*

Evernote Businessのセミナーに参加した収穫を共有するためのエントリ(2013/11/26@名古屋)

公開日: : Evernote

目次

1.Evernote Businessのセミナーに参加して、いろいろ収穫があった(2013/11/26@名古屋)

(1) セミナーの概要

2013/11/26、名古屋でEvernoteのセミナーが開催されました。

愛知中小企業家同友会 IT研究会11月例会【すべてを記憶する!Evernoteがやって来る!(一般参加歓迎)】

新しくなった Evernote Business 2.0 の活用セミナー:西日本ツアーのご案内

講師は、井上健氏と積田英明氏。井上氏は、Evernoteの日本における事業の統括責任者であり、積田氏は、ビジネスアカウントマネージャーとして、日本市場でのEvernote Businessの拡販に尽力されているとのこと。

セミナーの紹介文は、こんな内容でした。

クラウドの代表的サービスであるEvernote日本法人の代表をIT研究会にお招きして、その魅力をたっぷりお伝えして頂きます。中小企業の経営現場に活かせるEvernoteです。

「すべてを記憶する(Remember Everything)」ためのサービスを提供するEvernote。社員の知識の共有は、生産性を向上させ、ビジネスの成功を大きく左右します。議事録、名刺や企画書など、組織内の知識を誰でも簡単に見つけられる環境。 スモールビジネス向けのEvernote Business はそれを簡単に実現し、オープンで生産的な職場づくりのお手伝いをします。Evernote Businessの開発経緯や概要をデモを交えてご紹介いたします。

(2) 一般参加して得た収穫を、もったいないので、共有する

私は、主催団体には何のゆかりもないのですが、「一般参加歓迎」とありましたので、参加してみました。主催者様、ありがとうございます。

参加した目的は、抽象的には、「Evernoteを仕事に活用するヒントがほしい」ということで、ちょっと具体的には、「うちの会社にEvernote Businessを導入すると、個人のEvernoteプレミアムアカウントで仕事用ノートブックを共有することと比較して、どんなメリットがあるんだろう?」という疑問に対する答えを求めて、です。

結果、参加したのは、大正解でした。期待以上の収穫を得られました。参加してよかったです。

この収穫を自分のためだけにしまっておくのはもったいないので、作成したメモをちょっと加工してブログ記事にすることで、私が得た収穫を共有します。

(3) 注記

なお、以下の記載は、このセミナーからの収穫です。すばらしい点が何かあったなら、その功績は、すばらしいお話をしてくださいました井上氏、積田氏にあります。

また、そうはいっても、私なりの要約でまとめています。内容に誤りがありましたら、その責任はすべて私にあります。

2.Evernoteが考える「よりスマートに働き、より豊かに生活する」あり方(井上氏の話のメモ)

ゼネラルマネージャー井上氏のお話のテーマは、「働き方」でした。「シリコンバレーから見た日本人の働き方」について、ストーリーを持ったお話を聞かせていただきました。

導入部分で井上氏の自己紹介、そこから仕事と働き方の話へとつなぎ、最初に日本人の働き方とシリコンバレーの働き方の比較論、そしてシリコンバレーの働き方の例としてのEvernote社における働き方を具体的かつ魅力的に紹介し(ここはすごくおもしろかった)、そして、その働き方(及びそれによって実現される生活)を、Evernoteというシステムがどのように支援できるか、というようなストーリーでした。

以下、簡単に要約します。

(1) 日本人の働き方のよいところ

日本人は、世界で闘える人材か?

闘える。圧倒的に、闘える。

たとえば、Evernote社は、全社員330人程度のうち、20数人が日本人。Evernote社が日本びいきだということもあるけれど、日本人の力が評価されているから、このようにたくさんの日本人が雇われている。

ただし、日本人が世界で闘うには、一定の条件がある。それは、日本人だけのチームでないチームの中に入ること。

日本人が出せるバリューは、ディテールのツメとか、リスク管理とか、チームの和など。これらに対して、リーダーシップが弱い。だから、強いリーダーシップをとる人がいるチームの一員となると、日本人は、大きなバリューを出せる。

(2) シリコンバレー(米国)の働き方と、日本の働き方の、決定的な違いはなにか?

日本人の働き方と比較して、米国、特にシリコンバレーの働き方には、どんな特徴があるか。

これははっきりしている。効率である。シリコンバレーでは、圧倒的に、効率を重視する。

実際、シリコンバレーの効率は高い。たとえば、労働時間は8:30-17:50くらい。もちろん、帰宅後も働いている社員も多いけれど、これくらいの労働時間で回っている。

これくらい、効率が高い。なぜか。

a.無駄を排除

徹底的に無駄を排除するから。

たとえば、会議の無駄。会議のための資料を作る無駄。

無駄を排除するためには、「その会社に関係のない人にとっても、その方法は合理的なのか?」という観点から問い直すこと。この方法で問い直すと、たとえば、会議のためにきれいな資料を作成することは、無駄なのではないか、ということになる。

b.少しでも効率アップにつながるシステムがあれば、導入する

また、少しでも効率を上げることに役立つシステムがあれば、導入する。多少費用がかかっても。それによって浮かすことができる人件費の方が、たいていは大きいから。

たとえば、Evernote社では、Google AppsとEvernote Businessと社内SNSを全社的に使っている。さらに、部門ごとで最適なシステムを導入している。

システムを導入するときのポイントは、ありのままのシステムを使うこと。自社のためにカスタマイズしようとしない。そのまま使う方が、コストも安い。なにより、そのシステムの力をもっとも引き出すには、そのままの方がよい。

(3) Evernoteが生まれたシリコンバレーの働き方(Evernote社を例に)

次に、Evernote社を例に、Evernoteが生まれたシリコンバレーの働き方を紹介する。

Evernoteのミッションは、「現代のナレッジワーカーがよりスマートに働きより豊かに生活する助けになるプロダクトを提供する」というもの。

Evernote社は、自らも、これを実践したいと考えている。

a.人材の生産性を引き出すために、働きやすい環境を作る

Evernote社は、構成員の知的生産によって価値を生み出している。

Evernote社の生産性を高めるには、Evernote社の構成員の生産性を引き出すことが大切。

このためにEvernote社が意識しているのは、人材が働きやすい環境を作ること。

これは、シリコンバレーに共通する考え方だと思う。

b.ハード面でおもしろいところ

Evernote社は、このために、次のようなハードを用意している。

  • かっこいいオフィス
  • コラボ空間
  • おいしくて無料の社内食堂
  • バリスタコーヒー

このうち、バリスタコーヒーは特におもしろい。会社の入り口を入った目立つところに、コーヒーコーナーが設置してある。そこでバリスタ(コーヒーを作る人)をつとめるのは、Evernote社の幹部。各部門の幹部が、交代で、バリスタとして、社員にコーヒーを振る舞う。Evernote社の社員は、そこに行けば、幹部と話をすることができる。

社員と幹部との意見交換を活発にするため、Evernote社は、バリスタコーヒーという仕掛けを用意している。

c.制度面のおもしろいところ

制度面も、いろいろある。

  • 完全フレックス
  • 有給無制限
  • 休暇取得ボーナス(休暇を取得すると、ボーナスがもらえる)
  • 月2回のハウスクリーニング(自宅をクリーニングする費用を支払ってもらえる。家庭も快適であることが生産性を高める)
  • 海外オフィス勤務(全世界の数拠点の中から、自分で好きなオフィスを選択して、そこで働くことができる)

(4) Evernote(というシステム)は、働き方を支援する

Evernoteというシステムは、Evernote社が理想とする働き方を支援するために存在する。

Evernote Businessは、人材の生産性を引き出すシリコンバレー流の働き方を、システムとして提供する。

3.Evernote Businessは、「よりスマートな働き方」を、どう支援するか(積田氏の話のメモ)

井上氏の話によって、参加者は、「シリコンバレーの働き方はなんて魅力的なんだ!」と感じます。そして、Evernote Businessを使えば、そのシリコンバレーの働き方をシステムとして提供してもらえると聞き、参加者は興味津々です。

そこで登場したのが、積田氏。Evernote Businessの魅力を、導入実例やデモを交えて、存分に表現してくださいました。

私が本セミナーに参加するに当たって設定していた疑問に対しても、わかりやすく答えてくださいました。

以下、積田氏のお話のメモです。

(1) Evernoteの特徴

a.知識、情報を蓄積し、活用する

Evernoteの特徴は、すべてを一箇所に蓄積すること。知識や情報を一箇所に集める。

しかし、蓄積することが目的ではない。蓄積するのは、活用するためである。活用しなければ、蓄積する意味がない。(ここが、Evernoteとオンラインストレージサービスとの違い。)

Evernoteは、蓄積した知識や情報を活用するために、知識と情報を引き出す、ということを重視している。

いちばんわかりやすいのは、検索機能。

Evernoteは、強力な検索機能を持っている。

さらにおもしろいのは、画像内の文字を検索できること。 画像内の活字はもちろんのこと、なんと、手書き文字まで検索できる。

日本語は複雑な文字であるし、ましてや日本語の手書き文字はすごく複雑。でも、Evernoteなら、日本語の手書きメモだって、検索できちゃう。

「”もしかしたら”必要になるかもしれない情報をEvernoteへ」

b.マルチプラットフォームに対応している

Evernoteは、マルチプラットフォームに対応している。

WindowsでもMacでも、iPhoneでもAndroidでも、使える。

自分が持っているすべてのデバイスから、Evernoteを使うことができる。

一箇所に蓄積するメリットが生きる。

(2) 会社の落とし穴を、Evernote Businessがどう解消できるか

Evernoteは、仕事にも役に立つ。6割以上のユーザーが何かしらの形で、仕事にもEvernoteを使っている。

実際、Evernoteは、「会社の落とし穴」を解消することができる。特に、Evernote Businessなら。

a.会社の落とし穴

こんなこと、会社でありませんか?

  • メールのみですべてを行う(ccメールの嵐で、混乱する。重要なメールが埋没する。管理しきれない。 )
  • タスクごとに異なるソフト(スケジュールはAで、タスクはB、会議の管理はCで、……。たくさんのソフトを使っているけれど、結局効率アップに結びつかない。 )

そのために、こんな事態が発生する。

  • 資料を一生懸命作成したのに、おおかたできあがった頃に、似た資料が出てきた。
  • プロジェクト情報の引き継ぎがうまくいかない
  • ファイルサーバーの中に必要なデータはあるはずなんだけれど、どこにあるかわからない

b.Evernote Businessが、こう解決する

Evernote Businessは、従業員個人のEvernoteアカウントを、会社がBusinessアカウントにアップグレードする方式。

これによって、ビジネスノートブックというものができる。

ビジネスノートブックは、会社のノートブック。ビジネスノートブックに蓄積することで、知識や情報が会社に蓄積される。

社内で共有する文書をEvernote Businessのビジネスノートブックに蓄積すると、こんないいことがある。

(a) 関連ノート機能

Evernote Businessなら、ビジネスノートも、関連するノートとして表示される。

(これに対して、プレミアムアカウントで共有しているだけだと、共有されているノートは、関連するノートとして表示されない。)

関連ノート機能があれば、Evernoteで資料を作成するとき、関連するノートとして、過去に作成した似たようなノートが表示される。資料作成の二度手間を減らすことができる。

(b) Google検索に表示される検索結果

Evernoteは、ブラウザの機能拡張であるウェブクリッパーを使うと、Google検索をしたときに、Googleによる検索結果の右隣に、Evernoteに蓄積した自分のノートからの検索結果を表示してくれる。(この機能は、通常アカウントでもある。)

Evernote Businessを使っていれば、自分のノートからの検索結果に加えて、共有しているビジネスノートからの検索結果が表示される(自分のノートからの検索結果の下に並ぶ)。

(c) さらに、Evernote Business 2.0なら

最近公開されたEvernote Business 2.0なら、もっといろんなことができる。

ひとつは、Know Who機能。これまでのビジネスノートを分析して、あるテーマに詳しそうな社内メンバーを、Evernoteが教えてくれる。

(3) 活用事例の紹介

活用事例の紹介は、以下の5つ。

(いくつかは、Evernoteのブログや公式ウェブサイトに掲載されていました。復習、復習。)

a.RCKa(イギリスの建築事務所)

RCKa Architecture | Case Study | Evernote Business | Evernote

現場の写真をEvernoteに。

図面をスキャンしてEvernoteに。

建築事務所なので、設計図面等の紙が非常に多いことが特徴。また、建築現場の情報を管理するのが大切。

図面は、スキャンしてEvernoteに。現場の状況は、写真で撮影してEvernoteに。

b.常総生協

常総生活協同組合、Evernote Businessの導入で顧客の拡大と情報収集の負荷を軽減 | Evernote日本語版ブログ

セミナーで紹介されていたのは、位置情報とスマートノートの活用。

生協なので、新築物件への営業が大切。ドライバーが新築物件を見つけたら、写真を撮って、Evernoteで共有する。

写真を撮影してノートを作るだけで、(1)ノートに位置情報が付与され、(2)ノートのタイトルが住所になる。新築物件の情報管理が劇的に簡単になった。

また、社内での作業のポータルとして活躍している、という話も。(このあたりは、ブログに詳しい。)

c.Ducati(イタリアのバイクメーカー)

セミナーで紹介されていたのは、ビジネスノートブックへの変換が簡単、ということ。

それまで個々の社員が個人のEvernoteの中に会社関係のノートを蓄積していたら、それをビジネスノートブックに変換することは、とても簡単。

Evernote Businessの導入は、すぐに終わる。

d.Good Life Team(アメリカの不動産業)

Real Estate – Evernote Business | Evernote

不動産業に活用している。

顧客情報をEvernoteで管理することで、顧客に関するメモの蓄積から価値を生み出している、というような話。

e.三重大学病院

個人情報は別の厳重なシステムで管理。Evernote Businessは、スタッフ間(医師、看護師など)の情報共有のために使っている。

論文、研究資料、医療マニュアル、ガイドラインなど。

ウェブ上に公開されているガイドラインも、いちいち検索するよりも、Evernoteに保存しておく方が簡単にアクセスできる。ウェブ上にpdfで公開されている資料は、Evernoteウェブクリッパーを使えば、簡単にEvernoteに蓄積できる。

紙の資料は、ScanSnapを使えば、簡単にEvernoteに蓄積できる。

4.私の疑問点「プレミアム版ではなく、Evernote Businessを使う意味は?」に対する回答

本セミナーに参加するに当たって、私が設定していた問いは、「うちの会社にEvernote Businessを導入すると、個人のEvernoteプレミアムアカウントで仕事用ノートブックを共有することと比較して、どんなメリットがあるんだろう?」というものでした。

この疑問は、積田氏の話によって氷解しましたので、整理します。

ポイントは、3つです。

(1) 共有ノートが表示される場面が増える

a.「関連するノート」

Evernote Businessなら、共有されたビジネスノートも、「関連するノート」で表示される対象となります。

これに対して、プレミアムアカウントを共有している場合、他人のノートは「関連するノート」での表示対象になりません。

共有された情報、知識を活用する、という観点からは、Evernote Businessの方が望ましいと言えます。

b.Google検索の表示

同じことは、Google検索におけるEvernoteからの検索結果表示にも言えます。

私の社内でも、なにかを調べるに当たって、調査の出発点としてGoogleで検索する、という行動様式は、わりと一般的です。であれば、Google検索をしたときに、ビジネスノートが表示されることによって、共有された蓄積知を、社内で活用できる機会が、飛躍的に増えそうです。

(2) Know Who機能

そのテーマを知っていそうなのは誰か?を表示するKnow Who機能には、可能性を感じます。

今のところ、私が勤務する会社はそんなに人数が多くありませんが、将来、もし拡大するなら、この機能は力を発揮しそう。

(3) ビジネスノートの管理

会社において、ノウハウや情報は財産です。これらのEvernoteに蓄積するなら、こららをふんだんに蓄積したEvernoteのノートは、大きな財産です。

Evernote Businessなら、このノートを会社の財産として管理することができます。今のところは、一応、という程度ですが。

具体的には、いったんビジネスノートになったノートは、そのノートを作った従業員が退社しても、会社のビジネスノートに残り続けます。従業員がやめることによって、Evernoteにその従業員が蓄積したノートがなくなってしまう、ということは起こりません。

ただし、現時点では、

  • ビジネスノートを個人のノートブックにコピーすることは自由
  • コピーの履歴を追うこともできない

とのことです。

これについて、積田氏に、今後の展望を尋ねたところ、以下の構想だそうです。

  • ノートのコピーを制限するというのは、情報を共有することについてのEvernoteの理念からすると、おそらく考えられないと思う
  • これに対して、コピーの履歴を追うことについては、今後、機能を追加する予定。この機能が実装されれば、たとえば、退職間近の従業員がごっそりとビジネスノートをコピーしたなら、このことを管理者が把握できる。

コピー履歴を追う機能が実装されれば、ある程度の抑止力になりそうなので、よさそうですね。

5.おわりに

Evernoteの可能性を再発見できたセミナーでした。「自分はまだまだEvernoteを仕事に活かせてないなあ。」と感じ、「Evernoteをうまく使うと、もっといろんなことができる。」と感じさせてくれました。

また、井上氏、積田氏のお話は、ストーリーとしても大変おもしろかったです。これが、シリコンバレー流のプレゼンなのかなと思いながら、楽しませていただきました。

すばらしい企画の門戸を一般に開いてくださった主催者様、Evernoteの可能性を改めて気づかせてくださった井上様、積田様、そしてEvernoteというすばらしいサービスに、改めて感謝します。

スポンサードリンク

関連記事

no image

ブログ記事の原稿を書くなら、Evernoteが一番。アイデアを、素早くキャッチし、気長に育てる。

1.Evernoteでブログ原稿を書くと、何がよいか このブログの原稿は、基本的には、すべて私のE

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読

記事を読む

no image

「なぜ、私は、思考するツールとして、Evernoteを使うのか?」の「はじめに」

1.Evernoteは、果たして、思考のためのツールなのか? (1) 「Evernoteは、思考の

記事を読む

no image

なぜ、「書く」ワークスペースとして、Evernoteを使うのか?

1.なぜ、文章を「書く」ためのワークスペースとして、Evernoteを使うのか? (1) 「自分の

記事を読む

no image

信頼できるクラウドサービスは、子どもの歩みを記録したデータを保存するための、最適の場所である

1.子どもの歩みを、クラウドサービスに残す スマートフォンなどで記録した子どもの歩みのデータは、どこ

記事を読む

no image

Evernote×仕事。Evernoteに自分なりのマニュアルを蓄積する

1.Evernoteを仕事に活用する 先日、Evernote Businessのセミナーに行きまし

記事を読む

no image

Androidスマートフォンで、Googleリーダーに登録した記事を、Read It Laterで読み、ログをEvernoteに残す流れ

私が行っている、「Androidスマートフォンを使って、Googleリーダーに登録した記事を、Rea

記事を読む

no image

Evernoteにテキストを投稿するためのAndroidアプリ「WriteNote」を活用するアイデア

1.AndroidからEvernoteにテキストデータを保存する方法 AndroidからEvern

記事を読む

no image

Android+WriteNote Proを使って、Everenoteに写真+文字で子どもの成長記録を残す方法

0.概要 (1)子どもの成長記録は、写真+文字でEvernoteに残すのがよいと思う。 【理由】

記事を読む

no image

Evernoteマニアになる秘訣

1.「エバーノートマニア」! 先日、紙の本の読書ノートをどんなふうにEvernoteに蓄積している

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑