*

トップダウン的アプローチとボトムアップ的アプローチ

公開日: : 最終更新日:2013/11/12 徒然

1.物事を実行する2つのアプローチ

物事を実行するアプローチには、トップダウン的アプローチと、ボトムアップ的アプローチがあるのではないかな、と思っています。

(1)トップダウン的アプローチとは

トップダウン的アプローチとは、最初に原理原則や方針を決めて、その原理原則や方針に従って、個々の判断や行動をしていくアプローチです。

(2)ボトムアップ的アプローチとは

これに対して、ボトムアップ的アプローチとは、まずは、個別具体的な判断や行動をどんどん実行して、個別具体的な判断や行動の積み重ねの先に、全体としての原理原則や価値観が生まれていく、というようなアプローチです。

2.トップダウン的アプローチの方が優れている?

(1)トップダウン的アプローチは、合理的?

一見、トップダウン的アプローチの方が優れているように思えます。

大切にしたい原理原則や方針が先にあって、それに従う形で個々の判断や行動が行われた方が、合理的であり、無駄がないように思われます。原理原則や方針もないままに具体的な行動や判断を実行していくのは、場当たり的になってしまいそうです。

(2)現実には、必ずしもそうではない

しかし、現実には、必ずしもそうではありません。

トップダウン的アプローチは、机上の空論、理想論になってしまって、あまりうまくいかないこともあります。また、ボトムアップ的アプローチをとったときに、原理原則や方針がなくても、個別具体的な行動や判断を実行することによって、何らかの発見や収穫があって、その積み重ねが、おおむね正しい方向に進んでいく、ということもあります。

3.両者の特性を理解し、いいところをいかす

(1)とるべきアプローチ

そのため、トップダウン的アプローチがよくて、ボトムアップ的アプローチはだめ、と割り切れる問題ではありません。要は、両者の特性を理解して、両方のアプローチのいいところをいかすのが大切なのではないかと思います。

(2)トップダウン的アプローチとボトムアップ的アプローチの特性

トップダウン的アプローチの特性は、いいところが、大きな視点で全体を見ることができることや、大切にしたい原理原則、方針、価値観を重視できるところ、悪いところが、机上の空論になりがちなところと、個別具体的な行動・判断が後回しになってしまいがちなところです。

ボトムアップ的アプローチの特性は、いいところが、どんどん個別具体的な行動・判断をしていけるので、実行からのフィードバックを得ることができること、悪いところが、場当たり的になって、ひとつの行動・判断と別の行動・判断とが、矛盾したり、相殺しあったりしてしまうおそれがあるところです。

(3)アプローチの一例

両者のいいところをいかすには、たとえばこんなアプローチがあり得るのかなと思います。

  1. まず、トップダウン的アプローチによって、大切にしたい原理原則や価値観を考え、方針を定める。
  2. 次に、この原理原則、価値観、方針と合致する形で、個別具体的な行動・判断を実行するためのシステムを整える。このシステムの中には、個別具体的な行動・判断を実行したことから得られるフィードバックを得る仕組みを、必ず入れる。
  3. あとは、個別具体的な行動・判断を、どんどん行う。全体のこととかはあんまり考えないで、ボトムアップ的アプローチで、どんどん実行する。

これからの毎日の生活の中で、いろんなことをする際には、トップダウン的アプローチとボトムアップ的アプローチをうまくいかすことを意識したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

JINS PC(クリアレンズ・度付き)使用感レポート

1.はじめに 先日、度付き・クリアレンズのJINS PCを受け取ることができました。(注文後2週間

記事を読む

no image

コンセントからUSBポートへ充電するためのアダプタを買いました。

1.コンセントからUSBポートへ充電したい 最近、急に、USBポートを利用して充電する機器が多くな

記事を読む

no image

ブログというゲームのルールを設定したい

1.「ブログ」というゲーム (1) 切り抜きジャック @tamkaiさんの持論に、腹の底から納得し

記事を読む

no image

単語登録ではだめで、TextExpanderを使いたい、3つの理由

1.TextExpanderが気になる。 最近、MacのアプリであるTextExpanderに興味

記事を読む

no image

Zoundry Ravenをインストールしたけれど、うまく使えなかったから、これまで通り、Windows Live Writerで書いています。

1.ブログエディタというすばらしいツール ブログを書くようになって知ったのですが、世の中には、ブロ

記事を読む

no image

インプットとアウトプットの順番、深呼吸における「吸う」と「吐く」の順番

1.深呼吸のやり方 深呼吸における「吸う」と「吐く」の順番は、どちらが先でしょうか。 「吐く」が

記事を読む

no image

年に数往復新幹線を使うなら、エクスプレス予約を利用した方がお得

1.はじめに 多くの人は、帰省やら旅行やら友人の結婚式やら出張やらで、1年に数回は、新幹線に乗ると

記事を読む

no image

タグ整理とフォルダ整理との比較、あるいは、なぜ私はフォルダで整理したくなるかの検証

1.はじめにコンピュータ上のデータを私たちが整理する方法には、タグで整理する方法と、フォルダで整理す

記事を読む

no image

Gmailのスレッド内のメール数は、100が上限になっているそうです。

この記事の言いたいことは、タイトルですべてです。Gmailのヘルプにも書いてありました。 ス

記事を読む

no image

スマートフォンからのエクスプレス予約には、「簡単アクセス」が便利

1.スマートフォンからエクスプレス予約 エクスプレス予約を便利に使っています。パソコンから予約をす

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑