*

「作品」と「価値」をめぐる人の軸

公開日: : 単純作業に心を込める

この前、これを書きました。

「作品」と「価値」をめぐる時間軸

ここで書いたのは、「「作品」の「価値」は、自分以外の誰かによって見い出される。」という原則に、時間軸を重ねてみると、次の3つのパターンが浮かんでくるのではないか、ということでした。

  • 「作品」と「価値」が同時
    • 「作品」を生み出す=「価値」を見い出される
  • 「作品」が先、「価値」が後
    • 「作品」を生み出す→「価値」を見い出される
  • 「価値」が先、「作品」が後
    • 「作品」に期待される「価値」が、まず、決まる。
    • その後、その期待された「価値」を実現すべく、「作品」が生み出される。

さて、「「作品」の「価値」は、自分以外の誰かによって見い出される。」という原則に重ねられる軸には、時間軸の他に、人の軸があります。つまり、「自分以外の誰か」に注目する軸です。

今回は、これを考えてみます。

1.ひとりか、複数人か

まずは、人数です。

つまり、自分の「作品」に「価値」を見い出す他者の人数。ひとりなのか、複数人なのか、です。

ひとりに「価値」を見い出してもらうための「作品」があります。子どものために作る離乳食とかもそうです。他方で、複数人に「価値」を見い出してもらうための「作品」もあります。今こうして書いているブログ記事も、願わくば複数人に「価値」を見い出してもらえるといいなと思っていますし、少なくとも原理的にはひとりに限られません。

さらに、複数人の場合は、有限の複数人のこともあれば、無限の複数人のこともあります。たとえば、大きな鍋に作ったカレーは、複数人に「価値」を見い出してもらうことができると思われますが、人数としてはせいぜい5人から10人であり、有限です。これに対して、一冊の本という「作品」は、10人に読まれても、100人に読まれても、なくなりはしません。本は、無限の複数人に「価値」を見い出されうる存在だといえます。

ということで、人数の点では、次のパターンがありえます。

  • ひとり
    • ひとりだけに「価値」を見い出される「作品」
  • 複数人
    • 有限の複数人
      • 限られた人数の複数人に「価値」を見い出されうる「作品」
    • 無限の複数人
      • 無限の複数人に「価値」を見い出されうる「作品」

2.特定か、不特定か

次に、特定・不特定、があります。

この特定・不特定とは、「作品」を作っている段階で、その「作品」に価値を見い出す人が特定されているか否か、ということを意味しています。

たとえば、自宅で作るカレーは、そのカレーを食べる人(=カレーという「作品」に「価値」を見い出すであろう人)があらかじめ特定されています(たとえば、妻と子ども、とか)。これが特定です。これに対して、カレー屋さんが作るカレーは、そのカレーを作っている段階では、誰がそのカレーを食べるのか(=カレーという「作品」に誰が「価値」を見い出すのか)が、特定されていません。これが、不特定です。

この特定・不特定は、人数とはどのような関係に経つのでしょうか。傾向としての相性はある気がしますが、独立した別の軸だと思います。だから、いろんな組み合わせが考えられます。いくつか考えてみましょう。

最初に、ひとり×特定。「作品」を作るときから、その「作品」に「価値」を見い出すひとりの人が特定されている、というパターンです。画家が、誰かから注文を受けて1枚の絵を描き上げる、などが、これに該当します。

これに対して、無限複数人×不特定。「作品」を作るときには、その「作品」に「価値」を見い出すのが誰なのか、特定されていない(不特定)。しかも、その「作品」に「価値」を見い出しうる人の人数は、ひとりではなく複数人で、しかも無限。ブログ記事を書くことが、まさにこれに該当します。

別の組み合わせも考えられます。有限複数人×特定。「作品」を作るときから、その「作品」に「価値」を見い出す複数人が決まっている、というパターンです。受講生を相手とする大学の講義とかでしょうか。

他方で、無限複数人×特定は、かなり微妙な組み合わせです。「作品」を作る段階で「価値」を見い出すであろうひとが特定されているのだが、人数は無限の複数人。厳密な言葉の意味では、無限と特定は両立しないような気がしますので、多分、ありえません。でも、たとえば、オリンピック閉会式の動画という「作品」は、「作品」を作っているときから、無限ともいえるほどの人に届く可能性が高いので、無限複数人×特定に近いところにあります。

それから、ひとり×不特定。一般に、不特定多数という言葉はよく聞きますが、不特定単数という言葉はあまり使いません。でも、ありえます。ひとりの人にしか渡せない「作品」を作るけれど、誰のもとに届くかはわからない、というパターン。一点ものの物理的な物を作る場合の多くが、これにあたります。小さいところでは、手作り文房具のようなもの。大きいところでは、建売住宅。

3.作り手と受け手との関係(対称・非対称)

作り手と受け手の関係で、対称・非対称がある気がします。

「作品」を生み出す人を作り手で、「価値」を見い出す人を受け手と呼ぶとすると、「「作品」の「価値」は、自分以外の誰かによって見い出される。」という原則には、作り手と受け手が登場しますので、両者の関係を観念できます。この関係が、対称なのか、非対称なのかというのが、ここで考えたい軸です。

対称・非対称とは、どういうことでしょうか。作り手・受け手という役割の違いがあることは前提なので、ここでは、相手の認識での対称・非対称に注目してみます。

対称とは、作り手→受け手の認識と、受け手→作り手の認識が同じ場合です。作り手による「作品」が、受け手によって「価値」を見い出されたとき、

  • 作り手が受け手を認識し、受け手が作り手を認識する
  • 作り手が受け手を認識せず、受け手が作り手を認識しない

のどちらかが、対称関係です。

非対称は逆に、作り手→受け手の認識と、受け手→作り手の認識がちがう場合です。

  • 作り手が受け手を認識し、受け手が作り手を認識しない
  • 作り手が受け手を認識せず、受け手が作り手を認識する

の2つがあります。

もう少し具体的に考えてみます。たとえば、「誰かが誰かに何かを教える」ということの登場人物は、作り手である先生役と受け手である生徒役です。

  • 先生が生徒を認識し、生徒が先生を認識する
  • 先生が生徒を認識せず、生徒が先生を認識しない

が対称で、

  • 先生が生徒を認識するが、生徒は先生を認識ない
  • 先生が生徒を認識ないが、生徒は先生を認識する

が非対称です。

学校の授業のようなものを前提とすると、ここでの「作品」は授業であり、先生がリアルタイムで作っているのですから、生徒が先生を認識しないことは、ほとんどありません。すると、先生の側が、自分が教えている生徒全員を認識できるか、生徒全員は認識できないか、に分水嶺があります。先生役を体験してみた個人的な経験からすれば、生徒の人数が10人、20人くらいであれば先生が生徒を認識するのはなんとかなりますが、生徒の人数が100人を超えると、生徒全員を認識するのが難しくなる気がします。これは、生徒は先生を認識するが、先生は生徒(の全員)を認識しているわけではない、ということであり、非対称の関係になっています。

また、たとえば「ブログ記事」を考えてみましょう。作り手はブログの著者であり、受け手はブログの読者です。作り手である著者の側からは、どんな読者が「作品」に「価値」を見い出してくれたのかは見えません。他方で、受け手である読者の側からは、そのブログ記事を生み出した作り手については、興味を持てば認識できますが、興味を持たなければ認識しないまま終わります。

となると、

  • 著者は読者を認識しないが、読者は著者を認識する(非対称)
  • 著者は読者を認識せず、読者は著者を認識しない(対称)

のいずれかになりそうです。

このように、作り手による「作品」が、受け手によって「価値」を見い出された、という現象が生じた場合、作り手と受け手の関係は、相手を認識しているか否かによって、対称・非対称で区別できます。

(ちなみに、この発想は、倉下忠憲さんによる次のTweetから着想しました。ただ、まだ消化しきれていない感じです。)

4.まとめ

自分が作った「作品」は、自分以外の誰かによって「価値」を見い出してもらったとき、はじめて、「価値」あるものになります。

裏を返せば、自分以外の誰かによって「価値」を見い出してもらえないかぎり、どんな「作品」を生み出しても無意味であり無価値である、ということです。窮屈な話のような気もします。

でも、ここでいう「自分以外の誰か」は、かなり広い概念です。そのことが、今回、人の軸を考えてみることで、明らかになりました。

「自分以外の誰か」の人の軸を広くとれば、「「作品」の「価値」は、自分以外の誰かによって見い出される。」という原則は、全然窮屈ではなく、むしろかなり自由で開かれています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

「瞬時レビュー」をすると、タスク実行時の感情と、うまくつきあえる

1.「瞬時レビュー」の主観的なメリット 「瞬時レビュー」とは、ライフハック心理学の佐々木正悟さん提

記事を読む

no image

「文章群を書き続ける」という積極的な社会参加のあり方

1.積極的な社会参加へのあこがれと、その実現 大学生の頃から、知的生産にあこがれていました。本を読み

記事を読む

no image

与えられた才能を、小さな世界に集中させて、小さな世界を大切にする

1.『ノルウェイの森』のキスギと永沢さん (1) キスギ 村上春樹の『ノルウェイの森』に、キスギ

記事を読む

no image

「自分の仕事」と「作品としての公開」

昨日書いた「自分の好きなことへの没頭を、「作品」として公開すること」に関連して、観点を変えて、もう少

記事を読む

no image

ブログに「単純作業に心を込めて」と名前をつけたら、「単純作業に心を込めて」という行動指針を得た。

1.はじめに 単純作業に心を込めて とあるブログ記事が縁になって読ませて頂くようになりました

記事を読む

no image

Toodledoの「Dailyタスクリスト」を材料に、1日をふり返り、翌日を準備する(Toodledoで「Dailyタスクリスト」(3)1日の終わり編)

1.Toodledoで「Dailyタスクリスト」 (1) 「Dailyタスクリスト」という、タスク

記事を読む

no image

価値を生み出すことに関するブログのあり方が、とりわけ好き。

1.ブログをするのが好きなのは、なぜか? 最近しみじみと思うのですが、私は、ブログをするのが、好きで

記事を読む

no image

「ここにいたんだ」

1.『宇宙兄弟』の「ここにいたんだ」 『宇宙兄弟』が好きです。 どこも安定しておもしろいのですが、と

記事を読む

no image

普通のワーキングパパが『これからのエリック・ホッファーのために』を読むということの意味(「好きに没頭する」ための3つのヒント)

1.『これからのエリック・ホッファーのために 在野研究者の生と心得』(荒木優太) 最初に本書を知った

記事を読む

no image

[条件づくり]と[手順組み]、そして「待つ」こと。(『[超メモ学入門]マンダラートの技法』より)

1.はじめに こんな文章を書きました。 「失敗のマンダラ」で失敗の構造をみる。 「「失敗のマンダラ」

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑