*

WorkFlowyについて語るときに僕の語ること

公開日: : WorkFlowy, 書き方・考え方, 知的生産

走ることについて正直に書くことは、僕という人間について(ある程度)正直に書くことでもあった。途中からそれに気がついた。だからこの本を、ランニングという行為を軸にした一種の「メモワール」として読んでいただいてもさしつかえないと思う。

ここには「哲学」とまではいかないにせよ、ある種の経験則のようなのもがいくらか含まれていると思う。たいしたものではないかもしれないが、それは少なくとも僕が自分の身体を実際に動かすことによって、オプショナルとしての苦しみを通して、極めて個人的に学んだものである。汎用性はあまりないかもしれない。でも何はともあれ、それが僕という人間なのだ。

『走ることについて語るときに僕の語ること』(村上春樹著・文春文庫・pp.6-7)

2015年1月にWorkFlowyをProアカウントにして、あっという間にWorkFlowyの深い段差にはまりました。ここ1ヶ月少々の私の興味関心は「どうすればWorkFlowyの力をうまく引き出すことができるだろうか」に集中していて、このブログに書くエントリも、WorkFlowy一色です。

WorkFlowyへの偏り方は、かなり極端です。1月6日に書いた「「Evernoteは便利だよ」ではない言葉で、Evernoteの魅力を表現する。」を最後にWorkFlowyと関係のないエントリは姿を消し、ふと気づけば、1ヶ月以上の間、WorkFlowyカテゴリが続いています。

このブログには、Feedlyなどでたくさんの読者の皆様がいらっしゃいます(感謝)。皆様の中で、実際にWorkFlowyを使っている方は、おそらくそれほど多くありません。興味も関心もない方もいらっしゃるかと思います。そんな中で、1ヶ月以上、WorkFlowyばかりを書き続けるのは、あんまりよろしくないことな気もします(ごめんなさい)。

それでも私は、今はWorkFlowyを書きたい、という強い気持ちに突き動かされて、ここ1ヶ月、いくつかのエントリを書き続けてきました。この理由は、WorkFlowyというツールにものすごく大きな可能性を感じたことがいちばんなのですが(EvernoteやToodledo、IFTTTと同レベルのツールだと確信しています)、それと同時に、WorkFlowyについて書くことを通して、WorkFlowyのことではない何か別のことを書くことができている感触を持っていたためです。

さて、冒頭に引用したのは、村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』の一節です。

村上春樹は、こう書いています。

走ることについて正直に書くことは、僕という人間について(ある程度)正直に書くことでもあった。

私も同じようなことを感じます。WorkFlowyの使い方や思想について正直に、丁寧に書くことは、私が大切にしていきたい何らかの価値を、(ある程度)正直に、丁寧に書くことでもあるような気がします。

そんな価値とはいったい何なのか、自分でもまだはっきりとは把握できていません。でも、抽象的になら書けます。私が大切にしたい価値は、「普通の個人が、知的生産のある人生を送り続けるということ」です。

知的生産それ自体を仕事にしているわけではなく、家では家事と子育てに追われ、自宅に書斎を確保するのは現実的じゃないから諦めてて、知的生産のために使えるお金もせいぜい月数万円。こんな普通の個人ではあるけれど、知的生産にあこがれている。何かを読み、何かを考え、何かを書き、自分の考えを誰か同じような関心事を持つ方々と語り合うことを、30歳になっても40歳になっても50歳になっても、ずっと続けていきたい。普通の個人が、知的生産のある人生を送り続けること。これが、私が大切にしたい価値なんだろうなと感じています。

WorkFlowyについてのいろいろ、Tipsとか説明とかマニアックな使い方とか思想とかを書くときに、同時に私が書きたかったのは、普通の個人が知的生産のある人生を送り続けるということのあり方や意義です。

村上春樹は、こうも書いています。

ここには「哲学」とまではいかないにせよ、ある種の経験則のようなのもがいくらか含まれていると思う。たいしたものではないかもしれないが、それは少なくとも僕が自分の身体を実際に動かすことによって、オプショナルとしての苦しみを通して、極めて個人的に学んだものである。

WorkFlowyについての私の試行錯誤は、たいしたものではありません。しょせんは、WorkFlowy歴1ヶ月、プロセス型アウトライナー歴2ヶ月の初心者の試行錯誤です。

しかし、少なくとも、私は、WorkFlowyを現在進行形で実際に試し、WorkFlowyによって、日々、ブログエントリや講義レジュメなどの成果物を生み出しています。WorkFlowyについてのブログエントリを書くためにWorkFlowyを使っているのではなく、自分の実際の日常に、自分の身体を使ってWorkFlowyを使い込んだ中で感じていることや考えていることを、少しずつブログエントリのかたちにまとめてきました。

私が自分の身体を実際に動かして、大小様々な感動と大小様々な不自由さを通じて、極めて個人的に学んだものを、私はWorkFlowyについての一連のエントリに書き続けています。

先日、こんな文章を読みました。

いいなあと思う文章には、それを書いている人のはっきりとした世界観を感じることが多い。成熟した世界観というべきか。それはテーマに関係ない。ガジェットやアプリの紹介記事でもアウトライナーの解説でも、水と水の出会うところを讃えた詩でも老人と少年と大きな海への尊敬の物語でも、そして、利他性進化の論文でも生態系の resilience を論じた本でも、その背景になる世界観が伝わってくる文章に出会ったとき、ここでしか得られない何かが詰まっている、と感じることが多い。

引用元:Resilience (たくましさ) | idea square

これを読んで感じたのは、私がWorkFlowyについて書いた文章によって届けたいと願っていたのは、私なりの世界観なんだろう、ということです。

私は、日々試行錯誤を繰り返し、右往左往しながら生きています。私の世界観は、はっきりした世界観でも成熟した世界観でもありません。

でも、私がWorkFlowyのTipsや機能説明を書くのは、役立つ情報を皆様に届けたい、というだけではなく、WorkFlowy紹介によるボーナスアイテム数をゲットしたい、というわけではなく、WorkFlowyのTipsや機能説明に乗せて、自分の世界観を誰かに届けたいからじゃないかなと感じています。

WorkFlowyについて語るときに私が語るのが何なのか、私自身、まだはっきりとは自覚できていません。でも、自分の身体を使ってWorkFlowyから何かを生み出しつづけることで学んだ何かに、文章というかたちを与え続けることを通じて、そこに自分の世界観を表現できたらいいなと感じています。

WorkFlowyについて書きたいことは、まだまだたくさん残っている上に、日々新たに湧いてきます。しばらくはWorkFlowyの割合が高くなるかと思いますが、できるかぎりWorkFlowy限定ではない部分に光を当てて書くつもりです。

なお、当然ながら、このエントリはWorkFlowy(とマロ。さんのハサミスクリプト)で書きました。

WorkFlowyによる「ブログ原稿を育てる畑」から、見出しタグで構造化されたHTMLを収穫するための、知的生産の治具(Mac・AppleScript)

WorkFlowyの有機体から、暫定的な作品群を切り出す。AppleScript「WF2html_p3.scpt」による魔法を公開します。

WorkFlowyは、こんな段差ゼロエントリを書くのも便利です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

【連載】WorkFlowyのテキスト入力に関するキー操作の基本(2) テキストの選択(文字単位の選択とトピック単位の選択)

WorkFlowyは、テキストを階層構造で管理するシステムです。テキストをトピックに格納し、トピック

記事を読む

no image

結城浩先生の『数学文章作法 基礎編』を読んでから、『文章教室』2014期生のクラスメイトができるまで(あるいは、『文章教室』2014期生へのお誘い)

1.はじめに ここ1ヶ月くらい、自分の中で、「文章を書く」ということへの関心が高まっています。

記事を読む

no image

WorkFlowy検索の基本と応用

1.WorkFlowyの検索機能 WorkFlowyは、検索機能を持っています。 検索機能は、アナロ

記事を読む

no image

【WorkFlowy問題集】(1)『クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門』の目次に沿った同書の元記事リストを、公開日基準時系列に並べ替える(検索とトピック移動)

問題 次の【元記事リスト(目次構造)】は、『クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門』のベース

記事を読む

no image

知的生産のフローとWorkFlowy

1.知的生産のフロー (1) 『知的生産の技術』と、知的生産のフロー 『知的生産の技術』は、知的

記事を読む

no image

WorkFlowyを使っていく上で大切なこと (WRM:20151221 から着想を得て)

1.はじめに 〜倉下忠憲さんによる問い「Evernoteを使っていく上で、大切なことは何でしょうか。

記事を読む

no image

日本のWorkFlowyコミュニティと、「好き」な対象に「人生をうずめる」こと

1.Tak.さんのブログ記事“はじめての「WorkFlowyの本」が生まれた” 私がWorkFlow

記事を読む

no image

ブラウザのブックマークによって、WorkFlowyに、2ペイン方式のちょっといいところを取り込む(試案・私案)

1.WorkFlowyに、2ペイン方式のちょっといいところを取り込むには? (1) 1ペインアウト

記事を読む

no image

WorkFlowyを「テキスト管理システム」と捉えて、WorkFlowyから大きな価値を引き出す

1.WorkFlowyは、テキスト管理システム 少し前、こんな文章を書きました。 「WorkFlow

記事を読む

no image

アシストボタンからカスタマイズツールバーへの進化(HandyFlowy ver.1.1)

HandyFlowyは、iPhone・iPad用のWorkFlowy専用クライアントアプリです。 H

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑