*

画像の活用場面が格段に広がりそう。Evernote for Windowの画像注釈機能がすばらしい!

公開日: : Evernote

1.Evernote for Windowsのアップデートによる画像の注釈機能

(1) 2014/03/05、Evernote for Windowsのアップデート

Evernoteのアプリは、アップデートのたびに、どんどん使いやすくなります。そのため、私は、いつも、Evernoteの各アプリのアップデートを楽しみにしています。

その中でも、本日(2014/03/05)やってきたEvernote for Windowsのアップデートは、特筆に値するアップデートです。

Evernote for Windows アップデート: 画像の注釈機能と同期の高速化 | Evernote日本語版ブログ

同期の高速化は、もちろんありがたいです。でも、それ以上に感動したのは、画像の注釈機能です。

(2) 画像の注釈機能

機能の概要は、ブログの以下の引用で必要十分です。

ノートの画像上にマウスを合わせると、右上に注釈の「描き込み」ボタンが表示されます。これをクリックして、注釈ツールを開きます。ここからは、矢印・スタンプ・テキスト・図形などを使ってメッセージを伝えたり、画像の切り取りやサイズ変更が行えます。あとはウィンドウを閉じるだけで、画像に注釈が含まれた状態でノートが更新されます。

Evernote for Windows アップデート: 画像の注釈機能と同期の高速化 | Evernote日本語版ブログより)

使いやすくなった注釈ツールを使って、若干補足します。

a.注釈ツールの開き方

ノートの画像上にマウスを合わせる(すると、「@描き込む」というボタンがあらわれる(ほんとうは@ではないけれど))

image

画像の右上に表示された注釈の「@描き込む」ボタンをクリックする

別ウィンドウで、注釈ツールが開く

Image(72)

b.注釈ツールでできること

注釈ツールは、たぶん、まんまSkitchです。なので、Skitchでできることなら、注釈機能でできます。

Skitch for Windows の使い方 | Evernote

(a) 画像に、矢印・スタンプ・テキスト・図形などを加えることができる

Image(73)

なんと、もともとの画像をはみ出して注釈を加えると、画像サイズが、自動で増えます。すばらしい。

(b) 画像の切り取りやサイズができる

Image(74)

c.画像を保存してEvernoteのノートに戻るには?

(a) 注釈ツールのウィンドウを閉じれば、画像は注釈付きで保存される

注釈ツールを閉じれば、画像は、注釈付きで、保存されます。

(b) Evernote注釈入りの画像が含まれた状態でノートが更新される

そして、もともとのEvernoteノートに戻ります。

そのノートには、注釈付きのEvernoteノートが添付されています。

Image(75)

このシームレスな感じが、とてもすばらしいです。

(c) 再編集することも可能

さらに、注釈を加えた画像の注釈ツールを、もう一度そのノートから開いたら、加えた注釈を再編集することも可能です。

2.画像の注釈機能を、何に使うか?

このように、大変便利なEvernote for Windowsの画像注釈機能です。さて、何に使えるでしょうか。

私自身がEvernoteを使っている用途のうち、代表的な2つについて、考えてみます。

私の代表的な2つの用途は、

です。

(1) Evernote×ブログ記事執筆→画像入りのブログ記事作成が、格段に便利になりそう

まず、ブログ記事。これは、明らかなメリットがあります。画像入りブログ記事の作成が、格段に便利になりそうだ、ということです。

読んでいただいている方ならご存じのとおり、この「単純作業に心を込めて」というブログは、文字がとても多くて、画像が極めて少ないです。

この理由は、ひとえに、「面倒だから」ということに尽きます。私は、文章を書くのは大好きなので、たくさんの文章を書くのは苦になりません。しかし、たとえばスクリーンショットをとって、そこに注釈を加えて、というのは、何かと面倒でした。

なぜ面倒だと感じるのかといえば、異なるアプリケーションをまたいで画像をやりとりするのが面倒、ということが大きいです。

しかし、Evernote for Windowsの注釈機能を使えば、Evernote内だけで、画像の加工を完結できます。これで、画像を使った記事を作成する心理的な抵抗が、グンと減ります。

そこで、今後、EvernoteやToodledoの使い方を検証する記事を書くときは、できる限り、注釈入りスクリーンショットを入れようかなあ、と思っています。

(この記事と、ひとつまえの記事(Toodledoを日本語で使う記事)は、Evernoteの画像注釈機能で画像を作りました。)

(2) Evernote×子育て→子ども成長記録ノートに注釈入れてもおもしろそう

次に、子ども成長記録ノートです。

子ども成長記録ノートは、私がEvernoteに保存しているたくさんのノート群の中で、いちばん大切なノート群かもしれません。

そして、私がEvernoteに保存しているたくさんのノート群の中で、いちばんたくさん写真を含むノート群です。

1日あたりの1ノートには、10枚くらいの写真が含まれています。そして、かれこれ2年近くやってますので、子ども成長記録ノートには、7000枚くらいの写真が含まれていることになります。

これらの写真に、注釈機能で描き込む、というのも、おもしろいかもしれません。

ただし、描き込んでしまうと、オリジナルの写真データがどうなるのか、という問題があります。オリジナルの写真データを失わずに、写真に気軽に描き込みをすることができれば、新しい使い方が可能になるようにも思います。

3.どんどん使いやすくなるEvernoteアプリに、これからも期待

今回のアップデートでは、同期速度も改善された、とのことです。

私としては、先日の同期速度改善でかなり満足していたので、これ以上速くなることを特に求めてはいなかったのですが、速いに越したことはありませんので、この点も大変ありがたいです。

どんどん使いやすくなるEvernoteアプリのアップデートを、今後も楽しみにしています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernoteに読書経験のすべてを蓄積するとっかかりとして、ToodledoとIFTTTを使う

1.Evernoteに読書経験のすべてを蓄積したい この記事を読みました。 Evernoteを使

記事を読む

no image

「しまう」と「響く」を、勉強に活用する

1.勉強のやる気を上げるために役に立つ、「しまう」と「響く」 (1) 勉強のやる気を上げるために、

記事を読む

no image

AndroidでFastEver的運用が実現!Evernoteへの投稿に特化したシンプルなアプリ「WriteNote」

1.Evernoteへの投稿に特化したシンプルなAndroidアプリ「WriteNote」 先ほど

記事を読む

no image

Evernoteマニアになる秘訣

1.「エバーノートマニア」! 先日、紙の本の読書ノートをどんなふうにEvernoteに蓄積している

記事を読む

no image

ScanSnap S1500を買って、Evernoteのプレミアムアカウント1年分をもらいました。

1.ScanSnap S1500購入 ScanSnap S1500を買いました。 ScanS

記事を読む

no image

Evernote 5 for Windows Desktopは、共有されたノートブックを、自分のノートブックと同じスタックにまとめられる

1.Evernote 5 for Windows Desktopは、共有されたノートブックが、自分の

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読

記事を読む

no image

なぜ、文章書きとしての私は、アウトライナーよりもEvernoteを贔屓しているのか?

1.はじめに この記事を読みました。 Evernoteとアウトライナーの融合に対する試案(201

記事を読む

no image

飲んだ後のEvernote

1.「飲んだ後」は、Evernoteが活躍する場面のひとつ 何を言っているんだと思われるかもしれな

記事を読む

no image

Evernoteの「共有するタグ」機能を妄想する

1.Evernoteで、ノーブックにできて、タグにできないことは、共有 Evernoteの整理に取

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑