*

8年後に世界が滅びることを知ってからの5年間を、どう生きるか(『終末のフール』感想文)

公開日: :

1.8年後に世界が滅びることがわかってから5年後の世界

(1) 『終末のフール』のこと

『終末のフール』(伊坂幸太郎)は、私の好きな小説のひとつです。私は比較的熱心な伊坂幸太郎の読者だと思うのですが、伊坂幸太郎の小説の中で私がいちばん好きなものは、この『終末のフール』です。

『終末のフール』の世界は、隕石が地球に衝突することがわかっている世界です。隕石の衝突によって8年後に世界が滅びることがわかってから、5年後の世界が、小説の舞台です。

小説に登場するのは、架空の仙台市にある、ヒルズタウンという名前の架空の住宅地です。『終末のフール』は連作短編なので、短編ひとつひとつの主人公が異なります。ひとつの短編での主人公が、別の短編で脇役として出てくることもあります。

(2) 8年後に世界が滅びることがわかってから5年後の世界という設定のすごさ

『終末のフール』のすごいところは、その設定です。『終末のフール』の舞台は、8年後に世界が滅びることがわかって、そこから5年が経った世界です。8年後に世界が滅びることがわかったときの衝撃を描くわけでもなく、あと数日で世界が滅びるときの混沌を描くわけでもなく、5年が経った小康状態を描いています。

この設定は、『終末のフール』は何を描く小説なのか、ということに関わっているのではないかと思います。8年後に世界が滅びることがわかったときや、あとわずかで世界が滅びるときを描くと、世界が滅びるということそのものに焦点が当たるのではないかと思います。これに対して、8年後に世界が滅びることがわかって、その5年後という、小康状態を描くことで、世界が滅びることそのものではなく、その世界で生きる人ひとりひとりの生き方に焦点が当たるように思います。『終末のフール』は、世界が滅びることそのものではなく、滅びゆく世界で生きる人ひとりひとりの生き方を描く小説のように思います。

2.『終末のフール』の助けを借りて、生き方の問いを考える

『終末のフール』は、純粋なエンターテイメント小説です。ですから、エンターテイメント小説として楽しめばよいと思います。しかし、『終末のフール』を、「自分は何を大切にして、いかに生きるか」という問いを考えるための道具として活用することもできます。

「何を大切にして、いかに生きるか」、この問いは、悔いのない人生を生きるためには、一度くらいはきちんと考えた方がよい問いなのではないかと思います。しかし、この問いは、なにぶん抽象的なので、この問いを、独力でゼロから上手に考えることは、なかなか難しいです。そんなとき、『終末のフール』は、この抽象的な問いを上手に考えることを助けてくれます。

『終末のフール』の世界は、8年後に世界が滅びることがわかって、そこから5年が経った世界です。8年後に世界が滅びることがわかって5年後の世界を生きる登場人物たちは、8年後に世界が滅びることがわかってから、すでに5年間、生きています。

この5年間を、登場人物たちは、その人なりの生き方で生きています。たとえば、父が残した蔵書をすべて読み切ることを目標に設定した女の子がいます。最後の日に備えて屋上に櫓を組むおじさんがいます。世界が滅びることを知る前と同じように、日々練習に励む格闘家もいます。『終末のフール』では、多くの登場人物が、いろんなことを考えて、いろんなことをします。

いろんな登場人物たちの5年間を読むと、自分に近いものを感じて親近感を抱いたり、自分にないものを感じてあこがれを感じたり、いろんな感情がわき上がります。この感情を観察すれば、自分が何を大切にして、いかに生きているのか、また、生きていきたいのかが、何となくわかるのではないかと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に読んでいきます。 前回は、「

記事を読む

no image

より自由な「思考する場所」としての紙の本。その特徴と活用を考察する。

1.紙の本も、「思考する場所」 こんな文章を書きました。 本を、「思考する場所」として捉える

記事を読む

no image

三色ボールペン方式で読書会を運営する方法を構想する

1.はじめに 『三色ボールペンで読む日本語』が提唱する三色ボールペン方式は、読書からの収穫を高めるた

記事を読む

no image

「自分のブログに自分の言葉で文章を書く」という読書後の行動

1.収穫を得ることを目的とする読書でいちばん大切なのは、読書後の行動 読書する目的のひとつは、その

記事を読む

no image

『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことができました。多くの本は、Twit

記事を読む

no image

Reading2.0の入り口に立って

この文章は、『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』(倉下忠憲著)をご紹介するものです。書きたい内容が

記事を読む

no image

[『サピエンス全史』を読む]人類の統一って、なんだ?(第3部 人類の統一)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に読んでいきます。 第1部 

記事を読む

no image

Evernoteは「大きな引き出し」。「しまう」と「響く」

1.「しまう」と「響く」 恩田陸さんの『光の帝国』に、「大きな引き出し」という短編が収録されていま

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、WorkFlowyで構造化し、育てる

 実例をまとめました。 →WorkFlowyで作る紙の本の読書ノートの実例:『[超メモ学入門]マン

記事を読む

no image

抜き書き読書ノート

1.抜き書き読書ノートを作る 本を読むことが好きです。本屋さんやKindleストアで見つけた小説やド

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑