*

【WorkFlowy】#タグと@タグで、脇道の着想をキャッチする

公開日: : WorkFlowy

1.はじめに:WorkFlowyのタグ機能で、脇道の着想をキャッチする

(1) WorkFlowyのタグ

WorkFlowyには、タグという面白い機能が用意されています。

クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明→検索&タグ

【WorkFlowy Tips】 よく使うタグはHomeに置くといい – ウラガミ

WorkFlowyのタグは、

  • WorkFlowyのトピックやnoteに、「#」または「@」で始まる文字列を書くと(この文字列が「タグ」)、
  • その「#」または「@」で始まる文字列のタグが、自動的にクリック可能なリンクになり、
  • タグをクリックすると、タグの文字列で、その時点でZoomしているWorkFlowyのトピックを検索できる

という機能です。

(2) WorkFlowyのタグで、脇道の着想をキャッチする

WorkFlowyのタグ機能は、シンプルではありますが、シンプルなだけに、いろんな使い方の可能性が広がる機能です。私も、WorkFlowyを使い始めて以来、タグの使い方を、いろいろと試行錯誤してきました。

その結果、現時点でいちばんうまく機能している使い方は、「タグで脇道の着想をキャッチする」というものです。

以下、「WorkFlowyのタグで、脇道の着想をキャッチする」ということについて、説明します。

2.着想を捕まえるために大切なのは、脇道の着想をすばやく確実にキャッチすること

(1) 着想が発想の出発点

倉下忠憲さんが、その名著『Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術』でわかりやすく整理したように、発想は、次の3つのプロセスから成り立っています。

  • 着想
    • アイデアを思いつくプロセス
    • アイデアの種を集めること
  • 連想
    • アイデアを広げるプロセス
    • アイデアを育てること
  • 整想
    • アイデアを他人に伝わるように整えるプロセス
    • アイデアの実を収穫すること

「着想」→「連想」→「整想」という発想の3プロセスと、「いきなり「整想」発想法」

着想が発想の出発点なので、よい発想のためには、よいアイデアを思いつき、捕まえるという着想のプロセスが大切です。

(2) 着想のために大切なのは、「アイデアの種が見つかりやすい状況で、確実に捕まえる準備をしておくこと」

着想のプロセスは、アイデアの種を集めるプロセスです。

アイデアの種は、様々な状況で見つかりますので、どんな状況で見つかった種でも確実に捕まえる体制を整えることが、着想の王道的なアプローチです。

が、しかし、アイデアの種が見つかる状況がまったくのランダムでフラットなのかといえば、そういうわけではありません。「アイデアの種が見つかりやすい状況」というものが存在するのではないかと思います。少なくとも、私には、この状況のときに特にアイデアの種が見つかりやすいという、「アイデアの種が見つかりやすい状況」があります。

そこで、着想のために大切なのは、「アイデアの種が見つかりやすい状況で、確実に捕まえる準備をしておくこと」です。

(3) 私にとっての「アイデアの種が見つかりやすい状況」は、文章を書いているとき

では、私自身の「アイデアの種が見つかりやすい状況」とは、どんな状況でしょうか。

それは、文章を書いているとき、です。ブログの原稿や日記や仕事のために作成する文書など、いろんな文章を書いているときに、私のところには、いろんなアイデアの種がやってきてくれます。

これはおそらく、私の文章を書くスタイルが、文と文の関係性を考えて、文章全体の論理構造を組み立てていく、というスタイルだからではないかと思います。文と文の関係を考えると、この文とこの文の間をつなぐアイデアが浮かんできます。文章全体の論理構造を組み立てようとすると、論理の欠落部分に何かを思いついたり、その文章全体の論理構造にピッタリとはまらない余計な部分が新しい着想として浮かんできたりします。

仮説としての「問い・答え・理由」によって、思考の範囲を区切る(私のトップダウン型思考)

そして、今、私は、プライベートで作成する文章の大半は、WorkFlowyで書いていますし、仕事で作成する文章も、クラウドに上げても差し障りのないものについては、できるかぎりWorkFlowyを使うようにしています。そのため、今の私にとっての「アイデアの種が見つかりやすい状況」は、WorkFlowyで文章を書いているとき、です。

(4) 私の場合の、着想に関する課題

そこで、私の場合、着想に関する課題は、次のとおり、整理できます。

  • 着想のプロセスをうまく行うために、自分にとっての「アイデアの種が見つかりやすい状況」でアイデアを確実に捕まえる準備をしておくことが大切
  • 私の場合、「アイデアの種が見つかりやすい状況」は、WorkFlowyで文章を書いているとき
  • したがって、私の場合、WorkFlowyで文章を書いているときに見つかったアイデアの種を確実に捕まえる準備をしておくことが、着想のためには、とても大切
  • WorkFlowyで文章を書いているときに見つかったアイデアの種を確実に捕まえるためには、どうしたらいいか?

この課題に対する回答が、最初に書いた「WorkFlowyのタグで、脇道の着想を捕まえる」になるわけです。

次に、これを説明します。

3.WorkFlowyのタグで、脇道の着想をキャッチする

WorkFlowyのタグで、脇道の着想を捕まえるには、どうしたらよいでしょうか。

(1) 着想を捕まえるためのタグを決める

準備として、着想を捕まえるためのタグを決めます。

私は、「@idea」にしました。

「@」で始まるタグにしたのは、「@」の方が「#」よりも入力しやすいからです。

「idea」にしたのは、捕まえる対象がアイデアだからなのですが、それと同時に、入力しやすい文字列だからです。

(2) 着想が湧いてきたら、その場に、脇道着想タグに続けて、その着想を入力する

さて、WorkFlowyで文章を書いているときに、着想が湧いてきたら、どうしたらよいでしょうか。

その場で改行して新しいトピックを作り、あとはその場所に、その着想を書きます。そのときに書いている本筋から外れる脇道でも、気にせず、その場に書きます。

このとき、新しいトピックの冒頭に、先ほど準備した脇道着想タグを書きます。私の場合は、「@idea」です。

このときにどこまで書くかは、そのときの頭の動き次第です。脇道をその場である程度形にしてしまってもよいです。WorkFlowyは無限の階層を使えますので、「@idea」で始めた脇道トピックの下に、トピックの構造を作っていくこともできます。

気の済むまで脇道着想トピックを書き進めてから、本筋に戻ります。

(3) 本筋の文章がある程度落ち着いたら、「@idea」で検索して、「@idea」トピックを別の場所に移す

本筋の文章がある程度落ち着いたら、脇道着想を別の場所に移動させます。

脇道着想を移動させるには、タグの機能が役に立ちます。「@idea」をクリックすれば、「@idea」タグを検索できますので、そこで表示されたトピックを別の場所に移動させるだけです。

すると、本筋の文章からは脇道着想が取り除かれ、また、本筋の文章を書く過程でたくさんの脇道着想を収穫することができます。

私は、この作業の便宜のため、自分の「WorkFlowy専用Firefox」に、「@idea(脇道着想キャッチタグ)」というブックマークを置いています。検索条件「Home画面でタグ「@idea」を選択」のURLです。

脇道着想キャッチ@タグ

4.脇道着想キャッチタグで、WorkFlowyで文章を書く時間のすべてが、アイデアの畑に種をまく時間になる

このように、今のところ、私は、WorkFlowyで脇道着想を捕まえるために、脇道着想タグ「@idea」を使っています。

WorkFlowyで脇道着想アイデアを捕まえる方法は、タグ以外にも、脇道着想のinbox的なトピックをHomeやブックマークに置いておく、などの方法もありうるかと思います。具体的な方法はいろいろあると思うのですが、大切なのは、「WorkFlowyで文章を書くときに見つかったアイデアを、確実に捕まえる準備をしておく」ということです。

これによって、WorkFlowyで文章を書く時間のすべて、たとえばWorkFlowyで日記を書く、WorkFlowyで朝一番の自動書記をする、WorkFlowyでブログ原稿を書く、などのすべてが、アイデア出しの時間になる、ということです。

世の中には驚異的な着想力を持つ人もいます。でも、普通の人がそんな驚異的な着想力にあこがれていても仕方がありません。普通の人にできるのは、アイデアの畑に種をまく時間を増やすこと、着想の時間を増やすことです。

着想を捕まえる準備を整えた上で、WorkFlowyで文章を書けば、アイデア出しのためだけの時間を特別に確保しなくても、日常的にWorkFlowyで文章を書く時間のすべてが、アイデアの畑に種をまく時間になります。

スポンサードリンク

関連記事

no image

「オブジェクト型ワード・プロセッサ」という夢と、その実現

1.大学生のときに共感した「オブジェクト型ワード・プロセッサ」の夢と、その後の10年 (1) 「オブ

記事を読む

no image

WorkFlowyをプレゼン資料として使ってみたことの報告(後編:新たな試行錯誤とそこから得た収穫)

1.はじめに ここしばらくの間、私は、WorkFlowyをプレゼン資料として使うことに取り組んでいま

記事を読む

no image

彩郎流二毛作。知的生産の治具マクロ「WFtoMSWD.dot」で、Word文書作成プロセスから得る収穫を倍にする。

1.マロ。さんの知的生産の治具工房による新作Wordマクロ「WFtoMSWD.dot」 マロ。さんの

記事を読む

no image

MacのキーボードショートカットでWorkFlowyのトピックを自由に操り、WorkFlowyをテキスト管理システムとしてうまく機能させるための、MacOS基本設定

1.問題:Macのキーボードから、WorkFlowyのキーボードショートカットを自由に操るには、どう

記事を読む

no image

【連載】iOSからWorkFlowyを快適に使う(2) 操作と反応の細かい対応関係をちまちま理解して、公式アプリの力を引き出す。

WorkFlowyは、パソコンからなら大変使いやすいのですが、iPhoneなどのスマートフォンから使

記事を読む

no image

iOS10対応・OPML機能・文字選択モード/HandyFlowy Ver.1.4のお知らせ

HandyFlowyは、スマートフォンから使うWorkFlowyを驚くほど便利にするアプリです。

記事を読む

no image

WorkFlowyは、文書作成に、どんな革命をもたらすか?

1.はじめに(Amazonの「文書作成ソフト」ランキング) 2016年1月29日、『クラウド時代の思

記事を読む

no image

与件の範囲内での窮屈な文書作成が、ちょっと自由になる_文書作成ツールWorkFlowyの可能性(1)

個人的で主観的な経験なのですが、WorkFlowyで文書を作成するようになってから、文書作成がぐっと

記事を読む

no image

WorkFlowyを印刷用にカスタマイズする

WorkFlowyを印刷用にカスタマイズする 1.「WorkFlowy専用Firefox」で、Wor

記事を読む

no image

『WorkFlowy文章作法』の「はじめに」

本書について こんにちは。本書『WorkFlowy文章作法』では、 WorkFlowyで文章を書く

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑