*

パワフルではないAndroid端末でEvernoteを快適に使う

公開日: : Android, Evernote

1.AndroidでEvernoteを使う

Evernoteは、私がもっとも利用しているクラウドサービスのひとつです。Evernoteのいいところは、次のふたつです。

  1. 複数の端末で入力したデータがすぐに同期される
  2. ノートの保存が便利。ノートブックとタグを使って適当に保存しておけば、目的のノートを探すことができる。

このEvernoteのいいところを存分に活かすため、私にとって最も身近なデジタルツールであるAndroidからも、Evernoteを利用したいと思います。

AndroidからEvernoteを使うための王道は、Evernoteが用意する公式Androidアプリを使うことです。しかし、この公式アプリは、それなりに高いスペックを要求します。少なくとも、私が使っているGALAXY S(SC-02B)では、動作が遅く、快適に使用することができません。

そこで、私は、以下の方法をとっています。これによって、パワフルではないAndroid端末でも、Evernoteを快適に使うことが可能です。要約すると、以下の通りです。

  1. 投稿

    主に、PostEverとWriteNoteを使用。
    サポテキ・SkipMemoで作成したテキストデータをQuickShareMail・WriteNoteでEvernoteに保存する方法もよいと思う。

  2. 閲覧

    公式アプリがメイン。補助として、EverViewerとenShortcutも使っています。

  3. 編集

    今のところ、公式アプリです。

2.AndroidからEvernoteにテキストを投稿する

AndroidでEvernoteを使う場面のひとつは、テキストの投稿です。とっさのメモや原稿の断片をとりあえずEvernoteに放り込むことで、後にまとまった文章へ育てることができます。日記やログとしても使えます。

AndroidからEvernoteにテキストを投稿するための方法には、多種多様なものがあり、そのうちのいくつかは、かなり快適です。

(1)投稿に特化したアプリを使う

Androidには、Evernoteへテキストを投稿することに特化した優れたアプリが存在します。老舗のPostEverと新興のWriteNote(とWriteNote Pro)は、どちらもそれぞれのいいところを持っています。

a.PostEver

PostEver – Google Play の Android アプリ

PostEverは、Evernoteにテキストメモを投稿することに特化したアプリです。

同一タイトルのメモが、Evernote上で、ひとつのノートにまとまります。

動作が軽いこと、操作がシンプルであること、デザインがよいことがその強みです。

AndroidからEvernoteへテキストを入力するなら、PostEverが一番だと思う。PostEverの設定例と使用例 » 単純作業に心を込めて

b.WriteNote・WriteNote Pro

WriteNote – Google Play の Android アプリ

WriteNoteシリーズ

WriteNoteは、Evernoteにメモを投稿することに特化したアプリです。WriteNoteはテキストメモの投稿に特化していますが、WriteNote Proなら、写真を添付することが可能です。

WriteNoteの強みは、柔軟な投稿設定です。投稿設定をすることで、どんなタイトルのノートブックに保存するか、どんなタイトルのノートに保存するか、どんな内容の文字列を付記するか、などを、かなり柔軟に設定することができます。

設定次第で、PostEverと同じように使うことも、(iOSの)FastEverと同じように使うことも、WriteNote独自の使い方をすることも、いずれも可能です。

AndroidでFastEver的運用が実現!Evernoteへの投稿に特化したシンプルなアプリ「WriteNote」 » 単純作業に心を込めて

WriteNote Proリリース! 画像添付機能がつき、複数のノート設定が可能になりました。 » 単純作業に心を込めて

(2)テキスト連携アプリとインテント機能を使う

Androidには、インテント機能という共有機能があります。また、インテント機能を使ってテキストデータをアプリ間で連携するためのアプリがあります。

そこで、(i)テキストデータをアプリ間で連携するためのアプリでメモを書き、(ii)インテント機能でEvernoteへの送信アプリへテキストデータを渡す、という方法で、Evernoteへテキストを投稿することができます。

a.他のアプリに連携するためのテキストデータを作るアプリ

(a)サポテキ

サポテキ for android@ ウィキ – トップページ

z589.apps: サポテキ便利な使い方まとめ

SupportText Pro – Google Play の Android アプリ

サポテキは、テキストデータの共有を支援するアプリです。

サポテキで作成したテキストをEvernoteに投稿する流れは、以下の記事をご覧ください。

サポテキ(5) Evernoteへサポテキからテキストを投稿する方法を3つ » 単純作業に心を込めて

(b)Skip Memo

Skip Memoは、さっとテキストメモを作成し、他のアプリに共有するためのアプリです。Skip MemoからEvernoteにテキストを投稿するための流れは、以下の記事が参考になります。

気になって書いて忘れよう: AndroidでFastever ぽいアプリコンビネーション

b.Evernoteへの投稿方法

(a)Gmail等によるメール投稿

Evernoteは、メール投稿によるノート作成が可能です。したがって、テキストデータをインテントでGmail等のメールアプリに渡し、メールアプリからメールを送信すれば、Evernoteへの投稿が可能です。

(b)QuickShareMail

メールを送信するという手間をかけずに自動でメールを送信するには、QuickShareMailが便利です。

QuickShareMailを使えば、特定の語句を自動で追加する旨をあらかじめ設定することも可能です。

QuickShareMail — share and send email quickly for Android

QuickShareMail – Google Play の Android アプリ

(c)EverSender

EverSenderは、共有されたデータをすぐにEvernoteに送信するアプリです。

最速!EverSender – Google Play の Android アプリ

ただし、EverSenderからEvernoteへの投稿には、以下の問題があります。

  1. 投稿先ノートブックは「Mobile Note」であり、変更できない
  2. フォントがおかしい
  3. テキストデータ全体がタイトルになる

この3点が改善されれば、それなりに使える手段ではないかと思います。

(d)WriteNote

WriteNote – Google Play の Android アプリ

WriteNoteは、テキストデータの受け取りにも対応しています。

したがって、テキストデータをWriteNoteに渡し、WriteNoteから投稿することも可能です。

(e)公式アプリ

もちろん、公式アプリにテキストデータを渡すことでEvernoteに投稿することも可能です。

しかし、公式アプリは動作が重たいため、あまりよいやり方ではありません。

(f)Evernoteへの投稿 まとめ

AndroidからEvernoteにデータを送るための方法には、以上の通り、いろいろな方法があります。動作の快適性やあらかじめいろいろ設定しておける点で、私は、(b)QuickShareMailを使ったメール投稿と(d)WriteNoteへの共有がいいのではないかと思います。

3.AndroidからEvernoteのノートを見る

AndroidでEvernoteを使うもうひとつの場面は、AndroidからEvernoteのノートを閲覧することです。

残念ながら、Androidは、Evernote閲覧の充実度がまだまだです。今後、さらにいいアプリが登場することを心から願っています。

(1)公式アプリ

公式アプリなら、ノート閲覧に関して、機能的には十分です。他方、端末がパワフルでないと、それほど快適ではありません。

パワフルではない端末でEvernote公式アプリを使うときに大切なのは、急がないことです。アプリが何かの動作(同期など)をしているときは、気長にその完了を待てば、まあ、そのうち何とかなります。アプリが何かの動作をしているときに、いろんな場所をタップしたり、戻るボタンを押したりすると、高確率でフリーズや強制終了が発生します。

動作が重たいことを除けば、公式アプリは大変優れているため、AndroidからEvernoteを閲覧するためのアプリの第一は、公式アプリです。

(2)すべてのノートを閲覧するだけなら、EverViewer

Evernoteの閲覧に特化したアプリとして、EverViewerがあります。

EverViewer (広告無し) – Google Play の Android アプリ

閲覧に特化したシンプルなアプリです。公式アプリに比べたら、動作も多少軽いと思います。

しかし、ノートブックのスタックには対応していないため、スタックを利用してノートブックを整理している場合は、目的のノートブックを探すのに、少し戸惑います。

今後に期待したいアプリのひとつなのですが、残念ながら、更新頻度があまり高くありません。

(3)特定のノートブックまたはタグのノートへのアクセスなら、enShortcut

enShortcutは、おもしろい閲覧用アプリです。

enShortcut – Google Play の Android アプリ

Android Evernote Viewer “enShortcut” v1.1.10 ::: 1985karaoke’s Work box

ノートブックまたはタグ単位で、閲覧するノートのショートカットを作ることができます。特定のノートブックの中のノートや、特定のタグが付いたノートのみを閲覧したいというニーズがある場合、使えるアプリではないかと思います。

有料でもよいので、広告なしでもう少し機能をプラスしたバージョンが出ることを期待します。

4.AndroidでEvernoteのノートを編集するのは、公式アプリのみ

AndroidでEvernoteのノートを編集するには、公式アプリを使うしかないように思います。

公式アプリなら、Evernoteの機能に関するたいていのことが可能なのですが、何せ動作が重いため、公式アプリを使って何かをしようという気持ちになりません。

5.どんなアプリを望むか(Androidに足りないEvernoteアプリ)

(1)現状

AndroidからEvernoteを閲覧するアプリ、AndroidからEvernoteのノートを編集するアプリには、あまり豊富な選択肢がありません。現状では、動作が重いという問題点を抱えながらも、公式アプリを使うしかない状態です。

(2)私が望むアプリの条件

こんなアプリが登場したらいいなと私が望むアプリは、以下のようなアプリです。(ひとつのアプリですべてを満たさなくてもよいです。)

  • 動作が軽く、同期が安定している
  • 特定のノートブック内のノートをオフラインに同期する
  • ノートを他のノートブックに移動したり、タグを付けたりすることができる
  • ノート内のテキストを簡単にインテントで他のアプリに共有できる
  • 特定のノートブック内のノートを、軽快に編集できる(テキストのみの編集でもかまわない)

(3)要するに、ATOK PadとMoveEver

要するに、iOSのATOK PadとMoveEverが、Androidにもあればいいのにな、ということです。きっと、1年後には、いいアプリが登場しているのではないかと期待しています。

iPhone/iPad用日本語入力アプリ ATOK Pad for iOS

MoveEver | delaymania

スポンサードリンク

関連記事

no image

Xperia V(Tsubasa・SO-01E)を待たずにXperia SXへ機種変更した理由と、SO-01Eへの期待

1.Xperia SXへの機種変更 先日、Xperia SXへ機種変更しました。 8月29日にX

記事を読む

no image

サポテキ(7) ブラウザ及びGooglePlayからHTMLリンクを一瞬で作成する方法

1.はじめに 私がサポテキをどのように使っているかは、これまで書いたとおりです。端的に言えば、サポ

記事を読む

no image

EvernoteよりもGmailの方がデータベースとしての使い勝手がよい、2つの理由

1.一般人がコスト0円で個人的なデータベースを持つための2つの手段 インターネットにはいろんな情報が

記事を読む

no image

Evernote×業務日誌 「関連するノート」で過去の経験を今に活かす

1.Evernoteを仕事に活用するなら、業務日誌がよい気がする Evernoteを仕事に活用する

記事を読む

no image

docomoのAndroidを快適に使うための3つの工夫

1.docomoのAndroidスマートフォンは、少なくない工夫が必要 Android自体、快適に使

記事を読む

no image

Xperia SX(SO-05D)でWi-Fiテザリングを使う

1.はじめに Xperia SXに機種変更した理由のひとつは、Xiにすれば、テザリングを利用しても

記事を読む

no image

私のアカウントでは、まだ、Googleドライブの準備が整っていませんでした。

→その後、『Googleドライブへようこそ』メールが届きました(2012.4.26)。 『Goog

記事を読む

no image

Xperia SXで、USBテザリングを使う

1.Xperia SXでUSBテザリングを使う (1) ただいま、Xperia SXで、USBテザリ

記事を読む

no image

FOMAのパケ・ホーダイフラットからXiパケ・ホーダイフラットへ、月半ばで契約変更した場合、パケ・ホーダイ料金は二重課金されるのか?

1.問題 FOMAのパケ・ホーダイ フラットは、月額定額料5460円で、FOMAの通信が使い放題に

記事を読む

no image

Evernote for Windowsを使いやすくするための、ふたつの必須設定

先日、Windows 7の再インストールをしました。Windowsを新しくセットアップするにあたり、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑