*

日本語でToodledoを使う(モバイル版orアプリ)

公開日: : Toodledo

1.Toodledoは、日本語でも使える

Toodledoは、英語のサービスです。

でも、Toodledoは、日本語でも使えます。

そのための手段は2つです。

(1) モバイル版

ひとつめの手段は、モバイル版(m.toodledo.com)を使うことです。「モバイル版」なので、モバイルからの理由に最適化されたUIなのですが、デスクトップからでも、使うことができます。

(2) アプリ

ふたつめの手段は、(ブラウザではなく)アプリから使うことです。Toodledo公式アプリなら、日本語化されています。Toodledoは、アプリだけから使っても、そこそこ使えます。

ひとつずつ検討します。

2.モバイル版を使って、日本語でToodledoを使う

(1) モバイル版は、日本語に対応していて、パソコンからも使える

Toodledoには、モバイル版があります。

URLは、

m.toodledo.com

です。

モバイル版は、日本語に対応しています。

Toodledoのスマホ専用サイトが日本語表示に対応(パブリックベータ版公開中) | Toodledo Tips Blog

モバイル版は、モバイル版なので、スマートフォンから閲覧することを想定されています。でも、スマートフォンからしかアクセスできないわけではありません。パソコンからでも、アクセス可能です。

そのため、モバイル版をパソコンから利用すれば、パソコンからToodledoを利用するときも、日本語でToodledoを利用することができます。

(2) モバイル版の言語を、日本語に設定する

モバイル版の言語を日本語に設定するのは、簡単です。

Image(62)

まず、画面の左上に「タスク」または「Tasks」というボタンがありますので、これをクリックします。

Image(63)

次に、「Settings」を選択して、「Language」に入ります。

Image(64)

ここで、「日本語」を選べば、Toodledoのモバイル版を日本語で利用することができます。

(3) 日本語化すれば、Toodledoが日本語になる

日本語化されると、このように、日本語で表示されます。

「すべてのタスク」「ホットリスト」「スター」「フォルダ」「コンテキスト」「期日」「ステータス」「最近」などなど、Toodledoの機能が、日本語で表示されます。

Image(65)

ソート順位を選ぶ画面も、日本語です。

Image(66)

モバイル版は、モバイル版です。通常のデスクトップ版と比べると、表示できるタスクの個数が少なかったり、設定できる範囲が少なかったりと、完璧ではありません。

でも、英語だからという理由でToodledoに抵抗を感じている方には、大きな福音になるのではないかと思います。

3.アプリからToodledoを使う

(1) アプリなら、日本語対応している

Toodledoを日本語で使うもうひとつの手段は、アプリです。

たとえば、iPhoneとiPadのToodledo公式アプリは、日本語で利用できます。

設定メニューも日本語なので、日本語だけで、問題なく利用できます。

(2) アプリだけでToodledoを使うこともできる

Toodledoの特徴のひとつは、クラウドサービスであること、です。クラウドサービスなので、パソコンからも、アプリからも、モバイルからも、使うことができます。これがToodledoの特徴のひとつです。

でも、だからといって、アプリからもパソコンからも両方から使わなければいけない、というわけではありません。アプリからだけでToodledoを使っても、Toodledoから多大な恩恵を享受することは、十分に可能です。

また、アプリだけからしかToodledoを使わないとしても、たとえば、外出先ではiPhone、職場や自宅からはiPad、というように使い分ければ、職場や自宅で使うときはiPadの大きな画面でToodledoを使うことができるため、クラウドであるというToodledoのメリットを活かす使い方になっています。

(3) iPhoneなら、とりあえず、Toodledo公式アプリでよいと思う

日本語でToodledoを使えるアプリは、たぶん、いくつかあります。

ただ、公式アプリが日本語化されていますので、とりあえずは、公式アプリを使っておけばよいのではないかと、私は思います。

4.英語というハードルは、消すことができる

Toodledoがハードルの高いサービスだと言われる理由のひとつは、英語です。

でも、モバイル版やアプリからToodledoを使えば、日本語だけでも、かなりの程度、Toodledoを使うことができます。

英語というハードルでToodledoの使用を控えていた方は、よろしければ、お試しください。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Toodledo前後で、何が変わったか

Toodledoを使い始めて1年が経ちました。Toodledoを使うことは、私の日常の一部です。

記事を読む

no image

「やれば残る」から、やる気になる。(ToodledoとEvernoteによる「タスクの実行」のやる気を出すシステム)

1.Toodledoの完了タスク情報をEvernoteに蓄積する目的と、副次的効果 (1) Too

記事を読む

no image

【Toodledo×IFTTT×Evernote】電子業務日誌を自動的に作成する

1.『「超」整理法』がすすめる電子業務日誌 『「超」整理法』は、時代を超える名著です。この本は、単

記事を読む

no image

大きな仕事を片付けるために、大きな仕事の中のすごく簡単な最初の具体的行動をタスクにする

1.大きな仕事は、後回しにされやすい 大きな仕事を片付けるには、たくさんの時間と手間がかかります。で

記事を読む

no image

Toodledoを使う(3) Folder,Star,Status,Context,Tagは、どんな特徴を有するか?

0.ポイント ToodledoのFields(Folder,Star,Status,Context

記事を読む

no image

Toodledoによる個人的タスク管理システムのはじめ方

0.要約 (1) Toodledoを使えば、費用なしですぐにでも自分の個人的なタスク管理システムを

記事を読む

no image

タスク管理システムのフローとストック(まずフローとして扱い、次にストックとして活用する)

1.タスク管理システムのフローとストック (1) タスク管理システムが果たす2つの役割 a.タス

記事を読む

no image

Toodledoの完了タスクを、ifttt経由で、Googleドライブのスプレッドシートに記録する

1.Actionは、Googleドライブのスプレッドシートの方がよい? (1) よいこと思いついた

記事を読む

no image

Toodledoを、「何も手伝ってくれないけれど、タスクを完璧に教えてくれる秘書」に育てる

1.何も手伝ってくれないけれど、タスクを完璧に教えてくれる秘書 (1) 何も手伝ってくれなくても、

記事を読む

no image

アプリケーションショートカット化したToodledoで、ブックマークレットEndTime2を実行するために、Keyconfigを使う

1.ToodledoのアプリケーションショートカットとEndTime2 (1) Toodledoは、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑