*

いろんなライブの、いろんな『彩り』

公開日: : 単純作業に心を込める

1.Mr.Childrenの『彩り』が好き

昔からミスチルが好きです。CDやDVDはわりとたくさん持ってます。ファンクラブにも入っています。都合がついてチケットがとれればライブにも行きます。好きな曲はたくさんあって、どれがいちばん好きかと考えても答えはなかなかでないのですが、とりあえず、『彩り』は好きです。

このブログのタイトルである「単純作業に心を込めて」という言葉も、『彩り』を、ひとつの母体としています。

2.Mr.ChildrenのライブDVDが好き

CDを聞くのも好きなのですが、ライブDVDを鑑賞することが好きです。ライブDVDを見て聞いていると、わくわくする高揚感とか、しみじみとした味わいとか、いろんな気持ちを感じることができて、気持ちがよいです。

ライブDVDの鑑賞は、ライブDVDを見るぞ、という条件を整えて、がっつりとすることもあります。また、家事をしながら流しっぱなしにしておくこともあります。たとえば、アイロンとライブDVDの相性はとてもよいです。

3.いろんなライブの、いろんな『彩り』

ライブDVDのいいところのひとつは、同じ曲を、いろんなアレンジ、いろんな雰囲気で楽しめることです。私のお気に入りの『彩り』を、5つ、ご紹介します。

(1) Mr.Children DOME TOUR 2009 ~SUPERMARKET FANTASY~ IN TOKYO DOME

SUPERMARKET FANTASYの『彩り』のポイントは、桜井さんとハモることができる、ということです。イントロで、桜井さんが「歌える?」といって会場を促し、合唱状態になるのですが、サビでは、桜井さんが主旋律ではないメロディーで歌ってくれます。DVDで聞いてるだけだと、正直、合唱vs桜井さんで桜井さんの声が勝っちゃっていて、今ひとつなのですが、DVDに合わせてこっちも歌っちゃえば、桜井さんとハモれます。

(2) Mr.Children“HOME”TOUR 2007

HOMEのスタジアムじゃない方のツアー(アリーナツアー?)です。

『彩り』は、アルバム「HOME」のキーとなる曲なので、扱いも特別です。オープニングで登場して、そしてアンコールの最後も『彩り』です。アンコールの『彩り』の前に、ちょっと長めのMCがあって、それも味があります。

(3) Mr.Children “HOME” TOUR 2007~in the field~

HOMEのスタジアムツアーです。『彩り』は、冒頭に登場します。イントロなしでいきなり始まって、1番は、ちょっと静かめの演奏です。

(4) LIVE DVD Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

アンコール後、桜井さんがひとりで登場して、一曲歌って、次の曲が『彩り』です。

DVDだとアンコール後桜井さんがひとりで歌う曲は『ラララ』なのですが、私がいったナゴヤドーム公演では『Simple』でした。どちらもいい曲なので、流れが好きです。

(5) ap bank fes’06

『彩り』が初めて演奏されたのが、このap bank fes ’06だそうです。

MCで桜井さんが、『彩り』が生まれたときのことを話しています。これは、ap bank fes ’06のライブレポートにも掲載されているので、引用します。

ap bank fes’06

「今から、みなさんがまだ聴いたことのない、できたばかりの曲を聴いてもらおうと思います。Mr.Childrenは今年に入ってからずっとレコーディングをしていまして――いや、まだいつ発表するかとか何も決めていない曲ばかりで、じっくりとやろうと思っているんですけど(笑)。何曲かレコーディングしていくうちに方向性をどうしよう?という話になって、みんなで焼肉を食べに行ったんです。そこで世界の平和とか、メッセージとかを投げかけたほうがいいという話になって……でも僕はずっと『なにか違う、なにかが違うんじゃないか?』って思っていたんです。で、一晩寝て、朝になって……そしたらいいメロディーが降りてきて、すごく嬉しかったんです。そして30分後に、今度は歌詞が生まれてきて。このテーマはすごーく大きなことじゃなくて小さなことなんですけど、でもそんなささやかな毎日の積み重ねを大事にしていこうと思ったんです。会社や家庭でもささやかな工夫を加えるだけで、ものすごく楽しくなることってあるじゃないですか。そんなちっちゃな工夫が回り回って世界中の誰かにいいことが起こればいいなって願って歌います」

「このテーマはすごーく大きなことじゃなくて小さなことなんですけど、でもそんなささやかな毎日の積み重ねを大事にしていこうと思ったんです。会社や家庭でもささやかな工夫を加えるだけで、ものすごく楽しくなることってあるじゃないですか。そんなちっちゃな工夫が回り回って世界中の誰かにいいことが起こればいいなって願って歌います。」というのが、とてもよいです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

[条件づくり]と[手順組み]、そして「待つ」こと。(『[超メモ学入門]マンダラートの技法』より)

1.はじめに こんな文章を書きました。 「失敗のマンダラ」で失敗の構造をみる。 「「失敗のマンダラ」

記事を読む

no image

「枠の外に混沌さを排出することによって、内部の秩序を高める」という動きは、日常の中に、当たり前のように存在する。

先日、これを書きました。 「個人のための知的生産システム」内部の秩序を維持するための、2つのアプロー

記事を読む

no image

為末大『諦める力』を、持続可能な毎日ための教科書として読む

1.『諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない』(為末大) 為末大さんの『諦める力』を読み

記事を読む

no image

「単純作業に心を込めて」の十戒

1.変わらないタブー このウェブの中に、R-styleというブログが存在しています。倉下忠憲さんが1

記事を読む

no image

「瞬時レビュー」をすると、タスク実行時の感情と、うまくつきあえる

1.「瞬時レビュー」の主観的なメリット 「瞬時レビュー」とは、ライフハック心理学の佐々木正悟さん提

記事を読む

no image

好きで、得意で、お金をいただけることを、あえて仕事にしない、という贅沢

1.好きで、得意で、お金をいただけること 昔々、私が自分の将来の進路を決めようとしていたとき、尊敬

記事を読む

no image

Toodledoの「Dailyタスクリスト」を材料に、1日をふり返り、翌日を準備する(Toodledoで「Dailyタスクリスト」(3)1日の終わり編)

1.Toodledoで「Dailyタスクリスト」 (1) 「Dailyタスクリスト」という、タスク

記事を読む

no image

WorkFlowyで、「朝一番の自動書記」(by結城浩先生)をする

1.朝一番の自動書記 少し前、いつも読んでいる結城浩先生のブログに、「朝一番の自動書記 」が紹介さ

記事を読む

no image

頭が混乱したときに備えて、具体的な行動を決めておく。『ねじまき鳥クロニクル』岡田亨の基本技

1.岡田亨の基本技 『ねじまき鳥クロニクル』の主人公の「僕」、岡田亨は、頭が混乱すると、アイロンがけ

記事を読む

no image

「ここにいたんだ」

1.『宇宙兄弟』の「ここにいたんだ」 『宇宙兄弟』が好きです。 どこも安定しておもしろいのですが、と

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑