*

頭が混乱したときに備えて、具体的な行動を決めておく。『ねじまき鳥クロニクル』岡田亨の基本技

公開日: : 最終更新日:2013/05/19 仕事の方法論, 単純作業に心を込める

1.岡田亨の基本技

『ねじまき鳥クロニクル』の主人公の「僕」、岡田亨は、頭が混乱すると、アイロンがけをすることにしています。岡田亨がアイロンをかける工程は、全部で12に分かれていて、その12の工程を順番にたどってアイロンがけをすると、岡田亨の頭は、いくぶんすっきりします。

頭が混乱したときにアイロンをかけるというのは、一見すると、何も関係がなく、解決策になっていません。不合理のようにも思えます。しかし、私は、これはなかなか強力な方法なのではないかと思っています。頭が混乱したらアイロンがけをすることにする、というのは、岡田亨の基本技なのではないかと思います。

2.混乱した頭を解きほぐすのは、自分の体を動かす具体的な行動

(1) 頭が混乱したときに、頭そのものに直接アプローチすることは難しい

頭が混乱したときに、頭そのものに直接アプローチすることは難しいです。

頭の混乱は、目に見えませんし、手で触れません。頭の混乱を整えることは、乱雑に散らかった部屋を片付けることとは違います。

(2) 頭が混乱したときでも、自分の体を動かすことはできる

これに対して、頭が混乱していても、自分の体を動かすことはできます。あんまり難しい動作は難しいかもしれませんが、やりなれた簡単な単純動作なら、混乱した頭であっても、きちんと行うことができます。

ちょっと気をつければ、ひとつひとつの工程を意識して、ひとつひとつの単純作業に心を込めて丁寧に動かすことだって、簡単です。

(3) 自分の体を丁寧に動かすと、混乱した頭が、ちょっとほぐれる

自分の体を丁寧に動かすと、混乱した頭が、ちょっとほぐれます。どういう仕組みなのかはわかりませんが、これは、経験上、確かです。

おそらく、体の状態と頭の状態はつながっていて、頭がどんな状態にあるかが体の状態や動きに影響をもたらすこともあれば、反対に、体がどんな状態かや体をどのように動かすかが、頭の状態や働きに影響をもたらすこともある、ということなのだろうと思います。そのため、頭に直接アプローチすることができないなら、頭とつながっている体にアプローチすることで、つまり、体を丁寧に動かすことで、頭をちょっと整えることができます。

3.混乱したときに備えて、具体的な行動を決めておく

岡田亨の基本技がすばらしいのは、頭が混乱する前から、頭が混乱したときに備えて、以下の2つを明確にしていることです。このふたつを明確にしているからこそ、岡田亨のアイロンがけは、強力な基本技になっています。

(1) 混乱する前から、混乱したときに何をするかを決めている

岡田亨は、頭が混乱する前から、頭が混乱したらアイロンがけをする、と決めています。頭が混乱して、整理したくなってから、さて何をして整理をしよう、と考えるのではなく、頭が混乱する前から、混乱したらアイロンがけをする、と決めているのです。

混乱した頭で、混乱の対策を考えることは、あんまりうまいやり方ではありません。混乱した頭では、混乱を整理するために具体的な行動が大切なんだ、というアイデアにすらたどり着かないかもしれません。

したがって、混乱する前から、混乱したら何をするかを決めておくことが大切です。

(2) 工程を、混乱した頭でもできる単純作業に分解して、工程に取りかかる順番を決めている

岡田亨は、アイロンがけを、12の工程に分解しています。ひとつの工程は、袖とか、襟とかのレベルであり、簡単な単純作業です。ここまで分解しておけば、混乱した頭を抱えながらでも、きちんとこの工程をこなすことができます。

また、岡田亨は、12の工程の順番を決めています。どの工程から始めたらよいか、ある工程が終わった後でどの工程に取りかかったらよいか、これらのことを頭で判断するのは、混乱した頭では荷が重いかもしれません。岡田亨は、12の工程の順番を決めていますので、混乱した頭でも、着実に、アイロンがけの12の工程をこなすことができます。

このように、混乱したときに何をするかを決める際は、混乱した頭でもできる単純作業に分解して、その単純作業を片付ける順序まできちんと決めておくことが有効です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

タスク管理は、未来だけでなく、今と過去を扱う

1.はじめに:「タスク管理は、未来のタスクだけでなく、今のタスクと過去のタスクも対象とする」という考

記事を読む

no image

Toodledo&Googleカレンダー運用の基礎理論に! 『「超」整理法』の「仕事の進め方五原則」のご紹介

1.Kindleで、『「超」整理法』シリーズを読みなおした 先日、『「超」整理法』シリーズを読み直し

記事を読む

no image

「分人」と「個人」の線の引き方

「分人」とは、作家の平野啓一郎さんが、『ドーン』や『私とは何か』で提唱する考え方です。 平野啓一郎「

記事を読む

no image

タスク収納場所マトリクスで、タスクを収納する場所を突き止める

1.タスク収納場所マトリクス (1) タスクを収納する場所 先日、タスク管理システムのいうシステムと

記事を読む

no image

JINS PCとZoff PC その特徴とお値段

1.ブルーライトと、2つのブルーライト対策メガネ (1)ブルーライトと目の疲れ 最近、目の疲れを

記事を読む

no image

「抽象と具体の間を往復する」という学びの基本技

1.抽象と具体を往復すると、どんな対象からも、何かしら学べる (1) どんな対象からも、何かしらを学

記事を読む

no image

Toodledoの「Dailyタスクリスト」を材料に、1日をふり返り、翌日を準備する(Toodledoで「Dailyタスクリスト」(3)1日の終わり編)

1.Toodledoで「Dailyタスクリスト」 (1) 「Dailyタスクリスト」という、タスク

記事を読む

no image

クライアントに、タスクリストを作って渡す

1.保育園から渡された「離乳食食材チェックリスト」 (1) 保育園は、保護者にアレルギー点検を指示

記事を読む

no image

価値を生み出すことに関するブログのあり方が、とりわけ好き。

1.ブログをするのが好きなのは、なぜか? 最近しみじみと思うのですが、私は、ブログをするのが、好きで

記事を読む

no image

普通の個人が、自分の毎日に、「その時点までの考察をアウトプットして、フィードバックを得る仕組み」を組み込む

1.普通の個人が、自分の毎日に、「考察を深める仕組み」を組み込むには? (1) 毎日に組み込まれた

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

no image
トピックのnoteへの書き込み機能搭載!(MemoFlowy Ver.1.7)

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモア

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑