*

Xperia SX(SO-05D)でWi-Fiを快適に使うための設定:スリープ時のWi-Fi接続・エリア連動Wi-Fi

公開日: : Android ,

1.Wi-Fiを利用できる場所では、Wi-Fiを利用する方がよい理由

docomoのXiスマートフォンを使う場合、自宅や職場など、Wi-Fiを利用できる場所では、Wi-Fiを利用してネットワークに接続する方がよいと思います。その理由は、次のふたつです。

(1)通信量制限と無関係の通信

Wi-Fiを利用した通信は、Xiのパケ・ホーダイプランに課されている7GBまたは3GBの通信量制限とは関係のない通信です。したがって、Wi-Fiを利用すれば、その分、7GBまたは3GBの通信量制限を受ける可能性が低くなります。

(2)バッテリー消費

Xiスマートフォンの欠点は、Xiの電波を探すときのバッテリー消費が大きい点です。

これに対して、Wi-Fiにつながっているときは、LTE/3GよりもWi-Fiが優先されるため、Xiの電波を探すことによるバッテリー消費が抑えられます(おそらく)。

そのため、Wi-Fiを利用できる場所では、Wi-Fiでネットワークに接続した方が、バッテリー消費が少なくなります。(たぶん。私の体感です。)

2.Xperia SXでWi-Fiを快適に使うための設定

Xperia SXでWi-Fiを利用するのであれば、購入時の設定のままで使うのではなく、以下の2点を設定する方がよいと思われます。

(1)「スリープ時のWi-Fi接続」を「使用する」

a.スリープ時のWi-Fi接続について

Xperia SXには、「スリープ時のWi-Fi接続」を使用するか使用しないかを選択する設定があります。この設定なのですが、デフォルトでは、使用しない設定になっています。

しかし、スリープ時にWi-Fiを使用しない設定だと、スリープ状態になるたびにWi-Fi接続が切れてしまいます。スリープから復帰するたびにWi-Fiにつなぎ直すことになるため、スリープからの復帰直後にWi-Fiを利用できないこともたまにあります。また、スリープ中の通信はLTE/3Gによる通信になりますし、スリープ中はXiの電波を探し続けることになってしまいます。

そこで、Wi-Fiを利用できるエリア内にいるときは、スリープ時も、Wi-Fiをオンにする方が、通信量の点でも、バッテリーの点でも、よいと思います。

b.スリープ時のWi-Fi接続の設定方法

「スリープ時のWi-Fi接続」を「使用する」に変更する方法は、以下の通りです。

「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi」までいって、メニューキーから「詳細設定」を開けば、「スリープ時のWi-Fi接続」の項目があります。ここで、「使用する」を選択するだけです。

(2)「エリア連動Wi-Fi」の設定

a.Wi-Fiを利用できるときだけ、Wi-Fiをオン

Wi-Fiを利用できる場所では、Wi-FiをオンにしてWi-Fi経由でネットワークに接続する方がバッテリー消費の点で有利です。他方で、Wi-Fiを利用できない場所でWi-Fiをオンにすると、バッテリー消費が上がってしまいます。そこで、Wi-Fiを利用できる場所ではWi-Fiをオン、Wi-Fiを利用できない場所ではWi-Fiをオフ、にするのがベストです。

b.対策:エリア連動Wi-Fi

しかし、Wi-Fiのオン・オフを手動で切り替えるのは、若干面倒です。

この対策として、以前から一部でよく使われていたのは、Taskerというアプリを使う方法です。とはいえ、Taskerは、設定が複雑であることが問題点でした。

これに対して、Xperia SXでは、「エリア連動Wi-Fi」という機能が用意されています。エリア連動Wi-Fiは、特定のWi-Fiネットワークの付近にいるときに、自動でWi-Fiをオンにする機能です。

c.エリア連動Wi-Fiの設定

エリア連動Wi-Fiの設定は、簡単です。

まず、Androidを、利用するWi-Fiネットワーク(自宅や職場など)に接続します。普通に接続するだけです。その後、エリア連動Wi-Fiをオンにします。それだけです。

なお、エリア連動Wi-Fiのオンオフは、「設定」→「無線とネットワーク」→「その他」→「エリア連動Wi-Fi」で行うことができます。

d.エリア連動Wi-Fiを導入した感想

エリア連動Wi-Fiにどれほどのバッテリー抑止効果があるのかは不明です。また、docomoネットワークが圏外になるたびに、「エリア連動Wi-Fiを利用できません。」等のメッセージが出るのが少し邪魔くさいです。

しかし、簡単な設定でTaskerと同じことを実現する点で、エリア連動Wi-Fiは、優れた機能だと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

AndroidでToodledoを使う(3) インテント機能でタスクを追加する

1.インテント機能でToodledoにタスクを追加する AndroidでToodledoを使う際に

記事を読む

no image

バーチカル表示がうれしいAndroidのカレンダーアプリ「Business Calendar」(6) アジェンダ表示のヘルプに書いてあること

はじめに AndroidのカレンダーアプリBusiness Calendarのヘルプを確認する作業

記事を読む

no image

iftttにおけるpocketのチャンネルに期待したいこと

1.iftttの対応が早かった Read It Laterが、その名を、pocketに変えました。

記事を読む

no image

ドコモメール延期に思う、キャリアメールの地位低下とドコモメール不発

1.ドコモメールの延期 平成25年3月15日、ドコモは、ドコモメールの提供開始時期を変更することを発

記事を読む

no image

スクリーンショットの撮影方法(iPadとGALAXY S)

iPadとGALAXY Sで、端末に最初から備わった機能だけで(=特別なアプリを入れないで)、スクリ

記事を読む

no image

サポテキ(6) 私の今の編集モード

1.はじめに サポテキというアプリを知って、10日間くらいになります。サポテキは、あっという間に、

記事を読む

no image

脱spモードメール計画(3) LINEのトークは、spモードメールの代替になるか?

1.同居の家族とのやりとりに、LINEのトークを試す 脱spモードメール計画にとっては、相手の意向が

記事を読む

no image

サポテキ(4) 特定の人宛のspモードメールをさくっと作成する

1.spモードメールアプリ上の操作をできる限り少なくするために サポテキは、メーラーアプリにテキス

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックを共有して、子どもの写真付き成長日記を家族で共有する方法

1.子どもの写真付き成長日記を家族で共有 (1) Evernoteの共有機能で、子どもの写真付き成

記事を読む

no image

Xiでテザリングする場合の、7GB制限の意味を検証してみた(結論:私の使い方なら、気にしなくてよい)

0.はじめに Xiプランのよいところは、テザリングをしても上限が変わらない(キャンペーン等を考慮し

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

  • 2012年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑