*

Android+WriteNote Proを使って、Everenoteに写真+文字で子どもの成長記録を残す方法

公開日: : 最終更新日:2012/07/13 Android, Evernote

0.概要

(1)子どもの成長記録は、写真+文字でEvernoteに残すのがよいと思う。

【理由】

  1. Evernoteなら、10年先も、20年先も、多分、使うことができる。
  2. Evernoteなら、写真と文字のどちらも重視できる。

(2)AndroidからEvernoteに写真+文字で子どもの成長記録を残すなら、WriteNote Proというアプリを使うのがよいと思う。

【理由】

  1. WriteNote Proを使えば、Androidから適当に投稿するだけで、わりといい感じのノートとして、Evernoteに保存される
  2. WriteNote Proなら、子どもの成長段階に応じて、ノートをどんなふうにまとめるのかを自由に設定できる。

1.写真+文字で子どもの成長記録をEvernoteに残す

(1)子どもの成長記録を残す

子どもを育てて感じるのは、子どもにとっては、一日一日が、はじめての連続だということです。自分自身のためにも、将来の子どものためにも、親として、子どものはじめてをできるかぎり記録に残したいと思います。

はじめての連続を記録に残す方法には、たくさんのものがあります。写真、文字、動画、音声などでしょうか。これらの中でも、扱いやすさや後から見返す気軽さの点で、王道は、写真と文字ではないかと思います。

(2)写真+文字で残す

最近では、スマートフォンやタブレット、デジカメやパソコンによって、簡単にデジタルデータの写真を撮影し、デジタルデータの文字を記録することができます。

しかし、単にデジカメで写真を撮影したり、単にスマートフォンで子どもに関する事柄をメモするだけでは、写真と文字とがバラバラになってしまいます。子どもにとってのはじめてをリアルに思い出すには、写真だけでも、文字だけでも、少し足りません。その瞬間を捉えた写真と文字を、同時に見ることができる方がベターです。

(3)Evernoteに残す

デジタルで撮影した写真データをアルバムのように管理できるアプリケーションやサービスがあります。これらのアプリケーションやサービスを使えば、写真と文字を一体的に残すことが可能です。しかし、写真と文字を一体的に管理するために特別なアプリケーションやサービスを使う方法は、私が求める条件に合わないため、採用でできません。そのかわり、私は、Evernoteを使っています。理由は、以下の2点です。

a.Evernoteなら、10年先も20年先も見返すことができる(と思う)

子どもの成長記録は、長期間の保存・閲覧に耐えるデータでなければいけません。できる限り長期間継続したいと思います。また、今日記録したデータを、10年先も20年先も見返すことができるものでなければいけません。

この条件に対して、特定のアプリケーションやサービスを利用する方法には、リスクがあります。特定のアプリケーションやサービスを利用する場合、データ形式がそのアプリケーションやサービスに特化されている場合があります。その場合、データを編集したり閲覧したりするためには、そのアプリケーションやサービスを利用しなければいけません。しかし、デジタルのアプリケーションやサービスは、移り変わりが激しい分野です。特定のアプリケーションを使って記録を続けていたのに、途中でそのアプリケーションが開発終了となってしまった、というのでは、困ります。

そこで、10年先、20年先にも普通に使えるアプリケーション・サービスを選択する必要があります。

これに対して、Evernoteなら、おそらく今から10年先も継続しているサービスではないかと思います(仮にサービス終了となっても、データをHTML形式等でエクスポートすることが可能です)。

b.Evernoteなら、写真と文字のどちらも重視できる

PicasaやFlickerも、おそらく、10年先、20年先も、続いているのではないかと思います。(PicasaがGoogle+に統合されたように、どんどん形は変わるでしょうが。)しかし、こあれらはあくまでも写真管理サービスであり、写真と文字を同程度に重視しながら記録するには不向きです。

私は、文字を書くのがわりと好きなので、写真と同じように、文字で記録を残したいと思います。写真にコメントをつけるというのではなく、場合によっては、文字だけで記録する一日や出来事がある、というのでもよいくらいです。

Evernoteなら、写真ばかりの記録とすることも、文字を中心とした記録とすることも、そのときそのときに応じて、柔軟に可能です。Picasaなどの写真管理サービスにはないメリットがあります。

2.Android+WriteNote Proで、手間をかけずに、成長記録を残す

(1)Evernoteへ記録を残す方法

写真は写真で撮って、文字は文字で記録し、Evernoteのクライアントで編集作業を行う、という方法もあり得ます。WindowsのEvernoteクライアントからなら、写真付きワードファイルを作るのと同じような手間で、写真付きノートを作成することができます。難しい作業ではありません。

しかし、このひと手間があると、Evernoteでの編集作業を後回しにしてしまう気がします。私は、できる限りたくさんの場面を記録に残したいと思うため、できる限り手間を減らしたいと思います。一定の方法で記録をすれば、自然と、ある程度いい感じになってEvernoteに保存される、という形が理想です。

私の場合、子どもの写真を撮るのも、子どものことを文字で記録するのも、大半はAndroidからです。ですから、Androidで写真を撮って、Androidで文字を書いて、Evernoteに記録をすれば、Evernote上に、いい感じに整理されたノートが蓄積される、という仕組みを実現したいと思います。

結論としては、AndroidからEvernoteに写真+文字の成長記録を残すためには、WriteNote Proというアプリを使うのがいちばんです。WriteNoteは、Evernoteにさっとメモを書くためのアプリであり、有料版であるWriteNote Proであれば、写真を投稿することもできます。Androidで写真を撮影し、WriteNote Proにその写真を添付し、文字で記録をして、Evernoteに投稿すれば、Evernote上に、それなりにいい感じにまとまった記録が残ります。

(2)WriteNote Proいくつかの設定例

WriteNoteについては、いくつか記事を書きましたので、ご参照ください。また、公式サイトや作者様ブログもあります。

WriteNoteの特徴であるノートブック、ノート、タイムスタンプの設定が柔軟であることは、子どもの成長記録を残す上でも、その力を発揮します。たとえば、以下のような設定が可能です。

a.子ども用ノートブックに、1日1ノート

1日分の写真と文字を、1つのノートにまとめる方法です。時系列に沿って、文字と写真が並びます。すべてのノートは、自動的に、子ども用のノートブックに保存されます。

ノートのイメージは、こんな感じです。(タイムスタンプの書式は、自由に設定可能です。)

  • ノートタイトル:2012年7月1日のまる子
  • ノート本文

    10:14
    ご機嫌な様子。
    [写真]

    12:38
    お昼寝中。
    [写真]

    15:08
    お腹いっぱいの様子。
    [写真]

b.1年ごとの家族用ノートブックに、1ヶ月1ノート

1ヶ月分の写真と文字を1つのノートにまとめることもできます。ノートブックのくくりも、1年ごとに自動で切り替えることもできます。

  • ノートタイトル:2012年06月のまる子
  • ノート本文

    06/13(水) 07:34am
    起きたみたい。
    [写真]

    06/22(金) 05:22pm
    ひとり遊びしています。
    [写真]

    06/30(土) 08:12pm
    お風呂上がり。
    [写真]

c.1ヶ月ごとの子ども用ノートブックに、1つの写真で1つのノート

1つの写真と文字で1つのノートにすることもできます。1ヶ月ごとにノートブックを切り替えれば、1つのノートブックの中に、1ヶ月分の写真+文字の記録がたまります。

  • ノートタイトル:2012/06/29(金)午前10時15分
  • ノート本文

    泣いてます。
    [写真]

3.その他の方法(ただし、どちらも、ひとつのノートブックに1日1ノート)

なお、Android+WriteNote Proでない方法で、写真+文字の成長記録をEvernoteに残すこともできます。Twitterの非公開アカウントを使う方法と、iOS版のPostEverを使う方法を、軽くご照会します。

ただし、どちらの方法も、ひとつのノートブックに、1日1ノートの記録を残す形になります。

(1)Twitterの非公開アカウント+公式写真サービス+ツイエバを利用する方法(Android、iPhone・iPad)

Twitterの非公開アカウントに、写真+文字のツイートを流し、ツイエバでEvernoteに保存する方法です。

Twitterを利用できればよいので、AndroidでもiPhoneでも可能ですし、アプリも何でもかまいません。

ただし、非公開アカウントにした場合であっても、外部の写真サービスの中には、非公開に対応していないものもあります。その場合、写真だけは閲覧可能になってしまいます。写真が非公開になっているか、注意する必要があります。

ツイエバを利用すれば、1日分のツイートが1つのノートに整理されてEvernoteに保存されます。無料アカウントで十分です。

(2)iOS版のPostEverを利用する方法(iPhone・iPad)

iOS版のPostEverなら、写真を添付することができます。(Android版は、写真添付機能がありません。)

PostEverなら、1日分のメモが1つのノートにまとまりますので、写真+文字の記録を残すことができます。

スポンサードリンク

関連記事

no image

飲んだ後のEvernote

1.「飲んだ後」は、Evernoteが活躍する場面のひとつ 何を言っているんだと思われるかもしれな

記事を読む

no image

なぜ、「書く」ワークスペースとして、Evernoteを使うのか?

1.なぜ、文章を「書く」ためのワークスペースとして、Evernoteを使うのか? (1) 「自分の

記事を読む

no image

WriteNoteがアップデート! Android版FastEver的な活躍をしてくれます。

1.WriteNoteに、すばらしいアップデートがきました。 (1)WriteNoteとは Wr

記事を読む

no image

Eml2Imapを使って、spモードメールも、Gmailに集約する(WindowsPC・無料)

1.spモードメールをGmailにバックアップするメリット Gmailから他のメールを送受信するこ

記事を読む

no image

まだ見ぬドコモメールを、LINEのトークと比較する

1.ドコモメール、まだ来ない 2013年3月になって、今日で1週間です。しかし、2013年3月にスタ

記事を読む

no image

Evernote for Windowsを使いやすくするための、ふたつの必須設定

先日、Windows 7の再インストールをしました。Windowsを新しくセットアップするにあたり、

記事を読む

no image

思考の一部を捨てても死なない(なぜ、私は、思考するツールとして、Evernoteを使うのか)

1.思考の一部を捨てること (1) 思考の一部を捨てる 何らかの思考を進めるための文章を書くとき

記事を読む

no image

Evernoteの育て方。子どもの成長記録・知的生産・セルフマネジメントのノート具体例とあわせて。

1.Evernoteの中に具体的なノートが増えることで、Evernoteが育つ いつのころからか、

記事を読む

no image

Evernoteの「関連するノート」は、過去を今に繋ぐ

1.「関連するノート」で、Evernoteがますますおもしろい Evernoteには、「関連するノ

記事を読む

no image

iftttにおけるpocketのチャンネルに期待したいこと

1.iftttの対応が早かった Read It Laterが、その名を、pocketに変えました。

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑