*

「作文を書くための雲の描き方」で作文を楽しむ。「アンパンマンミュージアムに遊びにいった一日の出来事」

公開日: : 子育て, 知的生産

1.「作文を書くための雲の描き方」(彩Draw@クラウド郎)で、作文を楽しむ

「作文を書くための雲の描き方」は、作文嫌いだった小学生の私に、母が伝授してくれた、作文を書くための「知的生産の方法論」です。

「作文を書くための雲の描き方」(彩Draw@クラウド郎)

要点を一言で言えば、「原稿用紙に作文を書きはじめる前に、大きな白い紙を広げて「作文の材料を集め、書く順番や大事なところを表現するための雲」を描く」という方法です。

具体的な手順は、

  • 紙に、黒ペンで、6+1個の雲を描いて、雲の中に言葉を書く。
    • 空に雲を描く。
    • 中心の雲に「作文のテーマ」を、周辺の雲に「5W1H」を書く。
  • 描いた空と雲を眺めて、赤ペンで、思いついたことを書き加える。
    • 描いた空と雲を眺める。
    • 眺めているときに思いついたことを、好きなように、赤ペンで書き加える。
  • もう一手間加えて、作文用の空と雲にする
    • もともとの空と雲に、「原稿用紙に書く順番」と「大事なところ」を書き込む方法
    • 新しい紙に、作文用の空と雲を、改めて描く方法

というものです。

作文嫌いだった小学生の私は、「作文を書くための雲の描き方」を使うことで、作文を楽しむことができました。

2.「アンパンマンミュージアムに遊びにいった一日の出来事」の空と雲

「作文を書くための雲の描き方」を使って作文を書けば、作文嫌いの小学生ですら、作文を楽しむことができます。

私は、今では、文章を書くことが大好きです。特別な方法論も使わなくても、文章を書くことを楽しんでいます。ですが、「作文を書くための雲の描き方」を使うことで、今よりももっと作文を楽しめる可能性があるのなら、ぜひ試してみたいと思います。

そこで、今からやります。

作文のテーマは、「アンパンマンミュージアムに遊びにいった一日の出来事」にしました。3歳になるうちの子になったつもりで、書きます。でも、作文自体は、3歳が書くものではなく(うちの3歳には、作文は書けません)、小学生が書くイメージです。

さっそくいってみましょう。

(1) 紙に、黒ペンで、6+1個の雲を描いて、雲の中に言葉を書く。

まず、空に雲を描き、言葉を書きます。目指すはこんな雲です。

回りの雲に、5W1Hを書く。

中心の雲には、作文のテーマである「アンパンマンミュージアムに遊びにいった一日の出来事」と書きます。

実例1:中心の雲に、テーマを書く

周辺の6個の雲には、「5W1H」を書きます。

実例2:回りの雲に、5W1Hを書く

今回の「5W1H」は、こんな感じです。

  • When(いつ)
    • 3月の雨の降る土曜日に。
  • Where(どこで)
    • 長島のアンパンマンミュージアムで。
    • 隣に温泉があった。
  • Who(だれが)
    • パパとママと私で行った。
    • アンパンマンとホラーマンがいた。
    • たくさんのお友達がいた。
  • What(なにを)
    • アンパンマンと写真を撮った。
    • ホラーマンがぬぬっと近づいてきた。
    • 体が見えなくなる温泉に入った。
  • Why(なぜ)
    • アンパンマンと握手するため
    • ジャムおじさんが作ったパンを食べるため
  • How(どのように)
    • ホラーマンが近づいてきて、怖かった。
    • 体が見えなくなる温泉が楽しかった。

(2) 描いた空と雲を眺めて、赤ペンで、思いついたことを書き加える。

次は、描いた空と雲を眺めて、赤ペンで、思いついたことを書き加えます。

空と雲を眺めます。

実例2:回りの雲に、5W1Hを書く

すると、こんなことが思い浮かびます(うちの3歳なら、きっとこんなことを思い浮かべるはずです)。

  • 雨だったから、長靴を履いて、レインコートを着た。
    • おじいちゃんに誕生日プレゼントで買ってもらったやつ。
    • 雨じゃない日は、出しもらえないから、雨でうれしい。
  • 温泉はすごく大きかった。体が見えなくなる温泉があった。
    • 【パパ注】名古屋アンパンマンミュージアムの隣にある長島温泉・湯あみの島。濁り湯&泡のお風呂もある。
  • ホラーマンが近づいてきたのが、怖かった。
  • アンパンマンたいそうを踊った。
    • 踊りはむずかしかった。
  • ジャムおじさんが作ったパンを食べた。
    • おいしかった。
    • めいけんチーズのパンを食べた。

そこで、空と雲に、こんなことを書き込みます。

実例3:空と雲を眺めて、赤ペンで書き込む。

(3) もう一手間加えて、作文用の空と雲にする

「空と雲」で集めた材料を「原稿用紙」に書くためには、次の2つの大きなちがいを解決する必要があります。

  • 「空と雲」には順番がないけれど、「原稿用紙」には順番がある
  • 「空と雲」には字数制限がないけれど、「原稿用紙」には字数制限がある

この2つのちがいがある中で、「空と雲」を使って「原稿用紙」に作文を書くためには、「空と雲」は、それを見るだけで、

  • 「原稿用紙」に書く順番がわかる
  • どんなことをどれくらい書くかの目安がわかったり、大事なところとそうじゃないところを見分けることができる

というものであることが望ましいです。

このためには、

もともとの空と雲に、「原稿用紙に書く順番」と「大事なところ」を書き込む方法と、新しい紙に、作文用の空と雲を、改めて描く方法とがあります。

私は、今回は、作文用の空と雲と、新しい紙に改めて描くことにしました。

実例4:作文用の空と雲を、新しく描く。

エピソードごとにひとつの雲にまとめて、こんな感じになりました。

  • 3月の雨の降る土曜日に、パパとママと私の3人で、アンパンマンミュージアムに行った。
    • 雨が降っていたから、おじいちゃんにもらったレインコートを着て、長靴を履いた。
  • アンパンマンと握手をしたかった。アンパンマンがいたから、アンパンマンと写真を撮った。
  • ホラーマンがいた。ぬぬっと近づいてきて、怖かった。
  • アンパンマンミュージアムの隣の温泉に入った。体が見えなくなるお風呂に入って、面白かった。
  • ジャムおじさんが作ったパンを食べた。めいけんチーズのパンがおいしかった。
  • アンパンマンたいそうを踊った。お姉さんが踊り方を教えてくれた。難しかったけど、お友達と一緒にみんなで踊った。

さて、この作文用の空と雲を使って、実際に、作文を書いてみます。

3.空と雲で楽しんで書いた作文「アンパンマンミュージアムで遊んだ一日」

——

3月の雨の降る土曜日、私は、パパとママと一緒に、アンパンマンミュージアムに行きました。ママは「せっかくアンパンマンミュージアムに行くのに、雨になっちゃって残念だね。」と言っていましたが、私は、おじいちゃんにもらった長靴を履き、レインコートを着られたので、ウキウキしました。

私は、アンパンマンミュージアムに行ったら、アンパンマンと握手をしてもらおうと思っていました。ですから、アンパンマンミュージアムに着いて、アンパンマンと握手をして、一緒に写真を撮ってもらえて、よかったです。アンパンマンとは、そのあと、一緒にアンパンマンたいそうを踊りました。お姉さんが踊り方を教えてくれましたが、とてもむずかしかったです。

ジャムおじさんの作ったパンもありました。焼きたてのパンがたくさんあって、迷ってしまいました。私は、めいけんチーズのパンを選びました。とてもおいしかったです。

お昼ごはんのあと、ホラーマンとドキンちゃんに会いました。私は、ちょっと怖かったので、少し離れたところから、ホラーマンを見ていました。すると、ホラーマンが私に気がついて、ぬぬっと近づいてきました。ホラーマンの顔が急に近くに来たので、とても怖かったです。パパの後ろに逃げて、パパに「ホラーマン嫌い。」と言いました。

アンパンマンミュージアムのあとで、温泉に行きました。パパと一緒に大きな温泉に入りました。体が見えなくなるお風呂もありました。手が見えなくなるのがおもしろかったので、何回も入りました。

夜になってから、車で帰りました。車の中で、パパとママに「アンパンマンミュージアム楽しかったね。」と話したら、パパは「でも、ホラーマンがいるよ。」と言いました。でも、私はもうホラーマンは怖くありません。ママに「もうホラーマンも怖くないよ。」と言いました。

そんなお話をしていると、だんだん眠くなって、車の中で寝てしまいました。そうしたら、夢を見ました。アンパンマンとホラーマンと一緒に、アンパンマンたいそうを踊る夢でした。ホラーマンがとっても上手に踊っていたので、私は、「ホラーマン、上手だね!」と言いました。

今度いったときは、ホラーマンと握手をしたいです。

——

4.「知的生産の方法論」は、知的生産の楽しみを開く

「作文を書くための雲の描き方」は、ひとつの方法論に過ぎません。唯一絶対の方法論でないことはもちろんですし、いつでもうまくいくものでもありません。

でも、「作文を書くための雲の描き方」を使って作文を書けば、作文を楽しめる可能性は、きっと、かなり上がります。

というのも、空と雲を描くことそれ自体が、十分楽しいからです。また、空と雲を書いた後で作文を書くと、いきなり原稿用紙に書き始めるよりも、ずっと楽に、ずっとうまく、作文を書けるからです。

作文嫌いだった小学生の私は、この「作文を書くための雲の描き方」のおかげで、それなりに作文を楽しめるようになりました。

私は、「知的生産の方法論」に惹かれています。私が惹かれている「知的生産の方法論」は、単に知的生産の生産性を向上させるテクニックではなく、知的生産を楽しいものにしてくれる技術や考え方のことです。

「知的生産の方法論」は、知的生産の楽しみを開いてくれます。

スポンサードリンク

関連記事

no image

訓練としての「発見の手帳」から、積極的な社会参加のための「発見の手帳」へ

1.「発見の手帳」に[活用]を求めていなかった、もうひとつの理由 (1) 「発見の手帳」に[活用]

記事を読む

no image

子どもを保育園に送る役割を母親に譲るつもりがない父親の話

1.はじめに いつも読んでるブログに、こんな記事が載っていました。 父親による保育園送り迎えのスス

記事を読む

no image

スマートフォンは、子どもの歩みを記録するための、最適の道具である

1.子どもの歩みを記録するために、スマートフォンを使う 私は、子どもが生まれる前から、スマートフォン

記事を読む

no image

子どもとiPadの、両親共通の我が家ルール

1.iPadで子育てが助かっているけれど、iPadは強力すぎる気もする (1) iPadで、子育て

記事を読む

no image

自分のWorkFlowyを育てる。「赤坂シナモンの地下迷宮」へと続く試行錯誤の中間報告。

1.はじめに (1) WorkFlowyを使い始めて2ヶ月間 私がWorkFlowyを本格的に使

記事を読む

no image

もうすぐ父親になる友人に伝えた3つのアドバイス(Evernote、iPad、『子どもへのまなざし』)

かなり仲のよい友人が、もうすぐ父親になります。先日、彼と飲んだとき、彼から、父親になる前にやっておい

記事を読む

no image

WorkFlowyで「メタ・ノート」

1.『思考の整理学』の「メタ・ノート」 外山滋比古さんの『思考の整理学』に、「メタ・ノート」という

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックを共有して、子どもの写真付き成長日記を家族で共有する方法

1.子どもの写真付き成長日記を家族で共有 (1) Evernoteの共有機能で、子どもの写真付き成

記事を読む

no image

「コンテナ」と「トピック」〜WorkFlowyの中に知的生産のフローを流すシステム〜

1.[はじめに]知的生産のフローと『コンテナ物語』をつなぐもの 次の2つの記事を書きました。 知的

記事を読む

no image

『知的生産の技術』のカード・システムと、WorkFlowy

前回は、シゴタノ!の倉下忠憲さんの記事を下敷きにして、『知的生産の技術』の各章を、WorkFlowy

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑