*

iPhoneから使うWorkFlowyに対してあなたが感じるその不満、全部まとめて、HandyFlowyが相手にします! #ただしペーストは除く

公開日: : WorkFlowy

拝啓

WorkFlowyを愛用するiPhoneユーザーの皆様へ

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、WorkFlowyを使っている中で、こんなことを感じたことはありませんか?

「パソコンから使うと、WorkFlowyはすごく使いやすい。気持ちよくて、思い通りに動く。

でも、iPhoneから使うと、(以下略)」

私は、あります。毎日のように感じていました。

「パソコンから使うWorkFlowyはこんなにも自由なのに、iPhoneからだと、なぜ、WorkFlowy本来の力を全然発揮できていないんだろう。」と、不思議に思っていました。

でも、ここ最近はちがいます。iPhoneからでも、WorkFlowyを快適に使うことができています。

私が抱えていた不満のほとんどを解消したのは、HandyFlowy。iPhone・iPadで使えるWorkFlowy専用クライアントアプリです。

HandyFlowyは、現在開発中なので、まだ公開されていません。でも、2016年2月10日現在、ver.1.0が完成しつつあり、きっとそれほど遠くない日に、AppStoreに並ぶのではないかと思います。

そこで、HandyFlowyが世に出る日が近づいてきたこのタイミングで、ちょっとした企画を考えました。

題して、「iPhoneから使うWorkFlowyに対してあなたが感じるその不満、全部まとめて、HandyFlowyが相手にします! 」です。

企画の要項はこの記事の後半にまとめました。お気軽にご参加いただければ幸いです。

気温の上下が激しく、体調を崩しやすい日が続いております。ご自愛しつつ、よきアウトライン・プロセッシングのある生活をお送りください。

敬具

2016年2月10日

彩郎

企画の要項

企画名

「iPhoneから使うWorkFlowyに対してあなたが感じるその不満、全部まとめて、HandyFlowyが相手にします! #ただしペーストは除く」

募集内容

iPhoneから使うWorkFlowyに対し、日頃感じている不満や課題を募集します。不満・課題の投稿方法は、以下のいずれかでお願いします。

  • Twitter
    • ハッシュタグ「#HandyFlowy」または「#ただしペーストは除く」をつけて、つぶやいてください。
    • 可能であれば、ひとつの不満につきひとつのTweetにしていただけると、返信や引用がやりやすいです。
  • メール
    • HandyFlowyの問い合わせメールアドレスまでお願いします。
    • handyflowy_tips[アットマーク]nap.jp
  • ご自身のブログなど
    • その他、ウェブ上の公開されている場所に、ご自由にお書きください。
    • (この場合、Twitterまたはメールで、ご一報いただければ幸いです。)

参加資格

条件1

WorkFlowyを使っていること

条件2

iPhoneまたはiPadからWorkFlowyを使っていること

(AndroidからWorkFlowyを使っている方でもよいのですが、番外的な扱いとさせていただきます。)

不満・課題の期間

2016年2月10日〜同月12日

ただし、これは、いただいた不満・課題を回答編ブログ記事で取り上げることの期限です。期間終了後も、随時、お寄せいただければありがたいです。

回答

いただいた不満・課題に対しては、「HandyFlowyは、その不満・課題を解消できるか?」という観点から、回答いたします。

(HandyFlowyでは太刀打ちできないものは、正直に白状します。)

回答は、次の2つの方法で行います。

(1) 随時、Twitterで回答

Twitterでいただいた不満・課題に対しては、随時、Twitterで回答します。

基本的には私(彩郎・@irodraw)が、リプライのかたちでTweetする予定です。

ひとつの不満・課題につき、1,2個のTweetを費やすことになりそうなので、邪魔くさいかもしれませんが、ご容赦ください。

(2) 2016年2月14日ころ、回答編のブログ記事

お寄せいただいた不満・課題すべてひっくるめて、回答編のブログ記事を書きます。(お寄せいただいたTweet、メールなどは、原則、引用させていただくことを予定しています。)

回答編のブログ記事公開は、2月14日ころの予定です。

気楽な気持ちでご参加いただければ、うれしいです。楽しんでもらえると、もっとうれしいです。

HandyFlowyによって、ひとりでも多くの方が、WorkFlowy本来の自由さそのままに、iPhoneでWorkFlowyを持ち歩けるようになりますように。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyをプレゼン資料として使ってみたことの報告(後編:新たな試行錯誤とそこから得た収穫)

1.はじめに ここしばらくの間、私は、WorkFlowyをプレゼン資料として使うことに取り組んでいま

記事を読む

no image

WorkFlowyのトピック移動機能とは何で、どのような役割を果たすのか?

1.「ただひとつの巨大で流動的なリスト」を実現するWorkFlowyのトピック移動機能 (1) 「た

記事を読む

no image

WorkFlowyによる「ブログ原稿を育てる畑」から、見出しタグで構造化されたHTMLを収穫するための、知的生産の治具(Mac・AppleScript)

1.WorkFlowyを、「ブログ原稿を育てる畑」にする WorkFlowyは、クラウドアウトライナ

記事を読む

no image

iPhoneから使うWorkFlowyに対してあなたが感じるその不満を、HandyFlowyは、どう解消できるのか? #ただしペーストは除く 【回答編】

先日、WorkFlowyを愛用するiPhoneユーザーの方々に向けて、こんな呼びかけをしました。 i

記事を読む

no image

【連載のまとめ】iPhoneからWorkFlowyを快適に使うための課題・課題を解消するための方策・MemoFlowyとHandyFlowy

この連載では、iOSからWorkFlowyを快適に使う方法を検討してきました。連載のまとめとして、課

記事を読む

no image

MemoFlowyは、「iPhoneからもWorkFlowyにメモしたいけれど、iPhoneからWorkFlowyに直接メモするのはやりづらい」という人のためのアプリである

1.はじめに MemoFlowyは、WorkFlowyにテキストメモを書き込むためのアプリです。

記事を読む

no image

WorkFlowyのURLを活用するアイデアを妄想する(その1・ブックマークに登録)

1.WorkFlowyのURL WorkFlowyは、クラウドアウトライナーなので、URLを持ってい

記事を読む

no image

WorkFlowyの真価を引き出す必読文献『アウトライナー実践入門~「書く・考える・生活する」創造的アウトライン・プロセッシングの技術~』(Tak.著)

出ました。待望の一冊。 アウトライナー実践入門 ~「書く・考える・生活する」創造的アウトライン・プ

記事を読む

no image

WorkFlowyのURLの基本と「保存された検索」のような活用例

1.クラウドアウトライナーWorkFlowyのURL WorkFlowyは、クラウドアウトライナー

記事を読む

no image

MemoFlowyの進化は止まらない。メモ入力画面から直接WorkFlowyに書き込めるように!(Android Ver.1.1 & iOS Ver.1.4)

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモアプリです。ぱっとアプリを立ち上

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑