*

Evernoteの共有ノートブックへノートを移動する方法(Windows)

公開日: : 最終更新日:2013/11/13 Evernote

0.ポイント

(1)自分のノートブックから、共有を受けたノートブックへ、ノートを移動する方法

WindowsのEvernoteクライアントで、自分のノートブックの中にあるノートを、他のユーザーから共有を受けたノートブックへ移動するには、次の手順を採ればよい。(ただし、編集権限を受けている必要がある。)

  1. 移動したいノートを右クリック。
  2. 「ノートをコピー」をクリック(「ノートを移動」ではない)。
  3. コピー先のノートブックとして、共有を受けたノートブックを選択する(ノートブックは、ユーザーごとにまとまっている)。
  4. もともとのノートを削除する(まあ、削除しなくてもよいけれど)。

(2)このやり方の限界

  • 同時に複数のノートを移動することができない(複数のノートについて同時に「ノートをコピー」することができないと思われるため)

1.Evernoteの共有ノートブック機能

(1)共有ノートブック機能

Evernoteには、共有ノートブックという機能があります。その名の通り、他のユーザーと、ノートをノートブックごと共有する機能です。

(2)プレミアムアカウントだと、編集権限も与えられる

無料アカウントだと、他のユーザに与えられる権限は、読み取り権限だけのようですが、プレミアムアカウントであれば、編集権限を与えることも可能です。

ノートブックの編集権限を与えた場合、編集権限を与えてもらった者は、共有されたノートブック内にあるすべてのノートを編集することができますし、また、共有ノートブック内に新しいノートを作成することもできます。ただし、ノートブック内のノートを削除することはできません。

2.共有ノートブックの制約

このように、共有ノートブックというのは、大変便利な機能なのですが、現時点では、共有ノートブックを、自分のノートブックと同じように使うことは、できません。

Windowsクライアントでは、自分のノートブックと共有してもらったノートブックは、タブが別になっています。自分のノートブックは、「アカウント」というタブの中にあり、共有を受けたノートブックは、「共有中」というタブの中にあります。

ブラウザからEvernoteにアクセスした場合も、自分のノートブックは、「ノートブック」というところにある一方で、共有してもらったノートブックは、「リンクされたノートブック」というところにあり、「リンクされたノートブック」をクリックすると、新たに別のタブが立ち上がり、そこに共有を受けたノートブックが表示されます。

Androidアプリでも、共有ノートブックは、「共有」というところにあり、自分のノートブックとは明確に区別されています。

3.共有ノートブックへノートを移動するには

(1)生じる問題

共有ノートブックと自分のノートブックが厳然と区別されていること自体は、ひとつの考え方です。悪いことばかりではありません。たとえば、プライベートな内容のノートを、共有を受けたノートブック内に作成してしまう、などのリスクを減らすことができます。

しかし、自分のノートブック内にあるノートを、共有ノートブックへ移動したいと思ったときには、問題になります。ドラッグ&ドロップで移動先のノートブックを表示させようとしても、「共有中」タブへドラッグしようとすると、禁止マークが表示されます。ノートを右クリックして「ノートを移動」を選んでも、移動先に共有ノートブックは現れてくれません。

(2)「ノートをコピー」機能ならできる

ほとほと困っていたのですが、適当に試していたら、意外なところに抜け道を見つけました。それは、「ノートをコピー」機能です。「ノートをコピー」であれば、(何でかはわかりませんが、)コピー先として、共有ノートブックを選択することができました。

そこで、「ノートをコピー」機能を使って、共有ノートブックへノートをコピーし、その後、元のノートを削除する、という手順を採れば、自分のノートブックから、共有ノートブックへ、ノートを移動することが可能になります。

以下のとおりです。

  1. 移動したいノートを右クリック。
  2. 「ノートをコピー」をクリック(「ノートを移動」ではない)。
  3. コピー先のノートブックとして、共有を受けたノートブックを選択する(ノートブックは、ユーザーごとにまとまっている)。
  4. もともとのノートを削除する(まあ、どちらでもよいけれど)。

(3)この方法の限界

ただし、この方法では、同時に複数のノートをコピーすることができません。

複数のノートを選択した状態では、「ノートをコピー」が表示されないためです。右クリックだと、「ノートをコピー」の代わりに、「ノートをマージ」が表示されてしまいます。上部メニューバーの「ノート」では、「コピー」は灰色に反転し、選択できない状態になっていす。

おそらく、Evernoteの仕様上、複数のノートを同時にコピーすることができないのではないかと思われます。

そのため、共有ノートブックへノートを移動する際は、ひとつずつ、ノートを選択して、「ノートをコピー」していく必要があるようです。(ただし、ノートのコピー先履歴に、共有ノートブックが表示されます。ですから、ひとつずつ「ノートをコピー」する手間は、それほど大きくありません。)

4.おわりに

なんにしても、共有ノートブックへノートを移動できる手段が見つかり、共有ノートブックの可能性が更に広がりました。

いろいろと試してみたいと思います。

追記

と、いろいろ試行錯誤した結果を書いたのですが、その後、Googleで検索していたら、まさにぴったりのエントリーを見つけました。参考になるエントリーです。最初からこのエントリーを見つければよかったな。

Evernoteのノートコピー機能が地味に便利な件 – このまま一生β版

[関連記事]

AndroidでEvernoteを使う際の工夫~iPhoneとの比較~ « 単純作業に心を込めて

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernote子ども成長記録ノートのサンプルと作り方(Android×WriteNote Pro)

1.我が家で大活躍する、Evernote子ども成長記録ノート 我が家では、Evernoteに、子ども

記事を読む

no image

アナログでの思考を、Evernoteに集め、アウトプットにつなげる

1.はじめに 近頃の私は、しばしば、スターバックスで昼ご飯を食べます。1時間の昼休みをフルに使い、

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックの数を減らしたい理由

はじめに Evernoteのノートブックとタグを、ゼロベースから設計しなおしたいと思いました。こう

記事を読む

no image

文章をアウトプットする仕組み

1.インプットとアウトプットとの関係 情報との接し方には、インプットとアウトプットがあります。ひとつ

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読

記事を読む

no image

Evernoteを中心に、知的生産のためのクラウドベースを作る

1.Evernoteを中心としたクラウドサービスのおかげで、知的生産を続けられている (1) サラ

記事を読む

no image

Evernote×タスク管理(2) Toodledoで完了にしたタスクをEvernoteに1日1ノートで保存する

1.Toodledoの完了タスクを、Evernoteに、自動的に蓄積したい (1) Toodled

記事を読む

no image

Evernote for Windowsを使いやすくするための、ふたつの必須設定

先日、Windows 7の再インストールをしました。Windowsを新しくセットアップするにあたり、

記事を読む

no image

Evernote×読書「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」(『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』Chapter-4のご紹介)

この文章は、『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』(倉下忠憲著)をご紹介するものです。書きたい内容が

記事を読む

no image

Evernoteマニアになる秘訣

1.「エバーノートマニア」! 先日、紙の本の読書ノートをどんなふうにEvernoteに蓄積している

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑