*

Windowsでよく使うアプリケーションを10個厳選し、タスクバーへピン留めする

公開日: : Windows

1.Windows 7、Windows 8が誇る、タスクバーへのピン留め

Windows 7から備わった、Windowsのすばらしい機能は、タスクバーへのピン留めです。

タスクバーへのピン留め機能は、アプリケーションやフォルダを、タスクバーにピン留めすることができる機能です。ピン留めすれば、そのアプリケーションやフォルダのアイコンは、常にタスクバーに表示されます。そして、タスクバーにピン留めされたアイコンをクリックすれば、そのアプリケーションやフォルダを開くことができます。

ピン留め機能が使える機能である理由は、キーボードショートカットが設定されているためです。ピン留めしたもののうち、左から10個を、Windowsキー+1~0で開くことができます。

このWindowsキー+1~0のキーボードショートカットは、ほとんどの場面で有効です。どんなときでも、Windowsキー+1~0で、お望みのアプリケーションを起動したり、すでに起動しているならそのアプリケーションに切り替えることができます。Windows 8で、スタート画面にいるときだって、全画面のWindowsストアアプリを利用しているときだって、Windowsキー+1~0を使えば、デスクトップ画面の登録アプリケーションに移ることができます。

したがって、タスクバーに、よく使うアプリケーションなどを10個ピン留めしておけば、そして、何番がどのアプリケーションかを暗記しておけば、常に一瞬にしてそのアプリケーションを開くことができます。Windows 7とWindows 8のタスクバーへのピン留め機能は、Windowsが標準で備える、優れたランチャー機能です。

2.Windowsでよく使うアプリケーションを10個厳選する

タスクバーへピン留めできる個数は、タスクバーのスペースが許す限り、制限はありません。しかし、キーボードショートカットを利用できるのは、左から順番に10個だけです。Windowsでできることは膨大なので、Windowsで利用するアプリケーションは、通常、10個にはおさまりません。タスクバーへのピン留め機能だけで、すべてのアプリケーションを利用することはできません。

しかし、10個のアプリケーションしか使わないでWindowsを使うことは難しいとしても、Windowsからアプリケーションを開く回数の9割以上は、使用頻度の高い10個のアプリケーションを開く動作なのではないかと思います。そのため、タスクバーに、使用頻度の高い10個のアプリケーションを厳選して登録すれば、アプリケーション起動の大部分を、Windowsキー+1~0というシンプルな操作で起動することができます。

この状態を実現するためにここで大切なのは、10個のアプリケーションの厳選です。使用頻度の高い10個をいかに厳選するか、が、タスクバーへのピン留め機能の使い勝手を左右します。

3.私の10個

私の場合は、以下の10個を登録しています。

(1) Google Chrome

ブラウザは、Google Chromeを使っています。動作が軽快である点、機能拡張がある点、Googleアカウントでブックマークやパスワードを同期できる点、モバイルのGoogle Chromeとページを同期できる点で、Google Chrome派です。

インターネットで何かを調べるときはもちろんですが、仕事のグループウェアにアクセスするのも、大学のシラバスシステムにアクセスするのも、WordPressのダッシュボードを管理するのも、Google AdSenseのレポートを見るのも、全部、Google Chromeからです。

また、私の生産活動を支えているのは、GmailとGoogleカレンダーとToodledoですが、このうち、GmailとGoogleカレンダーは、Google Chromeのいちタブとして開いています(Toodledoは、Google Chromeのアプリケーションショートカットを作っています)。

そこで、Google Chromeには、栄えある「1」を割り当てています。

(2) As/R

As/Rは、ファイラです。

Windows標準のエクスプローラの使い勝手も悪くはないのですが、As/Rなら、2キーで特定のフォルダにジャンプできるので、自由自在にフォルダ内を動き回ることができます。この操作感が快適で、私はAs/Rを手放すことができません。

(3) Evernote for Windows

Evernoteというクラウドサービスは、私が書くすべての文章の受け皿になっています。

EvernoteをWindowsで使うなら、Evernote for Windowsを使うのがよいと思います。Evernoteに保存してあるデータ量がそれほど大きくないなら、Evernote for Windowsを使っても、ハードディスクをそれほど圧迫しませんし、Evernote for Windowsの動作もそれほど重たくありません。ブラウザから使うよりも、Evernote for Windowsをインストールしたほうが、快適ではないかと思います。

ちなみに、私が使っているOSはWindows 8ですが、私が使っているEvernote for Windowsは、デスクトップ画面向けのものです。タッチ操作前提の全画面表示対応のものもあるようなのですが(Evernote Touch for Windows 8)、使っていません。

(4) Microsoft Word

最終的にプリントアウトする仕事文書のほとんどは、Microsoft Wordから作成します。

おせっかいな機能も多く、動作も軽いとはいえないため、それほど大好きなアプリケーションではないのですが、なんだかんだ言って長年使っているので、文書作成に関しては、不自由なく使うことができます。

(5) Let’s家計簿

家計簿アプリケーション。シェアウェアです。

入力が簡単なので、継続できます。私は、Dropboxを経由して、複数のパソコンでデータを同期しています。

(6) Toodledo(Google Chromeのアプリケーションショートカット)

私がGoogle Chromeから頻繁に使うクラウドサービスは、Gmail、Googleカレンダー、Toodledoの3つなのですが、Toodledoだけは、アプリケーションショートカットを使用しています。

アプリケーションショートカットにして、Toodledoで表示の設定をきちんとすれば、Toodledoのブラウザ版は、十分使いやすいUIではないかと思います。

(7) Picasa

Picasaは、Googleが提供する画像管理アプリケーションです。

デジカメで撮影した写真の整理は、今のところ、Picasaから行っています。

ただ、課題も感じています。それは、複数のパソコンで、写真データを同期することができない、ということです。

Picasaは、PicasaウェブアルバムやGoogle+に写真を投稿することは得意ですが、PicasaウェブアルバムやGoogle+にアップロードした写真をダウンロードすることは苦手です(Googleがそういう思想で設計しているのでしょう)。複数のパソコンにPicasaをインストールすれば、自動的に写真が同期される、というような機能が備わったら、最強なのになあ、と思います。

(この目的を達成するには、Dropboxを使って、料金を支払って容量を購入すればよいのでしょうけれども、固定費が増えることに抵抗があるため、見送っています……。)

(8) Windows Live Writer

ブログへの記事の投稿は、Windows Live Writerからしています。投稿機能に不足はありません。

ただし、過去の記事を管理する機能が弱い気がするため、この点が改善されると、もっとすばらしいのになあ、と思います。

(9) 秀丸エディタ

秀丸エディタは、テキストエディタです。かれこれ10年前くらいから使っています。

一時期は、文章を書くのも全部秀丸エディタでやっていたのですが、今は、Evernoteでデータを同期できることの魅力から、文章を書く用途では、秀丸エディタを使っていません。

しかし、WordPressのテーマファイルをいじったり、HTML&CSSを勉強したりなどの場面では、秀丸エディタは大活躍してくれます。

(10) FFFTP

WordPressを管理するために、ftpサーバへの接続アプリケーションは必須です。

私はずっとFFFTPを使っています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Windows 8の使いやすいところと今ひとつなところ

1.VAIO Tを買いました 持ち歩いて使用する11.6インチサイズのノートパソコンを検討した結果、

記事を読む

no image

GoogleChromeをキーボードで操作する(1) GoogleChrome自体のキーボードショートカット

1.はじめに (1)GoogleChromeをキーボードで操作したい キーボードでパソコン操作を

記事を読む

no image

設定という財産を活用するために、Dropboxに入れておくとよい3つの設定ファイル(Windows)

1.ユーザー辞書や設定は財産だから、Dropboxに入れておくとよい パソコンを快適に使うには、アプ

記事を読む

no image

VAIO T 11.6インチを導入して2ヶ月、私の生活で、何が変わったか

1.VAIO Tを導入して、2ヶ月が経つ 私がVAIO Tを導入したのは、2013年3月中旬のことで

記事を読む

no image

まめFileからAs/Rへ

1.ファイラというジャンルのアプリケーション ファイラというジャンルのアプリケーションがあります。

記事を読む

no image

Googleのページに突然現れた「Ads not by this site」という広告を消す方法(Windows)

1.母からのヘルプ要請 先日、実家の母から、パソコンのヘルプ要請が入りました。 母曰く、「Goog

記事を読む

no image

Chromeウェブストアで、「Chromeアプリ」の提供が始まりました。

1.Chromeウェブストアで、「Chromeアプリ」の提供が始まった Googleは、Chrome

記事を読む

no image

2013年2月現在で購入できる、11.6インチのノートパソコンを比較する

1.はじめに 2013年2月現在で購入できる、11.6インチサイズのノートパソコンのスペックを比較

記事を読む

no image

新幹線や喫茶店でノートパソコンを使うことのあるdocomoユーザーは、docomo Wi-Fiを申し込み、設定しておくとよい

1.新幹線や喫茶店でノートパソコンを使うときに便利な、公衆Wi-Fi (1) Ultrabookと

記事を読む

no image

Windows Live Writerで画像を挿入するときの既定の設定を変える方法

1.はじめに Windows Live Writerで画像を挿入するときの既定の設定を変えるには、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑