*

堀江貴文『ゼロ』を読んだ。圧倒的な経験に基づく「働くこと」についての考えに触発されて、自分のイチの足し方を考えた。

公開日: :

1.堀江貴文『ゼロ』を読んだ

堀江貴文『ゼロ』を読みました。発売前から、Twitterなどで話題になっていたので、気になっていました。ネット上で読んだ冒頭部分がおもしろかったので、Kindle版が出ているのを発見して、すぐに購入しました。

Amazon.co.jp: ゼロ eBook: 堀江 貴文: Kindleストア

この本は、堀江貴文氏が、「働くこと」についての考えを綴った本です。

サブタイトルは、「なにもない自分に小さなイチを足していく」というものであり、全編を通じて、「イチを足す」ということ、つまり、働くことを通じて、小さな成功体験を積み重ねることの意義が語られています。

「働くこと」について語られた本は数多くありますが、読んでいておもしろいのは、「働くこと」に関する経験が豊富な人物による本です。この本を読んで感じたのは、堀江氏の、働くことに関する圧倒的な経験。圧倒的な経験に裏打ちされた「働くこと」についての考えからは、たくさんの刺激を受けることができました。

以下、この本の中の共感したことや役に立ったこと、それから、この本を読んでどんな行動をすることにしたか、をまとめます。

2.共感したこと・役に立ったこと

(1) 大丈夫。あなたも僕も、未来は明るい。(No.227)

第0章の最後の言葉は、「大丈夫。あなたも僕も、未来は明るい。」でした。いい言葉だと思います。このメッセージは、本書の底に、常に流れているように感じました。

第5章「僕が働くほんとうの理由」には、「昨日よりも今日の世界が、今日よりも明日の世界がよくなると、本気で信じている。将来について不安を抱いたり、将来を悲観したことは一度としてない。それは僕がテクノロジーの力を信じているからだ。」(No.2059)という記載もありました。本当にそうだなあと共感します。ここ10年を振り返っても、この世界は、確実に、よくなっていると、私も思います。

前を向けました。

(2) 「チャンスに飛びつく力」は、人としての「ノリのよさ」(No.894)

やってくるチャンスを逃さないために何が大切か、という問いに対して、本書の答えは、「ノリのよさ」だ、というものでした。

一見軽い答えですが、本書のサブタイトルである「なにもない自分に小さなイチを足していく」というところとも通じる考え方です。

まず、本書は、経験の重要性を強調します。

仕事でも人生でも、もちろん異性関係でも、キョドってしまうのは、性格の問題ではない。(略)これはひとえに「経験」の問題なのである。(No.830)

そして、経験を得るためには、自らが一歩前に踏み出すことが必要だと説きます。

経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。(No.832)

では、自らが足を踏み出した歩数を増やすには、どうしたらよいか。これに対する本書の答えが、「ノリのよさ」です。本書は、「チャンスを見極める目なんて、必要ないのだ。」(No.901)とすら断言します。

これを読んで、反省しました。最近の私は、こざかしく「チャンスを見極める目」を持とうとして、「ノリのよさ」を失ってしまっているのではないかという気がしました。大学生の頃のように、もっと「ノリのよさ」を大切にしたいなという気になりました。

(3) その仕事に「やりがい」を見出す自信(No.1139)

本書を通じて、堀江氏のすごいところがいろいろと書かれていて、圧倒されてしまうほどなのですが、私がいちばん共感して、いちばん強いと思った点、そして、これなら自分もすぐに取り入れられる、と勇気づけられたのは、この点です。

仕事の「やりがい」について語るところで、堀江氏は、

やりがいとは「見つけるもの」ではなく、自らの手で「つくる」ものだ。(No.1104)

と書きます。刑務所での懲役の経験からこのことを言うので、説得力があります。そして、すごいのは、次の言葉。

その仕事に「やりがい」を見出す自信がある。(No.1139)

この言葉には、衝撃を受けました。

私は、わりと多くの仕事に「やりがい」を見出せる方だと思っています。「やりがい」を見出すというのは、この人生を生きやすくする上で、大切な特性ではないかと考えていました。

でも、これまでは、仕事に「やりがい」を見出すということを、力として捉える視点は、持っていませんでした。ましてや、「その仕事に「やりがい」を見出す自信がある。」などという言葉を思いついたことすらありませんでした。

そのため、堀江氏の、「その仕事に「やりがい」を見出す自信がある。」という言葉には、衝撃を受けました。これはいい言葉なので、拝借したいと思います。「あなたは何に自信がありますか?」と聞かれたら、「どんな仕事であっても、その仕事に「やりがい」を見出すことには、自信があります。」と答えてみようと思います(まあ、聞かれることはないだろうけれども)。

3.この本を読んで、どんな行動をすることにしたか

本書の最後の方に書いてあったのは、「あなた自身の「ゼロからイチ」を見せてほしい。」というひとこと。そんなわけで、本書を読んで、どんなイチを足すことにしたか、ここに書いておきます。自分に対する宣言として。

(1) このブログについては、もっといろいろやってみる

まず、このブログについて。もっといろいろやってみようかと思います。

これまであまり書かなかったテーマを書いてみるとか(読んだ本のまとめ記事は、興味はあるけれどあまりできていなかった分野だから、もっとやりたい)、文体を変えてみるとか(今は、論理的な「ですます」調の文章を意識しているのですが、論理的の度合いを減らしたり、「である」調にしてみたり、試してみる)、思いついたことを、いろいろやってみようかと思います。

このブログも、1年半前はゼロだったわけで、変なことをして失敗しても、そこに戻るだけですし。

(2) 自分が好きで得意なことを、とりあえず形にしてみる

次に、仕事について。自分が好きで得意なことの割合を増やすことにします。

今の仕事では、いろんな性質の仕事をいろいろやらせてもらっておりますが、仕事を始めてある程度時間が経ったので、自分が好きで得意なことが、何となくわかってきた気がします。これからは、自分が好きで得意なことの割合を、もっと増やそうと思います。

まずは、自分が好きで得意なことについて、うまくいくかとか収支とかは気にせず、小さく形にしてみようかと思います。

(3) 子育てへの没頭は、胸を張って続ける

最後に、子育てについて。子育てへの没頭は、胸を張って続けようと思います。

今、私にとって、子育ては、かなり大きな部分を占めています。最初は、「よいパパでありたい」というような感覚からがんばって協力していたのですが、一生懸命やるうちに、どんどん楽しくなって、今では子育てが大好きになりました。まさに、本書の言う、「没頭」→「好きになる」の順番です。

他方、子育てのために残業はせず、家に帰ってからも自分の勉強は皆無、毎週末も子どもと一緒にお出かけして遊び倒す、という生活に、「これでいいのかなあ。」という一抹の不安を感じていたのも事実です。

でも、本書を読んで、「これでよい。」と思えました。没頭することは、イチを足すことにつながります。子育ては、本書のいう「働くこと」とはちょっと違う気もしますが、私は、子育てを通じて、イチを足していこうと思います。少なくとも、自分が、子育てをしたい、子育てが大好きだ、と思えている間は、胸を張って、子育てに没頭します。

4.まとめ

共感したところ、役に立ったところも多く、読んでよかったです。

あとは、「おもしろかった。読んでよかった。」だけで終わらせることのないように、自分なりのイチの足し方を、考え、そして何より、行動していこうと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

「しまう」と「響く」

1.『光の帝国』の「大きな引き出し」 『光の帝国』は、『夜のピクニック』や『六番目の小夜子』が有名

記事を読む

no image

あたえ続ける生き方が、結果として、成功につながる。『あなたがあたえる』

倉下忠憲さんが発行しているメールマガジン「Weekly R-style Magazine ~プロトタ

記事を読む

no image

読書・文章・手帳システム・ブログ・物語/2014年に収穫した10冊+αの本 #mybooks2014

0.はじめに (1) 師走になったので、2014年をふり返る 寝て安静にしてるうちに終わってしまっ

記事を読む

no image

Kindle本の返品方法

1.子どもがKindle Paperwhiteで、Kindle本を誤注文 うちの子は、iPadやK

記事を読む

no image

手帳から「ハイブリッド手帳システム」へ。『クラウド時代のハイブリッド手帳術』を参考に、自分なりの手帳システムを作る。

1.『クラウド時代のハイブリッド手帳術』(倉下忠憲)のテーマは、「ハイブリッド手帳システム」の作り方

記事を読む

no image

Fire TV Stick購入時に実感した、「購買決断を助ける」というAmazonのコンセプト

1.Fire TV Stick(の旧型モデル)を買いました。 いまさらですが、先日、Fire TV

記事を読む

no image

Evernoteは「大きな引き出し」。「しまう」と「響く」

1.「しまう」と「響く」 恩田陸さんの『光の帝国』に、「大きな引き出し」という短編が収録されていま

記事を読む

no image

なぜ、抜き書き読書ノートを作るのか?

1.はじめに 昨日、抜き書き読書ノートのことを紹介しました。 抜き書き読書ノート そこでも簡単に触れ

記事を読む

no image

「ゴール」から「目的」と「目標」を見つけることの実践(『ザ・コーチ』の方法をブログに適用してみる)

1.『ザ・コーチ』が解説する、「ゴール」から「目的」と「目標」を見つける方法 『ザ・コーチ』という本

記事を読む

no image

「欲求の4タイプ」はどのように役立つか

1.『人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』の感想とまとめ 岡田斗司夫氏の『人生の法

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑