*

Evernote×タスク管理(4) Toodledoの完了タスクを、Evernoteの、1Folderにつき1ノートに、時系列で記録するiftttレシピ

公開日: : 最終更新日:2014/01/31 Evernote, Toodledo

1.決定版を出したばかりだけれど、新しい可能性に気づいた

私にとって、ToodledoとEvernoteは、どちらも大切で大好きなサービスです。

少し前から、私は、

  • Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積するといいんじゃないか、ということ
  • これを手間なしで実現する方法はないだろうか、ということ

を模索していました。

そして、昨日、ついに、iftttを使って、Toodledoの完了タスクを1日1ノートでEvernoteに蓄積する方法と出会うことができました。

今日、このやりかたをまとめた記事を出して、「決定版」と称したばかりなのですが、iftttでToodledoとEvernoteをつなぐ方法には、もっと大きな可能性があるんじゃないか、ということに気づきました。私が気づいた可能性を抽象的に表現すると、

  • Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積するときの、Evernoteのノートの区切り方は、日付以外の基準でもいいんだ、ということ
  • Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積するときに、Evernoteを区切るのは、ノートじゃなくて、ノートブックでもいいんだ、ということ

の2つです。

具体的には、前者(日付以外の区切り方でもOK!)は、

  • ToodledoのFolderごとに1つのEvernoteノートを作って、そこにそのFolderの完了タスクを蓄積する
  • ToodledoのTagsごとに1つのEvernoteノートを作って、そこにそのTagsの完了タスクを蓄積する

ということを実現してくれますし、

後者(ノートじゃなくてノートブックでもOK!)は、

  • ToodledoのFolderごとに1つのEvernoteノートブックを作って、そこに1タスクにつき1つのEvernoteノートを作って、完了タスクを蓄積する
  • Toodledoの完了日ごとに1つのEvernoteノートブックを作って、そこにひとつのFolderにつき1つのEvernoteノートを作って、その中に、それぞれのFolderに属するタスクを蓄積する

といったことが可能です。

しかも、iftttならこれらをすべて自動で行ってくれますので、いくつかを併用することだってできます。

これらのうち、特に、ToodledoのFolderごとに1つのEvernoteノートを作って、そこにそのFolderに属する完了タスクを蓄積する、というレシピは、かなり有用性が高そうです。そこで、このレシピについて、考えてみます。

(ただし、iftttのEvernoteチャンネルの「Append to note」は、Evernoteノートのタイトルに日本語が入っていると、うまく働きません。これは、Ingredientによる日本語でも同じです。そのため、ToodledoのFolderに日本語が入っていると、うまく追記になりません。惜しい……!)

2.Toodledoの完了タスクを、Evernoteの、1Folderにつき1ノートに、時系列で記録する

(1) 完成イメージ

まず、完成イメージから。

ここで実現したいのは、

  • Evernoteの「Toodledo-Folder」という名前のノートブックに、
  • ToodledoのFolder名のノートを作成し、
  • そのノートの中に、(1)完了日、(2)完了したタスク、(3)タスクのメモ(Note)を、
  • 時系列で記録する

ということです。

a.Evernoteの「Toodledo-Folder」ノートブック

Evernoteの「Toodledo-Folder」ノートブック内には、「Toodledo-【Toodledoで設定したFolder名】」というノートタイトルのノートが並びます。

Image(28)

このスクリーンショットだと、

  • tjsg.inbox
  • @life
  • @life.work
  • @life.family

などが、私がToodledoに作っているFolder名です。Folderごとにひとつのノートができます。

b.各ノートの内容

各ノート(「Toodledo-【Folder名】」のノート)には、Toodledoで完了したタスクが、上から下へ順番に、時系列で並びます。

私は、ひとつのタスクについて、

完了日:月 日, 年

やったこと:タスクのタイトル
メモ:Noteの内容
– – – – –

という書式で記載するようにしました。

そこで、ノートの中身は、こんな感じになります。

Image(29)

今日から始めたので、このスクリーンショットは、今日の分しか記載がありません。でも、このレシピは、ずっと同じノートに追記し続けるレシピなので、(Evernoteのデータサイズが2MBを超えない限り、)ひとつのFolderのタスクが、ずーっと記録され続けます。私は、Folderをプロジェクト単位で作っているので、ひとつのプロジェクトの完了タスクを、時系列で記録することができます。

たとえば、スクリーンショットのノートのノートタイトルは、「Toodledo-tjsg.inbox」です。これは、Toodledoの「tjsg-inbox」という名前のFolder、つまり、ブログ「単純作業に心を込めて」というプロジェクトの完了タスクを記録するためのノートです。そのため、このノートには、将来にわたって、ずーっと、ブログに関して完了したタスクが記録され続けることになります。

そのため、たとえば、将来、ブログについて、この作業をしたのはいつだったかな?と思ったら、Evernoteのこのノートを開いて、ノート内検索をすれば、その答えが得られるはずです。

(2) iftttのレシピ

さて、これを実現するための、iftttのレシピです。

Image(30)

Image(31)

a.Trigger

Triggerは、チャンネルをToodledoにして、「Any task completed」を選びます。

設定項目はありません。

b.Action

Actionは、チャンネルをEvernoteにして、「Append to note」を選びます。

設定項目は、以下のとおりです。

(a) Title

これは、どんなタイトルのEvernoteノートに追記するかの設定です。指定されたノートブック内にこのタイトルのノートがあれば、そのノートに追記します。なければ、新しくそのタイトルのノートを作ります。

このレシピの肝は、このTitle設定です。{{Folder}}という、ToodledoのFolderをはき出す文字列を入れます。(それ以外はかなり自由ですが、{{Folder}}以外のIngredient({{●●}}というやつ)を使わないことと、日本語を使わないことだけは守りましょう。)

※日本語を使わないこと、という制約は、{{Folder}}というIngredientによって出力された文字にも及びます。そのため、ToodledoのFolder名に日本語が入っていると、そのFolderに対応するタスクについては、ひとつのEvernoteノートにまとまりません。(全部別々のノートになる。)そのため、ToodledoのFolderに日本語を使っている方は、別のやり方(1Folderを1ノートブックに対応させる、など)を模索する必要がありそうです。)

(b) Body

これは、どんな文字列をEvernoteノートに追記するかの設定です。

追記できる内容は、iftttがToodledoのIngredient({{●●}}というやつ)として用意している

  • Title
  • Note
  • Folder
  • Priority
  • Tags
  • DueDate
  • CompletedAt

なので、これらを自由に組み合わせたらよいです。

私は、完了日、タスク名、メモを後から見返したかったため、

完了日:{{CompletedAt}}<br>

やったこと:{{Title}}<br>

メモ:{{Note}}<br>

– – – – -<br>

という形にしました。

(<br>は改行です。)

(c) Notebook

どのノートブック内にノートを作るか、です。

ここにIngredient({{●●}}というやつ)を記入すれば、そのIngredientごとに別ノートブックになります。でも、私は、ひとつのノートブックに全部まとめたかったので、固定文字だけにしました。

なお、ここでも、日本語を使うと、うまくいきません。

(d) Tags

そのノートにどんなタグを付けるか、です。

私は、Evernoteでタグをあんまり使っていないので、空白にしてあります。

3.おわりに

Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積する方法としては、この記事で書いた方法の他に、1日1ノートで蓄積する、という方法もあります。

Evernote×タスク管理(3) これが決定版!Toodledoの完了タスクを1日1ノートでEvernoteに蓄積する方法

そこで、私は、この2つの方法のどちらがいいのか、という検討を始めたくなってしまいました。でも、そうではありません。両方を併用できます。iftttに両方のレシピを作っておけば、あとは、iftttが、けなげに、Evernoteに両方のノートを蓄積し続けてくれます。

ToodledoとEvernoteは、どちらも、これまでの私にとって、とても大切なクラウドサービスでした。でも、ここにiftttが加わることによって、さらにパワフルなツールになってくれそうです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

飲んだ後のEvernote

1.「飲んだ後」は、Evernoteが活躍する場面のひとつ 何を言っているんだと思われるかもしれな

記事を読む

no image

Evernoteを気持ちよく使い続けるための、「受信箱を空にするというルール」

1.受信箱を空にするというルール (1)Evernoteを気持ちよく使えるようになったきっかけ

記事を読む

no image

「なぜ、私は、思考するツールとして、Evernoteを使うのか?」の「はじめに」

1.Evernoteは、果たして、思考のためのツールなのか? (1) 「Evernoteは、思考の

記事を読む

no image

WriteNote Proリリース! 画像添付機能がつき、複数のノート設定が可能になりました。

1.WriteNote Proがリリースされました WriteNoteは、Evernoteに投稿す

記事を読む

no image

我が家の子育て×Evernote。子育てのためにEvernoteに入れているものと、その目的・方法

1.我が家の子育ては、Evernoteなしには語れない 我が家の子育てには、Evernoteが大活躍

記事を読む

no image

私は、Evernoteから、どんな恩恵を受けているか?

1.私は、Evernoteから、たくさんの恩恵を受けている 私が毎日必ず使うサービスは、Gmailと

記事を読む

no image

Toodledoを使って、長期プロジェクトを計画的に着実に粛々と遂行する

1.長期プロジェクトを計画的に着実に粛々と遂行するために、Toodledoがどう役に立つか (1)

記事を読む

no image

好きな素材を、上達論のテキストとして使い込む

1.「上達論のテキストとしてみる習慣」という考え方 齋藤孝の『「できる人」はどこがちがうのか』に、

記事を読む

no image

Evernoteの共有ノートブックへノートを移動する方法(Windows)

0.ポイント (1)自分のノートブックから、共有を受けたノートブックへ、ノートを移動する方法 W

記事を読む

no image

この2点が備われば、WriteNoteは、私のAndroid上で、PostEver並の活躍をしてくれるはず

1.はじめに WriteNoteは、Evernoteにテキストデータを投稿することに特化した、シン

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑