*

「欲求の4タイプ」はどのように役立つか

公開日: :

1.『人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』の感想とまとめ

岡田斗司夫氏の『人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』を読みました。

(1) 感想

読んでよかったです。「欲求の4タイプ」は、納得できる分類でした。特に、他のタイプとの関係に関するふたつの法則(対角線の法則と有為劣位の法則)が秀逸でした。今後の仕事や私生活において、役に立ちそうです。

また、解説のための小説自体も楽しめました。

(2) 「欲求の4タイプ」とは

この本のポイントである「欲求の4タイプ」については、同氏の旧ウェブサイトにおける『人生の取扱説明書』で、かなり詳細に解説されています。

『人生の取扱説明書』

(『法則』と『取扱説明書』では、4つのタイプの呼称がちがっていますが、内容は同じだと思います。)

また、自分がどのタイプなのかのとりあえずの診断は、同氏が運営するウェブサイトで無料で簡単に行うことができます。

FREEex 4タイプ判定テスト

(3) 要約

同氏の基本的な主張を、私なりに、ちょっと乱暴に要約すると、以下の通りです。

1. 人間には、誰しも、欲求の偏りがある。この偏りは、(i)価値観の傾向の軸(外向的・他者的vs内向的・自己的)と、(ii)考え方の軸(具体的vs抽象的)によって、4つの象限に分類される(外向的&具体的、外向的&抽象的、内向的&具体的、内向的&抽象的)。

2.自分がどの欲求のタイプを持つのかは、自分では変えられないし、変える必要もない。

3.自分の欲求のタイプを把握して、自分の欲求に従えば、効率よく幸せになることができるし、人間関係も円滑に進む。

2.自分の欲求を把握することは、何にどのように役立つか

私が『人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』で感じたことは、「欲求の4タイプ」は役に立つ、でした。どんなことのために、どのように役立つのでしょうか。

(1) かしこく充実感を得るための戦略として

まず、「欲求の4タイプ」は、かしこく充実感を得るために役立ちます。

欲求の4タイプは、自分が持っている根本的な欲求を把握するためのツールです。欲求の4タイプのうち、自分がどのタイプに属するのかをつかめば、自分が持っている根本的な欲求を把握することができます。

人が高い充実感を感じるのは、自分が持っている根本的な欲求が満たされたときだそうです。人間が感じる欲求はいろいろなものがあります。欲求が満たされれば、人間は充実感を感じます。しかし、どのような欲求が満たされたときでも等しく充実感を感じるわけではなく、自分の根本的な欲求が満たされたときに、人間は、高い満足感を感じます。

したがって、効率的に高い充実感を得るためには、自分が持っている根本的な欲求を満たすために、自分の資源を費やすことが、かしこい戦略です。欲求を満足させるためには資源が必要なので、コストパフォーマンスの高いところに資源を集中投下することが効率的です。

「欲求の4タイプ」によって、自分の根本的な欲求を把握できれば、同じ努力で、かしこく充実感を得ることができます。これが、「欲求の4タイプ」が役に立つ第一の点です。

(2)人間関係を円滑にするためのツールとして

次に、「欲求の4タイプ」は、人間関係を円滑にするためのツールとして役に立ちます。

「欲求の4タイプ」が単なる自己分析と一線を画しているポイントは、タイプ間の関係性を明確に法則化しているからです。

この法則は、対角線関係にあるタイプは互いの欲求を理解できないという対角線の法則と、隣り合うタイプとの関係が優位・劣位の関係にあるという優位劣位の法則から成ります。

自分のタイプを把握し、相手のタイプを理解すれば、自分と相手の基本的な関係性を自覚することができます。すると、その関係性の中で、自分がどう振る舞うとうまくいくのかが、一応、類型的に把握できます。結果、大筋で、人間関係が円滑になります。

人間関係を円滑にするためのツールとして役に立つ。これが、「欲求の4タイプ」が役に立つ第二の点です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyで作る紙の本の読書ノートの実例:『[超メモ学入門]マンダラートの技法』

1.はじめに 読書からの収穫を増やすために、当たりだと感じた本と出会えたときには、「読書ノート」を作

記事を読む

no image

すべてのワクワクを同時に実行する生き方。『ソース〜あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。』

1.はじめに 今から2ヶ月ほどまえ、Kindleストアで『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクするこ

記事を読む

no image

Evernoteは「大きな引き出し」。「しまう」と「響く」

1.「しまう」と「響く」 恩田陸さんの『光の帝国』に、「大きな引き出し」という短編が収録されていま

記事を読む

no image

アイデアの「畑」と「地層」:『ハイブリッド発想術』読書メモ(「なぜ、私は、思考するツールとして、Evernoteを使うのか」番外編)

1.『Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術』がドンピシャだった (1) ブログ

記事を読む

no image

抜き書き読書ノートで、自分にとって大切で特別な本を育てる(作った後の抜き書き読書ノート活用法)

1.作った後も価値を生み出し続ける抜き書き読書ノート (1) 抜き書き読書ノートとは何か ここ数年、

記事を読む

no image

"その瞬間"が有るか、無いか(ハイキュー!第89話「理由」のネタバレあり)

1.ハイキュー!第89話「理由」にゾクッとした (1) ハイキュー! 週刊少年ジャンプで連載中の「ハ

記事を読む

no image

[『サピエンス全史』を読む]人類の統一って、なんだ?(第3部 人類の統一)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に読んでいきます。 第1部 

記事を読む

no image

情報の構造を活かし、Amazonから目次をWorkFlowy&MemoFlowyに取り込む「入口」拡張ツール

1.はじめに 昨日、マロ。さんによって、「kindle highlight to WorkFlowy

記事を読む

no image

より自由な「思考する場所」としての紙の本。その特徴と活用を考察する。

1.紙の本も、「思考する場所」 こんな文章を書きました。 本を、「思考する場所」として捉える

記事を読む

no image

「はじめて本を書いた人からの手紙」

1.はじめに こんにちは。 本を執筆されるそうですね。おめでとうございます。 今、どんな気持ちでしょ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑