*

Kindle本の返品方法

公開日: : Kindle,

1.子どもがKindle Paperwhiteで、Kindle本を誤注文

うちの子は、iPadやKindle Paperwhiteといったデジタル製品が大好きです。普段はあんまり触らせないようにしているのですが、かえってそのためか、デジタル製品に触れる機会を隙あらばと常に狙っています。

昨日の夜、私は、Kindle Paperwhiteで、『鹿の王』(上橋菜穂子著)を夢中で読んでいました。机の上にKindle Paperwhiteを放置したまま寝てしまい、一夜明けた今日の朝、事故は起きました。

今朝、目を覚ました子どもは、手の届く机の上にKindle Paperwhiteを発見し、嬉々として手に取り、いじりだしました。まもなく私は気づいたのですが、朝ごはんの準備をしていたこともあり、「でもまあKindleだし(iPadじゃないから、勝手に何かを投稿されることもないし)」と油断をしていたところ、いつの間にか子どもはKindleストアに入り、そして1冊のKindle本を注文してしまったのです。

「購入ありがとうございました」のメッセージを見ながら、私は、「子どもが初めて購入した本でもあるし、記念にそのままにしておこうかな」などと、親バカっぽい考えを抱きながら、ダウンロード完了を待ちました。

ところが、Kindle Paperwhiteにダウンロードされたのは、40歳からのメイク術、のような本。よりによってメイク術、それも、40歳からのメイク術ですか。君にはまだ早いよ……。

2.Kindle本を返品するには

(1) 返品できました。ありがとう&ごめんなさい、Amazonさん。

ということで、返品しました。GoogleでKindle本の返品方法を検索して、Amazonの公式ヘルプに書いてあった方法にしたがって進めたところ、無事、返品を受け付けてもらえました。

ありがとう、そしてごめんなさい、Amazonさん。

以下、返品の手順と注意点をメモします。

(2) Kindle本を返品する手順

a.公式情報

Kindle本を返品する方法は、すべてAmazonの公式ヘルプに書いてあります。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle 電子書籍リーダーおよびFireタブレットの返品

Kindle本の返品 Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、購入間違いなどの場合、注文日から7日以内に限り、Amazonの裁量にて返金を承っております。返金をご希望の場合は、ヘルプページ左側に表示されている「カスタマーサービスに連絡」ボタンをクリックして、当サイトにご連絡ください。なお、返金処理の完了後は、その商品を再ダウンロードすることができなくなりますのでご了承ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle 電子書籍リーダーおよびFireタブレットの返品より)

  • 購入間違いなどの場合に、
  • 注文日から7日以内に限り、
  • Amazonの裁量にて

返品を受け付けてもらえる、とのことです。

Amazonのヘルプの記載は、なかなか厳しそうに書いてあります。でも、やってみれば、ぜんぜんハードルは高くありませんでした。

b.用意するとよいもの

今回、Kindle本を返品するにあたり、私が用意したものは、

  • (1) インターネット回線に繋がったパソコン
  • (2) Amazonからの電話を受けられる電話機

です。

Kindle Paperwhite本体からの操作で返品することはできないようです。ので、パソコンを準備しました。iPhoneやiPadでできるかどうかは、やっていないので、よくわかりませんが、たぶんできると思います。

c.公式ヘルプ「カスタマーサービスに連絡」での操作

まず、パソコンでAmazonのヘルプにアクセスして、左メニューの中にある「カスタマーサービスに連絡」を選択します。

すると、「1.お問い合わせの種類を選択してください」という画面が表示されますので、「注文について」を選択します。

「関連する商品にチェックを入れてください」に対しては、「他の商品を選択」→「デジタルダウンロード商品の注文」と進みます。

そこに誤って購入したKindle本があるはずなので、それにチェックを入れます。

contact-us

「2.お問い合せ内容を選択してください」は、

  • お問い合せ内容に「Kindle本について」
  • 詳細内容に「Kindle本の返品」

です。

contact-us(1)

「3.お問い合わせ方法を選択してください」は、電話とチャットとEメールがあります。私は、「おすすめのお問い合せ方法」の「電話」を選びました。

contact-us(2)

「電話」は、Amazonのサイトに電話番号を入力すると、すぐに電話がかかってくる、という方式です。ほんとにすぐかかってきます。すごく便利。

contact-us(3)

d.Amazonのカスタマーサービスから電話がかかってくる

さて、カスタマーサービスとの電話の中身は、こんな感じでした。親切・丁寧で、怖くありませんでした。

概要、

  • 私:返品したいんですけれど
  • Amazon:対象商品を確認します。「○○」でしょうか?
  • 私:はい。
  • Amazon:返品の理由は?
  • 私:子どもがまちがえて注文しちゃいました。
  • Amazon:保留にして調査しますので、少々お待ちください。
  • 〜1,2分保留〜
  • Amazon:わかりました。返品、承ります。後日、クレジットカードへ、返金します。

という感じです。

e.確認のEmailが届く

少ししたら、登録メールアドレス宛に、返品確認のEmailが届きました。

間違えて購入したKindle本によって付与されたポイントは、消えました。

クレジットカードへの返金は、まだ確認していませんが、まあ、大丈夫でしょう。

(3) まとめ

Kindle本は、まちがえて購入してしまった場合、7日以内にAmazonの定める手続きを取れば、おそらく返品を受け付けてもらえます。

その手続は、それほど面倒ではありません。ただ、Kindle Paperwhiteだけの操作ではできません。インターネットに接続したパソコンと電話機を用意するとよいです。

返品を受け付けてもらえるかどうかは、Amazonの裁量だと書いてあります。その基準はよくわかりませんが、たぶん、そんなに厳しいものではないと想像します。

所要時間は、10~15分くらいでした。

3.おわりに

多少の操作は必要でしたが、たいした時間もかからず、手数料もなく、電話代もかからず、返品を受け付けてもらうことができました。

しかし、子どもの手に届く場所にKindle Paperwhiteを放置していたことと、Kindle Paperwhiteなら大丈夫だろうと甘く見ていたことは、反省です。以後気をつけます。

余談ですが、私がKindle Paperwhiteを放置したきっかけとなった『鹿の王』、すごく面白かったです。いつか、『鹿の王』について、熱く書評のようなものを書いてみたいなと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

【企画】WorkFlowy読書会『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』

ここ最近、WorkFlowyで「読書ノート」を作ることについて、いくつかの文章を書きました。 紙の

記事を読む

no image

「自分のブログに自分の言葉で文章を書く」という読書後の行動

1.収穫を得ることを目的とする読書でいちばん大切なのは、読書後の行動 読書する目的のひとつは、その

記事を読む

no image

『「Chikirinの日記」の育て方』を読んで、「単純作業に心を込めて」というブログをどんな場所に育てたいのか、考え始めた。

1.本の概要 「Chikirinの日記」の育て方 『「Chikirinの日記」の育て方』は、ブログ

記事を読む

no image

堀江貴文『ゼロ』を読んだ。圧倒的な経験に基づく「働くこと」についての考えに触発されて、自分のイチの足し方を考えた。

1.堀江貴文『ゼロ』を読んだ 堀江貴文『ゼロ』を読みました。発売前から、Twitterなどで話題にな

記事を読む

no image

[『サピエンス全史』を読む]人類の統一って、なんだ?(第3部 人類の統一)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に読んでいきます。 第1部 

記事を読む

no image

三色ボールペン方式を取り入れると、なぜ、読書会の場は、創造的になるのか?

1.はじめに 『三色ボールペンで読む日本語』は、三色ボールペン方式という、シンプルで具体的なただひと

記事を読む

no image

読者のことを考えるって、こういうことだったのか!結城浩著『数学文章作法 基礎編』(ちくま学芸文庫)

1.『数学文章作法 基礎編』は、考えを読者に伝えることを目的とする文章を書くための、新定番 (1)

記事を読む

no image

本を、「思考する場所」として捉える

1.「本は読者と作者が一堂に会する場所となる」 (1) 『本は死なない』の予言 『本は死なない

記事を読む

no image

WorkFlowyで、Kindle本の「読書ノート」を作る

実例をまとめました。→WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボール

記事を読む

no image

彩郎版のKindleハイライト取得ブックマークレットを構想する

1.はじめに hilotter(@hilotter)さまによるブックマークレット「KindleHig

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑