*

AndroidでEvernoteを使う際の工夫~iPhoneとの比較~

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 Android, Evernote

AndroidでEvernoteを使うことについて考えてみます。比較対象は、iPhoneでEvernoteを使う場合です。

1. 今の私の方法

最初に、結論めいたまとめを記載します。今の私の方法です。まあ、とりたてて変わったところはありません。

(1) テキストは、PostEver

テキストのメモは、PostEverを使っています。私は、ホーム画面ドックの真ん中をPostEverに割り当てています。

PostEver – Google Play の Android アプリ

公式アプリのウィジェットにある「新しいノートを作る」ボタンでもよいのですが、PostEverの方が、動作が軽いので、気に入っています。

本当は、1日分のメモをまとめるのはPostEver、ひとつのメモをひとつのノートにするのはFastEverという使い分けをしたいです。しかし、AndroidにはFastEverがないので、どっちの用途にも、PostEverを使っています。

(2) 写真メモ、検索・閲覧は、公式アプリのウィジェット

evernote

写真メモは、公式アプリのウィジェットにある「写真ノートを作る」ボタンを使っています。

FastEver Snapの方が軽そうなのですが、まあ、ひとつの動作で写真ノートを作ることができますので、よしとしています。

検索・閲覧は、公式アプリのウィジェットにある、「検索」ボタン、「Evernoteを起動」ボタンを使っています。

with Everのような、検索に特化したアプリがあればよいのですが、残念ながら、そんなアプリには出会えていません。そのため、ウィジェットの検索ボタンを使っています。

閲覧は公式アプリです。ウィジェットの一番左の象マークをタップすれば、Evernoteが起動します。公式アプリは使いやすく、優れているので、閲覧には公式アプリでよいのではないかと思います。

(4) 別アプリからのインテントを使い倒す

Androidの便利機能であるインテントを使って、各種アプリで気になった情報を、Evernoteに送ります。インテント機能を使うことで、いろんな情報をEvernoteに渡すことができます。

(5) iftttを使う(有料ですが、ツイエバのプレミアムアカウントの方が、もっとすごいと思う)

Evernoteはクラウドサービスなのですから、Android端末内で完結させる必要はありません。iftttを使って、GoogleリーダーでスターをつけたものをEvernoteに飛ばしたり、Read It Laterで既読にした記事をEvernoteに飛ばしたり、といった設定をすれば、Android端末でちょっとした操作をするだけで、いつの間にかEvernoteに情報が整理される、という状態を実現できます。

ifttt / Put the internet to work for you.

なお、有料ですし、私もまだ使っていませんが、ツイエバのプレミアムサービストの方が、もっとすごいです。

ツイエバ – プレミアムサービスについて

2. AndroidとiPhoneの違い

(1) アプリ ~Androidには、FastEverがない~

Evernoteを使うことに関して、AndroidとiPhoneとで、一番違うのは、アプリです。iPhoneの方が、Evernoteを活用する上で役に立つアプリが多い。

iPhoneでは、FastEverシリーズ、PostEver、with Everなどがよく使われているようです。このうち、Androidでは、PostEverしか存在しません(2012/03/25現在)。

(2) Androidの強み ~ウィジェットとインテント~

これに対して、Androidならではの機能として、(i)ウィジェットと(ii)インテントがあります。AndroidでEvernoteを使うなら、この二つを活用するのがよいと思います。

(3) 公式アプリは、あんまり違わない

なお、Evernoteの公式アプリに関しては、AndroidもiPhoneも、おそらく、そんなに違わないのではないかと思います。

Evernote – Google Play の Android アプリ

Evernote for Android に機能紹介メニュー搭載 « Evernote日本語版ブログ

公式アプリであれば、新しいノートの作成からノートの閲覧・検索まで、一通りのことができます。プレミアムアカウントなら、パスコードを設定することもできます。UIも直感的でかっこよく、使っていて楽しいアプリです。

ただ、反面、動作が若干重たいような気がします。

(ただし、公式アプリの動作を重く感じるのは、私のAndroidが1年以上前の機種だからかもしれません。最近機種なら、さくさく動くかもしれません。)

3. PostEver

(1) PostEverについて

PostEverは、Evernoteに投稿することに特化したアプリです。軽快な動作とシンプルなUIで、人気のアプリです。

PostEver – Google Play の Android アプリ

PostEverのキャッチフレーズは、「1日分のメモが1つのEvernoteノートに」です。通常の使い方をすれば、1日分のメモがひとつのノートに集まります。そのため、1日分のメモをひとつのノートに集めるためには、PostEverを使いましょう、という形で紹介されることが多い。

しかし、PostEverの機能は、、「同一タイトルのメモを、同一タイトルのノートに追記する」という機能です。ですから、タイトルを日付にすれば、1日分のメモがひとつのノートに集まりますが、タイトルを変えれば、日付で集まるのとは別の、独立したノートになります。

PostEverは、動作が軽快で、見た目もすっきりしています。起動は一瞬で、Evernoteへの投稿も、意識しないうちに完了しています。このような基本的な部分の機能が高いため、1日分のメモをまとめる、という機能を使わなくても、十分使えるアプリです。

(2) PostEverで、PostEverとFastEverの二役を担わせる

そのため、私は、Evernoteへのテキストメモの投稿は、基本的に、すべて、PostEverを使うことにしています。

ホーム画面のドックの真ん中という、私にとって一番使いやすいところに、PostEverを起動、を設定しています。

iPhoneであれば、独立メモはFastEver、一日分のメモをまとめる場合はPostEver、という使い分けをすると思います。私も、本当はそうしたかったです。しかし、AndroidにはFastEverがないので、PostEverでどちらもこなしています。PostEverは、この用途にも十分こたえることのできる、すばらしいアプリです。

(3) 公式アプリのウィジェットにある「新しいノートを作成」ボタンについて

なお、公式アプリのウィジェットにある「新しいノートを作成」ボタンを使うことも考えられます。現に、私もこの方法を使っていた時期があります。しかし、公式アプリは、若干動作が重たいので(特に、起動までの時間が気になります)、PostEverで落ち着きました。

4. Androidならではの機能

Androidならではの機能、ウィジェットとインテントを活用しています。

(1) ウィジェット

Android版公式アプリには、ウィジェットが用意されています。

evernote

ウィジェットは、縦1×横4の大きさであり、左から、「Evernoteを起動」「新しいテキストノートを作成」「新しい写真ノートを作成」「新しい音声ノートを作成」「Skitchでノートを作成」「Evernoteを検索」という機能を備えています。

起動がちょいともたつくことと、動作が若干重たいことを除けば、ひとつの動作で、新しいノートを作成したり、検索画面に飛んだりすることができますので、FastEver、FastEver Snap、with Everと同じようなことができるのではないかと思います。

(2) インテント

インテントとは、いろんなデータを、アプリ間で、受け渡していく仕組みです。Androidの大きな特長ではないかと思います。Androidのアプリでは、「共有」というメニューによって、インテント機能を利用できます。

インテントを使えば、どんなアプリからでも、Evernoteにデータを渡すことができます。

たとえば、ブラウザアプリで、あるページを閲覧中に、「共有」メニューを実行し、Evernoteにデータを渡せば、すぐにEvernoteが起動し、ブラウザアプリで閲覧していたページのURLが記載されたノートが作成されます。それをそのまま保存することもできますし、何らかの情報を追記してからノートを保存することも可能です。

あるいは、Read It Laterで記事を読んでいるときに、「共有」メニューを実行し、Evernoteにデータを渡せば、Evernoteが起動し、読んでいた記事の全文テキストが記載されたEvernoteノートが作成されます。それをそのまま保存することもできますし、記事の感想などを追記してからノートを保存することもできます。

インテント機能を使う場合も、Evernote公式アプリを使うことになりますので、動作が若干重たいという問題点がありますが、ここを気にしなければ、応用範囲の広い機能ではないかと思います。

5. クラウドサービスなのだから、Android端末内で完結させようとしない

最後に、ifttt等の利用について。

(1) ifttt

iftttは、いろんなクラウドサービス間のデータ連携を自動で行うクラウドサービスです。

ifttt / Put the internet to work for you.

「ifttt」は、「if this then that」の略です。「もし”これ”なら、”あれ”」です。

この”this”と”that”に、いろんなサービスのいろんな動作を登録すれば、間の処理をクラウドで完了してくれます。

たとえば、”this”に、「Googleリーダーでスターをつける」を、”that”に、「Evernoteにノートを作成」を登録したとします。すると、Googleリーダーである記事にスターをつけるだけで、その記事のタイトルやURL等を記載したノートが、自動的にEvernoteに作成されます。

iftttによる処理をすることのメリットは、Android端末のリソース(メモリやバッテリー)を、あんまり使わない、ということです。

もし、iftttを使わなかったら、Android端末上で、Googleリーダーから、インテント機能を使ってEvernoteにデータを渡し、Evernoteアプリでノートを作成し、保存する、という処理をする必要があります。自分がする動作も多いですし、メモリもバッテリーも使います。

これに対して、iftttを使えば、Android端末でやるのは、Googleリーダーでスターをつけることと、新しく作成されたEvernoteのノートを閲覧することだけです。最初と最後だけです。間の処理は、iftttが、すべてクラウドでやってくれています。この間、私たちのAndroid端末は、メモリも使わないし、バッテリーも消費しません。

なお、iftttは英語のサービスですが、あらかじめいろんなパターンが「レシピ」として用意されていますので、誰でも簡単に使うことができると思います。

ifttt / Recipes

また、参考になるブログ記事も、多数公開されています。たとえば、以下の記事。

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!! | 世界をぐるりとBusidea

ソーシャルサービスをつなげて、ごにょごにょできる「ifttt」 | Blog.IKUBON.com

【read it laterをiftttで自動的にEvernoteと連携する】 携帯なる投資家

(2) ツイエバのプレミアムサービス

ツイエバのプレミアムサービスを利用すれば、記事の全文をEvernoteに配信してもらうことも可能です。かなりすばらしいサービスだと思います。ただ、私は、現時点では、全文を配信してもらうまでの必要性は感じていないため、申し込んでいません。

いつか必要性を感じたら、このサービスを利用する予定です。

ツイエバ – プレミアムサービスについて

6. おわりに

ウェブ上でEvernoteをスマートフォンから活用する方法に関する情報を探すと、iPhoneの情報はたくさん出てくるのですが、Androidのものは、それほど多くないような気がします。

しかし、公式アプリとPostEver、それから各種クラウドサービスを利用すれば、Androidでも、十分にEvernoteを便利に使うことができます。

そうはいっても、FastEverなどが存在するiPhoneのことがうらやましいので、Android対応のEvernote連携アプリが、もっと増えてくれたらいいなあと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

サポテキ(2) テキストデータの起点として、サポテキを使う

0.まとめ この記事では、サポテキを、テキストデータの起点として使うことについて、検証しています。

記事を読む

no image

Androidからひとりブレーンストーミングをするなら、PostEverが最適!

1.概要 PostEverを使えば、ひとりブレーンストーミングをすることができます。 PostE

記事を読む

no image

なぜ、文章書きとしての私は、アウトライナーよりもEvernoteを贔屓しているのか?

1.はじめに この記事を読みました。 Evernoteとアウトライナーの融合に対する試案(201

記事を読む

no image

WriteNoteがアップデート! Android版FastEver的な活躍をしてくれます。

1.WriteNoteに、すばらしいアップデートがきました。 (1)WriteNoteとは Wr

記事を読む

no image

Evernote 5 for Windows Desktopは、共有されたノートブックを、自分のノートブックと同じスタックにまとめられる

1.Evernote 5 for Windows Desktopは、共有されたノートブックが、自分の

記事を読む

no image

何かを勉強しはじめるとき、Evernoteに新しく専用ノートブックを作る

0.要約 勉強を本業とするわけではない社会人が、自分の仕事に必要不可欠とまではいえないことを勉強しよ

記事を読む

no image

Evernote×ブログ記事。すき間時間を活用してブログ記事を栽培する方法

1.「単純作業に心を込めて」の記事は、Evernoteで栽培 私は、この「単純作業に心を込めて」に

記事を読む

no image

Evernoteを捉えるメタファー

1.Evernoteをメタファーで捉える (1) Evernoteをどんなメタファーで捉えるか

記事を読む

no image

EvernoteのWindowsクライアントで、ノートエディタを見やすくする方法→ノートエディタのフォントを変更

Evernote for Windowsのちょっといまいちなところ EvernoteのWindow

記事を読む

no image

Toodledoの完了タスクの情報から、価値を掘り出す・ログとしての価値とマニュアルとしての価値

1.タスク管理システムの完了タスクを蓄積するねらいは? (1) なぜ、Toodledoの完了タスク

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑