごい小説だと思います。私は文学のことはよくわかりませんが、私自身もおもしろく読みましたし、私はどちらの小説についても、この小説が好きだという人を複数知っています。

『国境の南、太陽の西』は、もともとは、『ねじまき鳥クロニクル』の一部分でしたが、『国境の南、太陽の西』単体で、すごい小説です。『ねじまき鳥クロニクル』は、自らの一部分を『国境の南、太陽の西』に差し出しましたが、『国境の南、太陽の西』部分以外の部分で、すごい小説です。

(3) ふたつの小説の関係から、文章作成術を考えた

このふたつの小説の関係から、文章作成術を考えました。『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術、と言います。

私自身、ブログの記事を書くときに、よく、この文章作成術で、記事を書いています。私は小説を書かないので、小説を書くときに使えるかどうかはわかりませんが、普通のブログ記事や自分の意見を説明する文章を書くときには、便利に使える文章作成術です。

以下、『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術を説明します。

2.『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術

(1) 大きなテーマで、書けるところまで書く

『ねじまき鳥クロニクル』の一部分から『国境の南、太陽の西』が分離しても、『ねじまき鳥クロニクル』と『国境の南、太陽の西』の両方がすごい小説として完成したことには、当初の『ねじまき鳥クロニクル』が大きなテーマを扱っていたことが寄与しているのではないかと思います。

見方によっては、当初の『ねじまき鳥クロニクル』は、まとめきれないほどのテーマを抱えていたために、その一部分を『国境の南、太陽の西』という形で外に出さざるをえなくなりました。しかし、当初の『ねじまき鳥クロニクル』が大きなテーマを扱っていたからこそ、『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』の両方がすごい小説として完成したのだとすれば、当初の『ねじまき鳥クロニクル』がまとめきれないほどの大きなテーマを抱えて始まったことには、意味がありました。

『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術の肝も、当初の文章を大きなテーマで書き始めることにあります。自分がうまくまとめられる範囲のテーマやネタで書くのではなく、うまくまとめられる見通しがつかないくらいの大きなテーマで書き始めます。テーマが大きければ、その分文章を形にするのが難しいので、収拾がつかなくなるかもしれません。それでもいいから、大きなテーマで、書き始めます。そして、なかなかまとまらなくても、しばらくの間は、五里霧中であっても粘り強くがんばって、書けるところまで書きます。

(2) 一部分(『国境の南、太陽の西』部分)を切り取って、育てる

大きなテーマで書き始めて、粘り強く書けるところまで書いた結果、大きなテーマでまとまった文章が形になったら、それはそれですばらしいことで、万々歳です。『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術は、必要ありません。

しかし、大きなテーマで書き始めて、行き詰まったら、『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術の出番です。大きなテーマの『ねじまき鳥クロニクル』文章から、この部分だけならある程度まとまった文章になりそうだ、という箇所を、切り取ります。ここが、『国境の南、太陽の西』のもととなる部分です。

切り出された『国境の南、太陽の西』部分は、もともとの文章よりも小さなテーマなので、その分、まとまりをつけやすいはずです。この部分に手を入れて、ひとつのまとまった文章へと育てるのも、もともとの文章よりは簡単です。

(3) 壮大な方(『ねじまき鳥クロニクル』部分)を育てる

一部分を切り取って別の文章にすると、元々の文章、壮大なテーマを掲げた文章は、若干、すっきりします。その文章で扱わなければいけないテーマが、少し軽くなりました。その分、まとまりをつけるのが簡単になりますので、あらためて、『ねじまき鳥クロニクル』部分を完成させるべく、がんばります。

ただし、それでもまだテーマが大きくて、行き詰まってしまったら、再度、『国境の南、太陽の西』部分を切り出せばよいです。いつかは、『ねじまき鳥クロニクル』部分にもまとまりがつくときがやってきます。

3.アウトプットを繰り返すことで、前に進む

『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文書作成術が大切にするのは、アウトプットの数をこなすことです。大きなテーマで書き始めて、行き詰まったときは、その大きなテーマの文章を書くことから生まれた、ちょっと小さなテーマの文章を、どんどんアウトプットします。そうすることで、ちょっと小さなテーマの文章をたくさん生み出すことができるのと同時に、大きなテーマも完成に近づきます。

『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術は、特に、ブログの記事を書くときに、とても大きな力を発揮します。大きなテーマで記事を書こうとして、なかなか完成に至らなくて苦労しているときは、『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術を使えば、ちょっとだけ前に進むかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

no image

伝えたいメッセージを持つ、ということ(実験に参加した感想)

1.「Chikirinの日記」の実験に参加した (1) 「Chikirinの日記」の実験 先日、こん

記事を読む

no image

思考を育てるシステムの構成要素としてのEvernoteとブログ

1.Evernoteが、思考するためのツールである理由は、ブログがあるから (1) Evernot

記事を読む

no image

マトリクスという思考ツールの作り方と使い方

1.マトリクスは便利な思考のツール (1) マトリクスを作って考える 私は、マトリクスを使って考える

記事を読む

no image

WorkFlowyについて語るときに僕の語ること

走ることについて正直に書くことは、僕という人間について(ある程度)正直に書くことでもあった。途中から

記事を読む

no image

思考の枠組みを活用することで、考えることを具体的な作業にする

1.まとめ (1) テーマ 考えることから、一定レベルのアウトプットを安定して生み出すには、どう

記事を読む

no image

見出しと項目番号を大切にする理由と、見出しと項目番号の実例

1.私が見出しと項目番号を大切にする理由 私は、文書を作成する上で、一番大切なのは、見出しと項目番

記事を読む

no image

Evernoteでブログ原稿を書く理由

1.なぜ、Evernoteでブログ記事を書くのか 私は、このブログに投稿した記事を、すべてEver

記事を読む

no image

なぜ、WorkFlowyは、文章の推敲に向いているのか? (WorkFlowy×『数学文章作法 推敲編』その1)

1.問い「なぜ、WorkFlowyは、文章の推敲に向いているのか?」と検討の指針 (1) Work

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第9回「接続詞をうまく使いましょう」

この文章は、結城浩先生の『文章教室』に取り組んだ記録です。 →文章教室 第1回~第8回の記録は、

記事を読む

no image

Evernote、WorkFlowy、Ulysses、OmniOutliner

1.はじめに 「文章を書く」ということについて、いろいろ考えていたら、私にとって大切なのは、「ひとつ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑