*

Evernoteで何をしたらいいの?と思ったときに参考になる、Evernote使い方実例は、Evernote公式ブログにたくさんある。

公開日: : 最終更新日:2013/07/01 Evernote

1.Evernoteは、自由なサービスだから、何をするといいかわからない

(1) Evernoteは、自由なサービス

Evernoteは、自由です。

a.いろんなデータを保存できる

まず、いろんなデータを保存できます。

文字を保存できます。文字のフォントを変えることができます。色をつけることも、ポイントを大きくすることもできます。センタリングもできれば、リストも作れます。

写真を保存できます。動画を保存できます。音声も保存できます。さらに、写真と動画と音声を、文字と組み合わせることだってできます。

Wordファイルを保存できます。Excelファイルを保存できます。PDFファイルだって保存できます。PDFファイルだと、Evernote上でページをめくることだってできちゃいます。

b.いろんな視点で整理できる

次に、保存したデータを、いろんな視点で整理できます。

Evernoteの基本は、ノートとノートブックとタグです。

ノートは、データの入れ物です。ノートには、Evernoteに保存できるあらゆるデータを追加することができます。文字を書き込むこともできますし、写真を貼り付けることも、音声ファイルや動画ファイルを貼り付けることもできます。さらには、WordファイルやPDFを貼り付けることだってできます。

ノートブックは、ノートを格納する場所です。ノートブックは、いくつでも作ることができます。また、複数のノートブックをまとめて、スタックというのものを作ることもできます。

タグは、ノートにくっつける印です。ひとつのノートに複数のタグをつけることができますし、また、ひとつのタグもつけないことだってできます。

ノートとノートブックとタグを使えば、いろんな視点でデータを整理できます。ひとつのノートに関連するデータを全部集めることだってできるし、ひとつのノートに保存する情報量を絞った上で、関連するノートをひとつのノートブックにまとめることもできます。同一のタグを使うことによって整理することもできます。

Evernoteなら、どんな視点で整理しようと思っても、それに対応するだけの機能が用意されています。

(2) 自由だからこそ、何をするといいかわからない

このように、Evernoteは自由です。自由なのは、すばらしいことです。しかし、逆に、自由だからこそ、Evernoteを使って何をしていいか、わかりません。何でもできるといわれると、逆に、何をしていいかわからなくなります。

2.役に立つ実例は、公式ブログにたくさん蓄積されている

(1) 実例を見ると、参考になる

Evernoteを使って何をするといいかわからないときに、Evernoteの教科書のようなものを調べて、Evernoteで何ができるかを勉強するのは、あまり意味がありません。教科書的な解説書を読んでも、「Evernoteを使えば何でもできるんだなあ」と感心するだけで終わってしまい、じゃあ自分は何をしようかという点では、何も前に進みません。

自分自身がEvernoteを使って何をするかを考えるために役立つのは、教科書ではなくて、実例です。私はEvernoteを使ってこれをしています、という実例に触れれば、イメージがわくので、自分はEvernoteを使ってどんなことをしたいかが、見えてきます。

(2) Evernoteの公式ブログの特集は、そのためだと思う

Evernoteの実例を見るために役立つのは、Evernoteの公式ブログです。定期的に、いろんな人のEvernote使用方法が特集されます。

最近だと、こんな記事がありました。

「Evernoteを使うようになって朝の2、3時間で仕事が終わるようになりました」――プリマベーラ社長・吉川充秀さんの Evernote 活用術 | Evernote日本語版ブログ

私がおもしろく読んだのは、この記事でした。

「Evernoteは僕にとっての四次元ポケットです」── iPhone女史運営会社CEO・甲斐さんが語るEvernote活用術 | Evernote日本語版ブログ

チームで仕事を進めるためにEvernoteを活用するなら、この記事が参考になります。

「Evernoteを使えば仕事で楽をできるんです」── 株式会社クシタニの活用例 | Evernote日本語版ブログ

Evernoteの公式ブログでいろんな人のEvernoteの使い方を特集しているのは、自由だからこそ、何に使ったらいいのかわからないといわれがちなEvernoteを、ひとりでも多くの人に、何かに使ってもらいたい、という狙いからではないかと思います。

Evernoteで何をしたらいいの?と思ったら、公式ブログを見てみるとよいのではないかと思います。 そこには、Evernoteをどのように使おうか、と考えるときに参考になる、Evernoteの使い方実例が、豊富に蓄積されています。

3.参考:私の実例

なお、私も、Evernoteを便利に使わせてもらっているひとりです。 最初は、何にどのように使ったらいいのか、さっぱりわかりませんでしたが、ブログや雑誌でいろんな方のEvernote使用実例を見ながら、少しずつ、使用する場面を広げてきました。今では、毎日のようにEvernoteを使っています。 そこで、私の現時点の実例を、以下のページにまとめました。

私は、Evernoteから、どんな恩恵を受けているか? | 単純作業に心を込めて

スポンサードリンク

関連記事

no image

この2点が備われば、WriteNoteは、私のAndroid上で、PostEver並の活躍をしてくれるはず

1.はじめに WriteNoteは、Evernoteにテキストデータを投稿することに特化した、シン

記事を読む

no image

アイデアの「畑」と「地層」:『ハイブリッド発想術』読書メモ(「なぜ、私は、思考するツールとして、Evernoteを使うのか」番外編)

1.『Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術』がドンピシャだった (1) ブログ

記事を読む

no image

WorkFlowyに書き込んだ内容を自動的にEvernoteに蓄積し続ける仕組み(差分メール転送とRSS&IFTTT)

1.フローのWorkFlowy、ストック&アーカイブのEvernote たとえばブログなどに

記事を読む

no image

Evernote×読書「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」(『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』Chapter-4のご紹介)

この文章は、『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』(倉下忠憲著)をご紹介するものです。書きたい内容が

記事を読む

no image

Android版Evernote公式アプリのウィジェットではなく、WriteNoteを使うことの、3つのメリット

1.なぜ、WriteNoteを使うのか (1)AndroidからEvernoteにテキスト形式のメ

記事を読む

no image

Evernote 5 for Windows Desktopは、共有されたノートブックを、自分のノートブックと同じスタックにまとめられる

1.Evernote 5 for Windows Desktopは、共有されたノートブックが、自分の

記事を読む

no image

好きな素材を、上達論のテキストとして使い込む

1.「上達論のテキストとしてみる習慣」という考え方 齋藤孝の『「できる人」はどこがちがうのか』に、

記事を読む

no image

【Toodledo×IFTTT×Evernote】電子業務日誌を自動的に作成する

1.『「超」整理法』がすすめる電子業務日誌 『「超」整理法』は、時代を超える名著です。この本は、単

記事を読む

no image

WriteNoteがアップデート! Android版FastEver的な活躍をしてくれます。

1.WriteNoteに、すばらしいアップデートがきました。 (1)WriteNoteとは Wr

記事を読む

no image

いちばん大切な、子どもの成長記録を、Evernoteにしまい続ける

1.Evernoteに、子どもの成長がしまわれている 私にとって、いちばん大切な記録は、子どもの成

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑