*

毎朝のルーティーンを、頭をすっきりさせるための具体的行動として、鍛える

公開日: : 最終更新日:2013/05/25 単純作業に心を込める

1.岡田亨がアイロンをかけることで頭をすっきりできるのは、生まれつきではないと思う

(1) 岡田亨のアイロンがけルールは、評価に値する

『ねじまき鳥クロニクル』の岡田亨は、頭が混乱したらアイロンをかけるというルールを決めていて、その際にアイロンをかける具体的な手順を12の工程に分けて把握しています。岡田亨は、このルールを大切にしているので、頭が混乱したときは、このルールに従って、12の工程を順に踏みながら、アイロンをかけます。この具体的な行動をとることで、混乱していた岡田亨の頭は、いくぶんすっきりします。

頭が混乱したときに、この行動をすれば頭がすっきりする、ということがわかっていると、便利です。何かが原因で頭が混乱しても、自分の手足を具体的に動かすことで、その混乱の整えることができます。混乱した頭でじたばたともがくよりも、まずは混乱を整えてから、すっきりした頭で対策をとった方が、合理的です。そのため、私は、岡田亨が、混乱したときにアイロンをかけるというルールを持っていることを、高く評価しています。

(2) 岡田亨のアイロンがけルールがうまく働くのは、後天的な行動の成果だと思う

では、岡田亨にとって、アイロンをかけることで頭をすっきりできるということは、生まれつきなのでしょうか。岡田亨は、あるとき突然、アイロンをかければ混乱した頭がすっきりする、という事実を発見したのでしょうか。

私は、違うのではないかと思います。アイロンをかけることで混乱した頭をすっきりできるということは、岡田亨が、後天的に自分で生み出した効果なのではないかと思います。混乱したときはアイロンをかけるんだというルール、アイロンをかけるときは12の工程を順番にたどるんだというルール、これらのルールを自分で決めて、このルールに従って何度もアイロンをかけたからこそ、混乱したときに12の工程を順に踏んでアイロンをかけることで、混乱した頭をすっきりさせることができるようになったのではないかと思います。

2.朝のルーティーンを、頭をすっきりさせるための具体的行動として、鍛える

(1) 頭をすっきりさせるための具体的な行動は、自分で作ることができる

岡田亨のルールを応用すれば、「これをすれば頭をすっきりできる」という具体的な行動を、自分で作ることができるのではないかと思います。

まず、頭が混乱したときは、これをする、という具体的な行動を決めます。混乱した頭でも可能な行動を決めることがポイントです。

次に、その具体的な行動を、単純作業に分解します。ひとつひとつはごくごく単純で簡単な工程を順にたどれば、その行動が終わる、という形にします。

その上で、頭をすっきりさせたいなと思うときに、その具体的な行動をとることを繰り返します。ひとつひとつの工程を、ルールに従って、ゆっくりと丁寧に行うことを、何度も繰り返します。

(2) 毎日のルーティーンを、頭をすっきりさせるための行動として、鍛える

具体的な行動で頭を整理することは、頭が混乱したときにも有効ですが、毎朝習慣的に行うのも有効ではないかと思います。朝、丁寧に頭を整理すれば、余裕を持って一日を送ることができる可能性が高まります。そのため、毎朝、頭をすっきりさせるための具体的な行動を行うことは、ひとつのよい習慣です。

他方で、私の生活には、毎朝ルーティーンとしてやらなければいけない具体的な行動が、たくさんあります。たとえば、歯磨き、洗顔、着替えなどの身支度とか、洗濯物干しや洗い物などの家事です。また、朝ご飯を食べることも、毎日必ず行います。

そうなると、毎朝のルーティーンのひとつまたはいくつかを選んで、その行動を、頭をすっきりさせるための行動として鍛えるのがよいのではないかと思います。そうすれば、毎朝そのルーティーンを行うことによって、毎朝、頭をすっきり整理して、一日を始めることができるわけです。

自分の生活を振り返ると、毎朝のルーティーンの中で、頭をすっきりさせるための具体的行動として鍛えやすいのは、歯磨きかなあと思います。歯磨きは、これまで毎日行ってきた作業なので、簡単です。また、歯磨きは、複数の作業工程に分解することが可能です。そこで、手始めに、歯磨きを、頭をすっきりさせるための具体的作業として、鍛えます。

そのために、まずは、毎朝頭をすっきり整理するために歯磨きをするというルールを設定し、次に、歯磨きをいくつかの簡単で単純な工程に分解し、その工程に従って行うというルールを設定し、そして、しばらくの間、これらのルールに従って、毎朝心を込めて丁寧に歯を磨いてみようと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

自分の持ち味を発揮することと、価値を見い出されること。『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』

1.『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』 (1) 自分で自分のブラン

記事を読む

no image

結城浩先生の「よかった探しリース」 by 単純作業に心を込めて

【左手】・【よかった探しリース】・【右手】 1.よかった探しリース 「よかった探しリース」は

記事を読む

no image

頭が混乱したときに備えて、具体的な行動を決めておく。『ねじまき鳥クロニクル』岡田亨の基本技

1.岡田亨の基本技 『ねじまき鳥クロニクル』の主人公の「僕」、岡田亨は、頭が混乱すると、アイロンがけ

記事を読む

no image

ひとつの文章によってではなく、一連の文章群によって、何かを伝える

1.自分のブログに書く文章に、整った論理構造を与えやすいのは、表現する対象をシンプルに絞り込むことが

記事を読む

no image

「枠の外に混沌さを排出することによって、内部の秩序を高める」という動きは、日常の中に、当たり前のように存在する。

先日、これを書きました。 「個人のための知的生産システム」内部の秩序を維持するための、2つのアプロー

記事を読む

no image

「文章群を書き続ける」という積極的な社会参加のあり方

1.積極的な社会参加へのあこがれと、その実現 大学生の頃から、知的生産にあこがれていました。本を読み

記事を読む

no image

持続可能な毎日を送り続ける

1.持続可能な毎日が、まず大切 あんまり大きな声で言うことではないのですが、私にとって、まず大切な

記事を読む

no image

単純作業に心を込める、3つの方向性

1.はじめに 私は、単純作業に心を込めることを、自分の行動指針にしています。単純作業に心を込めるこ

記事を読む

no image

普通のワーキングパパが『これからのエリック・ホッファーのために』を読むということの意味(「好きに没頭する」ための3つのヒント)

1.『これからのエリック・ホッファーのために 在野研究者の生と心得』(荒木優太) 最初に本書を知った

記事を読む

no image

店長からのおすすめの一品

店長自らが、厨房に立ち、同時に、カウンター越しにお客さんとの会話もしてくれるような、そんな居酒屋が、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑