*

VAIO T 11.6インチを導入して2ヶ月、私の生活で、何が変わったか

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 Windows

1.VAIO Tを導入して、2ヶ月が経つ

私がVAIO Tを導入したのは、2013年3月中旬のことでした。それまで使っていたVAIO Xに限界を感じたことと、リーズナブルな価格で十分な性能のものを入手できることから、11.6インチのノートパソコンを購入することにし、MacBook Airに心惹かれながらも、仕事で使うのはWindowsなのでWindowsの方がよいだろうと考え、VAIO T 11.6インチの購入に踏み切りました。

現時点で、VAIO Tを導入してから、約2ヶ月です。この2ヶ月、VAIO Tを導入したことによって、私の生活には、以下の3つの変化が生じました。

2.VAIO Tを導入して、私の生活で、何が変わったか

(1) docomo Wi-FiとVAIO Tで、いろんな作業をするようになった

VAIO Tは、それなりのカスタマイズをすれば、かなり満足できる性能のものになります。私は、CPUをCore i7、メモリを8GB、ストレージをSSD128GBにしました。その結果、少なくとも、Evernote for Windows、Google Chrome、Microsoft Wordなどを使うためには、十分な性能を持つノートパソコンになりました。

私がパソコンを使って行う作業のほとんどは、Evernote for Windows、Google Chrome、Microsoft Wordを使う作業です。ですから、VAIO Tを導入したことで、私は、普段パソコンを使って行う作業のほとんどを、持ち歩いて使用するノートパソコンを使って実行できるようになりました。

そのため、外出するときにはVAIO Tを持ち歩き、外出先で少し時間が空いたら、喫茶店などに入って、VAIO Tでちょこちょこと作業をするようになりました。

そのときに、インターネット回線があると、できることの幅が広がります。最初は、Xperia SXのテザリングを使っていたのですが、あるとき、docomo Wi-Fiの方が便利であることに気づき、その後は、もっぱらdocomo Wi-Fiを使っています。

docomo Wi-FiとVAIO Tがあれば、かなりの作業をすることができます。たとえば、ブログに関することは、記事を書くことも、原稿をEvernoteで同期することも、完成した原稿をWindows Live Writerから投稿することも、WordPressをいじることも、プラグインを更新することも、全部できます。

(2) リビングにおいて、iPadとノートパソコンの使い分けが明確になった

VAIO Tの一番よいところは、起動と片付けが速いところです。起動時は、画面を開いて、電源ボタンを押せば、数秒で、使用することができます。片付けるときは、パタンと画面を閉じるだけです。これによって、ちょっとした時間であっても、気楽な気持ちで使い始めることができます。

起動と片付けが速いので、VAIO Tは、外出先や自宅デスクだけでなく、自宅のリビングでも、活躍してくれています。iPadを導入してからは、自宅リビングでインターネットを使うなら、もっぱらiPadばかりだったのですが、VAIO Tが来てからは、インターネットでちょっとしたことを調べるのなら、iPadよりもむしろVAIO Tを使います。キーボードがついていることと、複数のアプリを同時に使えるWindowsのスタイル(Windows 7までのスタイル)に慣れていることから、VAIO Tで調べ物をした方が効率的だからです。

(3) 仕事用カバンを、VAIO Tを持ち歩きやすいものに買い換えた

これは、風が吹けば桶屋が儲かる的な話なのですが、私の中では、明確な関係があります。

VAIO Tは、仕事で外出するときも、帰宅後の自宅リビングでも、たいそう活躍しています。そのため、私は、出社時にVAIO Tを持って行き、外出時にVAIO Tを持ち歩き、帰宅時にVAIO Tを持って帰る、という行動パターンになりました。

しかし、それまで私が使っていた仕事用カバンは、マチが少なめだったため、常にVAIO Tを入れておくと、他のものがあまり入りませんでした。また、カバン本体がわりと重たかったため、けっこう重たいVAIO Tを入れっぱなしにしておくと、ずっしりと重たく、腕が疲れました。

そのため、常にVAIO Tを入れておいても、不便にならないカバンを探しました。つまり、第一にマチが広いこと、第二にカバン本体が軽いこと、という条件です。

このふたつの条件に合って、かつ、同居家族の賛同が得られたカバンが、これでした。

Felisi Online Shop/商品詳細 ビジネスバッグ1999/DSネイビー(ナイロン)×ライトブラウン(レザー)

マチが広いのも満足ですが、申し分ない軽さを備えながら作りがしっかりしていることが、大変気に入りました。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WordPress.comへの投稿に、Windows Live Writerを使ってみる。

1.いろいろあるWordpress.comの投稿方法 Wordpress.comに記事を投稿する方

記事を読む

no image

持ち歩いて使用するノートパソコンの購入を、もう1年以上検討しているけれど、購入に踏み切っていない理由

1.VAIO Xを新調したいと思っていたのに、まだ使っている (1) 2012年1月に、どんなVA

記事を読む

no image

Xiでテザリングする場合の、7GB制限の意味を検証してみた(結論:私の使い方なら、気にしなくてよい)

0.はじめに Xiプランのよいところは、テザリングをしても上限が変わらない(キャンペーン等を考慮し

記事を読む

no image

Windowsのスクリーンショットを撮る方法 PrintScreenとAlt+PrintScreen

1.Windowsのスクリーンショットを撮る方法 Windowsのスクリーンショットを撮るのは、ご

記事を読む

no image

Eml2Imapを使って、spモードメールも、Gmailに集約する(WindowsPC・無料)

1.spモードメールをGmailにバックアップするメリット Gmailから他のメールを送受信するこ

記事を読む

no image

まめFileからAs/Rへ

1.ファイラというジャンルのアプリケーション ファイラというジャンルのアプリケーションがあります。

記事を読む

no image

職場のデスクトップのディスプレイを新調。NANAO EIZO FlexScan EV2336W(23インチ)×2へ。

1.職場のデスクトップのディスプレイをNANAO EIZO FlexScan EV2336W(23イ

記事を読む

no image

Windowsキー+矢印は、けっこう使える(Windows 7)

1.Windows 7のAeroスナップは、けっこう便利だと思う Windows 7は、ウィンドウ

記事を読む

no image

2013年2月現在で購入できる、11.6インチのノートパソコンを比較する

1.はじめに 2013年2月現在で購入できる、11.6インチサイズのノートパソコンのスペックを比較

記事を読む

no image

Microsoft Wordで文書を作るときにいちばん使える機能=スタイルとショートカットキー

1.Microsoft Wordと仕事文書作成との関係 (1) Microsoft Wordが好きな

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑