*

AndroidからEvernoteへテキストを入力するなら、PostEverが一番だと思う。PostEverの設定例と使用例

公開日: : 最終更新日:2013/11/12 Android, Evernote

1.PostEverのすすめ

(1) はじめに

AndroidでEvernoteを使う方法をまとめた記事にも書いたように、私は、AndroidからEvernoteにテキストを入力するときは、すべて、PostEverを使っています。

PostEverは、機動が速く、動作が軽く、UIがシンプルですっきりしており、しかも、PostEverエンジンという便利な機能を備えている点で、AndroidでEvernoteを使うなら、入れておいて損はないアプリだと思います。

(2) PostEverの特長

まず、PostEverの特長を簡単にまとめておきます。

ア、Evernoteへテキストを投稿することに特化しており、連続投稿が可能

PostEverは、「Evernoteへテキストを投稿すること」に特化したアプリです。秀逸なのは、連続投稿が可能なことです。バックグラウンドで送信処理をしてくれますので、ひとつの投稿をしている間に、次の投稿を入力・投稿することが可能です。また、ネットワークがオフラインの状態でも投稿をすることが可能なので、ネットワークの状態を気にする必要がありません(ネットワークにつながったときに、いつのまにか投稿してくれているようです)。

イ、PostEverエンジン 同一タイトルのノートへどんどん追記

PostEverの特長は、PostEverエンジンです。PostEverエンジンとは、同じタイトルで投稿されたテキストを、Evernote上で、1つのノートにまとめる機能です。投稿先のEvernoteノートブックに、投稿するテキストと同一タイトルのノートがあった場合に、そのノートに追記していく仕組みになっています。

ですから、タイトル指定の有無によって、既存のノートに追記することも、新しいノートを作成することも、どちらも可能になります。

(3) 設定例・使用例のメモ

以下、私がPostEverをどのように設定し、どのように使っているかをメモします。

2.PostEverの設定例

PostEverの設定項目は、それほど多くありません。しかし、PostEverを便利に使うためには、やっておいた方がよい設定ばかりです。

(1) Evernoteアカウント

これさえ登録すれば、PostEverを使い始めることができます。

(2) 保存先ノートブック

デフォルトでは、「PostEver」というノートブックになっていると思います。なにも指定しなければ、PostEverがEvernoteに「PostEver」という名前のノーとブックを作成し、以後、そこにすべてのノートを放り込んでくれます。

私は、Evernoteのノートブックを並び替えるために、「@010.PostEver」という名前にしています。

Evernoteのデフォルトのノートブックに入れるように設定するのも、ひとつの方法だと思います。

(3) ぞうさんアニメ

送信中に、像が歩くアニメーションが表示される機能です。右上に像のアニメが、下に「送信中…続けて入力できます。」というアナウンスが表示されます。表示のあるなしの違いなので、お好みで。

私は、オフにしています。

(4) タイトル入力欄の表示

私の考えでは、これが一番重要な設定項目です。

これをオンにすると、タイトル入力欄が表示されます。タイトル入力欄を表示すれば、投稿ごとに、タイトルを決めることができます。

デフォルトのタイトルは、日付です。「2012/04/07」という形式です。この形式を設定することは、できないようです。

PostEverを使って、特定の内容のメモを取ったり、独立のノートを作ったりする場合は、タイトルを入力する必要があります。したがって、「タイトル入力欄の表示」は、必ずオンにしましょう。

(5) 時刻を挿入する

これをオンにすると、投稿ごとに、投稿の下に、小さく、時刻が挿入されます。日付は入りません。時刻だけです。

私は、オンにしています。

(6) 最新を上に挿入する

これをオンにすると、最新が上に挿入されます。オフの場合は、下に付け加えていく方式です。

私は、オフにしています。下に順番に付け加えていく方が、私の使い方にあっているので。

(7) 位置情報を自動付与

投稿ごとに、位置情報を自動付与する機能です。

ライフログ目的でPostEverを使うのであれば、便利かもしれません。

しかし、この機能をオンにすると、いちいちPostEverがAndroidシステムから位置情報を取得しなければいけないため、PostEverの強みである軽さが失われます。また、(私の端末だけかもしれませんが、)しばしば位置情報取得に失敗します。

そのため、私は、位置情報を自動取得を、オフにしています。

(8) 起動方法の設定

PostEverの設定ではありません。しかし、ある意味で一番大切なのは、PostEverをどうやって起動するか、という、Androidの設定です。

PostEverは、単機能のアプリであり、起動すれば、即入力画面になります。起動も速いです。このPostEverの機動の速さを最大限に生かすには、PostEverを起動しやすい設定にしておくことが望ましいです。

私は、シンプルに、ドックの真ん中に置いています。ホーム画面にいるときなら、一瞬でPostEverを起動し、メモをすることができます。

さらにこだわるなら、Swipepadなどのランチャーアプリなどを使うことで、別のアプリを起動しているときでも、どこからでも、ひとつの動作だけでPostEverを起動するように設定することも可能です。

自分のAndroidの使い方にあわせて、PostEverを起動するまでのハードルをできる限り低くすれば、それだけ、PostEverを立ち上げることへの心理的な抵抗が少なくなり、PostEverの、ひいてはEvernoteの活用が進むのではないかと思います。

3.PostEverの使い方の一例

私の使い方をメモしておきます。

(1) テーマのない雑多なメモ

【タイトル】今日の日付

【内容】テーマのない雑多なメモ。ライフログのような記録。どこに行ったとか、なにを食べたとか、どんなことを思ったとか。

【目的】その日一日のメモをとりあえず放り込んでおく。ライフログ的なもの。

【運用方法】

(i) 気が向いたらPostEverを立ち上げて、メモをしておく。一日分のメモが、ひとつのノートにあつまる。

(ii) 翌朝、パソコンのEvernoteを立ち上げて、そのノート(「2012/04/07」等のタイトルを持ったノート)を見直す。その上で、

  • ・独立のメモにした方がよいものがあれば、コピペして、独立のノートを作る。
  • ・そのノートの冒頭に、その日の日記を簡単に記載する。
  • ・「PostEver日記」という名前のノーとブックに移す。

(2) 特定のメモ

【タイトル】特定の内容

【内容】特定のメモ

【目的】独立のノートとして、特定のノートを残す

【運用方法】

  • 思いついたときに、メモを取る。テーマがありそうなら、タイトル欄をタップして、タイトルを入力する。
  • 日付ノートに入れるか、独立のノートにするかは、適当です。日付ノートであっても、一応、翌朝ざっと見て、ピックアップしたいものは、独立のノートにします。なので、それほど深く考えません。

(3) 特定テーマの思考

【タイトル】考えたい特定のテーマ たとえば「ToodledoのFieldをどのように使うか」など。

【内容】特定のテーマに関連したことを、何でもかんでも投稿する。

【目的】特定のテーマのアイデア出しが目的。ブレインストーミングのようなもの。

【運用方法】

  • (i) 特定のタイトルを付けて、PostEverで投稿をする。そのテーマに関連することを、思いつくまま、連続投稿する。
  • (ii) 少し時間があいたときも、再度そのテーマを考えたくなったら、タイトル履歴からそのタイトルを選択し、どんどん追記する。
  • (iii) ある程度投稿がたまったところで、パソコンのEvernoteを立ち上げて、そのノートを整理する。コピペで並び替えたり、グルーピングして小見出しをつけたりする。KJ法のようなもの。
  • (iv) もう少し考えたいと思ったら、またPostEverから投稿を追加する。そして、パソコンのEvernoteでコピペによって並び替えて整理する作業をする。
  • (v) ある程度整理できたら、Evernoteの別のノートブックにそのノートを移動する。

これは、考えたいテーマを記載した紙の上に、思考の断片を記載した付箋を、並べて貼り付けるイメージです。紙がEvernoteのノート、付箋のひとつひとつがPostEverからのひとつの投稿に相当します。

思いつくことは、何でも書きます。手軽にテキストを投稿できるPostEverならではです。並び替えは、パソコンのEvernoteからするのが楽です。キーボードがあれば、iPadからでもわりと楽にできます。

(4) ブログ記事の下書き

【タイトル】ブログ記事のタイトル(仮)

【内容】ブログ記事の下書きを書く。書きたい内容、言い回し、参照リンク、項目などを、順番を考えずに、どんどん投稿する。

【目的】ブログ記事の下書き。(3)特定テーマの思考と、ほぼ重なります。

【運用方法】

「(3)特定テーマの思考」と同じ方法で、ブログ記事を書くための下書きにも使えます。

書きたいテーマの仮タイトルをPostEverに入力し、あとは、そのテーマに関して、いろいろと入力します。ある程度まとまったら、パソコンのEvernoteか、iPadのATOK Padで、並び替えたりしながら、記事を書きます。

4.Android版PostEverを使いこなすためのポイントまとめ

  1. PostEverエンジンの仕組みを理解し、使いこなす。そのために、タイトルを表示させること
  2. PostEverをすぐに起動できるようにする
  3. 位置情報は付与しない
  4. タイトル履歴を活用する

【関連する過去記事】

AndroidでEvernoteを使う際の工夫~iPhoneとの比較~

Androidの使い方の一例(機種・キャリア/使い方・アプリ・設定)

スポンサードリンク

関連記事

no image

EvernoteからWindows Live Writerへ画像入りデータを貼り付けるなら、Evernoteでいったん別のノートに切り替える

1.Evernote→Windows Live Writerでブログ記事作成 私は、Evernote

記事を読む

no image

Evernoteを中心に、知的生産のためのクラウドベースを作る

1.Evernoteを中心としたクラウドサービスのおかげで、知的生産を続けられている (1) サラ

記事を読む

no image

なぜ、「書く」ワークスペースとして、Evernoteを使うのか?

1.なぜ、文章を「書く」ためのワークスペースとして、Evernoteを使うのか? (1) 「自分の

記事を読む

no image

Xperia V(Tsubasa・SO-01E)を待たずにXperia SXへ機種変更した理由と、SO-01Eへの期待

1.Xperia SXへの機種変更 先日、Xperia SXへ機種変更しました。 8月29日にX

記事を読む

no image

Toodledoの完了タスクの情報から、価値を掘り出す・ログとしての価値とマニュアルとしての価値

1.タスク管理システムの完了タスクを蓄積するねらいは? (1) なぜ、Toodledoの完了タスク

記事を読む

no image

FOMAのパケ・ホーダイフラットからXiパケ・ホーダイフラットへ、月半ばで契約変更した場合、パケ・ホーダイ料金は二重課金されるのか?

1.問題 FOMAのパケ・ホーダイ フラットは、月額定額料5460円で、FOMAの通信が使い放題に

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックとタグをゼロベースで考えるとしたら

1.はじめに Evernoteが私の日常に定着して、1年くらいになります。 今では、Everno

記事を読む

no image

Evernoteを育てる

1.Evernoteは、育つ 何を言っているんだと思われるかもしれませんが、Evernoteは、育ち

記事を読む

no image

Evernoteという「大きな引き出し」に人生を「しまう」ことで、「Evernoteを育てる」

昨日、WorkFlowyで、このブログのWorkFlowyの固定ページを作りました。 WorkFlo

記事を読む

no image

バーチカル表示がうれしいAndroidのカレンダーアプリ「Business Calendar」(3) ヘルプを表示する方法

ヘルプがある AndroidのカレンダーアプリであるBusiness Calendarは、優れたカ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑