*

Androidからひとりブレーンストーミングをするなら、PostEverが最適!

公開日: : Android, Evernote, 書き方・考え方

1.概要

PostEverを使えば、ひとりブレーンストーミングをすることができます。

PostEverのタイトル入力欄にブレーンストーミング対象テーマを記入して、すき間時間にAndroidのPostEverからテーマに関するアイデアをEvernoteにどんどん放り込みます。その後、まとまった時間を作り、パソコンのEvernoteクライアントで、PostEverからの投稿を並び替えたりまとめたり編集したりして、アイデアを整理します。

2.PostEverを使ったひとりブレーンストーミングのやり方

(0)PostEverの設定

PostEverをひとりブレーンストーミングに使うには、PostEverにタイトル欄を表示する設定をする必要があります。

設定から、「タイトル入力欄の表示」にチェックを入れれば、タイトル欄が表示されます。

(1)テーマの設定(ノートタイトルへの記入)

まず、ブレーンストーミングのテーマを、PostEverのタイトル入力欄に記入します。ここに記入したテーマをタイトルとするEvernoteノートが作成されます。

テーマを記載するときのコツは、以下のふたつではないかと思います。

i) 問いの形にする。

問いの形にすると、アイデアが出やすい気がします。

ii) ある程度抽象的なオープンクエスチョンにする。

Yes/Noで回答可能なクローズドクエスチョンだと、ブレーンストーミングになりません。また、発想を広げるためには、ある程度抽象的な問いの方がよいと思われます。

具体例は、以下のとおりです。

  • 「Gmailを活用するにはどうしたらいいか?」
  • 「論理的な文章の条件とは何か?」
  • 「スマートフォンに求める条件は何か?」
  • 「ブログのアクセス数を増やすには何をするべきか?」

(2)アイデアを出す(Android・すきま時間でもOK)

PostEverを開き、アイデアを投稿します。すきま時間に断続的に、でもかまいません。

この段階でのポイントは、ふたつです。

i)質より量。

ブレーンストーミングなので、質より量です。

ii)ひとつのアイデアごとにひとつの投稿にする。

どんなに細かいアイデアでも、アイデアごとにひとつの投稿にします。PostEverは、投稿ごとにタイムスタンプで区切りを入れてくれますので、アイデアごとの区切りがでます。アイデアごとに区切りを入れるのは、後のアイデア整理作業のために重要です。

(3)アイデアの整理(Windows・じっくり)

アイデアを出し終えたら、アイデアの整理をします。

アイデアを整理するために、Windowsパソコンの広い画面とキーボード・マウスを使って作業します。アイデアの整理は、手を動かす作業です。

PostEverから保存したひとつのメモをひとつの単位として、KJ法のような整理をします。ひとつのメモをひとつの単位として、メモを、くっつけたり分けたり、並び替えたり、まとめたりします。その後、編集して、ある程度まとまりのある文章にします。

a.くっつけたり分けたりする

同じアイデアを扱う複数のメモは、ひとつのメモへ、くっつけます。ひとつのメモに複数のアイデアが含まれている場合は、複数のメモに分けます。

b.並び替える

メモを並び替えます。似たアイデアを近くに並べたり、重要なものから並べたり、同じ視点によるアイデアを集めたり、適当に並び替えます。

c.まとめる

メモをまとめる上位概念を考えて、メモをまとめます。まとめたら、上位概念でタイトルを付けます。

e.編集して、文章にする

ある程度まとまったら、文章にします。文章にする手順に、特に決まりはありませんが、たとえば、以下のような流れです。

  1. ブレーンストーミングのテーマとして設定した問いを、具体的な問いにする(あまり抽象的だと、まとまらないので)
  2. 問いに対する答え・結論を定める
  3. 問いに対する答え・結論を導く理由をまとめる
  4. 理由同士の関係性を整理する

3.付記:WriteNoteでもできるか? できなくはないが、PostEverの方がよい。

(1)問題点

AndroidからEvernoteにテキストと画像を投稿するためのアプリには、PostEverのほかに、WriteNoteシリーズがあります。WriteNoteは、設定によって、PostEverのようにひとつのノートにどんどん追記する形で使用することができます。

では、Androidからのひとりブレーンストーミングに、WriteNoteシリーズを使うことはできないのでしょうか。

(2)結論

できなくはありません。しかし、PostEverの方がやりやすいです。無理してWriteNoteでやる必要はありません。

PostEverは、メモ作成画面にタイトル入力欄を表示できる上、タイトル履歴機能を持っています。ひとりブレーンストーミングには、これらの機能が便利です。これに対して、WriteNoteには、これらの機能がありません。

(3)WriteNoteでひとりブレーンストーミングをするには

WriteNoteでひとりブレーンストーミングをするには、以下の方法をとることになります。

  1. ノート設定を開き、「ノート名」にブレーンストーミングのテーマを記入する。
  2. 設定を開き、「送信後も終了しない」にチェックを入れる(これによって連続投稿が可能になる)
  3. 入力画面から、どんどんアイデアを投稿する

この方法には、以下の2つの欠点があるため、複数のテーマを同時並行でひとりブレーンストーミングするには、不向きです。

  1. 入力画面上に、ブレーンストーミングのテーマが表示されません。また、入力画面において、ブレーンストーミングのテーマを記入することができません。
  2. ノートタイトルの履歴機能がありません。

なお、対策として、WriteNote Proの複数ノート設定を使う方法が考えられます。考えられますが、しかし、あえてWriteNoteを使う必要はないような気がします。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Nexus 7をdocomo Wi-Fiにつなぐ

1.docomo Wi-Fiの強みは、接続できる台数に制限がないこと 公衆無線LANは、便利です。新

記事を読む

no image

自分の考えを正確にわかりやすく伝える文章を書けるようになるために役立つ本のリスト

この記事は、大学の講義で使うために作成したメモを、若干整えたものです。 私がこのメモの初版を作った

記事を読む

no image

誕生日おめでとう、Evernote日本語版。Evernoteが100年続くことを信じて、Evernoteを使う

1.3月3日は、Evernote日本語版の誕生日だそうです さっきTwitterで知ったのですが、

記事を読む

no image

課題とアプローチ×具体的と抽象的のマトリクス

1.具体的な課題と抽象的な課題 課題には、具体的な課題と抽象的な課題があります。(ふたつにぱりっと分

記事を読む

no image

仮説としての「問い・答え・理由」によって、思考の範囲を区切る(私のトップダウン型思考)

1.はじめに (1) 私のトップダウン思考と、Tak.さんのボトムアップ思考 杭を打てば垣根がで

記事を読む

no image

全体としてひとつの流動的な有機体であるか否か(Evernoteとプロセス型アウトライナーの思想のちがい)

1.はじめに 「Evernoteとアウトライナーの融合は可能か?」というテーマを考察した、この記事

記事を読む

no image

Evernoteで文章を書くようになって約3年、Evernoteは私の知的生産をどう変えたか?

1.はじめに 〜Evernoteは、私の知的生産を、どう変えたか?〜 (1) 「ずっと完成しないで

記事を読む

no image

Evernoteは、ノートの杭を打つからこそ、思考のツールとして現にうまく機能している。

1.ノートの杭を打つにもかかわらず、Evernoteは、なぜ、思考のツールとして現に機能しているのか

記事を読む

no image

なぜ、文章書きとしての私は、アウトライナーよりもEvernoteを贔屓しているのか?

1.はじめに この記事を読みました。 Evernoteとアウトライナーの融合に対する試案(201

記事を読む

no image

Evernoteの育て方。子どもの成長記録・知的生産・セルフマネジメントのノート具体例とあわせて。

1.Evernoteの中に具体的なノートが増えることで、Evernoteが育つ いつのころからか、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑