*

課題とアプローチ×具体的と抽象的のマトリクス

公開日: : 書き方・考え方

1.具体的な課題と抽象的な課題

課題には、具体的な課題と抽象的な課題があります。(ふたつにぱりっと分かれるわけではなく、程度問題ではありますが、頭の整理として。)

(1) 具体的な課題とは

たとえば、「2015年3月、●●大学□□学部に合格する。」というのは、具体的な課題です。

いつ、どのような状態になれば、その課題を達成できているかがわかるのは、具体的な課題です。具体的な課題は、その課題を達成するために必要な条件が、ある程度明確です。

(2) 抽象的な課題とは

たとえば、「成長できる環境に身を置く」というのは、抽象的な課題です。

抽象的な課題は、どのような状態になれば、その課題を達成できているかが、明確ではありません。そのため、抽象的な課題は好ましくない、と言われることもあります。

他方で、抽象的な課題は、自分が求める本質を表現している、とも言えます。具体的な課題の背後には、その課題を達成することで実現したい本質的な価値があるはずですが、具体的に課題を設定してしまえば、その本質を捉え損ねる可能性があります。抽象的に課題を表現すれば、その分、本質を外しにくくなります。

2.具体的なアプローチと抽象的なアプローチ

課題に対するアプローチにも、具体的なアプローチと、抽象的なアプローチがあります。

(1) 具体的なアプローチとは

たとえば、「2014年12月までに、●●大学□□学部の過去問を全部解く。」とか、「2014年10月までに、スティーブ・ジョブズとジェフ・ベゾスとラリー・ペイジとマーク・ザッカーバーグの電気を読んで、どんなところで経験を積んだのかを一覧表にまとめる。」というのは、具体的なアプローチです。

課題を達成するために必要な、自分の、具体的な行動を考えて、期限を区切ってその行動を実現する、というようなアプローチです。

(2) 抽象的なアプローチ

これに対して、抽象的なアプローチの場合、課題を達成するための枠組みを大切にします。

この枠組みとは、たとえば、「課題を分析する→課題達成に必要な要素を洗い出す→優先順位を決める→具体的な行動に落とし込む」といったものです。

課題を設定するための枠組みに唯一の正解があるわけではないので、毎回同じ枠組みに沿ってアプローチするわけではありません。しかし、抽象的なアプローチは、いずれにせよ、課題を前にしたら、まず、どのような枠組みでその課題達成に向けて進むかを、抽象的に検討します。

3.マトリクス

課題とアプローチ、そして具体的と抽象的で、マトリクスを作ることができます。

こんなマトリクスです。

 

具体的な課題

抽象的な課題

具体的なアプローチ

具体的な課題に対する、具体的なアプローチ
ex.
2015年3月に●●大学□□学部に合格するために、
2014年12月までに、過去問を全部解く。

抽象的な課題に対する、具体的なアプローチ
ex.
成長できる環境に身を置くために、

2014年10月までに、スティーブ・ジョブズとジェフ・ベゾスとラリー・ペイジとマーク・ザッカーバーグの電気を読んで、どんなところで経験を積んだのかを一覧表にまとめる。

抽象的なアプローチ

具体的な課題に対する、抽象的なアプローチ
ex.

2015年3月に●●大学□□学部に合格するために、

課題を分析して達成に必要な要素を洗い出し、優先順位をつけて、行動計画を作る。

抽象的な課題に対する、抽象的なアプローチ
ex.
成長できる環境に身を置くために、
自分にとっての「成長」の意味を分析し、その要素を洗い出し、自分に関わるすべての「環境」ひとつひとつについて、その要素を実現できないかを考える

4.課題に対するアプローチの得手不得手を分析的に考えると、役に立つ

課題に対するアプローチをこの4つのマトリクスに分解すると、課題に対するアプローチについての得手不得手を、より分析的に考えることができるのではないかと思います。そして、このことは、課題に対してアプローチする際に、わりと役に立つのではないかと思います。

(1) 得手不得手を分析する

課題に対するアプローチを分析的に考えるというのは、「あの人は課題解決が得意だ」とか「あの人は課題解決が苦手だ」と言うときに(まあ、あんまりこんなこといいませんけれども)、このマトリクスのどの領域について述べているのかを分析するということです。

具体的な課題に対する具体的なアプローチが得意(あるいは苦手)な場合と、抽象的な課題に対する具体的なアプローチが得意(あるいは苦手)な場合を、区別して評価することによって、その人の得意(あるいは苦手)なことを、より的確に表現できます。

(2) 分析すると、役に立つ

この観点から分析すると、役に立ちます。

自分について言えば、自分が得意なアプローチ方法を知ることが、役に立ちます。

自分が、抽象的な課題に対して抽象的にアプローチするのが得意なら、まずはこの観点から課題にアプローチするのが賢いです。与えられた課題が具体的なものなら、最初に課題を抽象化し、抽象的な課題に変換してしまえばよいです。反対に、自分が、具体的な課題に対して具体的にアプローチするのが得意なら、与えられた課題が抽象的な課題であっても、課題を具体化して、具体的な課題を設定してから、課題にアプローチすればよいです。

誰かを指導する場合にも、その人の得意なところ、苦手なところを、マトリクスに当てはめて理解して、それを踏まえた指導をすることは、効果的です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernote×ブログ記事。すき間時間を活用してブログ記事を栽培する方法

1.「単純作業に心を込めて」の記事は、Evernoteで栽培 私は、この「単純作業に心を込めて」に

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第4回「自然な順序で書きましょう」

この文章は、『文章教室』の練習問題に取り組んだ記録です。 『文章教室』は、結城浩先生がご自身のウェ

記事を読む

no image

『WorkFlowy文章作法』第1章「2つの原則」(前半「知的生産のフロー」)

この記事は、『WorkFlowy文章作法』の第1章「2つの原則」のうち、前半の「知的生産のフロー」で

記事を読む

no image

Androidからひとりブレーンストーミングをするなら、PostEverが最適!

1.概要 PostEverを使えば、ひとりブレーンストーミングをすることができます。 PostE

記事を読む

no image

「文章群を書き続ける」によって考えることの具体例

「文章群を書き続ける」とは、ここ数年間、私の中で、とてもうまく機能している知的生産のあり方です。 私

記事を読む

no image

結城浩先生の『数学文章作法 基礎編』を読んでから、『文章教室』2014期生のクラスメイトができるまで(あるいは、『文章教室』2014期生へのお誘い)

1.はじめに ここ1ヶ月くらい、自分の中で、「文章を書く」ということへの関心が高まっています。

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第10回「ストレートに書きましょう」

この文章は、結城浩先生の『文章教室』に取り組んだ記録です。 →文章教室 第1回~第9回の記録は

記事を読む

no image

なぜ、WorkFlowyという道具は、「やりたい」のつまみ食いの集積を完成文書へ統合することを可能にするのか?

1.はじめに 昨日、これを書きました。 そのときどきの「やりたい」のつまみ食いを、文書の完成へと統

記事を読む

no image

思考の筋道をたどることのできる文章を書くための日本語文章力

1.どんな文章を目指すか 私は、日本語文章力を鍛えたいと考えています。仕事においても、普段の暮らし

記事を読む

no image

粘土のようなアウトライナー、ブロックのようなEvernote。

1.ずっと完成しないで変化し続ける有機体から暫定的な作品群を切り取ること 先日、こんなことを書きまし

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑