*

AndroidでEvernoteを使う際の工夫~iPhoneとの比較~

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 Android, Evernote

AndroidでEvernoteを使うことについて考えてみます。比較対象は、iPhoneでEvernoteを使う場合です。

1. 今の私の方法

最初に、結論めいたまとめを記載します。今の私の方法です。まあ、とりたてて変わったところはありません。

(1) テキストは、PostEver

テキストのメモは、PostEverを使っています。私は、ホーム画面ドックの真ん中をPostEverに割り当てています。

PostEver – Google Play の Android アプリ

公式アプリのウィジェットにある「新しいノートを作る」ボタンでもよいのですが、PostEverの方が、動作が軽いので、気に入っています。

本当は、1日分のメモをまとめるのはPostEver、ひとつのメモをひとつのノートにするのはFastEverという使い分けをしたいです。しかし、AndroidにはFastEverがないので、どっちの用途にも、PostEverを使っています。

(2) 写真メモ、検索・閲覧は、公式アプリのウィジェット

evernote

写真メモは、公式アプリのウィジェットにある「写真ノートを作る」ボタンを使っています。

FastEver Snapの方が軽そうなのですが、まあ、ひとつの動作で写真ノートを作ることができますので、よしとしています。

検索・閲覧は、公式アプリのウィジェットにある、「検索」ボタン、「Evernoteを起動」ボタンを使っています。

with Everのような、検索に特化したアプリがあればよいのですが、残念ながら、そんなアプリには出会えていません。そのため、ウィジェットの検索ボタンを使っています。

閲覧は公式アプリです。ウィジェットの一番左の象マークをタップすれば、Evernoteが起動します。公式アプリは使いやすく、優れているので、閲覧には公式アプリでよいのではないかと思います。

(4) 別アプリからのインテントを使い倒す

Androidの便利機能であるインテントを使って、各種アプリで気になった情報を、Evernoteに送ります。インテント機能を使うことで、いろんな情報をEvernoteに渡すことができます。

(5) iftttを使う(有料ですが、ツイエバのプレミアムアカウントの方が、もっとすごいと思う)

Evernoteはクラウドサービスなのですから、Android端末内で完結させる必要はありません。iftttを使って、GoogleリーダーでスターをつけたものをEvernoteに飛ばしたり、Read It Laterで既読にした記事をEvernoteに飛ばしたり、といった設定をすれば、Android端末でちょっとした操作をするだけで、いつの間にかEvernoteに情報が整理される、という状態を実現できます。

ifttt / Put the internet to work for you.

なお、有料ですし、私もまだ使っていませんが、ツイエバのプレミアムサービストの方が、もっとすごいです。

ツイエバ – プレミアムサービスについて

2. AndroidとiPhoneの違い

(1) アプリ ~Androidには、FastEverがない~

Evernoteを使うことに関して、AndroidとiPhoneとで、一番違うのは、アプリです。iPhoneの方が、Evernoteを活用する上で役に立つアプリが多い。

iPhoneでは、FastEverシリーズ、PostEver、with Everなどがよく使われているようです。このうち、Androidでは、PostEverしか存在しません(2012/03/25現在)。

(2) Androidの強み ~ウィジェットとインテント~

これに対して、Androidならではの機能として、(i)ウィジェットと(ii)インテントがあります。AndroidでEvernoteを使うなら、この二つを活用するのがよいと思います。

(3) 公式アプリは、あんまり違わない

なお、Evernoteの公式アプリに関しては、AndroidもiPhoneも、おそらく、そんなに違わないのではないかと思います。

Evernote – Google Play の Android アプリ

Evernote for Android に機能紹介メニュー搭載 « Evernote日本語版ブログ

公式アプリであれば、新しいノートの作成からノートの閲覧・検索まで、一通りのことができます。プレミアムアカウントなら、パスコードを設定することもできます。UIも直感的でかっこよく、使っていて楽しいアプリです。

ただ、反面、動作が若干重たいような気がします。

(ただし、公式アプリの動作を重く感じるのは、私のAndroidが1年以上前の機種だからかもしれません。最近機種なら、さくさく動くかもしれません。)

3. PostEver

(1) PostEverについて

PostEverは、Evernoteに投稿することに特化したアプリです。軽快な動作とシンプルなUIで、人気のアプリです。

PostEver – Google Play の Android アプリ

PostEverのキャッチフレーズは、「1日分のメモが1つのEvernoteノートに」です。通常の使い方をすれば、1日分のメモがひとつのノートに集まります。そのため、1日分のメモをひとつのノートに集めるためには、PostEverを使いましょう、という形で紹介されることが多い。

しかし、PostEverの機能は、、「同一タイトルのメモを、同一タイトルのノートに追記する」という機能です。ですから、タイトルを日付にすれば、1日分のメモがひとつのノートに集まりますが、タイトルを変えれば、日付で集まるのとは別の、独立したノートになります。

PostEverは、動作が軽快で、見た目もすっきりしています。起動は一瞬で、Evernoteへの投稿も、意識しないうちに完了しています。このような基本的な部分の機能が高いため、1日分のメモをまとめる、という機能を使わなくても、十分使えるアプリです。

(2) PostEverで、PostEverとFastEverの二役を担わせる

そのため、私は、Evernoteへのテキストメモの投稿は、基本的に、すべて、PostEverを使うことにしています。

ホーム画面のドックの真ん中という、私にとって一番使いやすいところに、PostEverを起動、を設定しています。

iPhoneであれば、独立メモはFastEver、一日分のメモをまとめる場合はPostEver、という使い分けをすると思います。私も、本当はそうしたかったです。しかし、AndroidにはFastEverがないので、PostEverでどちらもこなしています。PostEverは、この用途にも十分こたえることのできる、すばらしいアプリです。

(3) 公式アプリのウィジェットにある「新しいノートを作成」ボタンについて

なお、公式アプリのウィジェットにある「新しいノートを作成」ボタンを使うことも考えられます。現に、私もこの方法を使っていた時期があります。しかし、公式アプリは、若干動作が重たいので(特に、起動までの時間が気になります)、PostEverで落ち着きました。

4. Androidならではの機能

Androidならではの機能、ウィジェットとインテントを活用しています。

(1) ウィジェット

Android版公式アプリには、ウィジェットが用意されています。

evernote

ウィジェットは、縦1×横4の大きさであり、左から、「Evernoteを起動」「新しいテキストノートを作成」「新しい写真ノートを作成」「新しい音声ノートを作成」「Skitchでノートを作成」「Evernoteを検索」という機能を備えています。

起動がちょいともたつくことと、動作が若干重たいことを除けば、ひとつの動作で、新しいノートを作成したり、検索画面に飛んだりすることができますので、FastEver、FastEver Snap、with Everと同じようなことができるのではないかと思います。

(2) インテント

インテントとは、いろんなデータを、アプリ間で、受け渡していく仕組みです。Androidの大きな特長ではないかと思います。Androidのアプリでは、「共有」というメニューによって、インテント機能を利用できます。

インテントを使えば、どんなアプリからでも、Evernoteにデータを渡すことができます。

たとえば、ブラウザアプリで、あるページを閲覧中に、「共有」メニューを実行し、Evernoteにデータを渡せば、すぐにEvernoteが起動し、ブラウザアプリで閲覧していたページのURLが記載されたノートが作成されます。それをそのまま保存することもできますし、何らかの情報を追記してからノートを保存することも可能です。

あるいは、Read It Laterで記事を読んでいるときに、「共有」メニューを実行し、Evernoteにデータを渡せば、Evernoteが起動し、読んでいた記事の全文テキストが記載されたEvernoteノートが作成されます。それをそのまま保存することもできますし、記事の感想などを追記してからノートを保存することもできます。

インテント機能を使う場合も、Evernote公式アプリを使うことになりますので、動作が若干重たいという問題点がありますが、ここを気にしなければ、応用範囲の広い機能ではないかと思います。

5. クラウドサービスなのだから、Android端末内で完結させようとしない

最後に、ifttt等の利用について。

(1) ifttt

iftttは、いろんなクラウドサービス間のデータ連携を自動で行うクラウドサービスです。

ifttt / Put the internet to work for you.

「ifttt」は、「if this then that」の略です。「もし”これ”なら、”あれ”」です。

この”this”と”that”に、いろんなサービスのいろんな動作を登録すれば、間の処理をクラウドで完了してくれます。

たとえば、”this”に、「Googleリーダーでスターをつける」を、”that”に、「Evernoteにノートを作成」を登録したとします。すると、Googleリーダーである記事にスターをつけるだけで、その記事のタイトルやURL等を記載したノートが、自動的にEvernoteに作成されます。

iftttによる処理をすることのメリットは、Android端末のリソース(メモリやバッテリー)を、あんまり使わない、ということです。

もし、iftttを使わなかったら、Android端末上で、Googleリーダーから、インテント機能を使ってEvernoteにデータを渡し、Evernoteアプリでノートを作成し、保存する、という処理をする必要があります。自分がする動作も多いですし、メモリもバッテリーも使います。

これに対して、iftttを使えば、Android端末でやるのは、Googleリーダーでスターをつけることと、新しく作成されたEvernoteのノートを閲覧することだけです。最初と最後だけです。間の処理は、iftttが、すべてクラウドでやってくれています。この間、私たちのAndroid端末は、メモリも使わないし、バッテリーも消費しません。

なお、iftttは英語のサービスですが、あらかじめいろんなパターンが「レシピ」として用意されていますので、誰でも簡単に使うことができると思います。

ifttt / Recipes

また、参考になるブログ記事も、多数公開されています。たとえば、以下の記事。

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!! | 世界をぐるりとBusidea

ソーシャルサービスをつなげて、ごにょごにょできる「ifttt」 | Blog.IKUBON.com

【read it laterをiftttで自動的にEvernoteと連携する】 携帯なる投資家

(2) ツイエバのプレミアムサービス

ツイエバのプレミアムサービスを利用すれば、記事の全文をEvernoteに配信してもらうことも可能です。かなりすばらしいサービスだと思います。ただ、私は、現時点では、全文を配信してもらうまでの必要性は感じていないため、申し込んでいません。

いつか必要性を感じたら、このサービスを利用する予定です。

ツイエバ – プレミアムサービスについて

6. おわりに

ウェブ上でEvernoteをスマートフォンから活用する方法に関する情報を探すと、iPhoneの情報はたくさん出てくるのですが、Androidのものは、それほど多くないような気がします。

しかし、公式アプリとPostEver、それから各種クラウドサービスを利用すれば、Androidでも、十分にEvernoteを便利に使うことができます。

そうはいっても、FastEverなどが存在するiPhoneのことがうらやましいので、Android対応のEvernote連携アプリが、もっと増えてくれたらいいなあと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

フリック入力に慣れてきたら、この3つの設定がおすすめ(ATOK for Android)

1.フリック入力に慣れてきたら フリック入力は、本当に画期的な入力方法です。慣れれば、片手だけで、

記事を読む

no image

文章を書くツールとしてEvernoteを使うことのメリット テキストデータのポケットひとつ原則

1.自分で入力したテキストデータのためだけに、Evernoteを使う意味 私がEvernoteに保

記事を読む

no image

Evernoteにおけるノートブック「ATOK Pad」の活用法を考える

1.ATOK Padとは 私が愛用しているアプリのひとつに、ATOK Padというものがあります。

記事を読む

no image

Evernote×大学の講義(2) 講師という立場で、Evernoteをどう使っているか

1.担当講義を作るため、Evernoteを活用する (1) Evernoteは、大学の講義のために

記事を読む

no image

AndroidでToodledoを使う(3) インテント機能でタスクを追加する

1.インテント機能でToodledoにタスクを追加する AndroidでToodledoを使う際に

記事を読む

no image

[Evernote×旅行]Evernoteを旅行に使って、旅行全体をEvernoteにしまう

1.あえてEvernoteを使う旅行をしてみた (1) あえてEvernoteを使う旅行 先日の

記事を読む

no image

『Google ドライブへようこそ』メールが届きました。Android版Googleドライブの第一印象。

1.『Googleドライブへようこそ』 今朝起きたら、メールが届いていました。 ■件名:Goog

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックの数を減らしたい理由

はじめに Evernoteのノートブックとタグを、ゼロベースから設計しなおしたいと思いました。こう

記事を読む

no image

Androidスマートフォンで、広告付きアプリを使わない理由

1.はじめにAndroidには、いろんなアプリを入れることができます。私もたくさんのアプリにお世話に

記事を読む

no image

Androidで撮影した写真を整理する仕組み

スマートフォンに機種変更をしてから、スマートフォンで写真撮影をする機会が増えました。しかし、Andr

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑