*

Fire TV Stick購入時に実感した、「購買決断を助ける」というAmazonのコンセプト

公開日: :

1.Fire TV Stick(の旧型モデル)を買いました。

いまさらですが、先日、Fire TV Stickを買いました。2017年1月時点でamazon.co.jpで発売されているモデルです。

Fire TV Stick

レビュー欄に、「これは旧型です」「アメリカではとっくの昔に新型が出てます」といった書き込みがたくさんありましたので、新型が出るまで待とうかなとも思いましたが、諸々考慮して、今、旧型モデルを買うことにしました。

満足してます。

私がやりたいのは、とりあえず、テレビでYouTube(の恋ダンスレッスン動画)を再生することと、iPhoneとミラーリングしてGoogle Photoをテレビで楽しむことだけです。この用途なら旧型モデルでも問題ないと判断しましたし、実際、不都合はありませんでした。

この時期に旧型を買うことは、amazon.co.jpの在庫整理に協力する形になったのかもしれませんが、全然不満はありません。

2.購入時に実感したAmazonのコンセプト

この購入に関連して思い出したのは、『ストーリーとしての競争戦略』が紹介するAmazonの戦略です。

『ストーリーとしての競争戦略』

同書いわく、Amazonは、「人々の購買決断を助けること」をコンセプトとしています。

こうした安直なコンセプトをごく初期の段階から否定し、ユニークなコンセプトで独自の戦略ストーリーを構想した数少ない企業の一つがアマゾン・ドット・コムです。創業経営者のジェフ・ベゾスさんは創業当初から「他社と決定的に異なるのは、アマゾンのビジネスの中核がモノを売るのではないということだ。われわれのビジネスの本質は人々の購買決断を助けることにある」と断言しています。

location 4082

個別化されたレコメンデーションで関連商品を提示することも、「人々の購買決断を助けること」というコンセプトから導かれた戦略です。

しかし、顧客の購買やブラウズのパターンを見て、個別化されたレコメンデーションで購買決断を助けるということは「ネットでなければできないこと」です。顧客ごとにウェブページを丸ごとカスタマイズする、つまり店そのものを顧客の好みに合わせて変えてしまうというアマゾンのやり方は、膨大な投資と長い時間をかけて開発した独自技術の集大成です。

location 4109

Amazonは、やることなすことがいちいちコンセプトに忠実な企業です。『ストーリーとしての競争戦略』は、過去に同じものをかったかどうかを知らせるサービスや、マーケットプレイスの商品を新品の横に並べることを例として示します。

アマゾンもまた、やることなすことがいちいちコンセプトに忠実な企業です。アマゾンのコンセプトは、モノを売るのではなく、「人々の購買決断を助ける」ことにありました。このコンセプトに基づいて、アマゾンはその顧客が過去に同じものを買ったかどうかを知らせるサービスを始めました。

location 4306

さて、私が今回、Fire TV Stick購入時に参考にしたレビューも、Amazonの、コンセプトに忠実な姿勢を示す一例なのではないかと思います。

Fire TV Stickにはたくさんのレビューがついていますが、上位に表示されるレビューは、軒並み、「これは旧型だから新型が出るのを待ったほうがよい」という趣旨のレビューです。レビューの中には、Fire TV Stickを絶賛するものも多いのですが、これらのレビューは下位なので、クリックなどをしないと出てきません。

つまり、Fire TV Stickを購入しようかなと考え、amazon.co.jpのサイトに訪れた人々の多くは、レビューを一瞥した瞬間、「これは旧型で、新型が近いうちに出るかもしれない」という情報を知ります。そして、「新型を待つ」「現時点で旧型を買う」という2つの選択肢を得ます。

実際、私も、Fire TV Stick購入時に訪れたamazon.co.jpのサイトから、新型が出るかもしれないという情報を得ました。レビューを見るまでは、すぐにでもFire TV Stickを購入しようと思っていた、つまり、「新型が出るまで待つ」という選択肢は持っていなかったのですが、レビューを見て、「新型が出るまで待つ」という選択肢を持つに至りました。

つまり、Amazonは、「新型を待つ」という選択肢を購入候補者に与えているのです。これによってFire TV Stickの売上が下がる可能性があるとしても。

Amazonがとるこの戦略は、いっけん不合理だけれど、実はとても合理的な戦略なのではないかと思います。

私にしても、もし、購入後に、「近いうちに新型が出るかもしれない」という情報を得ていたら、不満を感じたかもしれません。今、私が旧型モデルに満足しているのは、購入前に新型の情報を得た上で、「今・旧型」「待って・新型」という選択肢から、旧型購入を選択したからです。

購入時に顧客に十分な情報と選択肢を与え、人々の購買決断を助けることは、長い目で見ると、Amazonの強みを強化する方向に働くということを、Fire TV Stick購入時に実感したお話でした。

スポンサードリンク

関連記事

no image

自分の考えを正確にわかりやすく伝える文章を書けるようになるために役立つ本のリスト

この記事は、大学の講義で使うために作成したメモを、若干整えたものです。 私がこのメモの初版を作った

記事を読む

no image

【2015年の読書】WorkFlowyとKindleによる読書システムの進化とその影響

2015年12月になりました。2015年最後の1ヶ月です。 2015年も、いろいろなことがあった一年

記事を読む

no image

「欲求の4タイプ」はどのように役立つか

1.『人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』の感想とまとめ 岡田斗司夫氏の『人生の法

記事を読む

no image

Evernoteは「大きな引き出し」。「しまう」と「響く」

1.「しまう」と「響く」 恩田陸さんの『光の帝国』に、「大きな引き出し」という短編が収録されていま

記事を読む

no image

情報の構造を活かし、Amazonから目次をWorkFlowy&MemoFlowyに取り込む「入口」拡張ツール

1.はじめに 昨日、マロ。さんによって、「kindle highlight to WorkFlowy

記事を読む

no image

Amazonアソシエイトで、自分の土台を構成する本のリストを設置する

1.Amazonアソシエイトのお気に入りウィジェット Amazonアソシエイトプログラムにも登録し

記事を読む

no image

ブックマークレット「KindleHighlight」で、「kindle.amazon.co.jp」から、Kindle本のハイライト箇所を、シンプルなデータで、クリップボードに取り込む

その後の展開です。(2015-04-07追記) WorkFlowyにKindleのURLを書いて

記事を読む

no image

Kindle本の返品方法

1.子どもがKindle Paperwhiteで、Kindle本を誤注文 うちの子は、iPadやK

記事を読む

no image

「何度も読み返す本たち」の育て方

1.「何度も読み返す本」は、見つけるものではなくて、育てるもの 少し前に、「何度も読んできた本たち

記事を読む

no image

KindleからWorkFlowyへの「入口」を拡張するツール「kindle highlight to WorkFlowy」

1年ちょっと前に妄想していたこれ。 彩郎版のKindleハイライト取得ブックマークレットを構想する

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑