*

WorkFlowyの公式デモページで、アカウントを作成せずに、WorkFlowyを体験する

公開日: : WorkFlowy

WorkFlowyは、ある種の人にとっては、うまく機能し、大きな力を発揮します。

自分にとってWorkFlowyがうまく機能するか否かは、体験すればわかります。体験しないとわかりません。

WorkFlowyのデモページを使えば、アカウントを作成しなくても、今この瞬間から、WorkFlowyを体験できます(ただし、スマートフォンからは使いづらいです)。

WorkFlowy公式デモページ

WorkFlowyのでもページを使えば、WorkFlowyのアカウントを作らなくても、WorkFlowyを利用できる。

デモページでWorkFlowyを体験した結果、自分にとってはWorkFlowyがうまく機能しそうだと感じた方は、よろしければ、以下の文章群をご覧ください。

【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる

クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明

以下は、蛇足です。

1.WorkFlowyの価値を理解するいちばんの方法は、WorkFlowyを体験すること

WorkFlowyが大好きです。私にとって、WorkFlowyを育てることは、自分の人生を育てることと、だいたい同じです。

WorkFlowyは、2015年5月現在、あまり知られていません。WorkFlowyを知れば、WorkFlowyに大きな価値を見い出す人は、まだまだたくさん残されています。そこでWorkFlowyの持つ価値を伝えたくて、私は、今日まで、WorkFlowyを説明することに全力を注いできました。WorkFlowyを説明することは、今の私の「自分の仕事」です。

【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる

クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明

とはいえ、自分で言っちゃうとおしまいなのですが、WorkFlowyの持つ価値を理解するために、私が書いた一群の説明文を読むことは、あまりよい方法ではありません。

もちろん、原因の一端は、私の説明文の質にあります。私の説明文は、WorkFlowyの価値を十分に伝え切れていません。

でも、もっと本質的な問題があって、それは、WorkFlowyの価値を理解するという目的との関係で、説明文を読むということは、合理的な手段ではない、ということです。

なぜでしょうか。それは、「体験しないとわからないし、体験すればわかる」からです。WorkFlowyの持つ価値は、WorkFlowyを体験しないとわかりません。そして、WorkFlowyの持つ価値は、WorkFlowyを体験すればわかります。

なので、WorkFlowyの持つ価値を伝えたい私が、皆様に対して望んでいることは、「WorkFlowyを体験する」ということです。

2.「WorkFlowyを体験する」ためのハードルを下げるWorkFlowyの公式デモページ

(1) WorkFlowyの無料アカウントを作れば、WorkFlowyを体験できる

WorkFlowyは、クラウドサービスです。アカウントを登録すれば、すぐに使えます。無料アカウントも用意されており、無料でも十分使い物になります。

WorkFlowyは、マルチプラットフォーム対応です。WindowsからもMacからも使えます。iPhoneからもAndroidからも使えます。

WorkFlowyは、アプリを購入する必要もありません。WindowやMacからならブラウザから使えますし、iPhoneやAndroidからなら無料の公式アプリが用意されています。

このように、WorkFlowyを使い始めるのは、簡単です。無料アカウントを作りさえすれば、すぐにでも、WorkFlowyを体験できます。

(2) 無料アカウント登録も、ひとつの大きなハードルだから

しかし、この「無料アカウントを登録すること」は、それなりのハードルです。

このウェブ社会において、多くの人は、すでにたくさんのウェブサービスにアカウントを登録しています。アカウントを登録すると、ID(メールアドレス)やパスワードを管理しなければ行けません。パスワードを使い回すと、ひとつのウェブサービスがハッキングの被害を受けた場合などに、他のウェブサービスが被害を受けるおそれもあります。できることなら、新しいアカウントは作りたくありません。

無料だとしても、新しいアプリケーションを買ってくる必要はないとしても、「WorkFlowyに無料アカウントを作ること」は、大きなハードルです。

では、どうしたらよいでしょうか。

よい解決策があります。それは、WorkFlowyの公式デモページを使うことです。

WorkFlowyの公式デモページ

WorkFlowyの公式デモページを使えば、アカウントを作成しなくても、WorkFlowyのほぼ全機能を使うことができます。

(実は、このエントリも、大部分を、WorkFlowyの公式デモページで書きました。)

WorkFlowyのデモページで、このエントリの原稿の大部分を書きました。

3.デモページの簡単な説明

デモページは、このリンク先にアクセスするだけで、利用できます。

WorkFlowyの公式デモページ

デモページの画面構成は、こんな感じです。

demo

右側のウィンドウの中が、通常のWorkFlowyとほとんど同じように使えます。(使えない機能は、保存、共有、URLです。たぶん。)

デモページ右側は、WorkFlowy

左側に、「Welcome!」から始まるいくつかの文字列がリスト上に記載されています。次の15個のリストです。

デモページ左側に、チェックリストが載っている。

  • 1. Zoom in by clicking a bullet point
  • 2. Zoom out by clicking “Home” above the list
  • 3. Collapse a bullet point
  • 4. Expand a bullet
  • 5. Click the tag “#now” to filter the list
  • 6. Hit the “esc” key to clear the #tag filter
  • 7. Drag a bullet to a new location
  • 8. Hover over a bullet until the menu pops up, then click “Complete”
  • 9. Type to edit some text
  • 10. Hit “enter” to create a new line
  • 11. Hit “tab” to indent
  • 12. Hold “shift” and hit “tab” to outdent
  • 13. Search for “genius”
  • 14. Demo complete! Now just click the button below
  • 15. Start Using WorkFlowy

まとまりごとに、簡単に説明します。

(1) Zoom機能を体験する

1と2は、Zoom機能の体験です。

「1. Zoom in by clicking a bullet point」は、各行冒頭のbulletをクリックして、好きなトピックにZoom inすればチェックがつきます。

「2. Zoom out by clicking “Home” above the list」は、画面上部のパンくずリストの「Home」をクリックして、Home画面にZoom outすればチェックがつきます。

(2) 折りたたみ機能を体験する

3と4は、折りたたみ機能の体験です。

「3. Collapse a bullet point」は、各行冒頭のbulletの左側に出る「-」マークをクリックして、子トピックを折りたたむと、チェックがつきます。

「4. Expand a bullet」は、各行冒頭のbulletの左側に出る「+」マークをクリックして、子トピックを展開すると、チェックがつきます。

(3) タグ機能を体験する

5と6は、タグ機能の体験です。

WorkFlowyのタグの基本

「5. Click the tag “#now” to filter the list」は、リストのどこかに存在する「#now」というハッシュタグをクリックすれば、チェックがつきます。

「6. Hit the “esc” key to clear the #tag filter」は、ecsキーを押して、検索窓に表示されていたハッシュタグをクリアすれば、チェックがつきます。

(4) トピックの移動を体験する

7は、トピックの移動の体験です。

「7. Drag a bullet to a new location」は、行頭のbulletをドラッグし、トピックを他の場所に移動すれば、チェックがつきます。

(5) トピックのComplete機能を体験する

8は、トピックを完了にするComplete機能です。

「8. Hover over a bullet until the menu pops up, then click “Complete”」は、行頭のbulletにカーソルを合わせ、表示されるメニューから「Complete」を選択することで、トピックをCompleteにすれば、チェックがつきます。

(6) トピックへのテキスト入力を体験する

9は、トピックへのテキスト入力の体験です。

「9. Type to edit some text」は、リスト内の適当なところにカーソルを合わせて、任意のトピックの中に任意のテキストを適当に入力すれば、チェックがつきます。

WorkFlowyがテキストを管理する枠組みは、「テキストをトピックに格納する」と「トピックを階層構造で管理する」の2段階

(7) 新しいトピック作成を体験する

10は、エンターキーで新しいトピックを作成することの体験です。

「10. Hit “enter” to create a new line」は、リスト内の任意の場所でエンターキーを押して、新しいトピックを作成すれば、チェックがつきます。

(8) 階層構造の付与を体験する

11と12は、WorkFlowyの基本秩序である階層構造の体験です。

「11. Hit “tab” to indent」は、トピックにカーソルを合わせた状態でTabを押し、そのトピックの階層をひとつ深くすれば、チェックがつきます。

「12. Hold “shift” and hit “tab” to outdent」は、トピックにカーソルを合わせた状態でShiftとTabを押し、そのトピックの階層をひとつ浅くすれば、チェックがつきます。

(9) 検索機能を体験する

13は、検索機能の体験です。

「13. Search for “genius”」は、検索窓にカーソルを合わせ、”genius”というキーワードを入力すれば、チェックがつきます。

WorkFlowy検索の基本と応用

これで、デモページのステップはすべて終了です。

(10) WorkFlowyの無料アカウントを作る

14と15は、アカウントを作りましょう、という項目です。

「15. Start Using WorkFlowy」をクリックすると、WorkFlowyのアカウント登録画面に移動します。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyのURLの基本と「保存された検索」のような活用例

1.クラウドアウトライナーWorkFlowyのURL WorkFlowyは、クラウドアウトライナー

記事を読む

no image

KindleからWorkFlowyへの「入口」を拡張するツール「kindle highlight to WorkFlowy」

1年ちょっと前に妄想していたこれ。 彩郎版のKindleハイライト取得ブックマークレットを構想する

記事を読む

no image

WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボールペンで読む日本語』

1.はじめに 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』を読んでから、「読書ノート」を作る習慣を始めまし

記事を読む

no image

アドオン「Stylish」による「推敲用WorkFlowy」(段差フラット&bullet非表示)

1.問題意識 私は、WorkFlowyを、「文章を書き上げるためのツール」として使っています。 W

記事を読む

no image

Kindle本を、三色ボールペン方式で読む(kindle.amazon.co.jp × 「三色ボールペンWorkFlowy」)

1.解消したい課題 私は、紙の本を、三色ボールペン方式で読んでいます。 三色ボールペン方式とは、

記事を読む

no image

WorkFlowyにKindleのURLを書いて、「読書ノート」を育てる

1.前提知識 (1) WorkFlowyに関する前提知識 a.WorkFlowyは、「読書ノート」と

記事を読む

no image

WorkFlowyでプロジェクトを進める

1.はじめに 最近、WorkFlowyをタスク管理に使えないだろうか、と試行錯誤しています。Tood

記事を読む

no image

WorkFlowyで、Kindle本の「読書ノート」を作る

実例をまとめました。→WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボール

記事を読む

no image

『WorkFlowy文章作法』の「はじめに」

本書について こんにちは。本書『WorkFlowy文章作法』では、 WorkFlowyで文章を書く

記事を読む

no image

【連載】iOSからWorkFlowyを快適に使う(2) 操作と反応の細かい対応関係をちまちま理解して、公式アプリの力を引き出す。

WorkFlowyは、パソコンからなら大変使いやすいのですが、iPhoneなどのスマートフォンから使

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑