*

粘土のようなアウトライナー、ブロックのようなEvernote。

公開日: : 書き方・考え方

1.ずっと完成しないで変化し続ける有機体から暫定的な作品群を切り取ること

先日、こんなことを書きました。

ずっと完成しないで変化し続ける有機体から、暫定的な作品群を切り取るためのハサミ

概要、以下のとおりです。

  • 1.個人の知的生産システムは、次の2つの要素で構成される
    • (1) ずっと完成しないで変化し続ける有機体
    • (2) そこから切り取った暫定的な作品群を公開する場所
  • 2.ずっと完成しないで変化し続ける有機体から、暫定的な作品群を切り取るためには、次の2つの方針がある
    • (1) 有機体を、切り取りやすいものにする
    • (2) 切り取りを助けてくれるハサミを用意する
  • 3.OmniOutlinerによる有機体から、HTMLによるブログエントリという作品群を切り取るなら、マロ。さん作のAppleScriptが便利(2(2)の一例)。

「ずっと完成しないで変化し続ける有機体から、暫定的な作品群を切り取るためのハサミ」というタイトルからもわかるとおり、上のエントリでフォーカスを当てたのは、「2(2) 切り取りを助けてくれるハサミを用意する」の部分です。

そこで、次に、もうひとつの方針である「2(1) 有機体を、切り取りやすいものにする」の部分にフォーカスを当て、検討してみます。

2.有機体を切り取りやすくするための2つの作戦

「有機体を、切り取りやすいものにする」の方針をとるためには、次の2つの作戦がありえます。

(1) 有機体のかたちを変え続けて、切り取りやすいかたちになった瞬間に、切り取る

ひとつは、有機体のかたちを自由に変え続けることです。自由に変え続ければ、しばしば、切り取りやすいかたちが見える瞬間がやってきます。その瞬間を逃さずに、その切り取りやすい部分を切り取れば、有機体は、切り取りやすいものになります。

イメージは、粘土です。粘土のかたちを変え続けているうちに、ひとつの作品になりそうな部分が見つかったら、その部分を切り取ってひとつの作品にする、という感じです。

(2) あらかじめ、有機体を、部品の組み合わせによって作っておいて、あとから、その部品単位で切り取る

もうひとつは、あらかじめ有機体を部品の組み合わせで作っておくという作品です。複数の部品の組み合わせで作られた有機体の中には、切り取り線がたくさん仕込まれています。あとから切り取り線で部品を取り分けることは、そんなにむずかしいことではありません。

イメージは、ブロックです。ブロックを組み合わせてひとつの有機体を育てていくのですが、あくまでもブロックの組み合わせなので、あとから任意の単位でブロックを取り外すことは簡単です。大きな構築物をブロックで作りながら、その一部が独立した作品になりそうだったら、その部分だけを取り外して、暫定的な作品とする、という感じです。

3.アウトライナーとEvernote

「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」を具体化するためのツールとして私が知っているのは、アウトライナーとEvernoteです。そして、アウトライナーとEvernoteは、それぞれが、2で説明した「有機体を切り取りやすくするための2つの作戦」に対応しています。

(1) 粘土のようなアウトライナー

アウトライナーは、粘土です。

アウトライナーによるひとつのアウトラインは、全体がひとつの流動的な有機体です。アウトライナーによるアウトラインには、Evernoteのノートのような区切りがありません。

全体としてひとつの流動的な有機体であるか否か(Evernoteとプロセス型アウトライナーの思想のちがい)

アウトライナーによるひとつの流動的な有機体は、その全体が自由に変化し続けます。粘土のように自由に変わり続ける中で、その一部がだんだんとまとまってきて、切り取りやすいかたちが現れてきます。

(2) ブロックのようなEvernote

Evernoteは、ブロックです。

Evernoteは、ノートという情報を格納する単位を持っています。ひとつのノートの中にある情報(テキストとか画像とか)は、そのノートの外には出ていきません。

ひとつのEvernoteアカウントの全体は、「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」です。でも、この有機体は、全体として流動的な有機体ではなくて、ノートというブロックの組み合わせで成り立っています。

Evernoteは、ノートの杭を打つからこそ、思考のツールとして現にうまく機能している。

Evernoteの有機体は、ノートというブロックの組み合わせなので、ノート単位での切り取りが簡単です。

4.おわりに

すこし前まで、私の「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」は、Evernoteでした。しかし、今、私は、アウトライナーを自分にとっての「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」として育てることに取り組んでいます。

この試行錯誤の中で、Evernoteとアウトライナーとでは、有機体から切り取るための勘所がかなりちがうという印象を持ちました。そこで、この文章で、ここを検討してみました。

いずれにせよ、個人が「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」を持つことは、個人が知的生産を続けていくための、とてもすばらしい方法ではないかと感じています。Evernoteなのかアウトライナーなのかそれ以外の第三の選択肢なのかは別として、自分にとっての「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」ってなんだろうか、と考えてみることは、たぶん、ムダではありません。

参考

スポンサードリンク

関連記事

no image

課題とアプローチ×具体的と抽象的のマトリクス

1.具体的な課題と抽象的な課題 課題には、具体的な課題と抽象的な課題があります。(ふたつにぱりっと分

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)と『アリスの物語』監修PDF(倉下忠憲・藤井太洋)に、ウェブによる教育の可能性を見る

1.よい校正の具体例を、ウェブ上で無料で入手するチャンス (1) ウェブ上に無料で公開された2つの

記事を読む

no image

アウトライナーによる「大量の書きかけの文章群全体を管理する仕組み」について感じていること

1.問題の状況 私は、このブログを始めたころからつい最近まで、ブログエントリを書くために、Evern

記事を読む

no image

『ねじまき鳥クロニクル』→『国境の南、太陽の西』文章作成術

1.『国境の南、太陽の西』は、『ねじまき鳥クロニクル』から生まれた (1) 『村上春樹全作品199

記事を読む

no image

彩郎流二毛作。知的生産の治具マクロ「WFtoMSWD.dot」で、Word文書作成プロセスから得る収穫を倍にする。

1.マロ。さんの知的生産の治具工房による新作Wordマクロ「WFtoMSWD.dot」 マロ。さんの

記事を読む

no image

レポート課題に取り組むときの留意点

私は、大学の非常勤講師として学部生向けの講義をひとつ担当しているのですが、その講義の単位認定には試験

記事を読む

no image

なぜ、WorkFlowyで文章を書くのか(WorkFlowyで文章を育てる)

1.はじめに 私は、最近、文章を書くときは、できるかぎりWorkFlowyを使うことにしています。

記事を読む

no image

なぜ、文章群を書き続けるのか?

私の知的生産の基礎は、「文章群を書き続ける」です。 なぜ、「文章群を書き続ける」というあり方を大切に

記事を読む

no image

制限時間がある:ドラクエのレベル上げと現実世界の重要な違い(2)

1.はじめに ひとつ前の記事で考えたテーマは、「ドラクエのレベル上げと現実世界の自分育成は、(似て

記事を読む

no image

私は、こんな道具を使って、文書を作りたい。(その1・抽象的な基本思想編)

1.背景 (1) 問題意識 文書作成ツールとしてのWorkFlowyやUlyssesに、大きな可能性

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

  • 2014年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑