*

WorkFlowyで作る紙の本の読書ノートの実例:『[超メモ学入門]マンダラートの技法』

公開日: : 最終更新日:2015/03/23 WorkFlowy,

1.はじめに

読書からの収穫を増やすために、当たりだと感じた本と出会えたときには、「読書ノート」を作ることにしています。以前はEvernoteで作っていたのですが、今、私が使っているツールは、WorkFlowyです。

【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる

昨日、WorkFlowyを使って、紙の本の「読書ノート」を作る手順と意義をまとめました。

紙の本の読書ノートを、WorkFlowyで構造化し、育てる

ポイントは、以下のとおりです。

  • WorkFlowyを使って、紙の本の「読書ノート」を作る手順
    • (0) 紙の本を3色ボールペン方式で読む
    • (1) 本のトピックを立て、基本情報を書き入れる
    • (2) 目次を写す
    • (3) 紙の本に線を引いた文章と書き込んだコメントを書き写す
    • (4) WorkFlowyのトピックを読みながら、手を入れる
  • 「読書ノート」にWorkFlowyを使う意義
    • (1) 構造化しやすいし、構造を発見しやすい
    • (2) アウトプットにつなげやすい
    • (3) WorkFlowyが育つ

とはいえ、「紙の本の読書ノートを、WorkFlowyで構造化し、育てる」では、言葉だけによる抽象的な説明だけだったので、具体的なイメージが持ちづらいのではないかと思います。WorkFlowyをご存じない方にとっては、なおさらです。

そこで、実際に私がWorkFlowyで作った「読書ノート」の実例スクリーンショットを紹介しながら、改めて、この手順と意義を説明します。

2.『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の読書ノートをWorkFlowyで作る具体的な手順

(0) 紙の本を3色ボールペン方式で読む

『[超メモ学入門]マンダラートの技法』を三色ボールペン方式で読みました。

大当たりでした。たくさんの収穫があり、たくさんの線を引くことができました。

『[超メモ学入門]マンダラートの技法』を三色ボールペンで読む-407

そこで私は、WorkFlowyに「読書ノート」を作ることにしました。

(1) 本のトピックを立て、基本情報を書き入れる

まず、WorkFlowyに、本のトピックを立て、基本情報を書き入れました。

『マンダラートの技法』実例-1-基本情報

今回は、主観的な情報として、『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』の「7つの質問」を活用することにしました。

(2) 目次を写す

次に、目次を書き写しました。

最初に、章レベルの大きな目次を書き写しました。

『マンダラートの技法』実例-2-目次

そして、各章の項目をすべて書き写しました。

たとえば、第4章の目次は、こんな感じです。

『マンダラートの技法』実例-3-第4章目次

(3) 紙の本に線を引いた文章と書き込んだコメントを書き写す

そして、各項目のトピックの下に、その項目の中で線を引いた箇所などを書き写していきました。

『マンダラートの技法』実例-4-第4章三色ボールペン

本からの抜き書きは、「bq」というトピックの配下に転記しました。本からの抜き書きと自分のコメントが紛れてしまわないための工夫です。

また、主観的に面白いと感じて線を引いたところは、「@midori」というタグを付けました。客観的に重要なところとは区別しておくほうがよいと考えたためです。また、タグを使えば、後で、主観的に面白いと感じたところだけを抽出することが簡単です。

(4) WorkFlowyのトピックを読みながら、手を入れる

ここまでで、私のWorkFlowyの中にある『[超メモ学入門]マンダラートの技法』のトピックは、それなりに充実したものになりました。これだけを読んでも、十分復習になりますし、いろんな考えが湧いてきます。

そこで、私は、いろんなタイミングで、このトピックを読み直し、手を入れました。WorkFlowyはクラウドサービスなので、iPhoneからも手を入れることができます。

具体的には、こんなことをやりました。

a.書き加える

まず、自分なりの要約を書き加えました。

たとえば、言葉を「イメージの星雲」と捉えることなどを大切に感じたたため、その箇所を自分の言葉でまとめました。

『マンダラートの技法』実例-5-書き込み

また、主観的に面白いと感じたことを書き加えました。

たとえば、「あなただけの辞書」「生活を創るキーワードブック」という考え方を非常に面白く感じたので、自分の場合はなんだろうなあと考え、書き加えました。

『マンダラートの技法』実例-6-構造化・主観メモ

本の内容とは離れて、私が勝手に面白いと思って書いていることなので、「@midori」タグを付けて、客観的な筋とは区別しました。

b.意味の構造を付け加える

また、意味の構造を付け加えました。

『マンダラートの技法』実例-6-構造化・主観メモ

上と同じスクリーンショットですが、ここでは、抜き書きのトピックに構造をつけたり、「#mandalart」というタグをつけたり、といった構造化をしています。

後者の「#mandalart」というタグは、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』全体から、「マンダラート」の基本的な説明に役立ちそうな記載などを抽出するために付けたタグです。

3.WorkFlowyで『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の読書ノートを作って、どんな意義があったか

(1) 構造化しやすいし、構造を発見しやすい

まず、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の読書ノートをWorkFlowyで作ったおかげで、理解が深まりました。

情報を構造化できたからだと思います。

(2) アウトプットにつなげやすい

次に、この読書ノートを作ったおかげで、マンダラートに関するいくつかのアウトプットをスムーズに行うことができました。

たとえば、私は、次の文章を書きました。

マンダラートの技法「四隅マトリクス法」の具体例と説明

この文章の中で、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』からたくさんの引用をさせていただきましたが、これらのテキストデータは、すべてこの読書ノートトピックから使いました。

(3) WorkFlowyが育つ

最後に、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の読書ノートを作ることで、私のWorkFlowyは、また少し育ちました。

具体的には、800を超えるトピック数によって、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の重要な箇所の抜き書きや、それに対する私の客観的&主観的な考えがまとめられています。

今後、私が、再度、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』を読みたくなったら、私は、まず最初にこのトピックを読み、そのあとで、実際に本を手に取るのではないかと思います。

これは、私のWorkFlowyがそれだけ育った、ということを意味しています。

4.おわりに

以上、『[超メモ学入門]マンダラートの技法』を実例に、私がWorkFlowyでどのように読書ノートを作ったのかを紹介しました。

私としては、この方法は、心底気に入っています。役に立つのはもちろんなのですが、それ以上に、とても楽しい営みです。面白そうだなと思われた方は、よろしければ、お試しください。

(と、本編はここまでなのですが、実を言うと、この『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の読書ノートトピックは、段差ラ部というコミュニティの共有WorkFlowyトピックの中で作ったものです。共有WorkFlowyトピックというかたちで読書ノートを作ることは、すごくReading2.0的で、私はここに大きな可能性を感じています。

もうしばらく試行錯誤を繰り返した上で、このテーマについても、なにか書いてみたいなと思っています。)

[参考情報]

(1) 「読書ノート」が気になったときは

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

Evernote×読書「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」(『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』Chapter-4のご紹介)

(2) WorkFlowyというクラウドサービスとWorkFlowyで読書ノートを作る方法が気になったときは

【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる

これまでこのブログで書いてきたWorkFowyに関する情報をまとめました。

WorkFlowyで読書ノート

紙の本の読書ノート

説明は、紙の本の読書ノートを、WorkFlowyで構造化し、育てる

実例は、WorkFlowyで作る紙の本の読書ノートの実例:『[超メモ学入門]マンダラートの技法』(本エントリ)

Kindle本の読書ノート

説明は、WorkFlowyで、Kindle本の「読書ノート」を作る

(3) Reading2.0というコンセプトが気になったときは

Reading2.0の入り口に立って

マンダラ「個人のための知的生産システムを構成するウェブサービス」を創る(Kindle・Evernote・WordPress・Feedly&Pocket・WorkFlowy・Twitterの関係)

(4) 『[超メモ学入門]マンダラートの技法』やマンダラートが気になったときは

最近は、主にこの本から学んでいる「マンダラート」について、いろいろと書いています。

これまでに書いたのは、こんなところです。

来週は、「自由な発想をするなら、マンダラートよりもマインドマップの方が向いている」という先入観がひっくり返った話を書こうかなと思っております。

スポンサードリンク

関連記事

no image

紙の本の読書ノートを、WorkFlowyで構造化し、育てる

 実例をまとめました。 →WorkFlowyで作る紙の本の読書ノートの実例:『[超メモ学入門]マン

記事を読む

no image

WorkFlowyで、文章となる枠の外に混沌さを排出して、文章を書く

私のしつこいおすすめ活動の成果か、ウェブ経由ではない何人かの知り合いが、WorkFlowyを使い始め

記事を読む

no image

【連載】WorkFlowyのテキスト入力に関するキー操作の基本(2) テキストの選択(文字単位の選択とトピック単位の選択)

WorkFlowyは、テキストを階層構造で管理するシステムです。テキストをトピックに格納し、トピック

記事を読む

no image

『「Chikirinの日記」の育て方』を読んで、「単純作業に心を込めて」というブログをどんな場所に育てたいのか、考え始めた。

1.本の概要 「Chikirinの日記」の育て方 『「Chikirinの日記」の育て方』は、ブログ

記事を読む

no image

『クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門』の詳細目次と元記事の紹介

『クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門』は、このブログのWorkFlowy記事全体の中から

記事を読む

no image

[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に読んでいきます。 今回は、「

記事を読む

no image

Fire TV Stick購入時に実感した、「購買決断を助ける」というAmazonのコンセプト

1.Fire TV Stick(の旧型モデル)を買いました。 いまさらですが、先日、Fire TV

記事を読む

no image

WorkFlowyの共有機能を理解するための3つの軸、価値を引き出すためのマトリクス

1.WorkFlowyの共有機能を理解するための3つの軸 WorkFlowyには、共有機能があります

記事を読む

no image

クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明

1.はじめに (1) EvernoteからWorkFlowyへ 大学生のころからずっと、私は本を

記事を読む

no image

[展開]『コンテナ物語』から得た「入れ物」一般に関する知見を、WorkFlowyの「トピック」に応用する

1.はじめに 『コンテナ物語』は、2015年に読んだ本の中で、もっともよい収穫を得た本のうちの1冊で

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑