*

【企画】WorkFlowy読書会『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』

公開日: : WorkFlowy,

ここ最近、WorkFlowyで「読書ノート」を作ることについて、いくつかの文章を書きました。

この中で、「WorkFlowyの共有トピックというかたちで読書ノートを作ると、Reading2.0的な可能性があるんじゃないか」ということを書きました。

(と、本編はここまでなのですが、実を言うと、この『[超メモ学入門]マンダラートの技法』の読書ノートトピックは、段差ラ部というコミュニティの共有WorkFlowyトピックの中で作ったものです。共有WorkFlowyトピックというかたちで読書ノートを作ることは、すごくReading2.0的で、私はここに大きな可能性を感じています。もうしばらく試行錯誤を繰り返した上で、このテーマについても、なにか書いてみたいなと思っています。)

引用元:WorkFlowyで作る紙の本の読書ノートの実例:『[超メモ学入門]マンダラートの技法』

これを実際にやってみようと思います。

とはいえ、ひとりではできません。そこで、ゆるい企画を考えました。以下に要綱を書きます。

興味をお持ちの方は、Twitterで彩郎(@irodraw)までDMやメンションをいただけるとうれしいです。

1.企画の概要

WorkFlowyのトピックを編集可能で共有して、『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』のウェブ読書会みたいなものをやってみる。

WorkFlowyトピックは、しばらくの間(状況次第だけれど、2~3週間程度を想定)、編集可能状態で限定範囲で共有したあと、閲覧のみ状態で一般に公開する。

2.読書会で対象にする本

『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』(倉下忠憲)

(1) 公式ページ

R-style » 『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』

R-style » 【告知】『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』発売

(2) このブログで書いてきたこの本に関する文章

自分の持ち味を発揮することと、価値を見い出されること。『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』

「セルフブランディングを実践した先にある世界」と「その時点までの考察をアウトプットして、フィードバックを得る仕組み」

(3) 他ブログの紹介エントリ

「自分の価値」とは他人が決めるものである【書評】Facebook Twitterで実践するセルフブランディング | ごりゅご.com

自分を磨け! 書評「Facebook X Twitterで実践するセルフブランディング」 by 倉下忠憲 | No Second Life

Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング

[読書]倉下忠憲(2011)『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』ソシム: pmastyle

【ちょっと変わった書評】Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング | みんなの扉を開くカギ

[ま]セルフブランディングってのは人気取りとは違うんだよ @kun_maa – [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

古い本でも書評を書く「FacbookTwitterで実践するセルフブランディング」 ~ 点と点の間

Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング 倉下忠憲|So-Hot-Books (So-Hotな読書記録)

3.参加資格

今回は、企画への参加資格を設けてみます。

以下の(1)〜(5)のすべてを満たす人、です。((5)は、aまたはbです。)

(1) 『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』をこれから読んでみる気があって、この本を手元に用意できる人

【理由】

対象となる本を手元に用意できないと、参加できないから。

読む気まったくゼロでは、参加しても意味がないから。

『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』(倉下忠憲)

(2) WorkFlowyを使う気がある人

【理由】

WorkFlowyの共有トピックで読書会をするから。

これまで使ったことがなくても、これを機に使う気があれば、大丈夫です。

【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる

(3) 読書会の期間(だいたい2、3週間くらい)、おおむね4,5日に1回はWorkFlowyを開いて、何か書き込む気がある人

【理由】

読書会なので、書き込まないと参加してる意味があんまりないので。

なお、読むだけなら、後日、トピックをそのまま公開する予定です。

(4) Twitterを使っていて、@irodrawをフォローしている人

【理由】

共有トピックの書き込み者特定のために、ツイッターアカウントと同じ文字列を使う予定ですので、Twitterを使っている必要があります。

また、WorkFlowyの編集可能共有URLを、TwitterのDMでお送りする予定なので、@irodrawをフォローしていただいてる必要があります。

(5) 以下のaまたはbのどちらかにあてはまる人

どちらか。両方である必要はありません。

a.倉下忠憲氏の著書のいずれか(紙の本、電子書籍問わず)を買ったことがある

b.倉下忠憲氏発行のメールマガジンを購読している

【理由】

ちょっとしたスクリーニングです。

4.読書会の段取り

おおむね、以下の段取りで進めます。参加者の皆さんからのご意見をいただいた場合、適宜修正します。

(0) 告知と募集

このエントリが、告知です。

応募は、@irodrawへのTwitterで連絡してください。DMでもメンションでもよいです。(ただし、私からのURLの連絡はDMになりますので、フォローをお願いいたします。)

締切りは、4月1日にします。

(万一、人数が多くなっちゃったら、途中でお断りするかもしれません。)

(1) 本の準備

読書会は、4月6日くらいからスタートしようかなと思います。

参加者の皆様は、それまでに本を準備して、読み始めていただければと。

(2) 編集可能URLでのトピック共有(4月6日スタート、2~3週間)

4月2日~6日のどこかで、参加者の皆様へ、WorkFlowy共有トピックの編集可能URLをDMします。そこから2~3週間、このトピックを編集可能状態で共有して、ウェブ読書会のようなことをやります。

この間、ざっくりいうと、こんな段取りで進める予定です。

  • a.共有トピックに、目次を作る
  • b.各自、共有トピックの目次トピックの下に、自分が面白いと感じたところを転記する
  • c.各自、共有トピックを読んで、他の人の書き込みで面白いと思ったところを、自分の本に転記する
  • d.しばらくのあいだ、共有トピック上で、適当にやりとりする

(3) 閲覧のみURLで公開

2~3週間、編集可能状態での共有を続けたあと、ある程度落ち着いた段階で、編集可能URLの共有を停止し、そのトピックをそのまま閲覧のみ可能なURL共有によって、ウェブに公開する予定です。

私は、次の2つで公開する予定です。

  • Twitterで流す
  • このブログで報告する

参加者の皆様も、各自ご自由に公開してください。(もちろん強制ではありません。)

5.参加する上での注意事項

(0) 参加者情報の公開

Twitterアカウントと紐付けての参加でお願いします。本名じゃなくてよいです。

各自が書き込んだ内容は、後日、閲覧のみURLで公開予定ですが、その際に、書き込みとタグ付けしたTwitterアカウントも公開されることになります。

(1) 編集可能URL共有段階での注意事項

編集可能URLは、外部に流さないものとします。

この段階では、自分以外の人による書き込みなどは、外部に公開しないようにしてください。

(2) 閲覧のみURL公開段階での注意事項

閲覧のみURLは、外部に公開を予定します。

この段階後は、自分以外の人による書き込みも、出典と発言者を明記の上、公開してもよい扱いとする予定です。

6.WorkFlowyへの書き込みのお作法など

以下のエントリに書いたものをベースにします。

ただし、やっているうちによいやり方ができてくるかと思いますので、あんまりかたくるしく考えず、いろいろ試してみたいです。

ともあれ、ポイントは以下のとおり。

(1) 『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』からの抜き書き

bqトピックの下

抜き書きのテキストは、「bq」というトピックの下に書く

引用元のページ数

bqの最終子トピックに、ページ数を書く

該当する目次トピックの下に書く

(2) 客観と主観のタグ

三色ボールペン方式でタグ付けする

客観
すごく大切

タグ「#aka」

まあまあ大切

タグ「#ao」

主観

タグ「#midori」

親子関係にあるトピックの場合は、どこが客観/主観かが分かるように書けばOK。

(3) 書いた人のタグ

抜き書きやコメントを書き込むときは、自分のTwitterアカウントでタグ付けする。

親子関係にあるトピックの場合は、分かるようにつけたらOK。

[まとめ]

はじめての試み&思いつきの試行錯誤なので、ドタバタすることもあるかと思いますが、よろしければ一緒にやりましょう。

少なくとも、次の2つの収穫はまちがいないと思います。たぶん。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyに書いたURLを活用し、WorkFlowyを思考のOSへ

1.WorkFlowyに書き込んだURLは、自動的に、クリックできるリンクになる WorkFlowy

記事を読む

no image

養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1.MemoFlowyのTwit

記事を読む

no image

『知的生産の技術』のカード・システムと、WorkFlowy

前回は、シゴタノ!の倉下忠憲さんの記事を下敷きにして、『知的生産の技術』の各章を、WorkFlowy

記事を読む

no image

URLスキームの強化(一時的なInboxを指定するURLスキーム)(MemoFlowy ver.1.2)

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモアプリです。ぱっとアプリを立ち上

記事を読む

no image

WorkFlowyで文書を作成することによって、文章作成主体に生じる、副次的だけど、より本質的で根本的な革命について(その1)

1.WorkFlowyによる文書作成が革命的であるもうひとつの側面は、文書作成主体への影響 先日、こ

記事を読む

no image

Toodledo&Googleカレンダー運用の基礎理論に! 『「超」整理法』の「仕事の進め方五原則」のご紹介

1.Kindleで、『「超」整理法』シリーズを読みなおした 先日、『「超」整理法』シリーズを読み直し

記事を読む

no image

WorkFlowyで、骨格のある物語を書いたお話(榊田耕作さんから想田彩郎さんへ)

1.WorkFlowyの物語を、WorkFlowyで書く 先日、物語を書きました。 WorkFlow

記事を読む

no image

様々な環境からひとつの文書を作成することで、行き詰まりを打開できる_文書作成ツールWorkFlowyの可能性(3)

個人的で主観的な経験なのですが、WorkFlowyで文書を作成するようになってから、文書作成がぐっと

記事を読む

no image

手帳から「ハイブリッド手帳システム」へ。『クラウド時代のハイブリッド手帳術』を参考に、自分なりの手帳システムを作る。

1.『クラウド時代のハイブリッド手帳術』(倉下忠憲)のテーマは、「ハイブリッド手帳システム」の作り方

記事を読む

no image

「WorkFlowyとは、何か?」を考える2つの視点

1.WorkFlowyはクラウドアウトライナーではない? 私がWorkFlowyを使い始めたとき、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑