*

Android間の機種変更を楽にする、Androidとクラウドの使い方

公開日: : Android, Evernote, Google, Toodledo

1.Android間でのはじめての機種変更

先日、GALAXY SからXperia SXに機種変更をしました。私にとってはGALAXY Sが1台目のAndroid端末なので、今回の機種変更が、Android間でのはじめての機種変更でした。

やってみると、Androidの機種変更は、とても手軽でした。新しい端末にGoogleアカウントを入力し、アプリをインストールして、アプリに各種クラウドサービスのアカウントを入力すれば、基本的に、今までと変わりなく使うことができました。これまでの機種変更の中で、いちばん手軽で楽だったと思います。

機種変更が手軽だったのは、もともと、私が、汎用的なクラウドサービスに軸足をおいてAndroidを使っていたからかもしれません。以下、Android間の機種変更を楽にするためのAndroidの使い方を考察します。

2.基本的な考え方:Androidを端末として使う・マスターデータはクラウドで管理

(1) 基本的な考え方

Android間での機種変更を楽にするための基本的な考え方は、Androidを端末として使い、マスターデータはクラウドで管理する、というものです。この考え方での運用ならば、Androidはクラウドにあるマスターデータにアクセスするための端末に過ぎません。Android自体に保存しておくデータの重要性が低いため、Androidを変更しても、Android間のデータ移動を考える必要が、ほとんどありません。

(2) Androidを端末として使うことのメリット

Androidは、一般に、数GBのROMを持っていますので、端末内に多くのデータを保存することができます。しかし、保存できるからといって、保存する必要はありません。マスターデータはクラウドで管理して、Androidをマスターデータにアクセスするための端末として使うという使い方には、Android間の機種変更を楽にすること以外にも、メリットがあります。私が実感するのは、以下の3点です。

a.Android以外の端末(私の場合は主にWindowsPC)からもデータを利用することができる

私がAndroidで行うことのうちの多くを、私は、Android以外でも行います。

たとえば、私は、Androidでスケジュール管理をしていますが、WindowsPCでもスケジュール管理をしています。また、私は、Androidからすべてのメールを確認していますが、WindowsPCからもすべてのメールを確認しています。

マスターデータをクラウドで管理して、Androidをマスターデータにアクセスするための端末として使うのであれば、Androidからも、WindowsPCからも、同じマスターデータにアクセスすることができます。

b.データの編集が簡単

Androidスマートフォンは、優れた端末だとは思いますが、やはり携帯用の端末です。画面は小さいですし、入力装置であるタッチパネルは、キーボードに比べれば、入力速度などの点で劣ります。がっつりと編集作業をするなら、大画面とキーボードを備えたパソコンから作業をする方が簡単です。

マスターデータがクラウドにあれば、データの編集や整理はパソコンから行う、ということが可能です。

たとえば、私は、Androidで使う連絡先をGoogleアカウントで管理しています。そして、定期的に、パソコンからGoogleの連絡先にアクセスして、グループ分けをしたりふりがなをつけたり付加情報を加えたりなどの、メンテナンス作業をしています。この作業は、パソコンからの方が楽です。

また、Evernoteの整理(ノートブックの移動やマージなど)は、Androidから行うよりも、Evernote for Windowsから行う方がずっと楽です。

c.データのバックアップが安心

Android内にマスターデータを保存する場合、Androidが壊れたり、Androidを紛失した場合に、そのデータを失ってしまいます。そのため、日頃からバックアップをしておく必要があります。

これに対して、クラウドにマスターデータを預けておけば、Androidが壊れようが、Androidを紛失しようが、データはクラウドにありますので、データを失うことはありません。

(3) 十分なクラウドサービスの存在

スマートフォンや携帯で利用するデータの主要部分をクラウドサービスに預けることは、今なら、ランニングコストほぼゼロで、実現可能です。(多くの個人情報が含まれることになることから、クラウドサービスに預けることをどのように考えるか、という問題は残りますが。)

私の場合の、データの種類・使用するクラウドサービス・ランニングコストを整理すると、以下の通りです。

データの種類 クラウドサービス ランニングコスト

電話帳

Googleの連絡先

0円

Email

Gmail

0円

スケジュール

Googleカレンダー

0円

タスク

Toodledo

14.95ドル/年

メモ

Evernote

0円(*1)

写真

Picasaウェブアルバム

0円

*1 プレミアムユーザーですが、docomoとScanSnapの特典で、まだお金を払っていません。

3.それぞれの運用

(1)電話帳はGoogleの連絡先と同期

docomoのAndroidスマートフォンの連絡先の保存先には、いろいろな選択肢があります。私は、Googleアカウントを使っています。Googleアカウントとは、Googleの連絡先です。Googleの連絡先とは、要するに、Gmailの連絡先です。

スマートフォンの連絡先をGoogleアカウントで管理すれば、新しいAndroidにGoogleアカウントを入力するだけで、新しいAndroidには、これまでと同じ連絡先が同期されます。何の手間もありません。

docomoのAndroidスマートフォンの「連絡先の保存先」に、Googleアカウントを選択するメリットとデメリット » 単純作業に心を込めて

(2)メール関係

a.Gmail

Androidには、Gmailがシステムアプリとして最初から入っています。そのため、AndroidにGoogleアカウントを入れれば、そのアカウントのGmailがすぐに使えるようになります。設定はなにも必要ありません。

Gmailは、クラウドのサーバーでメールデータを管理しています。したがって、古いAndroidから新しいAndroidへGmailのデータを移動する必要は、まったくありません。

b.spモードメール

docomoのスマートフォンなら、多くの人が、spモードメールを使っているのではないかと思います。spモードメールを使うには、spモードメールアプリかCommunicaseを使う必要があります。Gmailアプリなど、他のメーラーアプリでspモードメールを受信することはできません。

spモードメールは、ローカルのAndroid端末内にメールデータを保存しています。したがって、古いAndroidで利用していたspモードメールのデータを新しいAndroidに引き継ぎたい場合は、自分で何らかの方法をとる必要があります。

私の場合は、古いAndroid端末のspモードメールデータを、すべてGmailにバックアップしています。そうすれば、新しいAndroidのGmailから、古いAndroidで送受信したspモードメールのデータを閲覧することができます。

Eml2Imapを使って、spモードメールも、Gmailに集約する(WindowsPC・無料) » 単純作業に心を込めて

c.Gmailとspモードメール以外のメール

Gmailとspモードメール以外のメールは、そのメールアドレスをGmailで送受信すれば、Gmailと同じく、データをクラウドに預けることができます。

一般的なEmailをGmailに集約する方法は、以下の記事をご覧ください。

Gmailを使う(1) Gmailからすべてのメールアドレスのメールを送受信し、Gmailにすべてのメールを集約する » 単純作業に心を込めて

(3)スケジュールとタスク

a.スケジュール→Googleカレンダー

スケジュールは、Googleカレンダーを使います。

Googleカレンダーを使えば、スケジュールのマスターデータはクラウドにあるGoogleのサーバーに保存されています。古いAndroidに残っているスケジュールデータは、クラウドのマスターデータを同期したものに過ぎませんので、古いAndroid内のデータをバックアップする必要はありません。

機種変更をしたときに必要なのは、新しいAndroidに、Googleアカウントを入力することだけです。そうすれば、新しいAndroidに、Googleのサーバーから、スケジュールデータがやってきます(ただし、過去のスケジュールは3ヶ月分程度に制限されるようです)。

b.タスク→Toodledo

タスクは、Toodledoを使います。

Toodledoを使えば、タスクのマスターデータはクラウドにあるToodledoのサーバーに保存されています。古いAndroidに残っているタスクのデータは、クラウドのマスターデータを同期したものに過ぎませんので、古いAndroid内のデータをバックアップする必要はありません。

機種変更したときに必要なのは、新しいAndroidに、Toodledo対応アプリを入れた上で、Toodledoのアカウントを入力することだけです。そうすれば、新しいAndroidに、Toodledoのサーバーから、タスクのデータがやってきます。

(4)メモ

メモは、Evernoteを使っています。

EvernoteのマスターデータはEvernoteのサーバーにありますので、新しい端末にEvernoteのアカウントを入れれば、新しいAndroidから、Evernote内のすべてのメモにアクセスすることができます。

(5)写真

写真は、Picasaウェブアルバムを使っています。

Androidで撮影した写真は、インスタントアップロードという機能によって、自動的にPicasaウェブアルバムの非公開アルバムにアップロードされます。したがって、古いAndroidで撮影した写真のすべてがPicasaウェブアルバムにアップロードされていますので、古いAndroidから写真データを拾い出す必要はありません。

スポンサードリンク

関連記事

no image

auとSoftBankはiPhone5で盛り上がっているのにdocomoは蚊帳の外で寂しいので、docomoのAndroidのいいところを探す

1.はじめに iPhone5が発表されました。auとSoftBankは盛り上がっています。でも、d

記事を読む

no image

iftttにおけるpocketのチャンネルに期待したいこと

1.iftttの対応が早かった Read It Laterが、その名を、pocketに変えました。

記事を読む

no image

Evernote×タスク管理 Evernoteに完了タスクをウェブクリップすることで、Toodledoを補完する

1.私にとって、Evernoteは、タスク管理ツールではない (1) Evernoteでタスクを管

記事を読む

no image

バーチカル表示がうれしいAndroidのカレンダーアプリ「Business Calendar」(2) 設定の一例

0.お気に入りのカレンダーアプリは、Business Calendar 私がAndroidで使って

記事を読む

no image

私にとっては、LINEよりもハングアウトの方が好ましいけれど、ハングアウトには課題も感じる

1.Googleのハングアウト 少し前の話ですが、Googleは、Google I/O 2013で、

記事を読む

no image

誕生日おめでとう、Evernote日本語版。Evernoteが100年続くことを信じて、Evernoteを使う

1.3月3日は、Evernote日本語版の誕生日だそうです さっきTwitterで知ったのですが、

記事を読む

no image

ブログ記事の原稿を書くなら、Evernoteが一番。アイデアを、素早くキャッチし、気長に育てる。

1.Evernoteでブログ原稿を書くと、何がよいか このブログの原稿は、基本的には、すべて私のE

記事を読む

no image

Toodledoに、新機能「Lists」が追加されました。タスクとの関連づけが便利そう。

1.ToodledoのLists機能 Toodledoに、新しい機能が追加されました。Lists機能

記事を読む

no image

私のタスク・スケジュール管理システム(GoogleカレンダーとToodledo、AndroidとWindowsPC)

1.私のタスク・スケジュール管理システム 2010年10月にAndroidスマートフォンを使い始めた

記事を読む

no image

Camera ZOOM FXで撮影した写真をGoogle+のインスタントアップロードの対象とする方法

1.Camera ZOOM FxとGoogle+のインスタントアップロード Androidのカメラ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

  • 2012年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑