*

「WorkFlowyを育てる」という固定ページを作りながら考えたこと(KDP・流動体・トピック共有)

公開日: : WorkFlowy

1.「WorkFlowyを育てる」という固定ページを作りました

2015年1月7日に「WorkFlowyで「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」を育てる」というエントリを公開して以来、今日までに、30を超えるWorkFlowyに関する文章を書き続けてきました。

こうしてWorkFlowyについて語ることによって私が書きたかったことは、「普通の個人が、知的生産のある人生を送り続けるということ」だったのですが、こと自分との関係では、この目論見は、ある程度うまく機能しているような気がしています。

WorkFlowyについて書きたいことはまだまだ残っていて、特に、以前にTwitterでもつぶやいた

  • WorkFlowyの共有機能の整理
  • WorkFlowyのインポート機能の整理
  • WorkFlowyで読書メモを作る手順(アナログ本&Kindle本)

の3つは何とかして書きたいと思っているのですが、とりあえずここらで、WorkFlowyの固定ページを作ることにして、作ってみたのが次のページです。

WorkFlowyを育てる

当然ながら、WorkFlowyとハサミスクリプト「WFtoHTML_irodrawEdition」で作りました。

このページを作った手順は、概要、こんな感じです。

  • WorkFlowyカテゴリのエントリの全部を、HTMLのリンク形式でWorkFlowyにペーストする
  • 適当な体系を考えて、ちょっとずつ整理する
  • ある程度体系ができたところで、エントリへのリンクの前後に、繋ぎの文章を入れる

びっくりするほど簡単に作ることができました。WorkFlowyが、このような作業をするために、めちゃくちゃ強力なツールであることを、改めて実感しました。

2.「WorkFlowyを育てる」という固定ページを作りながら考えたこと

この固定ページを作ることからは、いろんな着想を得ることができました。そして、WorkFlowyの脇道着想キャッチタグ「@idea」で、これらの着想を捕まえることができました。

まだ着想レベルではありますが、これから私がWorkFlowyについて語ることによってやっていきたいことの方向性を示している気がしますので、捕まえた着想のうちのいくつかをメモします。

(1) 『普通の個人がWorkFlowyで知的生産を続ける方法と原理』のような本を書きたい

これまで書いたWorkFlowy関係のエントリの全部を体系化したのが、「WorkFlowyを育てる」という固定ページです。

しかし、全部を無理やり入れたために、「WorkFlowyを育てる」の体系は、あんまりしっくり来ていません。伝えたいメッセージをもうすこし絞って、納得できる体系を作りたいなあ、と感じました。

そんなことを考えていたら、「だったら本にしたらいいんじゃないか。」ということを感じました。2015年にぜひやりたいことはKDPなので、現時点のWorkFlowyについての考えや試行錯誤のうちの一定部分を、特定のテーマに沿って整理して、KDPでまとめたらいいんじゃないかな、と感じました。

私が書きたいのは、「普通の個人が知的生産のある生活を送り続けること」なので、このためにWorkFlowyがどんな役割を果たせるか、というような観点からまとめることができたらと思っています。

(2) WorkFlowyの流動性は、トピックのコンテンツとトピックの構造の両方を、独立に、簡単に、編集できることから来る

固定ページの中で、「WorkFlowy押下げトピック法」をどこに位置づけようかと考えていたときに、こんな考えが思い浮かびました。

  • WorkFlowyを構成しているのは、(いくぶん単純化すれば、)次の2つだけ。
    • 個々のトピックに含まれるコンテンツであるテキストデータ
    • テキストデータの入れ物であるトピック同士の階層構造
  • WorkFlowyの流動性は、この両者を、独立に、簡単に、編集できることによる。
    • 個々のトピックに含まれるコンテンツであるテキストデータ
      • 編集するのは簡単。加除訂正はやりたい放題。
      • トピック同士の階層構造と独立に、コンテンツを編集できる。コンテンツを加除訂正しても、トピック同士の階層構造は、基本的に、影響を受けない。
    • テキストデータの入れ物であるトピック同士の階層構造
      • トピックを移動したりして、トピック同士の階層構造を編集するのが簡単。
      • コンテンツと独立に、トピック同士の階層構造を編集できる。トピックを移動してトピック同士の階層構造を編集しても、コンテンツであるテキストデータは、基本的に、影響を受けない。

こんな考えから、私は、固定ページに次のようなことを書きました。

WorkFlowyのすごいところは、この両方を、独立に、かつ、とても簡単に、編集できる、ということです。個々のトピックのコンテンツであるテキストデータを簡単に編集できることはもちろん、(個々のトピックのコンテンツには変更を加えることなく、)入れ物であるトピック同士の構造だけを組み替えることも楽々です。この後者の側面を活かすために大切なのが、トピックの構造、トピックの移動ルールの2つからなる仕組みを整えることです。

引用元:WorkFlowyを育てる

ここには、なんとなく、WorkFlowyの強みがあるような気がします。もう少し深めたいと思っています。

(3) WorkFlowyの固定ページは、WorkFlowyの共有ページで公開するほうがいいかもしれない

今回、私は、WorkFlowyで固定ページの原稿を作り、それをハサミスクリプト「WFtoHTML_irodrawEdition」でHTMLに書き出しました。

でも、よく考えれば、この原稿トピック自体をWorkFlowyの共有機能で共有するほうが、よいかもしれません。

メリットとしては、こんなことが考えられます。

  • 更新が簡単(ハサミスクリプトを使えばHTMLでもそれほど面倒ではないけれど、WorkFlowyのトピックを編集するほうが、もっともっと簡単)
  • 折りたたみやZoomが使えるから、読みやすい(あの固定ページはかなり長いし、今後ももっと長くなる予定なので、WorkFlowyの折りたたみとZoomを使える方が、読者にとって便利)
  • WorkFlowyのよさを伝えられる(WorkFlowyを使ったことがない方が、固定ページにたどり着いてくださったとして、固定ページのWorkFlowyのトピックを操作することによって、WorkFlowyのよさを実感していただけるかもしれない)

現時点ではHTMLで公開してしまったので、とりあえずはHTMLのままにしておきますが、今後、たとえばHTMLとWorkFlowy共有トピックを併用するなど、考えてみます。

3.固定ページが、WorkFlowyの生態系を育てることに貢献できるとよいな

固定ページ「WorkFlowyを育てる」を作ったことは、ひとつの区切りではありますが、WorkFlowyのエントリをこれ以上書かない、ということではありません。

これからもWorkFlowyの生態系を育てるため、私にできるちょっとしたことを、ぼちぼちとやっていきたいと思っています。

この固定ページが、WorkFlowyの生態系を育てることに、ちょっとでも貢献できるとよいのだけれども。

スポンサードリンク

関連記事

no image

元記事を時系列で並べるところから見える、本を書くことの醍醐味(『クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門』までの時系列)

1.『クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門』の元記事紹介 2016年1月29日に、『クラウ

記事を読む

no image

WorkFlowyのURLを活用するアイデアを妄想する(2) WorkFlowyをToodledoとつなぐ

1.WorkFlowyのURLの活用を妄想する (1) 「WorkFlowyのURLを活用するアイデ

記事を読む

no image

iOS10対応・OPML機能・文字選択モード/HandyFlowy Ver.1.4のお知らせ

HandyFlowyは、スマートフォンから使うWorkFlowyを驚くほど便利にするアプリです。

記事を読む

no image

「WorkFlowyによる文書作成は、実に楽しい。」という主観的な経験を観察することを通じて、文書作成ツールとしてのWorkFlowyの可能性を考察する(概観)

1.「WorkFlowyによる文書作成は、実に楽しい。」 WorkFlowyを文書作成ツールとして使

記事を読む

no image

MemoFlowy運用例(2016年7月段階)

2016年6月のバージョンアップ(iOS版Ver.1.4・Android版Ver.1.1)で、次の段

記事を読む

no image

WorkFlowyの下線・太字・斜体の基本と応用

1.WorkFlowyの下線・太字・斜体 WorkFlowyが扱えるデータは、テキストだけです。画像

記事を読む

no image

Kindle本を、三色ボールペン方式で読む(kindle.amazon.co.jp × 「三色ボールペンWorkFlowy」)

1.解消したい課題 私は、紙の本を、三色ボールペン方式で読んでいます。 三色ボールペン方式とは、

記事を読む

no image

MemoFlowy ver.1.2のまとめと、HandyFlowyとMemoFlowyの相乗効果

1.MemoFlowy ver.1.2のまとめ MemoFlowy ver.1.2の内容を連載形式で

記事を読む

no image

WorkFlowy→ハサミスクリプト→でんでんコンバーターで『WorkFlowyの説明書』『WorkFlowyの教科書』『WorkFlowyの理論書』を作る計画を構想する

1.WorkFlowyとハサミスクリプトとでんでんコンバーターで、電子書籍を作る (1) ハサミスク

記事を読む

no image

「WorkFlowyとは、何か?」を考える2つの視点

1.WorkFlowyはクラウドアウトライナーではない? 私がWorkFlowyを使い始めたとき、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑